2013年4月28日

中高生鑑賞事業 愛称決定!

≪SPAC中高生鑑賞事業 愛称募集 結果について≫

 愛称は、「SPACeSHIPげきとも!」に決定しました。

 2012年10月1日から半年をかけて愛称を募集しましたところ、2,433点の応募をいただきました。
 国内からは46都道府県、海外からも1件の応募をいただきました。
 多数の応募、誠にありがとうございました。

 さて、2013年4月22日(月)に審査委員会を開催しました。
 審査委員の構成は次のとおりです。

<審査委員>
 髙橋 尚子様(静岡県教育委員長)、大榎 克己様(清水エスパルスユース監督)、宮城 聰(SPAC芸術総監督)、中沖 英敏(SPAC専務理事)

 4人の審査委員が厳正に審査した結果、最優秀賞及び優秀賞が決定いたしました。

<最優秀賞>
 4人の審査委員満場一致により、最優秀賞は2点、選出されました。
「SPACeSHIP」
 斉藤 多加之様(44) 東京都江東区在住 

「げきとも!」
 小松 未佳様(18) 静岡県熱海市在住 専門学校生(応募時は三島高校3年生)

※愛称は、最優秀賞おふたりの作品を組み合わせたものです。

<優秀賞>
 4人の審査委員がひとり1点づつ選出しました。
「ミルマド」 (髙橋教育委員長が選出)
 谷村 怜美様(27) 沖縄県島尻郡南風原町在住 会社員

「未来への布石」 (大榎監督が選出)
 加藤 洋斗様(14) 静岡県静岡市在住 静岡市立清水第七中学校3年生

「アジワッティン(AJIWATEEN)」 (SPAC宮城が選出)
松尾 真二様(41) 大阪府門真市在住 会社員

「SPAC・Heart Theater ~演劇が、キミの心を、変える時~」 (SPAC中沖が選出)
 久我 享志様(15) 静岡県沼津市在住 静岡サレジオ高校1年生

<表彰式>
 最優秀賞については表彰式を予定しています。

<賞品及びプレゼントの発送>
 優秀賞と応募者の中から抽選で贈られるプレゼントにつきましては準備が出来次第、発送いたします。
 なお、応募者の中から抽選で贈られるプレゼントは発送をもって発表に代えさせていただきます。

<企画協力>
 清水エスパルス

<プレゼント協賛>
 鈴与グループ、㈱日本旅行静岡支店、㈱日本平ホテル、静岡県立美術館

【お問い合わせ】
 SPAC-静岡県舞台芸術センター事務局(中高生鑑賞事業愛称募集係)
TEL 054(203)5735


▲左から、大榎克己様(清水エスパルスユース監督)、三島景太(SPAC俳優)、宮城聰(SPAC芸術総監督)、仲谷智邦(SPAC俳優)、髙橋尚子様(静岡県教育委員長)

▲審査会の様子

▲応募のハガキ・封筒とともに。右は、中沖英敏(SPAC専務理事)。