2015年5月28日

<出演者決定!!>2015年度SPAC年間スケジュール

「ふじのくに⇄せかい演劇祭2015」&「ふじのくに野外芸術フェスタ2015」のあとも、
魅力的なラインナップをご用意しております。
出演者も決定いたしました!!

★2015年度SPAC年間スケジュール★(2015年5月現在)

6月28日(日)  静岡音楽館AOIホール(8F)
ふじのくに⇄せかい演劇祭2015連携プログラム
静岡音楽館AOI会館20周年記念 静岡音楽館AOIコンサートシリーズ2015-16
ブラヴォー・アンコール!間宮芳生の声I

オペラ≪ポポイ≫

原作: 倉橋由美子
作曲: 間宮芳生
演出: 宮城聰
指揮: 寺嶋陸也
出演:
吉川真澄 (ソプラノ)、上杉清仁 (カウンターテナー)、波多野睦美 (メゾソプラノ)、
大槻孝志 (テノール)、河野克典 (バリトン)、清水寛二 (能楽師)
小長谷勝彦、鈴木陽代、武石守正
東京シンフォニエッタ
猪股義周 (シンセサイザー)

公演の詳細

6月29日(月)~7月3日(金)  Mossovet Theatre(モスクワ)
モスクワ・チェーホフ国際演劇祭
『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』

演出: 宮城聰
台本: 久保田梓美
音楽: 棚川寛子
空間構成: 木津潤平
出演:
阿部一徳、赤松直美、石井萠水、泉陽ニ、大内米治、
大高浩一、片岡佐知子、加藤幸夫、榊原有美、桜内結う、
佐藤ゆず、鈴木麻里、関根淳子、大道無門優也、舘野百代、
寺内亜矢子、仲村悠希、本多麻紀、牧山祐大、美加理、森山冬子、
山本実幸、横山央、吉見亮、若宮羊市、渡辺敬彦

公演の詳細(外部サイト・英語)

6月~7月  静岡芸術劇場・掛川市文化会館シオーネ・韮山時代劇場
『夜叉ヶ池』

演出: 宮城聰
作: 泉鏡花
音楽: 棚川寛子
出演:
岩澤侑生子、奥野晃士、春日井一平、木内琴子、貴島豪、
黒須芯、鈴木真理子、たきいみき、永井健二、中野真希、
仲谷智邦、長谷川直紀、布施安寿香、三島景太、吉植荘一郎

公演の詳細(静岡・掛川公演)
公演の詳細(韮山公演)

8月22日(土)・23日(日)  舞台芸術公園 野外劇場「有度」
SPACシアタースクール 『星の王子さま』

演出・脚色: 中野真希
原作 : アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ
出演: 静岡県内の中高生

参加者募集中!!
SPACシアタースクールとは?

8月29日(土)・30日(日)  舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
スパカンファン・プロジェクト新作 『ANGELS』

振付・演出: メルラン・ニヤカム
出演: スパカンファン(静岡県の中高生)
池ヶ谷優希、大石晃駆、岡村玲奈、金森萌倭、鈴木舞子、
所恵斗、永田茉彩、梨田奈名子、西出一葉、西山友雲、
伏見彩花、宮城嶋開人、吉田燦、渡邉茉奈
振付アシスタント: 木野彩子

スパカンファンプロジェクトとは?

9月~10月  
『室内』

演出: クロード・レジ
作: モーリス・メーテルリンク
訳: 横山義志
出演:
泉陽二、大庭裕介、貴島豪、下総源太朗、鈴木陽代、
たきいみき、布施安寿香、松田弘子、弓井茉那、吉植荘一郎ほか

【韓国・光州公演】アジア芸術劇場 オープニング・フェスティバル
【神奈川公演】KAAT 神奈川芸術劇場 大スタジオ
【静岡公演】舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」

公演の詳細
公演の詳細(韓国公演外部サイト・英語)
ヨーロッパツアー(2014年5月~9月)
ふじのくに⇄せかい演劇祭2013(6月)

9~10月  静岡芸術劇場
SPAC新作 『舞台は夢』
息子を探し求める父親は、洞窟に棲む魔術師のもとへ。行方不明の息子が辿った奇想天外な運命とは・・・。
静岡×フランス、真実×イリュージョンの舞台!

演出: フレデリック・フィスバック
作: コルネイユ
出演:
阿部一徳、大高浩一、加藤幸夫、小長谷勝彦、
桜内結う、大道無門優也、武石守正、寺内亜矢子、
野口俊丞、本多麻紀、牧山祐大、渡辺敬彦、ブノワ・レジヨ

SPAC秋のシーズン2010 『令嬢ジュリー』

10~11月  静岡芸術劇場
SPAC新作 『王国、空を飛ぶ! ~アリストパネスの「鳥」~』
この世に失望した男二人が、鳥たちの王国をつくる!
SPAC文芸部・ 大岡淳が巧みに料理する、ピリッと風刺のきいたギリシア喜劇!

演出: 大岡淳
作: アリストパネス
出演:
朝比奈尚行、大内智美、大内米治、榊原有美、
鈴木麻里、舘野百代、永井健二、布施安寿香、
三島景太、山本実幸、横山央、吉植荘一郎
<ミュージシャン>
渡会美帆(作曲・演奏)、永井朋生(パーカッション)、渡部寿珠(フルート)

12月  静岡芸術劇場
SPAC新作 『薔薇の花束の秘密』
数々の賞を受賞する森新太郎がSPACに初登場!
現実と幻想、愛と憎しみ、病室を舞台に繰り広げられる二人の女のミステリー。

演出: 森新太郎
作: マヌエル・プイグ
出演: 角替和枝、美加理

12月11日(金)・13日(日)  北とぴあ さくらホール
オペラ『妖精の女王』
北とぴあ国際音楽祭2015

原作: ウィリアム・シェイクスピア『夏の夜の夢』
演出: 宮城聰
指揮: 寺神戸亮
歌手: エマ・カークビー(ソプラノ)、波多野睦美(メゾソプラノ)、大山大輔(バリトン)ほか
出演: SPAC
合唱・管弦楽:レ・ボレアード(オリジナル楽器使用)
※やむを得ない事情により出演者を変更する場合があります。

2016年1~2月  静岡芸術劇場
SPAC新作 『黒蜥蜴』
江戸川乱歩の探偵小説を三島由紀夫が戯曲化。
女盗賊・黒蜥蜴と名探偵・明智小五郎の美的恐怖恋愛劇に宮城聰が挑む!

演出: 宮城聰 
作: 三島由紀夫

2016年2~3月  舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
SPAC県民劇団 『血の婚礼』

演出: 木田博貴
作: ガルシア・ロルカ
出演: SPAC県民劇団 劇団壊れていくこの世界で

2015年度 SPAC県民劇団について
『オレステス』(2015年2月)

2016年2~3月  静岡芸術劇場
SPACレパートリー 『ロミオとジュリエット』
東洋と西洋の美が融合したオマール・ポラスの演出。
スイス・フランスツアーにて好評を博し静岡にて待望の再演!

演出: オマール・ポラス 
作: シェイクスピア

SPAC秋のシーズン2012(11月~12月)
スイス・フランスツアー(2013年9月~12月)

**

各公演の詳細は、決定次第SPAC公式サイトで発表していきます。
今後ともSPACからのお知らせにご注目ください!

★日々、最新情報発信中!
Twwitter公式アカウント @_SPAC_
Facebook公式ページ http://www.facebook.com/SPACshizuoka


2015年5月23日

SPAC俳優の朗読で楽しむ中勘助(6月21日[日]/静岡市)

静岡市葵区羽鳥に縁のある小説家、中勘助(明治18年~昭和40年)。
生誕130年・没後50年にあたる今年、代表作『鳥の物語』をSPAC俳優の朗読でお贈りします。

『SPAC俳優の朗読で楽しむ中勘助』
日時:6 月 21 日(日) 14:00~15:30 (13:30 開場)
出演:木内琴子、鈴木陽代(SPAC)
会場:中勘助文学記念館(静岡県静岡市葵区新間1089-120)
会費:無料
定員: 30 人(定員間近)
申込:5 月 25 日(月)必着、往復ハガキまたはHPからお申込み(多数抽選、1 枚 2 人)
申込み・問い合わせ:
藁科生涯学習センター指定管理者 静岡市文化振興財団共同事業体 TEL:054-278-4141
静岡市生涯学習センターHP

★詳細はこちらのチラシから

◎中勘助生誕130年 没後50年・中勘助文学記念館開館20周年記念事業◎

「縁[えにし]の作家、中勘助 ~静岡の人々と共に~」
中勘助[なかかんすけ](明治18年~昭和40年)は夏目漱石の推薦で自伝的小説『銀の匙[さじ]』を『東京朝日新聞』に連載(前篇大正2年・後篇同4年)し、小説家としての地位を築きました。その後『提婆達多』[だいばだった]等インド三部作で小説の幅を広げつつ、雑誌『思想』(岩波書店)連載の『しづかな流』等、日常生活に取材した詩情溢れる日記体随筆で独自の世界を発表しました。

第二次世界大戦終戦をはさみ昭和18年10月~23年4月まで、中勘助、和[かず]夫妻は静岡市郊外の安倍郡服織村[はとりむら](現・静岡市葵区羽鳥)に移住しています。それが縁で、平成6年には夫妻が住んだ杓子庵[しゃくしあん]を整備復元し「中勘助文学記念館」を開館、翌年秋には遺族より草稿や蔵書を含む遺品が寄贈されました。
来静前、東京で兄嫁・親友の娘・兄と立て続けに心の支えを亡くした中は、創作意欲が湧かない時期がありましたが、静岡移住後は『鳥の物語』に収録された珠玉の童話『白鳥の話』等のほか、人生を振り返る内容の随筆、羽鳥の自然を詠んだ俳句や短歌、詩も数多く発表する等、中勘助文学は再生に向かったと言っても過言ではありません。

中勘助生誕130年、没後50年、中勘助文学記念館開館20周年にあたる本年度、その創作の秘密や作品の魅力に迫る8つの事業を、静岡からお届けします。

☆チラシ表
☆チラシ裏


2015年5月22日

『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』モスクワ・チェーホフ国際演劇祭へ!

ふじのくに野外芸術フェスタ2015、駿府城公園での『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』
盛況のうちに幕を閉じることができました。
ご来場いただきました皆様、ありがとうございました。
このあと『マハーバーラタ』は、
モスクワ・チェーホフ国際演劇祭での上演が続きます!

【チェーホフ国際演劇祭】
アヴィニョン演劇祭(フランス)、エジンバラ演劇祭(イギリス)、ボゴタ演劇祭(コロンビア)等と並ぶ、世界最大の演劇祭のひとつ。ストレーレル、ピーター・ブルック、ムヌーシュキン、ペーター・シュタイン、マルターラーといった世界の巨匠たちの舞台芸術作品が演劇祭のオープニング、クロージングを飾ってきた。日本からは現代舞台芸術のほか、歌舞伎、文楽が招へいされるなど、ロシアに日本文化を紹介する重要な役割を果たしてきた。
2015年は舞台芸術のジャンルを横断するプログラムを展開、世界14ヵ国の舞台芸術を紹介する。宮城聰演出の『マハーバーラタ』は今回招聘される唯一の日本作品。

【公演日程】
2015年6月29日(月)、30日(火)、7月1日(水)、2日(木)、3日(金) 全5回公演

【会場】
モソヴィエト劇場

0083edt

客席を取り囲むリング型舞台での上演によって進化した『マハーバーラタ』、
今回のモスクワ公演は、歴史あるモソヴィエト劇場での公演を熱烈に要望されたことにより
例外的に、かつての舞台美術で上演する
“プロセニアムバージョン”の最終公演となります。

◆チェーホフ国際演劇祭 公式HPはこちら


2015年5月20日

【募集】SPACシアタースクール2015『星の王子さま』

シアタースクール2015

☆SPACシアタースクールとは?☆

SPAC – 静岡県舞台芸術センターでは、専属劇団による創造・公演とともに様々な人材育成・支援活動を行っています。そのひとつである「シアタースクール」は、学校では触れることのできない演劇の面白さ、奥深さを地域の子どもたちとその保護者の方々に知ってもらうことを目的として、2007年にスタートしました。今回のシアタースクールは、中学1年生から高校2年生までの参加者を県内全域から募集し、SPAC版『星の王子さま』を上演いたします。SPACの俳優による指導のもと、発声、スズキ・メソッド(前芸術総監督・鈴木忠志が考案した俳優訓練法)、楽器演奏やダンスを通して「舞台に立つためのからだづくり」を学び、舞台芸術公園にある野外劇場「有度」で発表いたします。ぜひ今年の夏休みは、皆さん一人一人の個性あふれるエネルギーを舞台の上で発揮してください!

 ★シアタースクールのこれまでの歩みはこちら



SPACシアタースクール2015
『星の王子さま』
演出・脚色:中野真希
原作:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

《発表会》
822日(土)、23日(日) 各日18:00開演
※雨天の場合8/24(月)に延期

《会場》
舞台芸術公園 野外劇場「有度」(静岡市駿河区平沢100-1)

《稽古》
【第一期】 7/18(土)~20(月・祝)、7/24(金)~8/12(水) 各日13:30 ~17:30
 場所:静岡芸術劇場 リハーサル室(JR東静岡駅グランシップ内) 
【第二期】 8/13(木)~19(水) 各日14:00~18:00、8/20(木)、21(金) 各日14:00~19:30
 場所:舞台芸術公園 野外劇場「有度」 

※上記期間中7/27(月)、8/3(月)、8/10(月)、8/17(月)はお休みです。
※可能な限りすべての稽古日程にご参加ください。参加できない日があれば、申込書にご記入ください。
※稽古場所や時間は変更になる場合がございます。変更がある場合は、事前に参加者に連絡をいたします。

《応募資格》
中学校1年生から高校2年生までの方で、かつ8/18(火)~24(月)の稽古および発表会に必ず参加できる方。
※保護者の同意が必要です。
※発表会会場および稽古時間の都合により、今年度は小学校6年生の参加者は募集いたしません。

《募集人数》
40名 (中学校1~3年生・・・26名 、高校1~2年生・・・14名)
※応募者多数の場合、応募動機、稽古参加可能日数などにより選考をさせていただきます。

《参加費用》
無料 (※ただし、稽古および本番時に使用する白い足袋を各自ご用意いただきます。)

《JR東静岡駅から舞台芸術公園までのアクセス》
路線バス(しずてつジャストライン)静岡日本平線で約15分
※アクセス詳細はこちら
※稽古後はSPACのチャーターバスを東静岡駅まで運行いたしますのでご利用ください。

《応募方法》
申込書に必要事項を記入し、応募動機(200字程度、用紙・形式自由)とともに郵送してください。
★申込書はこちらからダウンロードできます。

《応募締切》
2015年 6/6(土)<必着>

【主催・申込先】
SPAC – 静岡県舞台芸術センター
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
TEL. 054-203-5730


2015年5月12日

SPACリーディング・カフェ開催情報 5月~7月

Filed under: アウトリーチ

SPAC劇団員による作品解説を聞きながら、お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。
リーディング・カフェは気軽にプチ演劇体験ができる人気企画です!

ふじのくに野外芸術フェスタで上演する『夜叉ヶ池』等を題材に、県内各地で開催いたします。ぜひ皆様ご参加ください。

「リーディング・カフェって?」

***【開催予定】****

5/12(火)19時~ ※​女性限定
テキスト:『侍たちの茶摘み唄』
ナビゲーター:奥野晃士
会場:働く女子大学うるおい+(静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー5F 054-252-8820)
参加費:1,500円(ドリンク付)

5/15(金)13時~ 
テキスト:『マハーバーラタ』
ナビゲーター:奥野晃士
主催・会場:リビングカルチャーセンター(静岡市葵区伝馬町16-8 054-205-4111) 
参加費:2,160円(ドリンク付)
​◎徒歩圏内にある駿府城公園で​は19時からSPAC『マハーバーラタ』が上演されます!リーディング・カフェとあわせて、本物の舞台もぜひご覧ください。

6/13(土)18時~
テキスト:『夜叉ヶ池』 
ナビゲーター:永井健二
会場:​GALLERY エクリュの森(三島市大宮町2-16-21​ 伸和ビル1F 055-976-2320)
参加費:1,000円(ドリンク付)

6/14(日)18時~ 
テキスト:『夜叉ヶ池』
ナビゲーター:永井健二
会場:リ​ヴァ​ージュ洋菓子店(沼津市下香貫柿原2885-2 055-976-2320)
参加費:1,000円(ドリンク付)

6/20(土)15時~ 
テキスト:『夜叉ヶ池』
ナビゲーター:永井健二
会場:ギャラリーnoir​ /​ ​NOKTA(伊豆の国市中750-1 055-949-7821) 
参加費:1,000円(ドリンク付)

6/27(土)13時~
テキスト:『夜叉ヶ池』
ナビゲーター:永井健二
会場:​Gallery SOOKO(熱海市林ガ丘町14-7 090-2619-5745) 
参加費:1,000円(ドリンク付)

7/1(水)19時~
テキスト:『夜叉ヶ池』
ナビゲーター:奥野晃士
会場:願成就院(伊豆の国市寺家83 055-949-7676) 
参加費:1,000円(ドリンク付)

7/2(木)18時30分~
テキスト:『夜叉ヶ池』
ナビゲーター:奥野晃士
会場:みしまプラザホテル(三島市本町14-31 055-​9​72-2121) 
参加費:1,000円(ドリンク付)

7/4(土)19時~
テキスト:『夜叉ヶ池』
ナビゲーター:奥野晃士
会場:白龍亭(下田市東本郷1-5-2​ ​普論洞・ふろんと2階 0558-22-1256)
参加費:1,000円(ドリンク付)

7/14(火)13時30分~
テキスト:『侍たちの茶摘み唄』
ナビゲーター:奥野晃士
主催・会場:リビングカルチャーセンター(静岡市葵区伝馬町16-8 054-205-4111)
参加費:2,160円(ドリンク付)
  
◇開催時間:各回2時間半ほど
◇途中参加OK!初心者の方も大歓迎です!

お申し込み: SPACチケットセンター(受付時間10:00-18:00) TEL.054-202-3399

■リーディング・カフェ開催ご希望の方はお気軽にご相談ください。
お問い合わせ:SPAC – 静岡県舞台芸術センター 制作部 アウトリーチ担当
TEL.054-203-5730