2014年1月17日

【劇場文化】『真夏の夜の夢』の寄稿を公開しました。

Filed under: 劇場文化

公演にあわせて様々な研究者や批評家の方にご寄稿いただいている『劇場文化』を、サイトで公開しております。

観劇の前後に、読みごたえたっぷりのコラムを是非あわせてお読みください。

★更新状況★

2014/1/14【真夏の夜の夢
『野田版 真夏の夜の夢』
 「知られざる森」の「知られざる物語」
(田中綾乃)

12/14【忠臣蔵
『「忠臣蔵」のいのち』(犬丸治)

10/16【わが町
開戦3週間前の『わが町』(水谷八也)

10/16【サーカス物語
『幼ごころの君を求めて』 (河邑厚徳)

9/24【愛のおわり
『ソクラテスの冗長率』 (平野暁人)

8/13【タカセの夢
『タカセの夢』の夢 (SPAC文芸部・横山義志)

7/17【ZAZA~祈りと欲望の間に
『プロフェッショナリズムへの意志――金森穣は三つの課題をどうクリアしたか』 (貫成人)


<ふじのくに⇄せかい演劇祭2013>

6/28【Hate Radio
『ホロコースト・ジェノサイド・オウム ・・・声と情動、不可逆な死角』 (伊東乾)

6/21【母よ、父なる国に生きる母よ
『母よ、父なる国に生きる母よ』――原作者と原作について(久山宏一)

6/16【生と死のあわいを生きて
『小島章司の踊った日本とスペイン』(山野博大)

6/15【室内
『聞こえないイメージ、見えない声』(宇野邦一)

6/15【Waiting for Something
『Waiting for Something を待ちながら』(長島確)

6/8【脱線!スパニッシュ・フライ
『飛んで、飛んで、飛んで――爆笑喜劇に込められた笑い』(市川明)

5/30【黄金の馬車
『「黄金の馬車」とメリメの再演劇化』(田之倉稔)


2014年1月16日

『真夏の夜の夢』&ムセイオン静岡「マウントカルチャー∞」

1月25日(土)の『真夏の夜の夢』公演は、静岡芸術劇場のとなりのカフェ「オアシス」で開催される、ムセイオン静岡の「マウントカルチャー∞」とハシゴしてお楽しみいただくことができます。

マウントカルチャー∞ ~ 名画・山水 8つの視点 ~
「山水の恵みを味わう」会員間交流会

◎開催日:平成 26年1月25日(土) 
◎時間:<第一部> 13:00~15:15 SPACにて『真夏の夜の夢』観劇
      <第二部> 16:00~18:00 グランシップレストラン 「オアシス」にて交流会

◎会費:➀「真夏の夜の夢」観劇(特別割引)+交流会
        会員3000円/非会員 5500円
    ➁交流会のみ 
        会員無料/非会員 2500円

◎スケジュール
 13:00~15:15  SPAC 公演 「真夏の夜の夢」観劇
 16:00~16:05  交流会開会
 16:05~16:50  弦楽四重奏コンサート 出演: knot of Art
  コーヒーブレイク (交流会)
 17:20~17:50  ミニレクチャー
 17:50~18:00  アンコール演奏

【ムセイオン静岡】とは?
ムセイオン静岡は、6つの文化教育機関(静岡県立大学・静岡県立美術館・舞台芸術センター・静岡県立中央図書館・埋蔵文化財センター・グランシップ)による自主的な協働事業です。2011年度(平成23年度)より日本平からの文化・芸術の発信のひとつとして「ムセイオン楕円堂講座」を開催し好評を得ています。
静岡県立大学 ムセイオン静岡(文化の丘づくり事業)

≪申込方法≫
FAX:054-264-5099 または Eメール:makhiru@u-shizuoka-ken.ac.jpに下記の事項を明記して、お申込ください。
(1)氏名(2)住所(3)電話番号(4)[観劇+交流会]/[交流会のみ]のいずれか

≪電話でのお申し込み・お問い合わせ≫
静岡県立美術館・総務課(054-263-5755)

☆チラシはこちら


2014年1月15日

『真夏の夜の夢』東京バス往路キャンセル待ちのお知らせ

『真夏の夜の夢』1月18日(土)の公演で運行する東京バスですが、
往路については定員に達し、キャンセル待ちとなりました。
復路についても残席わずかとなっております。

一般公演初週は初日の1月18日(土)よりも19日(日)の方が、
お席に余裕もあり、良席をご案内することができます。
なお19日は、舞台美術家・高田一郎先生をゲストにお招きし、
終演後にアーティスト・トークを開催いたします。

☆劇場直行バス情報はこちら 
☆『真夏の夜の夢』公演情報はこちら


2014年1月13日

グランシップ駐車場混雑予想日のお知らせ

1月18日(土)、19日(日)、25日(土)の『真夏の夜の夢』公演時は、
グランシップ内の催事が重なっており、駐車場が混雑することが予想されるため、
静岡芸術劇場へお越しの際は、なるべく公共交通機関をご利用いただきますよう、ご理解・ご協力をお願いいたします。

特に25日(土)は、『真夏の夜の夢』公演前の時間帯が混雑が予想されておりますのでお気をつけ下さい。
グランシップ駐車場混雑状況→http://www.granship.or.jp/parking/jam.php


『真夏の夜の夢』上演時間変更のお知らせ

『真夏の夜の夢』一般公演、中高生鑑賞事業公演ともに、下記の通り上演時間が変更となりました。

上演時間:2時間5分(途中休憩無し)

よろしくお願いいたします。


2014年1月11日

1/16(木)『真夏の夜の夢』開演時間変更のお知らせ

1月16日(木)『真夏の夜の夢』の中高生鑑賞事業公演の開演時間が
鑑賞校の事情により、予定されておりました13:30の開演から
【13:00開演】に変更となりました。

ご了承ください。


2014年1月8日

『真夏の夜の夢』関連企画 舞台美術展 開催決定!

『真夏の夜の夢』公演の関連企画として、
舞台美術展の開催が決定しましたので、
お知らせいたします。

『真夏の夜の夢』の舞台美術デザインをてがけた
静岡出身、気鋭の舞台美術家・深沢襟と、
彼女の師である舞台美術界の巨匠・高田一郎氏の
作品を紹介する<師弟展>です。

是非『真夏の夜の夢』の観劇とあわせて、
二人の舞台美術の世界をご堪能ください。

高田一郎・深沢襟<舞台美術師弟展>
 会期:2014年1月14日(火)~3月14日(金)
 開館時間:10:00~20:00
 場所:静岡芸術劇場 1階ロビー
 入場料:無料  
 
詳細はこちらをご覧ください。


2014年1月6日

『真夏の夜の夢』稽古&バックステージ特別大公開!

1月18日(土)に一般公演初日を迎える、宮城聰演出の祝祭音楽劇『真夏の夜の夢』
一足先に、本番直前の稽古見学&バックステージツアーを開催します!

おかげさまでお申し込みが定員の30人に達しましたが、大好評につき、まだ少し余裕がありますので、引き続き予約を受け付けます!

上下左右、縦横無尽に舞台場を駆け抜ける妖精たち。
次々とつむぎだされる言葉をイメージした、驚きの衣裳。
幻想的な舞台装置、にぎやかなパーカッションの生演奏。

「舞台裏をのぞいてみたい!」

「どんな楽器で演奏しているの?」

そんなお客様の声におこたえして、
当日は、本番さながらに行われる舞台稽古の様子をご覧いただいた後、
日頃ご覧いただくことのできない、舞台の裏側をご案内いたします。

日時:1月12日(日)13:30(13:00受付開始 16:00終了予定)
場所:静岡芸術劇場
定員:先着30名
参加費無料(要予約)

予約・お問い合わせ:SPACチケットセンター(10:00~18:00)TEL.054-202-3399

『真夏の夜の夢』公演情報はこちら

keikokengakukai


過去のバックステージツアー(『スガンさんのやぎ』)
時速25kmで回る舞台の仕組みを舞台監督が説明する様子


2013年12月29日

トーク番組『舞衣子の小部屋』に宮城聰出演

静岡県内で放送されているTOKAIケーブルネットワーク「トコちゃんねる」の『舞衣子の小部屋』に宮城聰が出演します!
『舞衣子の小部屋』は、静岡県浜松市出身のソプラノ歌手、西尾舞衣子が芸術・音楽・政治・教育などで活躍する文化人・企業人を招いて繰り広げる トーク番組です。
2014年1月に放送の今回は、新年の抱負、現在稽古中の『真夏の夜の夢』の様子、音楽の話題まで、おおいに盛り上がりました!

地域のコミュニティちゃんねるでの放送になりますが、ぜひご覧ください。

放送スケジュール
1/6(月)23:00
1/7(火)15:00
1/8(水)23:00
1/9(木)15:00
1/10(金)23:00
1/12(日)7:00
1/13(月)23:00
1/14(火)15:00
1/15(水)23:00
1/16(木)15:00
1/17(金)23:00
1/19(日)7:00

舞衣子の小部屋収録風景写真
【収録時の様子】


2013年12月28日

SPACチケットセンター 年末年始の休業のお知らせ

SPACチケットセンター(お電話・窓口)は、
2013年12月29日より2014年1月4日まで
年末年始のお休みをいただきます。

年始は1月5日(日)朝10時に営業を開始いたします。
どうぞご了承ください。
(ウェブ予約は年末年始も24時間いつでもご利用いただけます。)

本年もたくさんのご来場ありがとうございました。
2014年も皆様からのご声援をいただけますようお願い申し上げます。