2009年2月17日

「SPAC県民劇団」演出家・制作者・出演者募集

Filed under: 未分類

SPACは、静岡の意欲あふれる演劇人を応援します。

静岡県舞台芸術センター(SPAC)では、舞台芸術活動のための人材育成事業のひとつとして「県民参加体験創作劇場」を創設当初から開催し、県民がプロの俳優・スタッフと共に数々の舞台をつくってきました。ここから県内外で活躍する演劇人も数多く巣立ち、2007年には『椿姫』を上演、企画・演出・出演を県民が担う舞台を実現しました。SPACでは、この成果を一歩先へ進めて、「県民が県民の力で作品を創作し、SPACの劇場で公演を行えるようになるまでを、制作面で支援する」枠組みを立ち上げました。昨年はその第一弾として、『椿姫』参加者が中心となって県内在住の39名でSPAC県民劇団「劇団静火」を結成し『三文オペラ』を上演。大いに盛り上がりました。
今年はより多くの静岡の演劇人が「SPAC県民劇団」に関われるように、その結成からサポートしていきます。劇団を立ち上げたい人も、参加したい人も今がチャンス。あなたのひらめきや意欲を、「SPAC県民劇団」で発揮してください。

 「SPAC県民劇団」とは?
・SPACの人材育成事業参加者を中心に結成する県民の劇団です。
・2009年9月下旬に、野外劇場「有度」で公演を行います。
・公演にともなう稽古を舞台芸術公園内の稽古場で行います。
・SPACから舞台費について助成金が出ます。
・ 最大2年間の助成期間を経て、劇団として自立することを目標とします。

 「SPAC県民劇団」ができるまで
・「SPAC県民劇団」を立ち上げたい人(演出家・制作
 者)は、「上演企画」を応募してください。
・「上演企画」が審査をとおったら、自分の企画をプレ
 ゼンテーションでアピールし、参加メンバーを募ります。
・「SPAC県民劇団」に参加したい人は、プレゼンテー
 ションに参加し、自分が参加したい企画に応募して
 ください。
  ※SPACの人材育成事業に参加経験があることが条件となります。4月12日(予定)の「SPAC演劇講座」に参加することで、「SPAC県民劇団」に参加できます。
・ 下記の条件を満たせば、「SPAC県民劇団」が結成されます。

 「SPAC県民劇団」結成の条件
SPACの人材育成事業参加者が劇団員の半数以上かつ10名以上在籍していること。

「SPAC県民劇団」を立ち上げたい人(演出家・制作者)はこちら
「上演企画」募集概要

応募資格
舞台演出家および舞台演出家を目指す方で、過去に2作品以上の演出経験がある方、または2年以上の演劇制作、プロデュースの経験を有する方。

募集内容
舞台芸術公園 野外劇場「有度」で「SPAC県民劇団」が上演する舞台作品の「上演企画」。

「上演企画」の規定
戯曲は既存、自作のどちらでもかまいません。また新作、旧作(かつて上演した作品)のどちらでもけっこうです。

審査方法
書類・ビデオなどによる選考をします。

参加者(劇団員)を集める
「上演企画」が審査をとおったら、「SPAC県民劇団」に参加したい人に対して、プレゼンテーションをおこない、参加者を募ります。(4月19日(日)(予定) 会場:静岡芸術劇場)

応募方法
申込用紙を請求し、必要事項を記入して必要書類と共に郵送してください。
(申込用紙の請求:氏名、住所、電話番号を明記して、80円切手を同封してご請求ください。)

募集締め切り
3月13日(金)必着

出演者・スタッフとして参加したい人はこちら
参加者(劇団員)募集概要

応募資格
今までにSPACの人材育成事業に参加したことのある方。
(県民参加体験創作劇場、SPAC親と子の演劇教室、シアタースクール、SPAC主催のワークショップなど)

応募方法
審査をとおった上演予定の「上演企画」の応募者がプレゼンテーションをおこないます。参加したい「上演企画」に応募してください。規定の人数が集まれば「SPAC県民劇団」が結成され、上演が決まります。 
「上演予定作品プレゼンテーション」
 日時 4月19日(日)(予定)  
 場所 静岡芸術劇場 ホワイエ
 申込先   SPACチケットセンター  054-202-3399 ※受付開始は3月下旬から

人材育成事業に参加したことのない方はこちら
以下の講座に参加すれば、SPAC県民劇団への応募資格を得ることができます。

関連企画:SPAC人材育成事業  SPAC演劇講座

日時 4月12日(日)予定
場所 静岡劇場 ホワイエ
内容 「2時間でわかる現代演劇史」
講師 大岡淳(SPAC文芸部)
定員 50名
申し込み先 SPACチケットセンター 054-202-3399
※ 受付開始は3月下旬

 
申込用紙の請求・お問い合わせ
財団法人静岡県舞台芸術センター 県民劇団係
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
TEL.054-203-5730  FAX054-203-5732
E-MAIL mail@spac.or.jp
http://spac.or.jp


2009年1月19日

「SPAC高校演劇フェスティバル」開催のお知らせ

Filed under: 未分類

webe794bbe5838f42

高校生×三島由紀夫『近代能楽集』

言葉と出会い、身体と出会う
もうひとつ先の非日常の世界へ

高校生が三島由紀夫に出会う。
日本を代表する小説家・劇作家である三島由紀夫が中世の能楽・謡曲を、新たな近代の物語としてよみがえらせた意欲的・実験的な戯曲集を、静岡県内の高校生が舞台化。
この非日常の世界を舞台上で表現するためには、どのように言葉を発し、どのように身体を動かせばよいのか。
劇団を擁するSPACだからこそ出来るサポートとして、プロの演出家、俳優、舞台スタッフが参加校を訪問し、演出・演技の指導を行ないながら、高校演劇の枠を超え、一歩先の新しい演劇の世界を切り開く「SPAC高校演劇フェスティバル」のスタートです。

SPAC高校演劇フェスティバル」開催にあたって(PDFファイル)
公演チラシ(PDFファイル)

公演日
  2月15日(日
)13:30開演 ※2作品連続上演
    静岡県立富岳館高等学校 『卒塔婆小町』
    静岡市立商業高等学校 『邯鄲』
  2月22日(日)13:30開演 ※2作品連続上演
    静岡県立静岡東高等学校 『班女』
    静岡県立富岳館高等学校 『弱法師』

■ 会場
  舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

■ 入場無料
   ※入場希望の方は、お電話でご予約ください。
■ 受付開始:1月27日(火)
   ※受付時間 10:00~18:00(平日) 10:00~14:00(土・日・祝日)
■ お申込み:SPACチケットセンター Tel.054-202-3399
■ お問合せ:財団法人 静岡県舞台芸術センター
   〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4 Tel.054-203-5730


「異才・天才・奇才 SPACこども大会」開催のお知らせ

Filed under: 未分類

kodomotaikai-logo-ol12

『異才・天才・奇才 SPACこども大会』

■ 日時:2月7日(土)・8日(日) 各日14:30開演
■ 場所:静岡芸術劇場(JR東静岡駅南口前グランシップ内)
■ 入場無料
   ※入場希望の方は、お電話でご予約ください。
■ 受付開始:1月27日(火)
■ 予約受付:SPACチケットセンター Tel.054-202-3399
   ※受付時間 10:00~18:00(平日) 10:00~14:00(土・日)

SPACでは、2月7日(土)、8日(日)に『異才・天才・奇才 SPACこども大会』を開催いたします。これは生き生きとした個性を持った子供たちを育て応援することを目的とするものです。学校の授業の枠を超え出てしまうような歌唱、舞踊、演奏、その他さまざまな身体芸を持った子供たちに、その才能を静岡芸術劇場で発揮してもらいます。発表会当日は1組に1名ずつSPACの劇団員が「チューター」として付き添い、舞台で100%の力を発揮するための秘訣をアドバイスしたりしながら、リハーサルから本番までの一日の流れをサポートしていきます。SPAC恒例のこの発表会は、今回で10回目の開催です。今回はどんな出会いがあるか、子供たちも大人たちもドキドキ・ワクワクの2日間です。
 今回の出演者は、県内の小学生33組71名です。今年も歌やダンス、楽器演奏のほか、テコンドー、切り絵、漫才、詩吟、朗読など多種多彩な演目で子供たちが登場します。

出演者・演目一覧はこちら(PDFファイル)

静岡芸術劇場の広い舞台から、マイクや大人の手を借りずに、自分たちの力で発表する子供たちの姿に、毎回大人たちが励まされる舞台です。ぜひご覧ください!


2009年1月4日

異才・天才・奇才 SPACこども大会出演者募集!

Filed under: 未分類

<異才・天才・奇才  SPACこども大会>


2009
27日(土)・8日(日) 

会場:静岡芸術劇場

 

うた・おと部門/うごき部門/だれにも負けない部門

 

出演者大募集応募締切:19日(金)

 「異才・天才・奇才  SPACこども大会」は、生き生きとした個性を持った子供たちを育て応援することを目的に、2001年からスタートしました。これまでの9 回の大会には、395858名の小学生が参加し、歌唱、舞踊、演奏など得意の身体芸を披露してくれました。魅力的な個性と素晴らしい身体芸の持ち主である「小学生」の皆さんによる「異才・天才・奇才 SPACこども大会」の開催に向けて、出演者を大募集します。あなたの隠れた才能を静岡芸術劇場で発揮してください。

応募資格
静岡県在住の小学生
原則として個人参加、グループの場合は3名以内

応募方法
以下のいずれかの部門を1つ選んでご応募ください。
(1)
うた・おと (2)うごき (3)だれにも負けない
以下のいずれかの方の推薦文を応募用紙に添付してください
 (200字以内、書式自由)。
 同級生・友人、両親・親戚、町内会・隣人、学校・塾等の先生
保護者の了承を得てください。


応募締切:200919 日(金)必着

審査
書類選考の結果は、文書によって通知します。
なお、選考結果についてのお問合せには応じられません。

発表
下記のスケジュールにて発表していただきます。
発表時間は1組につき5分以内とします。
2009
27日(土)・8日(日)
マイクは使えません。出演は小学生のみとさせていただきます。

お申し込み・お問い合わせ
応募用紙に必要事項を記入し、(1)(3)を添えてお申し込みください。
(1)
推薦文 (2)写真1枚 (3)返信用封筒(80円切手貼付)
応募用紙はこちらから
ビデオテープ、カセットテープなど参考資料になるものがあれば一緒にお送りください。
(財)静岡県舞台芸術センター こども大会係
422-8005静岡市駿河区池田79-4 TEL.054-203-5730
http://spac.or.jp


2008年12月27日

「走れメロス」リーディング・カフェ@カフェ・シンデレラ決定!

「走れメロス」リーディング・カフェ@カフェ・シンデレラ決定!

三保園での「走れメロス」リーディングカフェが早々に定員に達してしまいましたので、カフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場内)でもリーディング・カフェを開催することになりました!

以下の要領で参加者を募集いたしますので、ふるってご応募ください。

「走れメロス」リーディング・カフェ@カフェ・シンデレラ

内容:SPACの俳優と一緒に太宰治「走れメロス」を声に出して読む
日時:1月13日(火)19時30分から
会場:静岡芸術劇場2階 カフェ・シンデレラ(JR東静岡駅前グランシップ内)
定員:8名(先着順)
料金:1,000円(資料・お飲み物・お菓子代込)

参加方法
電話予約:SPACチケットセンター(054-202-3399)にお電話でご予約ください。
e-mail予約:件名を「1/13リーディング・カフェ予約」として、 mail@spac.or.jpまでお名前・ご住所・お電話番号をお知らせください。


2008年12月20日

「走れメロス」リーディング・カフェ@三保園ホテル!

SPACリーディング・カフェ Vol. 2

「走れメロス」リーディング・カフェ@三保園ホテル

 

「走れメロス」を声に出して読む。

SPACリーディング・カフェは、舞台で上演される作品を、参加者一人ひとりが声に出して読んでみるという企画です。戯曲なんて読んだことない、演技なんてしたことないなんていう方こそ大歓迎!SPACの俳優と一緒に、朗読の感覚で台詞をしゃべってみましょう。自分で声に出して読んでみると、新しい発見が待っているかもしれません。

第一弾「ハムレット」の好評を受け、このたび、第二弾「走れメロス」を太宰治ゆかりの地、清水・三保園ホテルで開催することとなりました!

太平洋戦争がはじまった1941年、太宰は「新ハムレット」執筆のため、この三保園ホテルに籠もっています。三保の松原を望むこのホテルには、与謝野晶子や三島由紀夫も訪れました。

三保園から富士と灯台

この静岡有数の文学スポットで、作家たちの息吹を感じながら、「走れメロス」を読んでみませんか?

日時:118日(日)15時から

会場:三保園ホテル内レストラン「オアシス」(三保園へのアクセスはこちら

定員:8名(先着順)

料金:600円(資料代込)お飲み物代(500円から)が別途必要になります。

参加方法

電話予約:SPACチケットセンター(054-202-3399)にお電話でご予約ください。

e-mail予約:件名を「1/18リーディング・カフェ予約」として、mail@spac.or.jpまでお名前・ご住所・お電話番号をお知らせください。

送迎:ご希望の方は東静岡駅南口(14時集合)から三保園ホテルまで送迎を行います。終了後も東静岡駅までお送りいたします。必ずご予約時に「送迎希望」とお伝えください(予約時に、お持ちでしたら携帯電話の番号もお知らせください)。

※希望者多数の場合には別の日程でカフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場内)でも開催いたします。お気軽にご応募ください。

※三保園ホテル様のご好意により、当日は参加者の方に限り、「日帰り温泉」を通常1,000円のところ500円でご提供くださるとのことです。ぜひご利用ください。


2008年12月5日

ドン・キホーテ トーク出演俳優決定!

いよいよ初日が迫った『ドン・キホーテ』、終演後には静岡の様々な分野で活躍される方をゲストに、『ドン・キホーテ』出演俳優がトークを行ないます。

各公演のトーク出演俳優が決定しました!みなさん、お気に入りの俳優の登場日、チェックですよ!

12月6日(土) 演出家・原田一樹、SPAC芸術総監督・宮城聰

12月7日(日) ゲスト:伊藤純子(フリーマガジン「womo」編集長)

               長房良則(レストランナガフサシェフ)

          俳優:三島景太、大内米冶

12月13日(土) ゲスト:白井嘉尚(静岡大学教育学部教授・絵画)

           俳優:貴島豪、本多麻紀

12月14日(日) ゲスト:久保田香里(静岡デザイン専門学校校長)

           俳優:仲谷智邦、大桑茜

12月20日(土) ゲスト:柚木康裕(オルタナティブスペース・スノドカフェ主宰)

           俳優:奥野晃士、舘野百代

12月21日(日) ゲスト:大楠栄三(静岡県立大学准教授 スペイン語・文学)

           俳優:永井健二、吉見亮

 


2008年11月23日

追加公演決定!『大人と子供によるハムレットマシーン』

SPAC秋のシーズン2008の『大人と子供によるハムレットマシーン』 [1]の追加公演が決定しました。

【追加公演】 12月14日(日) 11時開演
会場:舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

 20世紀を代表するハイナー・ミュラーの難解戯曲を、静岡県内の中高生が笑い飛ばす話題作。高い期待に応えて追加公演決定です。

12月13日(土)13時30分、14日(日)17時の回は、ともに満席につき、キャンセル待ちのみの受付となっております。
これからチケットのお申し込みをされる方は、ぜひ追加公演をご覧ください。
また、12月14日(日)13時30分より静岡芸術劇場にて『ドン・キホーテ』 [2]が上演されます。
追加公演終演後、続けてご覧いただけますので、こちらもぜひお申込ください。

料金:
4,000円(一般大人)/7,000円(同伴チケット・2枚)/7,000円(2演目観劇)
2,000円(大学生・専門学校生)/1,000円(高校生以下)
 ※公演当日、受付にて学生証を提示してください

お申込:
電話 SPACチケットセンター TEL.054-202-3399
窓口 静岡芸術劇場チケットカウンター
※受付時間 10:00~18:00(平日)/10:00~14:00(土・日・祝日)

[1] http://spac.or.jp/08_autumn/hamletmaschine.html
[2] http://spac.or.jp/08_autumn/donquixote.html


2008年11月7日

SPACTシャツでコーヒー一杯無料!キャンペーン

「SPAC秋のシーズン2008」、いよいよ明日開幕です!

何を着ていこうかな、なんて迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか? そんな方に耳よりのお知らせです。

「秋のシーズン」では、SPACTシャツを来てご来場くださった方に、
コーヒー(または紅茶)を一杯無料でご提供いたします! (※)

カフェ・シンデレラ(芸術劇場)やカチカチ山(舞台芸術公園)で、
ぜひ観劇前にお体を温め、おくつろぎください。
もちろん観劇後のご歓談にもご利用いただけます。

SPACTシャツを着て、劇場に行きましょう!

(※)一回のご来場につき、一度のみのご利用に限らせていただきます。

(※)Tシャツは半そでですが、ジャケットの中や、長袖の上から着ていただいてもOKです。

(※)ご購入されたTシャツをその場で着ていただいてもOKです。


2008年10月11日

読書の秋、原作の本を読んでみよう!秋のシーズン関連書籍特集コーナー設置!(設置図書館が増えました!)

SPAC秋のシーズン2008『ハムレットとドン・キホーテ』に合わせて下記の書店と図書館で特集コーナーが設置されます。特集コーナーにはシェイクスピア作『ハムレット』やセルバンテス作『ドン・キホーテ』の原作や関連書籍が集められています。
SPAC秋のシーズンの舞台公演を観る前に、もしくは観た後に、本を読んでよりいっそう作品を楽しんでみてはいかがでしょうか。特集コーナーのあるお近くの書店もしくは図書館にぜひ行ってみてください。目印はみなさんおなじみのあのポスターです!

―『ハムレットとドン・キホーテ』特集コーナーのある書店および図書館―

・谷島屋書店 呉服町本店 (期間10月中旬~11月中旬まで)

・静岡県立中央図書館    (期間11月~期間未定)

・静岡市立南部図書館   (期間10月1日~期間未定)

・沼津市立図書館            (期間10月1日~12月21日)

・富士市立西図書館        (期間10月1日~12月21日)

・掛川市立中央図書館   (期間10月12日~12月13日)

・静岡大学付属図書館       (期間10月1日~12月21日)

・静岡県立大学付属図書館 (期間10月末~期間未定)

・静岡県立短期大学部付属図書館 (期間11月上旬~12月21日)

・静岡英和学院大学図書館 (期間10月末~12月21日) 

・静岡理工科大学付属図書館 (期間11月1日~12月21日)

・富士常葉大学附属図書館  (期間11月1日~12月21日)

 

―特集コーナーに置いてある本の例―
『ハムレット』や『ドン・キホーテ』は、多くの人に研究され、さまざまなテーマの本が書かれています。原作だけでなく、そういった関連書籍もあわせて展示してありますのでぜひご覧ください。下記の例はそのほんの一部です。
※各店・各館によって、特集コーナーに置いてある本の種類は違いますので、あらかじめご了承ください。

<『ハムレット』原作>

・白水Uブックス シェイクスピア全集 第23巻『ハムレット』
(ウィリアム・シェイクスピア/[著] ・小田島 雄志/訳、 出版者 : 白水社 、出版年 : 1983.10 )

・新潮文庫 『ハムレット』
(著者名 :  シェイクスピア/[著] ・福田 恒存/訳 、出版者 :  新潮社、 出版年 : 1985  )

<『ハムレット』関連書籍>

・シリーズ もっと知りたい名作の世界 『ハムレット』
(著者名 : 青山 誠子/編著 、出版者 :  ミネルヴァ書房 、出版年 :  2006.2 )

・謎解き『ハムレット』―名作のあかし
(著者名 : 河合 祥一郎/著 出版者 : 三陸書房 、出版年 : 2000.10)

・『ハムレットの方へ』
(著者名 : 関 曠野/著 、出版者 : 北斗出版 、出版年 :1983.11 )

<『ドン・キホーテ』原作>

・岩波少年文庫 『ドン・キホーテ』
(著者名 :  セルバンテス/作 ・牛島 信明/編訳、 出版者 :  岩波書店 、出版年  :  1987.11 )

・ちくま文庫 『ドン・キホーテ』  前篇 1・2 後篇1・2
(著者名 :  セルバンテス/著 ・ 会田 由/訳 、出版者 :  筑摩書房 、出版年 :  1987 )

<『ドン・キホーテ』関連書籍>

・『「ドン・キホーテ」事典』
(著者名 :  樋口 正義/編 、出版者 :  行路社 、出版年 :  2005.12)

・『丸かじりドン・キホーテ』
(著者名 : 中丸 明/著 、出版者 : 日本放送出版協会 、出版年 : 1998.6)