2015年11月28日

SPACリーディング・カフェ開催情報 12月

芸術の秋、もあとわずか。
12月は、スイスで活動中の奥野晃士が緊急帰国!
名物ナビゲーターと一緒に、演劇の台本を声に出して読んでみませんか?

今回は、学割料金も新たにできました!

12月の読む戯曲は・・・
間もなく幕を明けるSPAC新作『薔薇の花束の秘密』
そして2月の再演を控える『ロミオとジュリエット』

◎初心者の方も大歓迎。
 「リーディング・カフェって?」

12月のナビゲーター:奥野晃士(SPAC俳優)

***

12月8日(火)19 時~
読む戯曲: 『薔薇の花束の秘密』 
会場: 働く女子大学 うるおいプラス
(静岡市葵区紺屋町 11-1 浮月ビル 5 階 株式会社るるキャリア) 電話 :054-252-8820
参加費: 1500円 (ワンドリンク付) 
※女性限定です。

12月16日(水)19 時~
読む戯曲: 『ロミオとジュリエット』
会場:ギャラリー sensenci
(静岡市駿河区小鹿 765-2 sensenci)  電話 :054-264-8626
参加費: 1500円  《大学生以下500円》  (ワンドリンク付)

12月17日(木)19 時~
読む戯曲: 『薔薇の花束の秘密』
会場: Salon de SAANA 
(静岡市葵区呉服町 2-7-10 育英会ビル 3F 
酒井信吾建築設計事務所 + 永田デザイン一級建築士事務所内)
電話 :054-263-7277
参加費: 1500円 (ワンドリンク付)

12月18日(金)13時30分~
読む戯曲: 『薔薇の花束の秘密』
会場: 静岡リビング新聞社 リビングカルチャーセンター 
(静岡市葵区伝馬町 16−8) 電話 :054-205-4111 
受講料:2160 円 (コーヒー代込み)  講座番号: 687  

12月18日(金)19 時~
読む戯曲: 『ロミオとジュリエット』
会場: さじっとの家
(静岡市葵区水見色885) 電話 :080-3284-7058
参加費: 1500円 《大学生以下500円》   (ワンドリンク付)
※会場でのカレーのご予約も承ります 《850円》
      
12月20 日(日)19 時~ 婚活リーディング・カフェ (定員20名)
読む戯曲: 『ロミオとジュリエット』 
会場: ベルハート静岡 
(静岡市葵区伝馬町 8-2 ライブネットビル 5 階)  電話 :054-250-2233
参加費: 1500円
参加資格 : 「永遠なる愛とはなんなのかみんなで考えてみたい 27〜40 歳の男女」

12月21日(月)19 時~
読む戯曲: 『ロミオとジュリエット』
会場: ステンドグラス工房かわもと 
(静岡市葵区南沼上3丁目11−26) 電話 :054-264-3934
参加費: 1500円 《大学生以下500円》   (ワンドリンク付)

12月24日(木)14 時~ 大学生が主役!? “アッパレ恋愛悲劇 リーディング・カフェ” (定員20名)
読む戯曲: 『ロミオとジュリエット』
会場: 静岡芸術劇場ホワイエ 
(静岡市駿河区79-4 グランシップ内)
参加費: 無料  (ワンドリンク付)
​★大学生以下限定。
​詳細はこちら

12月27日(日)14 時~
読む戯曲: 『ロミオとジュリエット』
会場: どまんなかセンター
(袋井市袋井261−2)  電話 :090-8138-6698
参加費: 1500円 《大学生以下500円》   (ワンドリンク付)

以上はすべて
◇開催時間:各回2時間半ほど
◇途中参加OK!初心者の方も大歓迎です!

お申し込み: SPACチケットセンター(受付時間10:00-18:00) TEL.054-202-3399

このほかに、県外での出張開催もあります!

=============
リーディング・カフェ@愛知芸術文化センター
AAF戯曲賞関連企画「ドラマウィーク」でリーディング・カフェ開催!

12月4日(金)19:30~ 2時間
ナビゲーター:奥野晃士(SPAC俳優)
場所:〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜1丁目13-2
愛知芸術文化センター内地下2階 アートプラザ内 喫茶アルス

リーディング・カフェが愛知県芸術劇場に初登場!
AAF戯曲賞ノミネート作品を実際に声に出して読んでみましょう。
初心者歓迎、どなたでも気軽に参加できます。
参加費無料(ワンドリンクオーダー制)/定員 約 20 名(予約優先)

詳細についてはこちらをご覧ください。

主催・お問合せ・お申込み/愛知県芸術劇場
Tel:052-971-5609 Fax:052-671-5541
HP:http://www.aac.pref.aichi.jp/ E-mail :event@aaf.or.jp (@を半角にしてお送りください)
=============

Exif_JPEG_PICTURE

■リーディング・カフェ開催ご希望の方はお気軽にご相談ください。
お問い合わせ:SPAC – 静岡県舞台芸術センター 制作部 アウトリーチ担当
TEL.054-203-5730


2015年11月17日

【宮城聰登壇情報】11月19日(木)アンスティチュ・フランセ東京主催・日仏対談シリーズ「ル・ラボ vol.8」

———————————————–
【中止のお知らせ】

このたび、宮城聰(SPAC芸術総監督)の登壇が予定されていた日仏対談シリーズ「ル・ラボvol.8」の中止が決定しました。
パリで起きた同時多発テロにより、エマニュエル・ドゥマルシー=モタ氏の来日スケジュールが急遽変更になったためです。
主催のアンスティチュ・フランセ東京は、ドゥマルシー=モタ氏による関連イベント開催の可能性を引き続き調整していくそうです。
今後の新しい情報につきましては、アンスティチュ・フランセ東京公式ウェブサイトやFacebookで発信されます。
———————————————–

2015年春よりアンスティチュ・フランセ東京が行っている日仏対談シリーズ「ル・ラボ」の第8回に、宮城聰(SPAC芸術総監督)が登壇いたします。
「ル・ラボ」は、日本とフランスのアーティストや思想家、批評家等を迎え、日本とフランスにおける現代の課題について考察し、創造的交流の創出を目指す試みです。
ビジュアルアート、舞台芸術、映画や批評等、学際的な幅広いジャンルにおける現代のクリエーションについて議論し、新たな複数の視点を提案する場でもあります。

宮城聰の対談者は、フランスの演出家であるエマニュエル・ドゥマルシー=モタ氏(パリ市立劇場芸術監督)です。
現在開催中のフェスティバル/トーキョー2015において、エマニュエル・ドゥマルシー=モタ氏演出(サイ)』と、宮城演出真夏の夜の夢が上演されるのを機に、この二人の演出家が、「笑い」や「喜劇」を通して社会や政治に問題提起をすることをテーマに対談を行います。

==============================
ル・ラボ vol.8

登壇者:エマニュエル・ドゥマルシー=モタ、宮城聰
司会:松井憲太郎
日時:2015年11月19日(木)19:00~21:00
会場:アンスティチュ・フランセ東京 エスパス・イマージュ(東京都新宿区市谷船河原町15)
入場料:一般500円、学生・会員無料(開演1時間前よりチケットおよび整理券の配布があります)
同時通訳付
主催:アンスティチュ・フランセ東京
協力:彩の国さいたま芸術劇場、SPAC-静岡県舞台芸術センター
問い合わせ先:アンスティチュ・フランセ東京 TEL.03-5206-2500
==============================


2015年11月7日

静岡文化芸術大学連携事業「シンポジウムMASK」を開催します

第二回 静岡文化芸術大学×SPAC‐静岡県舞台芸術センター連携事業
SUAC×SPAC連携シンポジウム MASK

11月22日(日)
13:30開演(13:00開場) 入場無料(申込不要)
静岡文化芸術大学 講堂 (静岡県浜松市中区中央2-1-1)

第一部 13:30~15:00 
現代劇「イタリアンレストラン」

作・演出 梅若猶彦(静岡文化芸術大学教授)

特別ゲスト出演 三島景太(SPAC俳優)
出演 石井康介 梅原朱理 崎山佑佳 佐藤凜 徳田瞬 中野未早都 中村駿太 
松井幹太 山浦一紗

『世界最高の演劇―イタリアンレストラン』
2005年、10年静岡文化芸術大学「薪能」にて上演された『イタリアンレストラン』が本学にふたたび帰ってきます。これまでにBankART Studio NYK(横浜)、アンカラ国立オペラ座オペレッタ(トルコ)、イスタンブール国立劇場(トルコ)、ローマ アゴラ劇場(イタリア)にて好演し、10年間熟成を経た本作。今回はSPAC俳優 三島景太を特別ゲストに迎え、有志の静岡文化芸術大学の学生とともに上演します。

〔あらすじ〕
女性の名前を有する能楽師、大文字マリコ(男性)は長野県野尻湖の超高級イタリアンレストラン「ベリビーヨストラスブルグ」で不思議な女性と知り合う。能面「野干」(やかん)を主題として繰り広げられる頭の悪い劇!?

第二部 15:15~16:50 
シンポジウム「伝統文化と現代芸術―仮面を手がかりに―」

講師  高田和文 立入正之 宮城聰

【アクセス】
〔徒歩〕JR浜松駅から徒歩15分。
〔バス〕JR浜松駅北口バスターミナル
●10番のりば遠鉄バス「文化芸術大学」下車
●12番のりば循環まちバス“く・る・る”東ループ「文化芸大」下車
※静岡文化芸術大学には駐車場はありません。ご来場の際は公共交通機関、または近隣の有料駐車場をご利用ください。

スタッフ
企画・発案:梅若猶彦
運営:静岡文化芸術大学SUAC&SPAC運営チーム
宣伝美術:梅原朱理 小野花凜
協力:音響照明技術研究会 p@tch code
舞台撮影 :映像/EIZO部〔映像制作・撮影技術研究〕

主催 静岡文化芸術大学、静岡文化芸術大学文化・芸術研究センター
共催 SPAC‐静岡県舞台芸術センター
後援 静岡新聞社・静岡放送、中日新聞東海本社
お問い合わせ 静岡文化芸術大学 ℡.053-457-6105(地域連携室)
SPAC‐静岡県舞台芸術センター ℡. 054-203-5730


吉田町で大人の朗読会『ロミオとジュリエット』

吉田町立図書館で、今年は『ロミオとジュリエット』の朗読作品を上演します。

昨年、開館15周年記念イベントとして
俳優の声と楽器の音による太宰治『カチカチ山』を上演して
ご好評をいただきました。

今年の『ロミオとジュリエット』では
ただいま絶賛上演中の『王国、空を飛ぶ!』から
演出家・大岡淳、俳優・永井健二、音楽・渡会美帆が参加。
そしてジュリエット役には、『真夏の夜の夢』F/T公演を終えたばかりの
石井萠水が出演します。

=============

第2回
朗読と生演奏による大人の朗読会
SPAC『ロミオとジュリエット』

日時:11月28日(土)15:30開演(開場は15:10)
会場:吉田町立図書館 視聴覚ホール

入場無料・申込不要
上演時間:約50分

※定員(100名)になり次第、入場を制限させていただきます。
※ 小さなお子さま連れのお客様は、2階親子室(10名程度)をご利用ください。

作: ウィリアム・シェイクスピア
翻訳: 福田 恆存
演出: 大岡淳
出演: 石井萠水、永井健二、渡会美帆(演奏)
製作: SPAC-静岡県舞台芸術センター

チラシはこちらからダウンロードできます。

お問い合わせ:吉田町立図書館
(〒421-0303 静岡県榛原郡吉田町片岡404
 TEL:0548-33-3434)

吉田町立図書館ホームページ
http://www.lib.yoshida.shizuoka.jp/index.asp
=============