2018年12月9日

【ふじのくに⇄せかい演劇祭2019】 ボランティア(SPACシアタークルー)大募集!

2019年のゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭」を、私たちSPACのスタッフといっしょに盛り上げ、支えてくださるボランティアを大募集いたします!
SPAC-静岡県舞台芸術センターは、静岡芸術劇場と舞台芸術公園を拠点に活動している、県が設立した劇団です。そこでは、俳優やスタッフとともに、「シアタークルー」というボランティアスタッフが、劇団の活動を支えています。中学生から80代までの幅広い世代の方々が、それぞれの興味やライフスタイルにあわせて活躍中。あなたもボランティアスタッフとして演劇祭に参加してみませんか?


↑クリックするとチラシのダウンロードができます。
 
**募集要項**

● 活動期間
演劇祭の準備・研修期間および開催期間(2019 年 2 月中旬~ 5 月上旬)

● 主な活動場所
静岡芸術劇場(JR 東静岡駅前グランシップ内)
舞台芸術公園(日本平パークウェイ沿い)
駿府城公園(JR 静岡駅北口から徒歩 20 分)

● 主な活動内容 ※詳細はお問い合わせください。
・公演受付 : 公演当日の配布物の準備、受付、チケットのもぎり、客席案内、アンケート協力依頼など
・カフェ : 公演当日のカフェ運営の補助
・託児【要保育士資格】: グランシップの託児サポーターとして、通年で活動していただきます。

● 応募条件 
・中学生以上 ※18 歳以下の方は保護者の承諾が必要です。
・日本語での日常会話と読み書きができる方

● 待遇
・演劇祭オリジナル T シャツを支給します。
・活動参加の際は交通費(上限 1,500 円 / 日)を実費で支給します。 
※説明・相談会への参加にかかる交通費については各自ご負担ください。
・ボランティア活動保険にご加入いただきます(保険料は SPAC が負担します)。

● 説明・相談会
以下の日程で開催いたします。活動内容について具体的に説明し、またみなさまの希望をお伺いいたしますので、ご都合のよろしい回にご参加ください。
2019 年
1月19日(土)10:00 ~ 12:00
1月23日(水)19:00 ~ 21:00
1月27日(日)10:00 ~ 12:00
集合場所:静岡芸術劇場受付【予約不要】
※上記日程でご参加できない方は、別途ご相談ください。

● 公演受付業務説明会・実地研修
2月9日(土)14:00 ~ 16:00
公演受付業務の説明会を行います。その後、SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #4『妖怪の国の与太郎』公演(2/15~3/12)にて、実地研修を行います。受付業務を希望される方は、できるだけご参加ださい。

● 応募方法
上記の応募用紙に必要事項をご記入の上、静岡芸術劇場受付へご持参いただくか、郵送にてお申し込
みください。下記のウェブサイト「こくちーず」からもお申し込みいただけます。
https://kokucheese.com/event/index/547454/
イベント名「ふじのくに⇔せかい演劇祭 2019 ボランティア募集」

● 応募締切 
2019年1月31日(木)
★演劇祭終了後、ご希望の方は、劇場運営を通年でサポートするボランティアとして、引き続き活動していただくこともできます。

<現役のシアタークルーにインタビュー>
◆活動の魅力は?
・身近に演劇を感じられ、気軽に作品に触れることができます。
・スタッフの一人として非日常の空間・時間を共有する。なかなか他所では経験出来ません。
・様々な人、学び、発見、感動、ワクワク…との出会いです!
・今まさに世界に一番近い劇団である SPAC の一員として活動に参加できます。
・他のクルーさんに学ぶ事も多く、楽しいです。

◆応募を考えているみなさんへ
・演劇も、内側から見る事で違った景色が見えてきます。
・スタッフとは達成感を、お客様とは喜びを共有できます。ぜひ一緒に!
・年齢を気にする必要はありません。どんどん参加しましょう。還暦過ぎの私もまだまだヒヨッコでした。
・もしかしたら受動から能動へチェンジするチャンスかもしれません。

**お問い合わせ**
SPAC-静岡県舞台芸術センター制作部「SPACシアタークルー」担当
TEL:054-203-5730(静岡芸術劇場)
E-mail:crew@spac.or.jp


2018年12月7日

テーブルシアター『土神と狐』12/22(土)御前崎市立図書館に登場♪

小さなトランクに愛と夢と物語をつめこんで、あなたの街にお届けします。
宮沢賢治が書いた土神と狐、樺の木の哀しい物語を、楽器、人形、影絵そして俳優の身体を通して、じっくりとお楽しみください。

皆様のご来場お待ちしております。

0001 (6)
▲画像をクリックするとチラシをダウンロードいただけます。
 
 
SPAC出張劇場×御前崎市立図書館
テーブルシアター
~テーブルの上の小さな劇場~

 
『土神と狐』
原作:宮沢賢治
美術:棚川寛子
出演:本多麻紀、森山冬子、若宮羊市
テーブルシアター支配人:タナ・ターナー(棚川寛子/舞台音楽家)

12月22日(土)13:30開演/17:30開演
御前崎市立図書館 2階 視聴覚室
(開場は開演15分前です)

各回定員40名/入場無料

*当日配布する整理券が必要です
整理券は図書館1階で【1回目11:30~/2回目15:30~】に配布します。

image1 (5) image4

御前崎市立図書館サイト:https://library.maotv.ne.jp/index.shtml

 
 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
04


2018年12月5日

2018年度SPACの会 WEBからのお申し込み受付終了のお知らせ

2018年個人会員・ゆうゆう個人会員のWEBからのご入会受付は、12月4日(火)18:00にて終了いたしました。
今年度のご入会受付は、今後も電話・窓口にて承りますので、SPACチケットセンター(Tel.054-202-3399)までお問合せ下さい。

好評上演中の『歯車』をはじめ、新春第一弾の『顕れ~女神イニイエの涙~』、『妖怪の国の与太郎』まで、招待枠の活用や会員割引の利用で、まだまだ十分お得にSPACをお楽しみいただけます。
SPACを支えていただく大切なサポーター「SPACの会」に、この機会にぜひご入会ください。

★「SPACの会」詳細はこちら