2017年3月31日

アヴィニョン演劇祭『アンティゴネ』鑑賞ツアー

このたび、『アンティゴネ』のアヴィニョン演劇祭オープニング上演にあたり、
タビックスジャパンより鑑賞ツアーが発売されました。

日本初!「 アヴィニョン演劇祭 」 法王庁中庭オープニング公演 『 アンティゴネ 』 鑑賞 南仏6日間の旅

詳細・お申込みはこちら

7月6日のアヴィニョン法王庁中庭での初日の公演を鑑賞し、
現地でのSPACスタッフとの交流も予定されています。
世界最高峰といわれる演劇祭の期間中、演劇一色となるアヴィニョンの街並みもお楽しみください!

*「アヴィニョン演劇祭」のウェブサイトはこちら

↓アヴィニョン法王庁中庭
100725_RdL_0853

SPAC新作 演劇/日本
第71回アヴィニョン演劇祭 オープニング招待作品
アンティゴネ 時を超える送り火

構成・演出:宮城聰
作:ソポクレス / 訳:柳沼重剛 / 音楽:棚川寛子 / 空間構成:木津潤平
衣裳デザイン:高橋佳代 / 照明デザイン:大迫浩二 /ヘアメイク:梶田キョウコ
出演:美加理、本多麻紀、赤松直美、阿部一徳、石井萠水、泉陽二、大内米治、大高浩一、加藤幸夫、貴島豪、榊原有美、桜内結う、佐藤ゆず、鈴木真理子、大道無門優也、武石守正、舘野百代、寺内亜矢子、永井健二、布施安寿香、牧山祐大、三島景太、宮城嶋遥加、森山冬子、山本実幸、吉植荘一郎、吉見亮、若菜大輔、渡辺敬彦

◎アヴィニョン公演
公演日:2017年7月6日(木)~12日(水) ※オープニング公演:7月6日(木)
公演数:全6公演(7/6(木)、7(金)、8(土)、10(月)、11(火)、12(水)/ 9日(日)休演)
会 場:アヴィニョン法王庁中庭(客席数:約2,000席)

◎静岡公演
公演日:2017年5月4日(木・祝)、5日(金・祝)、6日(土)、7日(日) 各日18:30 [4公演]
会 場:駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場(静岡市葵区駿府城公園1)
★詳細は「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」特設サイトをご覧ください。
http://festival-shizuoka.jp/program/antigone/

▼プロモーション映像


2017年3月23日

SPAC『アンティゴネ』アヴィニョン演劇祭のオープニング作品に決定!!

このたびSPACは、2014年に続き、世界最高峰の演劇の祭典「アヴィニョン演劇祭」(フランス)に数少ない公式プログラムとして招聘され、宮城聰演出の『アンティゴネ』を同演劇祭のオープニング作品としてメイン会場「法王庁中庭」で上演することが決定しました。アジア圏の劇団が「法王庁中庭」でオープニングを飾るのは、71年の演劇祭の歴史上初めてのことです!

なお、本作は、アヴィニョンに先立ち、ゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭」「ふじのくに野外芸術フェスタ」において、静岡市内駿府城公園で上演いたします!静岡から世界に発信される本作を、どうぞお見逃しなく!!

DSC_4299

「アヴィニョン演劇祭」とは?
1947年に開始され、現在では公式プログラム(IN)約40作品、自主参加(OFF)の約1,300作品が上演される、文字通り世界最高峰の演劇祭であり、「世界の演劇人の目標地点」と言われています。メイン会場は「アヴィニョン法王庁中庭」を筆頭に、「ブルボン石切場」、新設の屋内劇場「ラ・ファブリカ」などがあります。特に「法王庁中庭」で上演されるオープニング作品は、「ヨーロッパ演劇界注目の一大イベント」としてフランスの全国紙で大きく取り上げられ、しばしばヨーロッパの国営放送局で生中継されます。
2014年、SPACの『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』は、日本の現代演劇作品としては実に20年ぶりに公式プログラムとして招聘され、メイン会場のひとつ「ブルボン石切場」で上演されました。壮大かつ創意に富んだ演出や舞台装置は注目を集め、約1,000席の観客席は連日満席、終演後はスタンディングオベーションが起こりました。また、フランスの有力紙がこぞって絶賛、ル・モンドにおいて「美しいスペクタクルが到来した」「われわれは至福を味わうことができた」と評されました。
Website: http://www.festival-avignon.com
Facebook: https://www.facebook.com/festival.avignon

100725_RdL_0853

SPAC新作 演劇/日本
第71回アヴィニョン演劇祭 オープニング招待作品
アンティゴネ 時を超える送り火

構成・演出:宮城聰
作:ソポクレス / 訳:柳沼重剛 / 音楽:棚川寛子 / 空間構成:木津潤平
衣裳デザイン:高橋佳代 / 照明デザイン:大迫浩二 /ヘアメイク:梶田キョウコ
出演:美加理、本多麻紀、赤松直美、阿部一徳、石井萠水、泉陽二、大内米治、大高浩一、加藤幸夫、貴島豪、榊原有美、桜内結う、佐藤ゆず、鈴木真理子、大道無門優也、武石守正、舘野百代、寺内亜矢子、永井健二、布施安寿香、牧山祐大、三島景太、宮城嶋遥加、森山冬子、山本実幸、吉植荘一郎、吉見亮、若菜大輔、渡辺敬彦

◎アヴィニョン公演
公演日:2017年7月6日(木)~12日(水) ※オープニング公演:7月6日(木)
公演数:全6公演(7/6(木)、7(金)、8(土)、10(月)、11(火)、12(水)/ 9日(日)休演)
会 場:アヴィニョン法王庁中庭(客席数:約2,000席)

◎静岡公演
公演日:2017年5月4日(木・祝)、5日(金・祝)、6日(土)、7日(日) 各日18:30 [4公演]
会 場:駿府城公園 紅葉山庭園前広場 特設会場(静岡市葵区駿府城公園1)
★詳細は「ふじのくに⇄せかい演劇祭2017」特設サイトをご覧ください。
http://festival-shizuoka.jp/program/antigone/

▼プロモーション映像

DSC_3940 (1)

625ー27


2016年12月15日

ふじのくに⇄せかい演劇祭2017  ボランティア(SPACシアタークルー)大募集!

2017年のゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭」を、SPACのスタッフと一緒に盛り上げ、支えてくださるボランティアを大募集いたします!
SPACの活動は、俳優やスタッフのほか「シアタークルー」という中学生から80代までの幅広い世代のボランティアスタッフに支えられています。
あなたもボランティアスタッフとして演劇祭に参加してみませんか?

↑クリックするとチラシのダウンロードができます。
 
=募集要項=

● 活動期間
演劇祭の準備・研修期間および開催期間(2017年 2 月中旬~ 5 月上旬)

● 主な活動場所
静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)
舞台芸術公園(日本平パークウェイ沿い)
駿府城公園(JR静岡駅北口から徒歩20分)

● 主な活動内容
・演目担当(担当演目の広報、劇団の受け入れ、公演当日の運営などの補助)
 ※演目担当クルーを募集しない作品もございます。あらかじめご了承ください。
・公演受付(公演当日の配布物の準備、受付、チケットのもぎり、客席案内など)
・カフェ(公演当日のカフェ運営の補助)
・撮影(舞台、準備の様子、関連企画などの写真・動画の撮影)
・海外アーティスト対応(招聘劇団の移動同行、通訳・字幕補助、食事提供の補助など)
 ※実質的には、特定の演目・劇団を担当していただく形となります。
・執筆(準備の様子や公演、関連企画に関するブログ掲載用のレポート執筆)
・託児【要保育士資格】
 ※グランシップの託児サポーターとして、通年で活動していただきます。詳細はお問い合わせください。

● 応募条件 
中学生以上 ※18 歳以下の方は保護者の承諾が必要です。

● 待遇
・演劇祭オリジナルTシャツを支給します。
・活動参加の際は交通費を実費で支給します。(上限 1,500 円/日)
 ※説明・相談会への参加にかかる交通費についてはご負担ください。
・ボランティア活動保険に加入いただきます。(保険料はSPACが負担します)

● 説明・相談会
以下の日程で開催いたします。活動内容について具体的に説明し、みなさまのご希望をお伺いいたしますので、ご都合のよろしい回にご参加ください。(予約不要です)
2017年1月25日(水)19:00~21:00
2017年1月28日(土)10:00~12:00
2017年1月28日(土)14:00~16:00
2017年2月6日(月)19:00~21:00

(集合場所:静岡芸術劇場受付)
 ※上記日程ではご参加できない方は、別途ご相談させていただきます。

● 応募方法
応募用紙に必要事項をご記入の上、静岡芸術劇場受付へご持参いただくか、郵送にてお申し込みください。下記のウェブサイト「こくちーず」からもお申し込みいただけます。
イベント名「ふじのくに⇔せかい演劇祭2017ボランティア募集」
http://kokucheese.com/event/index/439572/

●応募締切
2017年2月8日(水)

★演劇祭終了後、ご希望の方は、劇場運営を通年でサポートするボランティアとして、引き続き活動していただくこともできます。

<現役のシアタークルーにインタビュー>
◆活動の魅力は?
・演劇に身近に触れることで、視野が広がりました。
・静岡が誇る県の劇団・劇場のお手伝いができます。お客様の満足なさった表情や笑顔をみたときは、何よりうれしいです。
・感性の違ういろいろな方と接することで、新しい知り合いもできました。
◆応募を考えているみなさんへ一言
・日常生活に弾みをつけたい方、ぜひお越しください。いっしょに心がワクワクする瞬間を体感しましょう。
・活動する中で上手くいかないことや一筋縄ではいかないこともありますが、お客様やSPACのスタッフとも違う視点で舞台や人との出会いを楽しめます。
・少しでも興味がある方、まずは説明会に話だけでも聞きに来てください!
・日々の喧騒を忘れ、ひととき物語の世界へご一緒に…。自分の時間を上手に使って舞台創りのお手伝いをしてみませんか?

**お問い合わせ**
SPAC-静岡県舞台芸術センター制作部「SPACシアタークルー」担当
TEL:054-203-5730(静岡芸術劇場)
E-mail:crew@spac.or.jp[@を半角にご変更ください]


2016年2月26日

宮城聰による講演会、「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」・「ふじのくに野外芸術フェスタ2016」ラインナップ発表会のお知らせ

4月29日(金・祝)~5月8日(日)開催される、
国際的な舞台芸術の祭典「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」。
本年は、「ふじのくに野外芸術フェスタ2016 in静岡」との同時開催にて実施します。

このたび、フランス国立ケ・ブランリー美術館より委嘱を受けSPACが新作として製作する
『イナバとナバホの白兎』(演出:宮城聰)のプレ公演に関連して、
「宮城聰による日仏舞台芸術交流に関する講演会」を開催いたします。

下記の通り実施いたしますので、参加ご希望の方は、SPACチケットセンターにお申し込み下さい。

【要予約 / 定員40名(定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。何卒ご了承下さい。)】

—————————————————————————————-
「宮城聰(演出家・SPAC芸術総監督)による舞台芸術の日仏交流に関する講演会」
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」「ふじのくに野外芸術フェスタ2016」ラインナップ発表会
—————————————————————————————-

日時: 2016年3月22日(火) 10:30~12:30

会場: 日仏会館ホール(公益財団法人日仏会館)

アクセス: http://www.mfjtokyo.or.jp/ja/access.html (東京都渋谷区恵比寿3-9-25)
山手線:恵比寿駅東口下車 徒歩10分(駅構内動く歩道→恵比寿ガーデンプレイス入口より徒歩5分)
東京メトロ日比谷線:恵比寿駅1番出口 アトレ・JR恵比寿駅東口を経由 徒歩12分

概要:

◆【第一部:宮城聰(演出家・SPAC芸術総監督)による舞台芸術の日仏交流に関する講演会】

◇舞台芸術とりわけ演劇での日本・フランスの国際文化交流への思いやあゆみ
◇フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品『イナバとナバホの白兎』について

時間:10:30~11:30(予定)
登壇者:宮城聰(SPAC芸術総監督)
聞き手:大岡淳(SPAC文芸部)

◆【第二部:「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」「ふじのくに野外芸術フェスタ2016in静岡」のご案内】

時間:11:35~12:30(予定)

◇「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」「ふじのくに野外芸術フェスタ2016in静岡」の案内
(『イナバとナバホの白兎』プレ公演、国際共同制作作品『三代目、りちゃあど』など、全7演目のご紹介)

登壇者:オン・ケンセン (『三代目、りちゃあど』演出家)
中村壱太郎 (『三代目、りちゃあど』出演者)
たきいみき (『三代目、りちゃあど』出演者)
宮城聰 (SPAC‐静岡県舞台芸術センター芸術総監督)

お申し込み:SPACチケットセンター TEL.054-202-3399 (受付時間 10:00~18:00)
要予約 / 定員40名(定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。)

※第二部の写真撮影や録音は固くお断りいたします。何卒ご了承下さい。


2016年1月17日

《急募!ふじのくに⇄せかい演劇祭2016PVエキストラ大募集!》

只今SPACでは、「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」宣伝用プロモーションビデオ(以下「PV」)の撮影にご協力いただける方を募集しております。
PVのテーマは、「世界に発信!すぱっくんと巡る演劇祭とたのしい静岡」
SPAC公式キャラクター「すぱっくん」が劇場のみならず、静岡のたのしいスポットを旅してまわるという形になっています。
今回は静岡市内を各所回って撮影を行うのですが、
幾つかの場所で、「すぱっくん」と一緒に撮影に参加してくれる愉快な仲間たち(エキストラ)を探しています。
演劇祭のみならず、「たのしい静岡」をPRしていきたいと思いますので、
皆様奮ってご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

企画担当:SPAC制作部 中尾栄治

【撮影日時・場所(予定)】
※当日の天候などにより、変更する場合があります。
<1月23日(土)>
  9:00-11:00 舞台芸術公園(稽古場棟前茶畑、野外劇場前広場)
 11:30-12:30 駿府城公園
 13:00-14:00 七間町~呉服町
<1月24日(日)>
 11:00-12:00 エスパルスドリームプラザ(清水マリンパーク)
 14:30-15:30 登呂遺跡公園

【参加条件など】
 ・年齢性別など不問です。どなたでもご参加歓迎です。
 ・お友達とお誘い合わせのうえでのご参加も、大歓迎です。
 ・報酬などはございません。
 ・基本的に、現地集合・現地解散になります。
 ・簡単な振り付けで踊っていただく場合があります。
 ・演劇祭がゴールデンウィーク開催ですので、撮影時はある程度薄着でお願いします。
 ・日程は、天候などにより変更する場合があります。
 ・万が一、応募者多数となった場合、ご参加をお断りする場合があるかもしれません。予めご承知おきくださいますとともに、ご連絡はお早めにいただけると幸甚です。

【ご参加いただける場合】
メール(またはお電話)にて、以下の内容をお伝えください。
 1.お名前
 2.電話番号(※当日も連絡が取れるもの)
 3.メールアドレス
 4.ご参加いただける日時・場所・人数
 5.当日の移動手段(車、バイク、公共交通機関など)

【ご連絡・お問合せ】
電話:054-203-5730(静岡芸術劇場 担当:中尾)
メール:nakao@spac.or.jp(担当:中尾)[メールアドレスは、@を半角にご変更ください]


2016年1月7日

ふじのくに⇄せかい演劇祭2016 速報!

WorldTheatreFestivalShizuoka2016_2
↑クリックするとダウンロードできます。

●『イナバとナバホの白兎』フランス公演の詳細はこちら

●ボランティア募集の詳細はこちら(2月10日〆切)


2015年12月17日

ふじのくに⇄せかい演劇祭2016  ボランティア(SPACシアタークルー)大募集!

2016年のゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭」を、SPACのスタッフと一緒に盛り上げ、支えてくださるボランティアを大募集いたします!SPACの活動は、俳優やスタッフのほか「シアタークルー」という中学生から80代までの幅広い世代のボランティアスタッフに支えられています。あなたもボランティアスタッフとして演劇祭に参加してみませんか?

↑クリックするとチラシのダウンロードができます。
 
 
=募集要項=

● 活動期間
演劇祭の準備・研修期間および開催期間(2016年 2 月中旬~ 5 月上旬)

● 主な活動場所 
静岡芸術劇場 (JR東静岡駅前グランシップ内)
舞台芸術公園 (日本平パークウェイ沿い)
駿府城公園 (JR静岡駅北口から徒歩20分)

● 主な活動内容
・演目担当 (担当演目の広報、劇団の受け入れ、公演当日の運営などの補助)
・公演受付 (公演当日の配布物の準備、受付、チケットのもぎり、客席案内など)
・カフェ (公演当日のカフェ運営の補助)
・撮影 (舞台、準備の様子、関連企画などの写真・動画の撮影)
・海外アーティスト対応 (招聘劇団の移動同行、通訳、食事提供の補助など)
 ※実質的には、特定の演目・劇団に付いていただく形となります。
・執筆 (公演やイベントのブログ掲載用のレポート執筆)
・託児 【要保育士資格】
 ※こちらは、グランシップの託児サポーターとして、通年で活動していただきます。詳細はお問い合わせください。

● 応募条件 
中学生以上の方 ※18 歳以下の方は保護者の承諾が必要です。

● 待遇
・演劇祭オリジナルTシャツを支給します。
・活動参加の際は交通費を実費で支給します(上限 1,500 円/日)
 ※説明・相談会への参加にかかる交通費についてはご負担ください。
・ボランティア活動保険に加入いただきます(保険料はSPACが負担します)

● 説明・相談会
以下の日程で開催します。活動内容について具体的に説明し、みなさまのご希望をお伺いいたしますので、ご都合のよろしい回にご参加ください。
2016年1月25日(月)19:00~21:00
2016年1月30日(土)14:00~16:00
2016年2月3日(水)19:00~21:00
2016年2月7日(日)10:30~12:30

(集合場所:静岡芸術劇場受付)
 ※上記日程ではご参加できない方は、別途ご相談させていただきます。

● 応募方法
応募用紙に必要事項をご記入の上、静岡芸術劇場受付へご持参いただくか、郵送にてお申込みください。
下記のウェブサイト「こくちーず」からもお申し込みいただけます。
イベント名「ふじのくに⇔せかい演劇祭2016 ボランティア募集」
http://kokucheese.com/event/index/359694/

●応募締切 
2016年2月10日(水)

★演劇祭終了後、ご希望の方は、劇場運営を通年でサポートするボランティアとして、引き続き活動していただくこともできます。

<現役のシアタークルーにインタビュー>
◆活動の魅力は?
・演劇に身近に触れることで、視野が広がりました。
・静岡が誇る県の劇団・劇場のお手伝いができます。お客様の満足なさった表情や笑顔をみたときは、何よりうれしいです。
・感性の違ういろいろな方と接することで、新しい知り合いもできました。
◆応募を考えているみなさんへ一言
・日常生活に弾みをつけたい方、ぜひお越しください。いっしょに心がワクワクする瞬間を体感しましょう。
・活動する中で上手くいかないことや一筋縄ではいかないこともありますが、お客様やSPACのスタッフとも違う視点で舞台や人との出会いを楽しめます。
・少しでも興味がある方、まずは説明会に話だけでも聞きに来てください!
・日々の喧騒を忘れ、ひととき物語の世界へご一緒に…。自分の時間を上手に使って舞台創りのお手伝いをしてみませんか?


2015年4月27日

ふじのくに⇄せかい演劇祭2015 チケット情報 【4月27日現在】

ふじのくに⇄せかい演劇祭2015の各公演に
たくさんのお申込みをいただいておりありがとうございます。
販売終了および残席僅かになっている公演が出ておりますのでお知らせいたします。

◎予定枚数終了

盲点たち
4/25(土)19:00、5/2(土) 19:00、 5/1(金)[追加公演]、5/4(月・祝) 19:00、5/5(火・祝)19:00 

小町風伝
5/4(月・祝)、5/6(水・祝)15:00

ベイルートでゴドーを待ちながら
5/3(日)12:00

例えば朝9時には誰がルーム51の角を曲がってくるかを知っていたとする
5/2(土)11:00、5/3(日)11:00

今後はキャンセル待ちにて承ります。
 
 
◎販売終了

全演目パスポート

好評のため完売となりました。
たくさんのお問い合わせをいただきありがとうございました!
 

ご予約、キャンセル待ちのお申込み、お問い合わせ:
SPACチケットセンター TEL.054-202-3399(10:00~18:00)


2015年4月24日

演劇祭メインヴィジュアルの原画を展示中!

演劇祭メインヴィジュアルを描かれた前澤妙子さんの作品を、
静岡芸術劇場1Fロビーで展示中! [5月6日(水)まで/ 無料]

前澤さんには、今回の演劇祭のテーマ「Alternative(空気は読まない)」をもとに作品を描いて頂きました。

絵の中の子供?、妖精?、その眼差しはあなたに何をうったえかけるでしょうか。

思わず惹きこまれてしまう前澤妙子さんの、淡い色彩の不思議な世界観をどうぞお楽しみください。
 

*演劇祭オリジナルTシャツを販売中です!
↓↓↓


2015年4月23日

『聖★腹話術学園』公開ワークショップ 観覧者募集

ホドロフスキー作で話題を呼ぶ『聖★腹話術学園』の演出家ジャン=ミシェル・ドープ氏とSPAC俳優による公開ワークショップを行います。
「ただ公演をやるだけなのは、もう飽きた。日本の俳優と何かやりたい。」というドープ氏の呼び掛けを受けて、
〈ふじのくに⇄せかい演劇祭2015〉では、『聖★腹話術学園』日本初演の前日に、急遽公開ワークショップ開催を決定しました。
ホドロフスキー的世界を舞台の上に創り上げたベルギーの鬼才ドープ氏と、人形と、SPAC俳優14人の実験作業からいったい何が生み出されるのか?
『聖★腹話術学園』創作の秘密に迫るこのワークショップの、観覧者を募集いたします。

【日時】
 5月4日(月)12:00~13:00(受付開始11:30)
【場所】
 静岡芸術劇場リハーサル室
【定員】
 20名
  ※定員に達し次第、締め切らせていただきます。  
【入場料】
 無料
【応募方法】
 下記の(1)~(4)をご記入の上、Eメールにてお申し込みください。
 (1)住所
 (2)氏名
 (3)電話番号
   ※携帯電話など、緊急時にご連絡の出来る番号をご記入ください。
 (4)Eメールアドレス
   ※Eメールでご連絡する場合がありますので、確実に連絡のつくメールアドレスをご記入ください。
【応募締切】
 5月2日(土)
  ※但し、定員に達し次第締め切らせていただきます。
【宛先】
 apply@spac.or.jp [@を半角にご変更ください]
 「公開ワークショップ観覧者募集係」まで
【お問い合わせ】
  SPAC-静岡県舞台芸術センター「公開ワークショップ観覧者募集係」
  〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
  TEL. 054-203-5730

<ジャン=ミシェル・ドープ>
ベルギーの演出家。ワロニー=ブリュッセル国立高等演劇学校(INSAS)を卒業後、俳優として活躍。ポワン・ゼロを立ち上げ、ブリュッセルの獣医学校跡に新たなパフォーミングスペース「レ・ヴェテ」を開設。1993年、初の演出作品『王女イヴォナ』(作:ゴンブロヴィッチ)が反響を呼び、フランス語圏委員会(COCOF)演劇大賞新人賞を受賞。その後、同市のラ・バルサミーヌ劇場に拠点を移す。その他の代表作に『狂人と尼僧』(作:ヴィトキエヴィッチ)、『三人の老女』(作:ホドロフスキー)など。人間の怪物的な部分を拡大して見せ、悲劇とグロテスクなユーモアを探る演出が高く評価されている。

==================================
日本初演 演劇/ベルギー
『聖★腹話術学園』
 演出: ジャン=ミシェル・ドープ
 作: アレハンドロ・ホドロフスキー
 出演: ポワン・ゼロ
5/5(火・祝)16:00、6(水・祝)12:00
静岡芸術劇場
(詳細)http://spac.or.jp/15_the-ventriloquists-school.html
==================================