2014年12月29日

「ふじのくに⇄せかい演劇祭」ボランティア大募集!

2015年のゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭」をSPACのスタッフと一緒に盛り上げ、支えてくださるボランティアを大募集します。SPAC-静岡県舞台芸術センターは静岡芸術劇場と舞台芸術公園で活動をしている県立の劇団です。SPACの俳優やスタッフだけではなく、「シアタークルー」というボランティアスタッフが、劇場の活動を支えています。現在の登録メンバーは中学生から80代の方まで。それぞれの興味やライフスタイルにあわせて、活躍しています。あなたもボランティアスタッフとして演劇祭に参加してみませんか?

=募集要項=

● 活動期間 
演劇祭の準備・研修期間および開催期間(2015 年 2 月中旬~ 5 月下旬)

● 主な活動場所 
静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)、舞台芸術公園(日本平パークウェイ沿い)

● 主な活動内容
・演目担当(担当演目の広報、劇団の受け入れ、公演当日の運営などの補助)
・公演受付(公演当日の配布物の準備、受付、チケットのもぎり、客席案内など)
・カフェ(公演当日のカフェ運営の補助)
・撮影(舞台、準備の様子、関連企画などの写真撮影)
・海外アーティスト対応(招聘劇団の移動同行、通訳、食事提供のなどの補助)
・執筆(公演やイベントのブログ掲載用のレポート執筆)
・託児【要保育士資格】※こちらは、グランシップの託児サポーターとして、通年で活動していただきます。詳細はお問い合わせください。

● 応募条件 
中学生以上の方 ※18 歳以下の方は保護者の承諾が必要です。

● 説明・相談会
以下の日程で開催しますので、ご都合のよろしい回にご参加ください。
2015 年 1 月 25 日(日)14:00 ~ 16:00
1 月 28 日(水)19:00 ~ 21:00
2 月 7 日(土)14:00 ~ 16:00
(集合場所:静岡芸術劇場受付)
※上記日程ではご参加できない方は、別途ご相談させていただきます。

● 待遇
活動参加の際は交通費を実費で支給します。(上限 1,500 円 / 日)
※説明・相談会への参加にかかる交通費についてはご負担ください。
※演劇祭終了後、ご希望の方は、劇場運営を通年でサポートするボランティアとして、引き続き活動していただくこともできます。

● 応募方法 
応募用紙に必要事項をご記入の上、静岡芸術劇場
受付へご持参いただくか、郵送にてお申込みください。
下記のウェブサイト「こくちーず」からもお申し込みいただけます。
http://kokucheese.com/event/index/242480/

●応募締切 2月1日(日)


2014年12月23日

【追加募集】SPAC芸術局 創作・技術部スタッフ募集

SPAC-静岡県舞台芸術センターは、
静岡芸術劇場と舞台芸術公園という施設を拠点に活動する専属の劇団を擁し、
舞台作品の創造や国内外での公演活動と同時に、劇場の企画・運営を行なっています。
このたび、私たちと一緒にSPACの事業をさらに発展させる芸術局の創作・技術部スタッフを募集いたします。

■募集職種、募集人数および応募資格、契約の条件等
創作・技術部スタッフ(音響・美術・舞台)
業務内容:SPACが実施・製作する舞台芸術作品の各専門分野における創作活動及び、専有劇場の管理・機材保守業務等
募集人数:若干名
応募資格:
年齢不問、性別、学歴、国籍不問 (ただし、相応の日本語読解力を必要とする)
契約料:年俸制で220万円~400万円 
契約期間:
2015年4月1日から2018年3月31日まで
2015年4月~6月をインターン期間とし、インターン終了後改めて契約の意志を確認する
※2018年4月1日以後は、成果に応じて3年間ごとの契約更新が可能
※インターン期間中も通常の報酬をお支払いします
 
■ 選考試験
予備選考(書類審査)
本選考(面接試験)2015年1月25日(日) 
会場:静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)

■ 応募手続き
1.提出書類
・履歴書
市販の履歴書程度の情報(写真添付)に加えて、メールアドレスを必ずご記入ください。
なお、ご自身の劇団経験や作品情報などがあれば詳細をお書き下さい。
・作文 応募理由を800字以内

2.応募方法
・郵送の場合
 封筒に「芸術局スタッフ応募」と朱書きの上、提出書類を下記に送付して下さい。
 〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
 公益財団法人 静岡県舞台芸術センター 芸術局スタッフ募集係
 * 簡易書留、宅急便など、配達されたことが確認できる方法でご送付ください。
・Eメールの場合
 件名に「芸術局スタッフ応募」と記入の上、下記のアドレスに送付して下さい。
 特設メールアドレス apply(あっと)spac.or.jp
 * 選考結果等の連絡は、特設メールアドレスapply(あっと)spac.or.jpより行います。
 * (あっと)を@マークに変えてご送付ください。
 このアドレスからのメールが受信できるよう、携帯電話やメールソフトの設定をお願いします。

3.応募締切
2015年1月19日(月)必着 

■その他
ご応募頂いた書類は、返却いたしませんのでご了承下さい。

■お問い合わせ
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
公益財団法人 静岡県舞台芸術センター 芸術局スタッフ募集係
TEL.054-203-5730 FAX 054-203-5732
Eメールapply(あっと)spac.or.jp


2014年12月20日

【お知らせ】2015年度<SPACの会>会員募集開始!

2015年度個人会員・ゆうゆう個人会員のご入会の受付を12月20日(土)10:00~から開始いたしました。
詳細はこちらをご覧ください。

★会費:個人会員10,300円、ゆうゆう個人会員9,300円(満60歳以上の方が対象)
★電話・窓口でのお申込み・お問合せは、SPACチケットセンター 054-202-3399まで。
★WEBサイトからもお申込もできます。詳しくはこちらをご覧ください。

☆新規ご入会の方は、スペシャル特典として『ハムレット』にご招待します!

↑クリックすると拡大します。


2014年12月13日

本と一緒にお芝居も。「宮沢賢治ブックフェア」開催!

「いつもとは違った入口から、本の世界・お芝居の世界に触れてもらいたい。」
静岡市内の書店・図書館スタッフの皆様のご協力のもと、
ただいま開催中の「ブックフェア」

第一弾の『フランツ・カフカ ブックフェア』に続き、
第二弾がはじまりました!

『宮沢賢治 ブックフェア』!!

来年上演するSPAC新作『グスコーブドリの伝記』の原作をはじめ、
宮沢賢治の名作を小説、絵本、漫画と、様々なジャンルで揃えていただきました。

書籍
(クリスマスプレゼントにいいかもッ!)
また、今回脚本を担当してくださった山崎ナオコーラ氏の
手書きコメントを掲示しています。
(とっても可愛いイラスト付き♪)

お子様も大人もワクワクしてしまう宮沢賢治の作品、
是非お手にとってお楽しみください。

開催場所は以下の5箇所です。

【SPAC堂書店/戸田書店静岡本店
葵タワー2階 芸術専門書コーナー
戸田書店
戸田書店外観

【SPAC堂書店/MARUZEN&ジュンク堂新静岡店
新静岡セノバ5階 レジカウンター前書棚
ジュンク堂
ジュンク堂外観
 
【SPAC堂書店/谷島屋マークイズ静岡店
マークイズ静岡2階 書斎コーナー
谷島屋
谷島屋外観
 
【SPAC文庫/静岡市立御幸町図書館
ペガサート4階 カウンター前 特集コーナー
御幸町
御幸町外観1

【SPAC文庫/静岡市立中央図書館
1階カウンター前、特集コーナー
中央
中央外観

『宮沢賢治 ブックフェア』は2015年2月1日(日)まで開催しております。
皆様のお越しをお待ちしております…★


2014年12月12日

【お知らせ】2014年度会員のWEBからのご入会受付終了

2014年度個人会員・ゆうゆう個人会員のWEBからのご入会受付は、
12月12日(金)18:00にて終了いたします。
12日以降にご入会ご希望の方は、引き続き電話・窓口にて承りますので、
SPACチケットセンターまでお問合せ下さい。
『変身』 『グスコーブドリの伝記』 『ハムレット』でもご使用いただける招待枠に、
先行予約、チケット割引ほか、お得な特典をご用意しております。

★会費:個人会員10,300円、ゆうゆう個人会員9,300円(満60歳以上の方が対象)
★電話でのお申込み・お問合せは、SPACチケットセンター 054-202-3399まで。

☆2015年度会員の入会受付は12月20日(土)10:00からスタート!
新規ご入会の方は、スペシャル特典として『ハムレット』にご招待します!


2014年12月2日

情報解禁!映画『幕が上がる』SPACロケ!

先月ついに情報解禁された映画『幕が上がる』。
主演・ももいろクローバーZ、監督・本広克行、原作・平田オリザと豪華な顔ぶれで話題となっていますが、そのロケの一部は、何と舞台芸術公園で行われていました。


舞台芸術公園内、稽古場棟の前に集結するロケ車たち


いつもの稽古場が、あっという間に撮影現場に!

撮影は9月から10月にかけて全部で3日間行われ、「稽古場棟」と「楕円堂」が使用されました。
 
そして何と、SPAC芸術総監督・宮城聰とSPAC俳優が、この映画に出演します!
 

撮影スタッフさんと台本をチェックする宮城さん。


本広監督と演技の打合せ


カメラの向こうにはどんな世界が広がっているのでしょう?

2015年2月28日に全国公開となる映画『幕が上がる』、皆様どうぞお楽しみに!

映画『幕が上がる』公式サイト
http://www.makuga-agaru.jp/

更になんと、
『幕が上がる』監督の本広克行さんが、静岡芸術劇場へやってきます!
12月7日(日)の『変身』(演出:小野寺修二)終演後のアーティスト・トークに、ゲストとして出演されます。
演劇ファンとしても有名な本広監督。宮城聰、小野寺修二と一体どんなトークを繰り広げるのか?
気になる方は、12月7日の『変身』公演へお越しください!

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************