Noism劇的舞踊 vol.3  ラ・バヤデール―幻の国

LaBayadere(オモテ)

金森 穣 KANAMORI Jo
Jo-Kanamor演出振付家、舞踊家。りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館舞踊部門芸術監督、Noism芸術監督。17歳で単身渡欧、モーリス・ベジャール等に師事。イリ・キリアンにその才能を認められ20歳で演出振付家デビュー。10年間欧州の舞踊団で舞踊家/演出振付家として活躍したのち帰国’03年、初のセルフ・プロデュース公演『no・mad・icproject ~ 7 fragments in memory』で朝日舞台芸術賞を受賞し、一躍注目を集める。’04年4月、りゅーとぴあ舞踊部門芸術監督に就任し、日本初となる公立劇場専属舞踊団Noismを立ち上げる。海外での豊富な経験を活かし次々に打ち出す作品と革新的な創造性に満ちたカンパニー活動は高い評価を得ており、近年ではサイトウ・キネン・フェスティバル松本での小澤征爾指揮によるオペラの演出振付を行う等、幅広く活動している。2014年6月より新潟市文化創造アドバイザーに就任。平成19年度芸術選奨文部科学大臣賞、平成20年度新潟日報文化賞ほか受賞歴多数。
http://jokanamori.com


Noism(ノイズム)
logo
りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館が舞踊部門芸術監督に金森穣を迎えたことにより、日本初の劇場専属舞踊団として2004年4月設立。正式メンバーで構成されるメインカンパニーNoism1(ノイズムワン)と研修生が所属するNoism2(ノイズムツー)の2つのカンパニーからなり、新潟を拠点に日本国内をはじめ海外8か国11都市でも公演を行っている。’09年にはモスクワ・チェーホフ国際演劇祭との共同制作、’11年にはサイトウ・キネン・フェスティバル松本制作のオペラ&バレエにカンパニーとして参加する等、その活動は多岐に渡り、設立後3度の更新を経て’16年8月までの活動延長が決まっている。今なお国内唯一の公共劇場専属舞踊団として、21世紀日本の劇場文化発展の一翼を担うべく、常にクリエイティブな活動を続けている。第8回朝日舞台芸術賞舞踊賞受賞。
http://noism.jp/


★劇的舞踊『ホフマン物語』ダイジェスト

★劇的舞踊『カルメン』初演ダイジェスト

★劇的舞踊『カルメン』初演creation documentary

演出: 金森穣(Noism芸術監督)
脚本: 平田オリザ
振付: Noism1
音楽: L.ミンクス≪ラ・バヤデール≫、笠松泰洋
空間: 田根剛(DORELL.GHOTMEH.TANE / ARCHITECTS)
衣裳: 宮前義之(ISSEY MIYAKE)
木工美術: 近藤正樹
舞踊家: Noism1 & Noism2
俳優: 奥野晃士、貴島豪、たきいみき(SPAC ‒ 静岡県舞台芸術センター)

奥野2
奥野晃士
貴島
貴島豪
たきいみき2
たきいみき


作品について

日本で唯一の劇場専属舞踊団として新潟を拠点に活動を続けるNoism。
SPACでもこれまでたびたび公演を行い、ファンを増やしてきました。
その最新作は、『ホフマン物語』『カルメン』に続く“劇的舞踊”シリーズ第3弾。
古代インドを舞台に舞姫と戦士の悲恋を描いた古典バレエの名作『ラ・バヤデール』を、劇作家・演出家の平田オリザが大胆に翻案しました。
総勢20名の舞踊家に加え、SPACから奥野晃士、貴島豪、たきいみきの俳優3名がゲスト出演。建築・ファッションなど各分野のプロフェッショナルも集い、ジャンルを超えて舞踊×演劇の最新作に挑みます。

公演情報

7月23日(土) 18:30
7月24日(日) 16:30
※24日(日)は完売となりました。

日本語上演/英語字幕(ポータブル字幕機あり/要予約)

会場:静岡芸術劇場 (静岡県静岡市駿河区池田79-4 グランシップ内)

上演時間:110分(予定/途中休憩あり)

*公演特設サイト
http://labayadere.noism.jp/

◎ワークショップ、アーティストトークなど関連企画あり!詳細はこちら
◎7月23日(日)に、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスがあります。詳細はこちら
◎英語対応ポータブル字幕機の貸し出しサービスがあります。詳細はこちら

関連企画

Noismメンバーによる「からだワークショップ」(要予約)
*定員に達したため締めきりました。
驚くべきパフォーマンスを生み出すNoismのメンバーと一緒に、舞踊になじみのない方も、身体を通じて他者と関わることで、自分の身体を再発見しましょう!
日 時:7月19日(火)19:00~20:30
会 場:静岡芸術劇場リハーサル室
講 師:山田勇気(Noism2専属振付家兼リハーサル監督)、真下恵(Noismバレエミストレス)
参加費:一般1,000円、中高生500円
対 象:中学生以上(未経験者可)
定 員:30名
お申し込み:SPACチケットセンター 054-202-3399

プレトーク(開演25分前より)
2Fカフェ・シンデレラにて、舞台をよりおもしろく観劇できるポイントをご紹介します。
7/24(日):大澤真幸(SPAC文芸部)

アーティストトーク(終演後)
7/23(土):金森穣×宮城聰(SPAC芸術総監督)
7/24(日):金森穣×奥野晃士×貴島豪×たきいみき×大岡淳(SPAC文芸部)

チケット

◆SPACの会会員先行予約受付開始:5月22日(日)10:00
◆一般前売り開始:5月29日(日)10:00

◎チケット購入方法
SPACチケットセンター
●電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
●ウェブ予約 http://spac.or.jp/ticket
●携帯電話予約 http://spac.or.jp/m/
●セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
[当日券] 残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。
●SPACの会一般: 3,400円  
●SPACの会ペア割引: 3,200円 (2名様で1枚につき)

●一般: 4,100円
●ペア割引: 3,600円 (2名様で1枚につき)
●グループ割引: 3,200円 (3名様以上で1枚につき)
 ※10名様以上の場合は電話・窓口にてお取り扱い
●ゆうゆう割引: 3,400円 (満60歳以上の方)
 ※公演当日、受付にて身分証をご提示ください。
●学生割引: [大学生・専門学校生]2,000円 [高校生以下]1,000円
 ※公演当日、受付にて学生証をご提示ください。
●障がい者割引: 2,800円  [障害者手帳をお持ちの方]
 ※公演当日、受付にて障害者手帳をご提示ください。
 ※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
 
※各種割引の併用はできません。
※乳幼児を連れてのご入場はご遠慮ください。

 

[親子室] (要予約・先着3名様)
静岡芸術劇場では、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。

[託児サービス]
グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスをご希望の方は、1週間前までにSPACチケットセンターへご連絡ください。
託児日:7月23日(土)
対 象:2歳以上の未就学のお子様

[英語対応ポータブル字幕機] (要予約)
貸し出し料:無料(ただし、保証金として1,000円を公演当日お預かりいたします。こちらは、機器をお戻しいただいた際に、お返しいたします)
お申し込み:SPACチケットセンター 054‐202-3399

りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 × 兵庫県立芸術文化センター × 愛知県芸術劇場 連携プログラム
主催: SPAC ‐ 静岡県舞台芸術センター
支援: 平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
 芸術回廊ロゴ