2016年7月26日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」8月の開催予定♪

♪子どもと大人が一緒に楽しめる演劇♪

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体による
ひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。
終わったあとは、俳優と楽器で遊びましょう♪


↑過去のおはなし劇場の様子 (『だるまちゃんとてんぐちゃん』 会場:グランシップ2Fえほんのひろば)

ふじのくに地球環境史ミュージアム「サマーナイトミュージアム」
日替わりパフォーマンスに「おはなし劇場」が登場!

8月13日(土) 19:30開演 
『双子の星』 作:宮沢賢治
出演:木内琴子
会場:ふじのくに地球環境史ミュージアム 講義室E
※ミュージアム観覧料が必要です。(予約不要)
観覧料:小中学生、70歳以上200円 / 高校生以上500円
(※未就学児と保護者一名、または、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保険福祉手帳を
お持ちの方とその付添者一名は無料でご覧いただけます。)

<お問合わせ>
電話:054-260-7111 (受付時間:10:00~17:30 休館日は除く)

8月14日(日) 10:30開演
『おだんごぱん』(ロシア民話)
出演:木内琴子
会場:静岡芸術劇場1階ロビー
入場無料・予約不要
対象:0歳児~

kiuchi
木内琴子


2016年7月24日

SPACリーディング・カフェ開催情報 8月

8月のSPACリーディング・カフェは『東海道四谷怪談』です!

リーカフェチラシ8月0722

SPAC俳優 奥野晃士による作品解説を聞きながら、お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。
公演より一足先に『東海道四谷怪談』の物語が味わえます。

★初心者の方も大歓迎です★
リーディング・カフェとは演劇に使われている台本(戯曲)をSPAC俳優ナビゲートのもとに読んでみます。俳優が台本を読むのではなくて、参加いただいた方に声に出して読んで頂きます!普段使わないような言葉を声に出すってとっても面白くて新鮮です!是非初めてでもお気軽にご参加ください!

◆8月23日(火) 19時~
 会場: Lot.n(ロットン)
 (沼津市上土町10 TEL:055-951-3810)
 参加費1,500円(ワンドリンク付)

◆8月24日(水) 19時~
 会場: 番町市民活動センター 中会議室
 (静岡市葵区一番町50 TEL:054-273-1212)
 参加費1,500円(ワンドリンク付)

◆8月29日(月) 19時~
 会場: 喫茶去 夢想庵
 (静岡市駿河区丸子5163-1 TEL:054-260-7207)
参加費2,500円(軽食・和菓子・ワンドリンク付)

◆8月30日(火) 19時~
 会場: Milk crown cafe&bar (ミルク クラウン カフェ アンド バー)
(静岡市清水区真砂町3-15 TEL:054-366-0108)
参加費1,500円(ワンドリンク付)

==========

定員:各回20名

お申し込み:
SPACチケットセンターTEL.054-202-3399(受付時間10:00-18:00) 
または、各会場まで直接ご連絡ください。

==========

公演もおすすめ!
『東海道四谷怪談』とは・・・
江戸時代に活躍した四代目鶴屋南北の代表作で、「お岩さん」の怪談話として広く
知られる歌舞伎狂言。『仮名手本忠臣蔵』の外伝として、文政8(1825)年に
江戸中村座で初演されて以来、現在まで不動の人気を誇る。浪人・民谷伊右衛門
は内縁の妻・お岩を日頃から邪険に扱っていたが、あるとき隣家に住む伊藤喜兵
衛の孫娘・お梅と縁組することになる。お岩は伊藤家の企みによって毒薬を飲ま
され、顔面が醜く腫れ上がり・・・。

公演情報はこちらから

★リーディング・カフェとは★
SPAC俳優・奥野晃士が独自に考案した、SPAC発祥の《リーディング・カフェ》。

参加した方々がまず口にされるのがこちら。
「あれ!?俳優さんが朗読するのを聞く会だと思って来ました・・・(汗)」
でも、最後には
「まさか自分がセリフを喋るとは思わなかったけど、意外と楽しかったです!」
という声をほぼ毎回頂きます。

リーディング・カフェでは、読むのは参加されるみなさまご自身。初めての方でも大丈夫、SPAC俳優が優しくアドバイスさせていただきます。束の間の役者気分に浸りながら、古典の名ゼリフをバシッと決めてみたり、歯の浮くような愛の言葉を囁いたりしてみませんか?

◇開催時間:各回2時間半ほど
◇途中参加OK!初心者の方も大歓迎です!


2016年7月18日

SPAC県民月間2016 『Le Petit Petit Prince ちっちゃな、ちっちゃな、王子さま』

Filed under: SPAC県民月間

2016年度の県民月間の参加団体、演目が決定しました。

K’s pro.(ケッズプロ)
『Le Petit Petit Prince ちっちゃな、ちっちゃな、王子さま』

星の王子様をモチーフにしつつ、オリジナルなシーンを構成して、K’s pro.がこの夏おおくりします。
ちっちゃな、ちっちゃなことがとっても大切なことなのかもしれない。
どこかはかなく、どこかなつかしい、大人と子供の物語。

2016年9月3日(土)、4日(日) 各日19:00開演 ※雨天予備日5日(月)
舞台芸術公園 野外劇場「有度」

構成・振付:森本京子
構成・演出:陰山泰
音楽・演奏:林正樹(ピアニスト)
出演:森本京子、陰山泰、林正樹(ピアノ演奏)ほか

◆チケット(全席自由)
前売3,000円/当日3,500円

<チケットお取り扱い>
Tel. 054-282-3221(森本バレエ研究所)080-2622-8410(制作担当・小溝)

お問い合せ:K’s pro. Tel. 090-8170-6944(森本)080-2622-8410(小溝)
Mail:ks.m1998.dance@gmail.com / snake-kk@dc4.so-net.ne.jp
[メールアドレスは、@を半角にご変更ください]
HP:http://ks-pro-dance.com
森本バレエ研究所:Tel. 054-282-3221/Fax. 054-282-3270

◆両公演ともに公演当日は送迎バスを運行します。
[往路]東静岡駅 発→舞台芸術公園 着
17:30→17:50/17:45→18:05/18:10→18:30/18:25→18:45
[復路]舞台芸術公園 発→東静岡駅 着
21:10→21:30/21:15→21:35/21:50→22:10/21:55→22:15


2016年7月5日

【緊急告知】『異邦人』、7/14(木)静岡市でも上演決定!

【緊急告知】おかしな“異邦人”が静岡市にもやってくる!?
スペインの劇団による即興の路上劇『異邦人』、7/14(木)青葉イベント広場で上演決定!

三島の街を舞台に3作品を上演する「ふじのくに野外芸術フェスタ」。
いよいよ今週末開幕を迎えます!
そして・・・このたび上演作品の1つ『異邦人』が、同イベントの開催に合わせ、
静岡市にも登場することが急遽決定しました!!

世界25カ国で300公演以上の実績を誇る、
スペインの劇団「カムチャッカ・カンパニー」による即興の路上劇の日本初公演。
街行く人々との出会い、ふれあいからその場で創っていく作品ですので、
同じパフォーマンスは1つとしてありません。
静岡市バージョンならではの物語を、どうぞご覧ください♪

『異邦人』静岡公演
2016年7月14日(木)18:00~

スタート地点:静岡市・青葉イベント広場(葵スクエア)

20160701_144942
※本作は移動しながら上演します。

無料上演/予約不要
出演:カムチャッカ・カンパニー(スペイン)

=============
三島市制施行75周年記念事業
ふじのくに野外芸術フェスタ2016in三島
7月9日(土)〜7月18日(月・祝)三島市内各地
詳細はこちら
=============


2016年7月1日

東アジア文化都市2016奈良市 『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』公演

アヴィニョン演劇祭でスタンディングオベーションの嵐を呼んだ
宮城聰の祝祭音楽劇『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』。
「東アジア文化都市2016」の舞台芸術部門として招聘を受け、
この秋、本作を関西で初めて上演します。

客席の360度を取り囲む “リング状” の舞台が、奈良市・平城宮跡に登場します!

Mahabharata photo light_credit

DSC_1865_credit▲写真2枚目:アヴィニョン、ブルボン石切場にて 
 
『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』

演出: 宮城聰
台本: 久保田梓美
音楽: 棚川寛子
空間構成: 木津潤平

出演:
阿部一徳、赤松直美、石井萠水、大内米治、大高浩一、
片岡佐知子、加藤幸夫、貴島豪、黒須芯、榊原有美、
桜内結う、佐藤ゆず、関根淳子、大道無門優也、舘野百代、
寺内亜矢子、仲村悠希、本多麻紀、牧山祐大、美加理、
三島景太、森山冬子、山本実幸、横山央、吉見亮

◆会場
平城宮跡(東区朝堂院)

◆公演日時
2016年9月9日(金)~9月12日(月)
各日18時30分開演(18時開場)

◆チケット情報
入場料:一般 5,500円、25歳以下 3,000円
※SPAC・維新派セット券10,000円(8月中に販売開始)
発売日:7月23日(土)
発売場所:各種プレイガイド、ウェブサイト等を予定。

◇東アジア文化都市2016奈良市『マハーバーラタ』公演ページはこちら

※東アジア文化都市とは
「東アジア文化都市」は、日本・中国・韓国の3か国で、文化による発展をめざす都市を各国1都市選定し、各都市が行うさまざまな文化プログラムを通して、交流を深める国家プロジェクトです。
現代の芸術文化や伝統文化、多彩な生活文化などを通して、東アジア域内の相互理解・連帯感を高めるとともに、東アジアの多様な文化の国際発信力の強化をめざします。
奈良市では、「古都奈良から多様性のアジアへ」をテーマに、アジア各国の人々とこの事業を通じて広く深くつながり、それぞれの文化を尊重しながら、伝統と創造を響かせ、アジアの平和構築をめざします。
http://culturecity-nara.com/