2010年4月28日

2010~2011年度制作スタッフ募集

Filed under: 未分類

静岡県舞台芸術センター芸術局

2010~2011年度制作スタッフ募集

 

財団法人静岡県舞台芸術センター<Shizuoka Performing Arts Center:SPAC・芸術総監督 宮城聰>は、1995年の設立以来、「日本におけるほんとうの公共劇場の創造」を目指して活動してきました。

SPACの第一の特長は、静岡芸術劇場と舞台芸術公園という施設を拠点に活動する俳優・舞台スタッフ・制作スタッフ、つまり専属の劇団を擁していることです。

一般の公立ホールのスタッフといえば、施設を管理するだけが仕事になりがちですが、SPACはまったく異なります。4つの劇場と4つの稽古場で実際に作品創造を行う芸術家集団が、国内外での公演活動をおこない、同時に劇場の企画・運営や人材育成事業を行っています。

静岡芸術劇場や舞台芸術公園の劇場群は、貸し館としては使われていません。議会の議決を経て、貸し館ではなくSPACの専用施設として運営されています。これは日本で唯一のシステムで、またヨーロッパの劇場と同じように芸術総監督を中心に活動している点も大きな特長です。

芸術総監督宮城聰のもと、世界に発信できるオリジナル作品の創造・上演活動をはじめ、国際演劇祭「Shizuoka春の芸術祭」では世界各地から現代の世界を鋭く切り取った作品を次々と招聘し、また「シアタースクール」や「中高生観賞事業」など静岡の青少年に向けた新たな事業を展開、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいます。

このたび制作スタッフとして票券および広報スタッフの増員をすることにいたしました。私たちと一緒にSPACの事業をさらに発展させる人材を募集いたします。

 

■     募集人員 制作スタッフ(票券・広報・その他) 若干名

 

■     応募資格 

原則として26歳以上40歳未満の方

性別・学歴・国籍不問(ただし、相応の日本語読解力を必要とする)

2010年6月から勤務可能な方

劇場ないし劇団・舞踊団での創作または制作経験が2年以上の方

 

■     応募方法 

下記の1・2を添付の上、郵送、Eメール、または持参して、お申し込みください。

1.履歴書(市販の履歴書程度の情報、制作経験の内容を書いたもの)

2.作文 応募理由を800字以内

*郵送の場合、ご連絡のつくメールアドレスを必ずご記入ください。

 

■     応募締切

<郵送の場合>2010年5月17日(月)消印有効

(郵送の場合は必ず速達郵便、またはメール便速達で)

<Eメールの場合> 必ず下記のメールアドレス宛てに 2010年5月17日(月)

(17日付け発信まで有効)

 

■     選考試験 予備選考(書類審査)

本選考 (面接試験)2010年5月23日(日)または26日(水)

会場:静岡芸術劇場(JR東静岡駅南口)

 

■     入団の条件 1.当財団の芸術局スタッフとして1年間10か月の契約

契約期間は2010年6月1日から2012年3月31日まで

(以後は成果に応じて3年間ごとの契約更新が可能)

2.契約料は年俸制で240万円~400万円

(ただし2010年度については6月1日から3月31日までの10か月なのでその6分の5に当たる額)

 

■     申し込み・問い合わせ先 (財)静岡県舞台芸術センター

芸術局制作スタッフ募集係

〒422-8005  静岡市駿河区池田79-4

TEL. 054-203-5730  FAX 054-203-5732

特設メールアドレス apply@spac.or.jp


2010年4月25日

SPAC演劇講座、好評につき“追加講演”!!

Filed under: 未分類

4月11日に開催しましたSPAC演劇講座「朗読とピアノのためのワークショップ」。
30名近くの方にご参加頂き、大変ご好評を頂きました!
しかし一方で「参加したかったけど予定が合わなくて・・・」等のご意見もありました。

そこで追加講演を開催します!
今度のテーマは「ヒトはなぜ演劇をするのか?~ギリシャ悲劇から現代まで~」
前回と同じく講師大岡淳(SPAC文芸部)によって楽しくわかりやすく解説いたします。
さぁあなたも演劇について一緒に学びましょう!

日時 5月1日(土) 13:00~14:15(予定)
会場 静岡芸術劇場 ホワイエ
参加申込 SPACチケットセンター TEL 054-202-3399
講師 大岡淳(SPAC文芸部)
参加費 無料


2010年4月20日

こどものための春芸講座開催!

Filed under: 未分類

SPACシアタークルーによる自主企画第一弾!!

春の芸術祭がもっと楽しみになる!

★☆こどものための春芸講座☆★

IMG_4476

劇場を盛り上げるボランティアグループ・SPACシアタークルーがお贈りする初の自主企画。こどももおとなも、この講座を聴けばShizuoka春の芸術祭(通称:春芸)がもっと楽しみなる!春芸の魅力を、シアタールー独自の解説で、いち早くお届けします!!

2010年5月23日(日) 15時~16時30分

紹介する作品
・ペール・ギュント(演出:宮城聰、原作:ヘンリック・イプセン、音楽:棚川寛子、出演:SPAC)
・王女メデイア(台本・演出:宮城聰、原作:エウリピデス、音楽:棚川寛子、出演:SPAC)
・覇王歌行~項羽、歌の翼にのる(演出:王暁鷹、作:潘軍、出演:中国国家話劇院)

場所:静岡芸術劇場ホワイエ
[電車] JR東静岡駅南口から徒歩5分、グランシップ内。
[車]  グランシップ一般有料駐車場をご利用ください。
参加費:無料

受付開始:4月25日(日) 10時~
※お申込み※
SPACチケットセンター TEL.054-202-3399
※お問い合せ※
SPAC-(財)静岡県舞台芸術センター「こどものための春芸講座」係 TEL.054-203-5730


2010年4月19日

SPAC芸術街道@22+α リーディング・カフェ・ツアー!!

◆SPAC芸術街道@22+αリーディング・カフェ・ツアー

ふじのくに芸術街道盛り上げ企画
~県内22宿+αでリーディング・カフェ開催を目指す!~

リーディングカフェツアーのjpg

読む戯曲:「王女メデイア」エウリピデス作
参加費:1100円(ワンドリンク・資料代込み)
マイカップ持参の方は1000円


予 約:SPACチケットセンター
054ー202-3399
絶賛受付中!

 

◆4月22日19時より@三島宿/エクリュの森(ギャラリー)http://www.ecru-no-mori.jp/top.html

◆4月24日18時より@江尻宿/まちカフェShimizu(コミュニティーカフェ)http://machicafe.net/

◆4月27日19時より@吉原宿/比奈カフェ(カフェ)http://www.hina-cafe.net/

◆5月2日13時より@掛川宿/竹の丸(屋敷)http://www.slowlife.info/takenomaru/

◆5月3日14時より@藤枝宿/ミュゼふじえだ(文学館)http://www.muse-fujieda.com/c_2.html

◆5月5日14時より@島田宿/ビッグムーンカフェ(カフェバー)http://www.at-s.com/bin/yell/yell0020.asp?id=F860839624

◆5月7日19時より@焼津みなと/三福旅館(旅館)http://www.sanpuku-jp.com/

◆5月8日19時より@府中宿/スナゲリー(カフェ)http://cafesnuggery.eshizuoka.jp/

◆5月14日19時より@見附宿/佐藤典子舞踊研究所(バレエスタジオ)http://www11.plala.or.jp/ns-dance/

◆5月16日16時より@浜松宿/スパイスカフェBija(カレー屋)://bija.jp/

◆5月22日18時30分より@府中宿/池田の森(アトリエ)htt http p://www.ikedanomori.com/

◆5月28日9時30分より@興津宿/東壽院(お寺)http://kimuchitakuwan.eshizuoka.jp/e497455.html
___________________
SPACでは、他にも
俳優や技術スタッフが出向いて地域を演劇で盛り上げる企画を展開中です。
出張リーディング・カフェの開催をご希望の方は、
SPACリーディング・カフェ係までお電話かメールでお知らせください。
℡ 054-203-5730
E-mail:mail@spac.or.jp

2010年4月10日

Shizuoka春の芸術祭2010上演作品紹介ページオープン!

Filed under: 未分類

Shizuoka春の芸術祭2010の上演作品紹介ページがオープンしました。

速報ページの各作品タイトルをクリックしてください。http://spac.or.jp/10_spring/


2010年4月2日

最新情報! SPAC俳優による『朗読とピアノの午後』

Filed under: 未分類

SPAC俳優による『朗読とピアノの午後』
構成・演出 大岡 淳

IMGP0569
↓↓ 【4月10日(土)】詳細情報↓↓

ピアノ:吉田伊津子
(SPACでの出演歴…
秋のシーズン2009 『SPAC俳優による朗読とピアノの午後』 ピアノ
 *10月17日貴島豪・石井萠水、同月18日本多麻紀・木内琴子にて)

吉田イツコ

出演:
貴島豪
(SPACでの出演歴…
『ペール・ギュント』(ボタン作り)・オペラ『椿姫』・『ドン・ファン』(ドン・ゴンサロ)等)
舘野百代
(SPACでの出演暦…
『ペール・ギュント』(緑衣の女)・『夜叉ヶ池』(万年婆)・『ドン・ファン』(リピオほか)等)

 

今回、ふたりが手にした本。

ドロシー・ロー・ノルト、谷川俊太郎、長田弘ほか著
『親から子へ伝えたい17の詩』双葉社、2005年。

この本には、子ども達へ伝えたい、心動かされる17編の詩が収録されています。
さて、貴島豪・舘野百代のふたりによって、
子ども達への詩がどう料理されていくのでしょう。
そして前回大好評だった吉田伊津子(ピアノ)とのコラボレーションは。。。

なお終演後は劇場内カフェ「シンデレラ」にて、SPAC俳優と語らいながら、
午後のひとときをお楽しみいただけます。
皆様、どうぞこの機会をお見逃しなく!

会場:静岡芸術劇場1階ロビー
チケット:1000円〔ワンドリンク付〕全席自由
(ワンドリンクチケットは、終演後、カフェ「シンデレラ」にて、ご利用いただけます。)
【お問い合わせ SPACチケットセンター054-202-3399】
WEB予約はこちらから