2011年1月31日

【速報】ふじのくに ⇄ せかい演劇祭2011ラインナップ

ふじのくに ⇄ せかい演劇祭2011
TheatreFestivalShizuoka under Mt.Fuji 2011
6/4(土)~7/3(日)
チケット前売り開始/4月10日(日)
詳細はSPACチケットセンターまでTEL.054-202-3399

今年、SPACは15年目を迎えました。
もっと愛される劇団へ、世界とつながる劇場へ―。
SPACは変わります。

※プログラムは随時更新いたします。

_________________________
演劇/日本
SPAC芸術総監督宮城聰新演出 『真夏の夜の夢』
恋の媚薬が巻き起こすドタバタ喜劇
野田秀樹×宮城聰×シェイクスピア
あの名作を最高の組み合わせで贈る!
演出:宮城聰 作:野田秀樹
6月4日(土)、6月5日(日) 静岡芸術劇場

Theatre/Japan
Manatsu-no-yo-no-yume [A Midsummer Night’s Dream]
Directed by Satoshi Miyagi, written by Hideki Noda
4 and 5 June
at Shizuoka Arts Theatre
_________________________
演劇/日本  静岡初演
SPAC 『天守物語』
白鷺城の天守物語は魔界の者たちの棲家
そこを支配する妖しの姫と若き鷹匠との「恋」
9カ国28都市で絶賛された宮城作品の金字塔!

演出:宮城聰 作:泉鏡花
6月18日(土)、6月25日(土)、7月2日(土) 舞台芸術公園 野外劇場「有度」

Theatre/Japan
Tenshu-Monogatari [The Castle Tower]
Directed by Satoshi Miyagi, written by Kyoka Izumi
18, 25 June and 2 July
at Open Air Theatre UDO, Shizuoka Performing Arts Park

_________________________
演劇/日本
世界初演『エクスターズ』
奇才タニノクロウ、日本平で3ヶ月の山ごもり・・・
野外劇場に怪しい城がそびえたつ!

作・演出:タニノクロウ
6月4日(土)、6月5日(日) 舞台芸術公園 野外劇場「有度」

Teatre/JAPAN
Extase
Written and directed by Kuro Tanino
4 and 5 June
at Open Air Theatre UDO, Shizuoka Performing Arts Park

_________________________
ダンス/日本・カメルーン・フランス
SPAC-ENFANTS(スパカンファン)『タカセの夢』
世界的な振付家が”SPACのこどもたち”とともに創り上げた奇跡のダンス・パフォーマンス『ユ メ ミ ル チ カラ』、圧倒的支持に応えてリニューアル上演決定!
振付:メルラン・ニヤカム
6月5日(日)、6月19(日) 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」

Dance/JAPAN, CAMEROUN, FRANCE
Le Reve de Takase [Takase’s dream]
Choreographed by Merlin Nyakam
5 and 19 June
at Ellipse Theatre DAENDO, Shizuoka Performing Arts Park

_________________________
ミュージカル/日本・台湾
日本初演 台湾国立中正文化中心・SCOT共同制作
流行音楽悲恋花劇『椿姫-何日君再来』
巨匠・鈴木忠志が、アジアの流行歌にのせて
おなじみの恋愛物語を現代に蘇らせる
中国語、台湾語による『椿姫』を超えた『椿姫』!

演出:鈴木忠志  原作:アレクサンドル・デュマ・フィス
6月11日(土)、6月12日(日) 静岡芸術劇場

Musical/JAPAN, TAIWAN
La Dame aux Camelias [The Lady of the Camelias]
Directed by Tadashi Suzuki, original text by Alexandre Dumas fils
11 and 12 June
at Shizuoka Arts Theatre
_________________________
演劇/アメリカ合衆国
日本初演『ウェルカム・トゥ・ノーウェア』
現代アメリカ演劇の新鋭ケネス・コリンズ作品、アジア初上陸
一編のロードムービーとともに織りなされる、張り詰めた舞台

作・演出::ケネス・コリンズ
6月11日(土)、6月12日(日) 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

Theatre/USA
Welcome to Nowhere (Bullet Hole Road)
Writeen and directed by Kenneth Collins

11and 12 June
at BOX theatre, Shizuoka Performing Arts Park
_________________________
演劇/イタリア
日本初演『この狂暴な闇』
「Shizuoka春の芸術祭2007」で絶賛されたピッポ・デルボーノ再登場!書き残された壮絶な手記・・・
エイズ発症者が待つ死までの時間とは
構想・演出:ピッポ・デルボーノ
6月18日(土)、19日(日) 静岡芸術劇場

Theatre/ITALY
Questo Buio Feroce  [The Wild Darkness]
Directed by Pippo Delbono
18 and 19 June
at Shizuoka Arts Theatre

_________________________
古典舞踊/インド
タイトル未定
演出:ゴーパル・ヴェヌ
出演:カピラ・ヴェヌ、ナタナ・カイラリ
6月25日(日)、26日(日) 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」

Dance/Indea
Directed by Gopal Venu, performed by Kapila Venu and Natanakairali
25 and 26
at Ellipse Theatre DAENDO, Shizuoka Performing Arts Park
_________________________
演劇/フランス
日本初演『時の商人』
フランスで際注目の劇作家・演出家ジョエル・ポムラ
工場は80人を殺したが20000人の従業員を生かしている-。「失業の恐怖」と裏腹の「労働の狂気」を描いた幻想的なサスペンス
作・演出:ジョエル・ポムラ
6月25日(土)、6月26(日) 静岡芸術劇場

Theatre/FRANCE
Les Marchands [The Merchants]
Written and directed by Joël Pommerat
25 and 26 June
at Shizuoka Arts Theatre
_________________________

演劇/コロンビア・スイス
日本初演『シモン・ボリバル、夢の断片』
ラテンアメリカの開放を夢見た革命家ボリバル-
オマール・ポラスの祖国への想いがコロンビアの鮮やかな民族音楽とともに燃えあがる
演出:オマール・ポラス  作:ウィリアム・オスピーナ
7月2日(土)、7月3日(日) 静岡芸術劇場

Theatre/COLOMBIA, SWITZERLAND
Bolívar,  fragmentos de un sueño [Boliver,  fragments of a dream]
Directed by Omar Porras, written by William Ospina
2 and 3 July
at Shizuoka Arts Theatre
_________________________

演劇/フランス
日本初演『ヒロシマ・モナムール』
君はヒロシマで何も見ていない--。
女と男、西洋と日本・・・・・二つの魂は分かり合えるのか

演出:クリスティーヌ・ルタイユール  作:マルグリッド・デュラス
7月2日(土)、7月3日(日) 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」

Theatre/FRANCE
Hiroshima mon amour
Directed by Christine Letailleur, written by Marguerite Duras
2 and 3 July
at Ellipse Theatre DAENDO, Shizuoka Performing Arts Park
_________________________


2011年1月30日

SPAC芸術街道★リーディングカフェ・ツアー 2月開催のお知らせ

読む戯曲「グリム童話~少女と悪魔と風車小屋~」

 

①2月16日(水)18:30 @由比宿 ねぎぼうず TEL.054-375-3222

由比の山間のとても落ち着くカフェです。フェアトレードの雑貨や、陶器の作品も置いてあります。

地図はこちら→http://r.tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22013665/dtlmap/

 

②2月17日(木)18:30 @沼津宿 自然派カフェレストランteshio

TEL.055-933-0866

沼津市民文化センターの中にある季節のお野菜がおいしいカフェレストランです。

お店のHP→http://cafe-teshio.com/?p=701

2月3日から2月20日まで「grim culte」展が開催されます。グリム童話の世界にひたりながら、リーディン・グカフェが楽しめます。grim

 

③2月19日(土)14:00@見附宿 DOLCE倉庫 TEL.FAX 0538-55-2187(寺田)

DOLCE倉庫さんは木の温もり溢れる戦前の織屋の倉庫です。レトロな空間で音楽会や、落語会などが開かれています。

DOLCE倉庫HP→http://www15.ocn.ne.jp/~dolcesok/

 

④2月21日(月)19:00@府中宿 ベルエキップベジタブ TEL.054-251-0200

静岡の街中で、自家製パンや玄米ごはんなど体に優しい食材を使ったメニューや、ヘルシーなケーキが頂けるお店です。

お店のHP→http://cafe.belle-equipe.info/

 

⑤2月24日(木)19:00@江尻宿 栗田屋 TEL.0543-663228

清水銀座商店街の中にある、素敵な器屋さんです。選ぶのが大変なほどたくさんの器があります。

栗田屋のご主人は『朗読とピアノの午後』でお世話になっているジャズピアニストの栗田丈資さんです。

お店のHP→http://www.kuritaya.com/kuritaya/kuritaya.html

 


2011年1月22日

宮城聰新演出作品『真夏の夜の夢』出演者オーディション

Filed under: 未分類

SPAC芸術総監督 宮城聰 新演出作品

 真夏の夜の夢

潤色 野田秀樹
 (原作 W・シェイクスピア、小田島雄志訳『夏の夜の夢』より)

出演者オーディション

 

◆公演日  2011年6月4日(土)、6月5日(日) 静岡芸術劇場

      (Shizuoka春の芸術祭改め)

      ふじのくに⇄せかい演劇祭上演作品

 

オーディション開催日  ①3月21日(月・祝) ②3月27日(日) 

※どちらかの日程でご参加ください。

 

◆オーディション会場:静岡芸術劇場リハーサル室(予定)

◆募集人数:男女若干名

◆応募資格:18歳以上の方。国籍不問。

4月1日から公演までのすべての稽古に参加できる方。

稽古時間=連日11:00~22:00 

 稽古場所=静岡芸術劇場または静岡県舞台芸術公園内

*週1日程度の稽古オフがあります。

                     

◆応募方法:市販の履歴書に必要事項をご記入の上、返信用封筒を添えて、

 郵送または持参にてお申し込みください。

 ※履歴書にはオーディション参加可能日(上記開催日の①か②)を明記してください。

 ※返信用封筒には80円切手を貼り、宛名をお書きください。

◆応募締切:3月6日(日)  <必着>

◆お申込み・お問合せ:

    SPAC – (財)静岡県舞台芸術センター

  『真夏の夜の夢』出演者オーディション 係

 〒422-8005  静岡市駿河区池田79-4

    TEL. 054-203-5730   http://spac.or.jp


2011年1月18日

【出演者募集】SPAC-ENFANTS(スパカンファン)【東京公演決定!】

Filed under: 募集

SPACでは、昨年2010年より、世界的に活躍する振付家メルラン・ニヤカム氏とともに静岡の子ども達を出演者としたダンス作品を制作し公演に挑む国際共同制作プロジェクト「SPAC-ENFANTS」(スパカンファン)を実施しています。

この度、第二期プロジェクト実施にあたって新しい出演メンバーを募集いたします。

第1期である昨年はダンス作品『ユ メ ミ ル チ カ ラ-REVE DE TAKASE-』を制作し、静岡芸術劇場にて初演、さらに静岡県内ツアーを実現させました。

第2期となる本年2011年は、多くのアンコールにお応えして、国際舞台芸術祭「ふじのくに せかい演劇祭」への参加、さらに東京公演に挑みます!

ダンスの経験は問いません!皆さん独自の個性と表現の可能性をぜひ発揮してください!

昨年の公演ページはこちらをクリックしてください。 ブログはこちら

オーディションの詳細は下の画像をクリックしてください。(応募用紙もダウンロードできます)

入稿用オーディションチラシ【表】 [更新済み]のコピー

入稿用オーディションチラシ【裏】のコピー


2011年1月10日

<お知らせ>続報!グリム童話「少女と悪魔と風車小屋」トークゲスト決定!

グリム童話「少女と悪魔と風車小屋」トーク


1月21日(土)

ゲスト:エドツワキ氏 (図案家・アーティスト)+宮城聰

司会:大澤真幸

 

1月28日(土)

ゲスト:スズキコージ氏 (絵本画家)+宮城聰

司会:大岡淳


※そのほかの公演日のトークゲスト・司会者は追ってお知らせいたします。


2011年1月9日

<参加者募集>オマール・ポラスによる俳優のためのWS

『ドン・ファン』(1月22日(土)、23日(日)、29日(土)、30日(日))を演出するオマール・ポラスWS。

俳優の身体のメカニズムを、より意識出来るように、また、俳優の身体をより活性化できるエクササイズを中心に行います。

参加費無料です。

【オマール・ポラス Omar Porras】

オマール・ポラス

コロンビア出身の演出家、俳優。ヨーロッパ各国を経て、複数の舞台芸術分野での実践を重ねた後、1990年にスイスのジュネーヴに拠点を移し、テアトロ・マランドロを創設。作品作りの中で、独自の演技への追求を展開し、西洋の演技技法、東洋のトペン(仮面・舞踊劇)やビオメハニカ(生物力学的演劇法、人体力学的演劇法)などの様々な演技法から想を得ている。

SPACでは、オマール・ポラスがSPAC俳優を演出した「ドン・ファン」や、自身の劇団テアトロ・マランドロによる「血の婚礼」、「バッコスの信女」、「ミスター・プンティラと召使マッティ」、「スカパンの悪だくみ」など、数多くの作品を上演し、ポラス作品の魅力を伝えてきました。今回はその舞台の真髄とも言える俳優の身体の秘密に迫るWSを開催します。

【第一期】

2011年1月24日(月)~28日(金) 18:00~21:00
会場:舞台芸術公園内(静岡市駿河区平沢100-1)

【第二期】
2011年2月6日(日)~11日(金) 全日制
会場:舞台芸術公園内(静岡市駿河区平沢100-1)

第一期と第二期の内容は異なります。どちらか一方、あるいは両方のお申込みも可能です。
第一期は、俳優の身体訓練を中心に、第二期は戯曲テクストを使ってのワークショップとなります。

◎参加料 無料
◎交通費自己負担。
(なお、通いの場合、静岡芸術劇場(静岡市駿河区池田79-4)から舞台芸術公園までの送迎はSPACがいたします。
遠方からの参加の場合、舞台芸術公園内の宿舎の使用も可能です。ただし人数は使用状況によります。)

【募集人数】

各回12名~15名

【募集締め切り】

1月13日(木)(なお、定員を上回る場合には選考させていただきます。)

<参加お申込み方法>
件名に<WS参加申し込み>と書き、本文にお名前、ご連絡先、年齢、性別、所属劇団、舞台出演歴を書き、mail@spac.or.jpまでご連絡ください。

主催・お問い合わせ
SPAC-静岡県舞台芸術センター
Tel.054-203-5730
mail@spac.or.jp


<募集>2011年度創作・技術部、制作部スタッフ募集

Filed under: 募集

財団法人静岡県舞台芸術センター<Shizuoka Performing Arts Center:SPAC・芸術総監督 宮城聰>は、1995年の設立以来、「日本におけるほんとうの公共劇場の創造」を目指して活動してきました。

SPACの第一の特長は、静岡芸術劇場と舞台芸術公園という施設を拠点に活動する俳優・舞台スタッフ・制作スタッフ、つまり専属の劇団を擁していることです。

一般の公立ホールのスタッフといえば、施設を管理するだけが仕事になりがちですが、SPACはまったく異なります。4つの劇場と4つの稽古場で実際に作品創造を行う芸術家集団が、国内外での公演活動をおこない、同時に劇場の企画・運営や人材育成事業を行っています。

静岡芸術劇場や舞台芸術公園の劇場群は、貸し館としては使われていません。議会の議決を経て、貸し館ではなくSPACの専用施設として運営されています。これは日本で唯一のシステムで、またヨーロッパの劇場と同じように芸術総監督を中心に活動している点も大きな特長です。

芸術総監督宮城聰のもと、世界に発信できるオリジナル作品の創造・上演活動をはじめ、国際演劇祭「Shizuoka春の芸術祭」では世界各地から現代の世界を鋭く切り取った作品を次々と招聘し、また「シアタースクール」や「中高生観賞事業」など静岡の青少年に向けた新たな事業を展開、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいます。

このたび芸術局の創作・技術部スタッフと制作部スタッフの増員をすることにいたしました。私たちと一緒にSPACの事業をさらに発展させる人材を募集いたします。

■  募集人員 創作・技術部スタッフ(照明、音響、舞台、衣装) 若干名
制作部スタッフ(広報・アウトリーチ担当) 若干名

■  応募資格 原則として20歳以上40歳未満の方
性別・学歴・国籍不問(ただし、相応の日本語読解力を必要とする)
2011年4月から勤務可能な方
制作部スタッフについては劇場または劇団で2年以上の実務経験の
ある方

■  応募方法 下記の1・2を添付の上、郵送、Eメール、または持参して、お申し込み
ください。
1.履歴書(市販の履歴書程度の情報、制作経験の内容を書いたも
の)
2.作文 応募理由を800字以内
*郵送の場合、ご連絡のつくメールアドレスを必ずご記入ください。

■  応募締切
<郵送の場合>2011年1月31日(月)消印有効
(郵送の場合は必ず速達郵便、またはメール便速達で)
<Eメールの場合>必ず下記のメールアドレス宛てに 2011年1月31日(月)
(31日付け発信まで有効)

■  選考試験 予備選考(書類審査)
本選考 (面接試験)2011年2月14日(月)
会場:静岡芸術劇場(JR東静岡駅南口)

■  入団の条件 1.当財団の芸術局スタッフとして1年間の契約
契約期間は2011年4月1日から2012年3月31日まで
(4月~6月をインターン期間とし、改めて契約の意思を確認す
る。
2012年3月31日以後は、成果に応じて3年間ごとの契約更
新が可能)
2.契約料は年俸制で220万円~400万円

■  申し込み・問い合わせ先 (財)静岡県舞台芸術センター
芸術局スタッフ募集係
〒422-8005  静岡市駿河区池田79-4
TEL. 054-203-5730  FAX 054-203-5732
特設メールアドレス apply@spac.or.jp
http://spac.or.jp


2011年1月5日

SPAC県民劇団演出家・制作者募集

Filed under: 募集

SPACでは、人材育成事業のひとつとして「県民が県民の力で作品を創造し、SPACの劇場で公演をおこなえるようになるまでを、制作面で支援する」枠組みを2008年度に立ち上げました。今年度は、幅広い年代層の参加者によって結成された「がくらく座」が、日本平を舞台にしたオリジナル作品『こだまがきこえる杜』を、また、2年間の助成期間を経てSPACサテライト劇団へと進化し、自立した劇団として活動する「劇団静火」が『ヴェニスの商人』を野外劇場 「有度」でエネルギッシュに上演しました。
2012年、この2つの劇団に続く新たな県民劇団を募集します! SPACと一緒に静岡県の舞台芸術を盛り上げていきましょう!

 

「SPAC県民劇団」とは?
●SPACの人材育成事業参加者を中心に結成する県民の劇団です。
●公演にともなう稽古を舞台芸術公園内の稽古場で行います。
●2011年10月中旬に、舞台芸術公園 野外劇場「有度」で公演を行います。
●SPACから舞台費について助成金が出ます。
●最大2年間の助成期間を経て、劇団として自立することを目標とします。

「SPAC県民劇団」ができるまで
①「SPAC県民劇団」ができるまでSPAC県民劇団」を立ち上げたい人(演出家・制作者)は、「上演企画」を応募してください。

②「上演企画」が審査を通ったら、自分の企画をプレゼンテーションでアピールし、参加メンバーを募ります。

③SPACの人材育成事業参加者が劇団員の半数以上かつ10名以上在籍していれば、「SPAC県民劇団」が結成されます。
※SPACの人材育成事業=県民劇団、県民参加体験創作劇場、親と子の演劇教室、シアタースクール、高校演劇フェスティバルなど

④「SPAC県民劇団」に参加したい人(出演者・スタッフ)は、プレゼンテーションに参加し、自分が参加したい企画に応募してください。
※出演者・スタッフとして参加したい方は、SPACの人材育成事業に参加経験があることが条件となります。4月中旬開催予定の「SPAC演劇講座」に参加することで、「SPAC県民劇団」の応募資格を得ることができます。

 

「SPAC県民劇団」を立ち上げたい人(演出家・制作者)はこちら
【応募資格】
過去に2作品以上の演出経験がある方。または、2年以上の演劇制作、プロデュースの経験を有する方。

【募集内容】
舞台芸術公園 野外劇場「有度」で「SPAC県民劇団」として上演する舞台作品の「上演企画」。

【「上演企画」の規定】
戯曲は既存、自作のどちらでもかまいません。また新作、旧作(かつて上演した作品)のどちらでもけっこうです。

【審査方法】
書類などによる選考をおこないます。

【参加者(劇団員)を集める】
「上演企画」が審査を通ったら、「SPAC県民劇団」に参加したい人に対して、プレゼンテーションをおこ
ない、参加者を募ります。 (4月中旬予定)
 
【応募方法】
「上演企画」申込書と募集要項を請求するか、こちら県民劇団募集要項上演企画申込用紙でダウンロードし、必要事項を記入して必要書類と共に郵送してください。
(申込書の請求:氏名、住所、電話番号を明記して、80円切手を同封のうえ下記宛先までご請求ください。)

【応募締め切り】
2月26日(土)必着

【審査結果通知】
3月上旬(予定)

 

出演者・スタッフとして参加したい人はこちら
参加者(劇団員)募集概要
【応募資格】
今までにSPACの人材育成事業に参加したことのある方。
(県民劇団、県民参加体験創作劇場、親と子の演劇教室、シアタースクール、高校演劇フェスティバル、SPAC主催のワークショップ、など)

【応募方法】
審査を通った「上演企画」の応募者がプレゼンテーションをおこないます。
そのうち参加したいと思った「上演企画」に応募していただきます。規定の人数が集まれば「SPAC県民劇団」が結成され、上演が決まります。(4月中旬予定。詳細は決定次第SPACホームページ、チラシ等でお知らせします。) 

 

人材育成事業に参加したことのない方はこちら
4月中旬開催予定のSPAC演劇講座に参加すれば、SPAC県民劇団への応募資格を得ることができます。
(詳細は決定次第SPACホームページ、チラシ等でお知らせします。)


2011年1月1日

保護中: テスト

Filed under: 未分類

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。