2011年5月25日

『シモン・ボリバル、夢の断片』客席形状変更のお知らせ

Filed under: 未分類

ふじのくに⇔せかい演劇祭で上演を予定しており
作品の構成変更をお知らせしておりました
『シモン・ボリバル、夢の断片』ですが、
客席の形状を当初の予定と変更して上演することとなりました。

静岡芸術劇場・指定席でご案内をしておりましたが、
静岡芸術劇場【舞台上座席での自由席】とさせていただきます。

(公演当日は開演の15分前より整理番号順に客席にご入場いただきます。)

※これまでに指定席でご予約をいただいておりますお客様に関しては、
ご予約日時順の整理番号を当日受付でお渡しいたします。

変更に伴い、払戻しをご希望されるお客様については引き続き受付をしております。
作品構成変更のお知らせ・払戻しのご案内はこちらをご覧ください。


2011年5月23日

【お知らせ】SPACシアタースクール2011夏 参加者募集

Filed under: 未分類

SPACシアタースクール2011夏
オフェリアと影の一座

原作:ミヒャエル・エンデ
演出:中野真希(SPAC)

表

SPACによる人材育成事業のひとつ「シアタースクール」は、学校では触れることのできない演劇の面白さ、奥深さを地域の子どもたちとその保護者の方々に知ってもらうことを目的として、2007年にスタートしました。県内全域から集まった子どもたちが身体や声に関する様々なプログラムに取り組み、その集大成としてこれまで『オズの魔法つかい』『青い鳥』『モモ』を発表してきました。

今回のシアタースクールは、小学6年生から高校2年生までの参加者を募集し、ミヒャエル・エンデ原作の『オフェリアと影の一座』を上演します。SPACの俳優による指導のもと、発声、スズキ・メソッド(前芸術総監督・鈴木忠志が考案した俳優訓練法)、楽器演奏やダンスを通して「舞台に立つためのからだづくり」を学び、その成果を“演劇専用劇場”として名高い静岡芸術劇場で発表いたします。

稽古場と劇場は、自分自身と出会い、他者と交流する場です。人々の「違い」に光を当て、「違いを楽しむ」場でもあります。演劇ははじめてという方も大歓迎!皆さんの若き才能とパワーを、舞台の上で発揮してください!

 

【あらすじ】
オフェリアさんは、小さな町の小さな劇場で、舞台の上の役者たちを支える仕事をしていました。やがて閉じられることになった劇場でさいごの舞台を終えたあと、オフェリアさんは誰もいない舞台の奥でひとりの「影」に出会います。やさしいオフェリアさんのもとに次々と集まりはじめる、行き場のない影法師たち。自由自在に変身できる彼らとともに、オフェリアさんは世界を旅してお芝居を続けてゆき…。

  SPAC版『オフェリアと影の一座』の中でオフェリアさんたちが演じるお芝居(「劇中劇」)は、シェイクスピア。
エンデとシェイクスピア、二人の名作を一度に楽しむチャンスです!

 

【参加者募集要項】

発表会:2011年8月14日(日) 13:30/17:00開演

会場:静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)

稽古:
2011年7月9日(土)、10日(日)、16日(土)、17日(日)、18日(月・祝)、
22日(金)~8月13日(土) 
※7月25日(月)、8月1日(月)、8月8日(月)はお休みです。

時間:
13:00~17:00(8月13日は12:00~18:00)
※変更がある場合は事前に参加者に連絡をいたします。

場所:静岡芸術劇場 リハーサル室

募集人数:40名
(小学校6年生…8名、中学校1~3年生…22名、高校1~2年生…10名)

※応募者多数の場合、稽古参加可能日数などにより選考をさせていただく場合があります。

●参加費用:無料

●応募資格:
・小学校6年生から高校2年生までの方
・8月13日の稽古と8月14日の発表会に必ず参加できる方
※保護者の同意が必要です

◆指導スタッフ◆
演出:中野真希
アシスタント:赤松直美、桜内結う、佐藤ゆず、舘野百代、永井健二
ダンス振付:眞田恵美
音楽構成:寺内亜矢子

◆応募方法◆
募集チラシ裏面下部の申し込み用紙に必要事項を記入し、
郵送または静岡芸術劇場窓口にご持参の上、お申し込みください。

 
募集期間:2011年6月6日(月)~6月25日(土) <必着>

 

【主催・申込先】
SPAC‐財団法人静岡県舞台芸術センター
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4 http//spac.or.jp
TEL. 054-203-5730  FAX 054-203-5732

 シアタースクール募集チラシ


2011年5月20日

【お知らせ】「ふじのくに⇄せかい演劇祭2011」ブックフェア開催!

Filed under: イベント

5/21(土)より、戸田書店静岡本店にて

読観(ドクカン)のススメ
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2011」ブックフェア

を開催いたします。

昨年大変ご好評を頂いた〈宮城聰と俳優たちが選ぶ21冊の本フェア〉に続いての
戸田書店さんとのコラボレーション第2弾!
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2011」の上演各演目にちなんだオススメ本が、
戸田書店静岡本店の店頭に並びます。

●期間: 5月21日(土)~6月中旬

●会場: 戸田書店静岡本店2階特設コーナー
         (静岡駅前・葵タワー内/営業時間 10:00~21:00)

読めば舞台が100倍楽しめる、読んだら舞台が観たくなる!
各演目と書籍の関連を紹介したパネル展示のほか、
「天守物語」主役〈富姫〉の妖艶な等身大パネルも出現!
静岡のシンボル「葵タワー」にある戸田書店で、
SPACの新しい「せかい」を発見してください!

☆5月28日(土)には、15時からの静岡駅北口地下広場での路上パフォーマンスより
「天守物語」富姫役の美加理さんが来店します。
ふたりの富姫が戸田書店で邂逅します!お見逃しなく!

image001

内容の一部 :

「シェイクスピアと野田秀樹―ふたりの天才に迫る3冊」
『夏の夜の夢』(白水社)
『野田秀樹』(白水社)
『ひつまぶし』(朝日新聞出版)

「泉鏡花の幻想世界にどっぷり浸かれる3冊」
『夜叉ケ池・天守物語』(岩波書店)、
『鏡花夢幻』(白泉社)、
『水木しげるの日本妖怪紀行』(新潮社)

「タニノクロウ的摩訶不思議世界を感じられる3冊」
『ねじ式』(小学館)
『エレンディラ』(筑摩書房)
『デ・キリコ アート・ギャラリー現代世界の美術17』(集英社)

ほか、全26点を予定


【お知らせ】東京バス増発決定!『エクスターズ』劇場直行無料バス

ふじのくに⇔せかい演劇祭、6/5(日)『エクスターズ』の公演に合わせ
東京からの劇場直行無料バスの増発が決定いたしました。

●スケジュール

6月5日(日)
〈往路〉15:00渋谷発→18:30舞台芸術公園着(予定)
〈復路〉21:30舞台芸術公園発→25:00渋谷着(予定)

※復路は25:00渋谷着予定ですので、
渋谷駅での各路線の終電には間に合わないことが予想されます。
途中下車もできませんので、あらかじめご了承ください。

●集合場所:青山学院大学 青山キャンパス正門前
 *集合時間・・・出発時間の15分前
  (青山キャンパス:東京都渋谷区渋谷4-4-25)

●乗車条件:6月5日(日)『エクスターズ』をご観劇の方

●バスご乗車の方の『エクスターズ』チケット料金
大人4,000円/大学生・専門学校生2,000円/高校生以下1,000円
※ペア割引やグループ割引、ゆうゆう割引等の各種割引は適用されません

●申込締切:5月31日(火)

●バス申込方法

電話:SPACチケットセンターTEL.054-202-3399
E-mail:bus@spac.or.jp

乗車ご希望のお客様は、
1.氏名
2.人数
3.当日ご連絡が取れる電話番号
4.往復か片道(往路か復路)か
を、

電話またはメールにてご連絡ください。
メールの場合、件名欄に「6月5日エクスターズバス希望」と
必ずお書きください。

 

・このバスは定員になり次第、締め切らせていただきます。
観劇予定のチケットは必ずバス予約の前に電話・窓口・ウェブにてご予約ください。

・到着の時間は概ねの時間帯です。
上演時間、出発時間、交通事情により大幅に変更となる場合もございますが、
責任は負いかねます。予めご了承ください。

・事情により、集合時間、行程を変更する場合があります。

・バス車内ではシートベルト着用、禁煙にご理解ご協力をよろしくお願いします。


2011年5月16日

『シモン・ボリバル、夢の断片』【公演内容の変更】のお知らせ

〈ふじのくに⇔せかい演劇祭2011〉にて、7月2日、3日に上演するオマール・ポラス演出・出演の『シモン・ボリバル、夢の断片』ですが、

東日本大震災およびその影響によりコロンビア人ミュージシャンの来日が中止、作品の構成を変更せざるを得ない状況になりました。

演出・主演のオマール・ポラスは「俳優一人、椅子一つ、ロウソク一本だけでも芝居は続けうることを示したい。」と上演の意志を表明しています。

詳細は決定次第、本サイトにて発表いたします。

(5/16追記)
7/3(日)終演後に予定されておりましたスペシャル・ライブは、
来日メンバーの変更に伴い、開催中止となりました。
楽しみにしていらっしゃいました皆様には、心よりお詫び申し上げます。

なお、作品構成の変更により、観劇のキャンセルをご希望される方は、チケットの払い戻しに対応させていただきます。 

チケットの払い戻し方法については下記をご確認ください。

—————————————–

【払い戻し期間 4月25日(月)~6月12日(日)】

下記のうちいずれかの方法にて受け付けさせていただきます。

(1) SPACチケットセンターでの払い戻し
SPACチケットセンターまでお求めのチケットをお持ちください。
チケットと引き換えにチケット料金をお返しいたします。

(2)郵送での払い戻し
SPACチケットセンターあてに、お買い求めいただいたチケットと、
払い戻しのためのお客様の銀行名、支店名、預金種類、口座番号、口座名義(フリガナ)を明記したメモを同封の上、5月31日(必着)までにご郵送下さい。
送料と合わせてチケット料金を指定の口座にお振込いたします。

※お支払い済みでセブンイレブンでの発券をまだなさっていないお客様は、
大変お手数ながら一旦発券をいただき、ご返送ください。

※必ず簡易書留でご送付下さい。
普通郵便での送付による未着事故が発生した場合は払い戻しできません。ご注意下さい。

※チケット送付にかかった料金は、第1種定型郵便料金が払い戻しされます。
(通常郵送代80円+簡易書留郵便代300円=380円)
第1種定型郵便料金以上で送付頂いた場合でも、
第1種定型郵便料金の発送費の払い戻しとなりますのでご注意下さい。

《郵送先》〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4
(財)静岡県舞台芸術センター SPACチケットセンター 払戻し担当
Tel. 054-202-3399(10:00~18:00)

なお、セブン-イレブン店頭での払い戻しは行っておりません。
予めご了承ください。


2011年5月15日

【お知らせ】『時の商人』上映パフォーマンス決定!

「ふじのくに⇔せかい演劇祭」にて、上演を予定しておりましたジョエル・ポムラ作・演出『時の商人』は、4月23日付で公演中止を発表いたしましたが、この度、代替プログラムが決定いたしましたのでご報告申し上げます。

『時の商人』の舞台映像に、SPAC俳優木内琴子が語り手として登場し、ナレーションをつける形で実施をいたします。
本作品は、もともと舞台上の俳優がサイレントムービーのように無声演技をし、語り手一人のナレーションによって上演する舞台でしたが、
今回の来日中止を受け、舞台は映像、ナレーションはSPAC俳優による日本語という、ジョエル・ポムラとSPACとの新たなコラボレーションでの実施となりました。
 
このたびの公演中止を深くお詫び申し上げるとともに、
本作を楽しみにお待ちいただいていた多くの皆様にご覧いただけるよう、
今回の特別プログラムは、入場無料とさせていただきます。
 
本プログラムは、当初同作品の上演が予定されていた会場および開演時刻にて行います。
 
日時:6月25日(土)16時 開演
               26日(日)13時 開演
会場:静岡芸術劇場
上映時間:110分  
〔フランス語上映/日本語ナレーション〕
 
作・演出:ジョエル・ポムラ
出演:ルイ・ブルイヤール・カンパニー
語り手:木内琴子(SPAC)
*入場は無料となります
*要予約 SPACチケットセンター:054-202-3399
 
※公演中止および払い戻しのお知らせについてはこちらをご覧ください


2011年5月12日

【お知らせ】『この狂暴な闇』ピッポ・デルボーノ・カンパニー上演作品変更のお知らせ

ふじのくに⇔せかい演劇祭にて6/18(土)、6/19(日)に『この狂暴な闇』の上演を予定しておりましたピッポ・デルボーノ・カンパニーは、今般の情勢により劇団の来日メンバーを変更し、
同作品に代わりまして『ヘンリー五世』を上演いたします。 

 

『ヘンリー五世』

演出:ピッポ・デルボーノ
原作:ウィリアム・シェイクスピア
出演:ピッポ・デルボーノ、ぺーぺ・ロブレード、グスターヴォ・ジャコーザ ほか

PippoEnricoV_sm

Pippo2_010_sm

Gruppo_adj

休戦中であったフランスとの百年戦争を再開し、イングランド軍を劇的な勝利に導いたヘンリー五世。ピッポ・デルボーノは、シェイクスピアによるイングランド王ヘンリー五世の物語の中に、古今のあらゆる<戦争>とそこで生まれる絶望、勇気、希望を描き出す。言葉とダンスと音楽とが渾然一体となる舞台には、ピッポ・デルボーノ・カンパニーの俳優に加え、日本人のコロス(群衆役)約30名が出演、壮大かつ真摯に生と死を語る作品をともに創り上げる。
1992年にイタリアで初演されて以来上演が重ねられ、2007年にはイギリスのロイヤル・シェイクスピア・カンパニーによるフェスティバル「コンプリート・ワークス・フェスティバル」にも招聘された本作は、ピッポ・デルボーノの創作史に永らく輝きつづける傑作である。

————————————————

なお、上演作品の変更により、観劇のキャンセルをご希望される方は、

チケットの払い戻しに対応させていただきます。

チケットの払い戻し方法については下記をご確認ください。

 

【払い戻し期間 5月13日(金)~6月12日(日)】

————————————————-
電話・窓口・ウェブにてご予約のお客様
————————————————-

下記のうちいずれかの方法にて受け付けさせていただきます。

(1) SPACチケットセンターでの払い戻し
SPACチケットセンターまでお求めのチケットをお持ちください。
チケットと引き換えにチケット料金をお返しいたします。

(2)郵送での払い戻し
SPACチケットセンターあてに、お買い求めいただいたチケットと、
払い戻しのためのお客様の銀行名、支店名、預金種類、口座番号、口座名義(フリガナ)を明記したメモを同封の上、6月11日(必着)までにご郵送下さい。
送料と合わせてチケット料金を指定の口座にお振込いたします。

※お支払い済みでセブンイレブンでの発券をまだなさっていないお客様は、
大変お手数ながら一旦発券をいただき、ご返送ください。

※必ず簡易書留でご送付下さい。
普通郵便での送付による未着事故が発生した場合は払い戻しできません。ご注意下さい。

※チケット送付にかかった料金は、第1種定型郵便料金が払い戻しされます。
(通常郵送代80円+簡易書留郵便代300円=380円)
第1種定型郵便料金以上で送付頂いた場合でも、
第1種定型郵便料金の発送費の払い戻しとなりますのでご注意下さい。

《郵送先》〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4
(財)静岡県舞台芸術センター SPACチケットセンター 払戻し担当
Tel. 054-202-3399(10:00~18:00)

なお、電話・窓口・ウェブにてご予約のお客様に関しましては
セブン-イレブン店頭での払い戻しは行っておりません。
予めご了承ください。

 
————————————————-
セブン‐イレブン マルチコピー機でご購入のお客様
————————————————-

同払い戻し期間内にて、購入のセブン‐イレブンにて払戻しをお願いします。
詳細はこちらをご確認ください。


2011年5月11日

7月2日(土)『天守物語』アーティスト・トークゲストはしりあがり寿氏に決定!

7月2日(土)の『天守物語』終演後のアーティスト・トークゲストは、漫画家のしりあがり寿さんに決定しました。

SPAC芸術総監督・宮城聰としりあがりさんのトークにご期待ください!

いま静岡では、しりあがりさんによる通年の展覧会イベント「いろいろやるら。」が開催されています。

「ふじのくに⇄せかい演劇祭」とあわせて、こちらもぜひチェックしてみてください。

http://www.c-c-c.or.jp/future/iroiroyarura.html


6月5日(日)『真夏の夜の夢』アーティスト・トークゲストは小谷元彦氏に決定!

6月5日(日)の『真夏の夜の夢』終演後のアーティスト・トークゲストは、美術家・彫刻家の小谷元彦さんに決定しました。

SPAC芸術総監督・宮城聰と小谷さんのトークにご期待ください!

静岡県立美術館では、5月28日(土)から7月10日(日)まで、「小谷元彦展 幽体の知覚」が開催されます。

「ふじのくに⇄せかい演劇祭」とあわせて、こちらもぜひチェックしてみてください。

http://www.spmoa.shizuoka.shizuoka.jp/japanese/exhibition/kikaku/2011/02.php


2011年5月5日

『リーディング・カフェ・ツアー』五月の静岡県下14ヵ所巡回日程

 四月のSPACリーディング・カフェ日程は静岡県下6ヵ所、東京5ヵ所を巡り、『夏の夜の夢』と『天守物語』を題材に無事全日程を開催できました。

沢山のお客様にご来場いただきありがとうございました。

参加いただいたお客様同志の楽しい交流の時間は、我々にとりましてもかけがえの無い楽しい時間となりました。

 

そして五月はさらに県中部6ヵ所、県西部5ヵ所、県東部3ヵ所、そして名古屋3ヵ所をまわります。

まだお越しになったことの無い方も、すでにお越しいただいたことのある方も、どこも素敵な場所ですので、ぜひお気軽にご来場くださいませ。

 

◉読む戯曲 シェイクスピア作『夏の夜の夢』 ▷(夏夜)
       

                    泉鏡花作    『天守物語』 ▷(天守)

マイカップ持参希望   ▷(カップ)

 

◆SHIZUOKA

@三島宿

 ◉5月10日(火)18:00 

 『GALLERYエクリュの森』(夏夜)(※カップ必携)

エクリュ

http://www.ecru-no-mori.jp/g-em/index.html

(申し込み)TEL.055-976-2320  E-mail:info@ecru-no-mori.jp

 

@清水みなと

 ◉5月11日(水)14:30 

 『カフェ・パティスリー ミクニ』 (夏夜)

mikuni

http://r.tabelog.com/shizuoka/A2201/A220102/22019190/

(申し込み)TEL054-355-3921

 

@舞阪宿

 ◉5月12日(木)10:00 

 『魚あら』(天守) ※参加費2000円(ワンドリンク、資料、天丼代含む)

uoara

http://www.uoara.com/index.html

 (申し込み)TEL.090-2929-3724   E-mail:oideyomaiska@gmail.com(那須田)

 

@浜松

 ◉5月12日(木)15:00 

 『カレー処ヤサカ』(天守)

yasaka

http://www.yasaca.jp/

 (申し込み)TEL.053-463-0223  E-mail:yasaca@yr.tnc.ne.jp

 

@島田宿

 ◉5月13日(金)14:00 

 『杉山有絵画館』(天守)(カップ)

sugiyama

http://www.ne.jp/asahi/sugiyama/yu/kaigakann.html

 (申し込み)TEL. 0547-35-6510

 

@焼津みなと

 ◉5月13日(金)19:00 

 『三福旅館』(夏夜)(カップ)

sanpuku

http://www.sanpuku-jp.com/                        

(申し込み)TEL.054-628-3582

 

@静岡東

◉5月20日(金)18:00 

 『高松珈琲』(夏夜)

takamatsu

http://taita-corp.co.jp/map/map_shizuoka-h-takamatsu.html

 

(申し込み)TEL.054-294-8667

 

@蒲原宿

 ◉5月21日(土)14:00 

 『東海道町民生活資料館(志田邸隣)』(夏夜)(カップ)

sidatei

http://www.city.shizuoka.jp/shidatei.html

 (申し込み)TEL.054-202-3399(SPACチケットセンター)

 

@掛川宿

 ◉5月22日(日)14:00 

 『竹の丸』(天守)(カップ)

takenomaru

http://www.slowlife.info/takenomaru/

 (申し込み)TEL.0537-22-2112

 

@府中

◉5月24日(火)19:00 

 『シェアオフィス ボタニカ』(天守)(カップ)

botanica

http://www.kinza-botanica.com/concept.php

 (申し込み)TEL.054-221-0190

 

@沼津宿

 ◉5月27日(金)19:00 

 『三明寺』(夏夜)(カップ)

tera

http://www.sanmyouji.com/

 (申し込み)TEL.055-929-2323

 

@菊川

 ◉5月29日(日)13:00 

 『菊川赤レンガ倉庫』(天守)(カップ)

akarenga

http://www.minken.jp/pg61.html

 (申し込み)TEL. 0537-28-8535 菊川まちいき倶楽部(金土日10時〜16時)

 

@浜松

 ◉5月29日(日)19:00

 『浜松市茶室 松韻亭』(天守)

syointei

http://www.shouintei.jp/

 (申し込み)TEL.090-4266-4470(森口)

 

@朝霧高原

 ◉5月31日(火)14:00 

 『cafe naturel (カフェ ナチュレ)』(夏夜)(カップ)

nature

http://www.youkikudoh.net/cafe.html 

(申し込み)TEL. 0544-52-1788


1 / 212