2008年4月2日

対話による公開講座<有度サロン>を開講します

SPACでは、今春より、芸術・思想・社会科学など、さまざまな領域で活躍する芸術家・批評家・研究者などが集い、知的情報を交換しながら討議を行なうための場=<有度サロン>を設立します。2008年度は、舞台芸術公園「楕円堂」「BOXシアター」において、春・秋の二回、連続的に対話による公開講座を開催します。4月〜5月の公開講座は、下記のテーマ・日程により開講します。

<グローバリゼーション下>における課題とは何か!?

Ⅰ「歴史的転換と日本の選択」五十嵐武士(東京大学教授・日米比較政治学)
 
● 4月 6日(日)10:30 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」
対談者:苅部直(東京大学教授・日本政治思想史)     
● 4月13日(日)10:30 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
対談者:藤原帰一(東京大学教授・国際政治)  

日本は今や、グローバル化の波に飲み込まれる不安にさいなまれている。この不安は相も変わらず、「宇内の大勢」に適応することばかりに腐心して、「大勢」をどう動かすかを構想する想像力の弱さを示している。今こそ「グローバル化する世界の中で日本がいかにあるべきか」という、基本的な課題に遡って想像力を巡らす時である。(五十嵐武士)

○五十嵐武士(いがらし・たけし) 主な著書に『日米関係と東アジア』(東京大学出版会)、『覇権国アメリカの再編』(東京大学出版会)など。
 ○苅部直(かるべ・ただし) 主な著書に『光の領国 和辻哲郎』(創文者)、『丸山眞男』(岩波新書)など。 
 ○藤原帰一(ふじわら・きいち)主な著書に『テロ後—世界はどう変わったか』(岩波新書)、『平和のリアリズム』(岩波書店)など。

Ⅱ「日本のモデルニテ・再考——鹿鳴館から人間天皇まで」 坂部恵(東京大学名誉教授・哲学)
  
● 4月20日(日) 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」 
対談者:黒崎政男(東京女子大学教授・哲学) 
 
● 4月27日(日) 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」 
対談者:守中高明(詩人、早稲田大学教授・フランス文学・思想) 
  
〈有度サロン〉の企画は魅力的だ。「楕円堂」という、胎内でも太古の墓場でもあるような、何とも不思議な雰囲気の空間で、質疑や、対談をする。この圧力に拮抗して、日本の近代というおどろおどろしいドラマを、多少ともこの場に喚び寄せてみたい。(坂部恵)

○坂部恵(さかべ・めぐみ)主な著書に『仮面の解釈学』(東京大学出版会)、『モデルニテ・バロック——現代精神史序説』(哲学書房)、『坂部惠集』(全5巻、岩波書店)など。
○黒崎政男(くろさき・まさお)主な著書に『身体にきく哲学』(NTT出版)、『カント「純粋理性批判」入門』(講談社)、『となりのアンドロイド』(NHK出版)
 ○守中高明(もりなか・たかあき)主な著書に『存在と灰——ツェラン、そしてデリダ以後』(人文書院)、『法』(岩波書店)、『守中高明詩集』(思潮社)など。

Ⅲ「歴史の反復について」 柄谷行人(評論家) 
 
● 5月11日(日) 舞台芸術公園 屋内ホール「楕円堂」
対談者:池田雄一(文芸評論家) 
● 5月18日(日) 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
対談者:高澤秀次(文芸評論家)

今後に世界はどうなるのか、どうすべきかを考えたい。私は以前に「歴史と反復」(『柄谷行人集』第5巻・岩波書店)について書いたが、この機会に、それを根本的に再検討したい。 (柄谷行人)

○柄谷行人(からたに・こうじん)主な著書に『近代文学の終り』(インスクリプト)、『世界共和国へ』(岩波新書)、『定本 柄谷行人集』(全5巻、岩波書店)など。
 ○池田雄一(いけだ・ゆういち)著書に『カントの哲学——シニシズムを超えて』(河出書房新社)、共著に『ネオリベ化する公共圏』(明石書店)など。
 ○高澤秀次(たかざわ・しゅうじ) 主な著書に『吉本隆明1945-2007』(インスクリプト)、『評伝中上健次』(集英社)、『江藤淳—神話からの覚醒』(筑摩書房)など。

■会場=静岡県舞台芸術公園内・屋内ホール「楕円堂」、稽古場棟「BOXシアター」
■開講=各午前10時30分
■参加料=500円
■申込み=SPACチケットセンター ℡054−202−3399

※4月6日午前中は「第24回日本平桜マラソン」開催による交通規制のため、公共バスは「舞台芸術公園」まで運行されません。チャーターバスが運行されますので、そちらをご利用ください。詳細につきましては、お申込時にお問い合わせください。

■ 問合せ=(財)静岡県舞台芸術センター 
〒422−8005 静岡市駿河区池田79−4
℡054−203−5730


2008年3月13日

ケーブルテレビで『夜叉ヶ池』稽古風景が放送されます

Shizuoka春の芸術祭2008」で上演される、宮城聰芸術総監督のSPAC演出作品『夜叉ヶ池』の稽古の様子が、ケーブルテレビ・ドリームウェーブ静岡にて放送されます。

番組名
 「しずおかnavi」
放送チャンネル 
 ドリームウェーブ静岡・自主放送チャンネル「ドリームチャンネル」
 (アナログ1ch・デジタル011ch)
放送日
 3月14日〜3月20日
放送時間
 8:00〜8:15  11:30〜11:45 
 20:00〜20:15  23:00〜23:15

皆さん、是非ご覧ください。


2008年3月10日

SPACのロゴが新しくなりました!

SPACのロゴが新しくなりました。
ウェブのトップページでもひときわ大きな存在感を放っています。
新たに販売となったTシャツや静岡芸術劇場の入り口などにも登場しています。
SPACの新たな顔として、これからもどうぞよろしくお願いいたします。


2008年3月8日

稽古見学会に行こう!

世界10カ国14作品が今年も静岡にやってくる!
芸術総監督宮城聰が「Shizuoka春の芸術祭」をもっと楽しむ方法を皆様にご案内します。
SPAC新作『夜叉ヶ池』の稽古風景や各作品の見どころを4月7日の前売り開始に先がけてご案内。どれを見たらいいか迷っている方、ちょっと物知りになって友達を誘いたい方、稽古の様子を見てみたい方、みなさんご参加ください!

■日時 3月20日(木・祝)23日(日)14:00〜15:30
■会場 静岡芸術劇場(JR東静岡駅前、グランシップ内)
■プログラム 宮城聰演出『夜叉ヶ池』稽古見学、「Shizuoka春の芸術祭」ラインナップ紹介

●参加お申込受付
 静岡芸術劇場チケットセンター Tel. 054-202-3399
 mail@spac.or.jp
 お名前、ご住所、電話番号、ご希望の日にち、および人数を、電話またはメールにてご連絡ください。メールの場合には必ず件名に「稽古見学会申込み」とご記入ください。


2008年2月29日

Shizuoka春の芸術祭2008のチラシが出来上がりました!

[1]
5月10日から開催される「Shizuoka春の芸術祭2008」。いよいよ総合チラシが出来上がりました!
もうすぐ皆様のお手元に届けることができると思います。また、ウェブでの情報掲載も間もなくです。SPACの新作、ロシアのタガンカ劇場、オデオン座の若き芸術総監督オリヴィエ・ピィ2作品など、今年も世界10カ国からの作品が静岡に集結します!また今回のチラシのもう一つの注目点は、2008年のSPACの年間スケジュールが掲載されているところです。
どうぞお楽しみに!

[1] http://otsukimi.net/spac/news/wp-content/uploads/2008_01/springarts2008flyer.jpg


ケーブルテレビで『夜叉ヶ池』稽古風景が放送されます

「Shizuoka春の芸術祭2008」で上演される、宮城聰芸術総監督のSPAC演出作品『夜叉ヶ池』の稽古の様子が、ケーブルテレビ・ドリームウェーブ静岡にて放送されます。

番組名
 「しずおかnavi」
放送チャンネル 
 ドリームウェーブ静岡・自主放送チャンネル「ドリームチャンネル」
 (アナログ1ch・デジタル011ch)
放送日
 2月29日〜3月6日
放送時間
 8:00〜8:15  11:30〜11:45 
 20:00〜20:15  23:00〜23:15

皆さん、是非ご覧ください。


2008年2月18日

『異才・天才・奇才 こども大会』開催のお知らせ

『異才・天才・奇才 こども大会』
日時:3月1日(土)・2日(日) 各日14:30開演
場所:静岡芸術劇場(JR東静岡駅南口前グランシップ内)
入場無料
入場希望の方は、お電話でご予約ください。
受付開始2月18日(月)
静岡芸術劇場チケットセンター(受付時間10:00〜18:00)
Tel.054-202-3399

SPACでは、3月1日(土)、2日(日)に『異才・天才・奇才 こども大会』を開催いたします。これは生き生きとした個性を持った子供たちを育て応援することを目的とするものです。学校の授業の枠を超え出てしまうような歌唱、舞踊、演奏、その他さまざまな身体芸を持った子供たちに、その才能を静岡芸術劇場で発揮してもらいます。SPAC恒例のこの発表会は、今回で9回目の開催です。今回はどんな出会いがあるか、子供たちも大人たちもドキドキ・ワクワクの2日間です。
今回の出演者は、県内の小学生35組101名です。今年も歌やダンス、楽器演奏のほか、一発芸、コント、少林寺拳法、パントマイム、落語劇など多種多彩な演目で子供たちが登場します。

★出演者・演目一覧はこちら(PDFファイル)★

静岡芸術劇場の広い舞台から、マイクや大人の手を借りずに、自分たちの力で発表する子供たちの姿に、毎回大人たちが励まされる舞台です。ぜひご覧ください!


2008年1月20日

『テアトロ』誌2月号に劇評2本掲載!

『テアトロ』誌2月号に2007年6月に舞台芸術公園「楕円堂」で上演された鈴木忠志演出『サド侯爵夫人』と11月に静岡芸術劇場で上演された宮城聰演出『巨匠』が取り上げられました。

『サド侯爵夫人』:渡辺保・江原吉博他「総括座談会 2007年の日本演劇界 演劇〈継承〉と〈情熱〉」29−32頁
「三島由紀夫の言葉が初めて舞台で生きた」
三島由紀夫の文体を力強く立ち上がらせた鈴木忠志の手腕と俳優に高い評価。

『巨匠』:高橋豊「意欲的な二本の芝居」(劇評)56−57頁
SPACの芸術総監督になって初めての演出作品として注目。
老俳優役の蔦森皓祐が、その俳優人生をも浮かび上がらせる名演技。

詳細は本誌をご覧ください。


2008年1月19日

静岡芸術劇場(グランシップ)駐車場移転のお知らせ

グランシップ駐車場が、平成20年1月19日から建物の東側に移転しました。今までの駐車場は、埋蔵文化財調査が全面的に実施されるため閉鎖となります。

駐車可能台数が減少したため、大型イベント開催の場合、各種イベントが重なる場合や週末には、これまで以上の混雑が予想されますので、グランシップに来館される場合は、極力公共交通機関のご利用をお願いいたしますとともに時間に余裕をもってお出かけいただくよう、皆様方の一層のご理解とご協力をお願いいたします。

なお、グランシップ近隣の店舗駐車場・私有地等に駐車することは迷惑になりますので、絶対におやめください。

新駐車場は、南幹線から東静岡駅方面へ北上し、すぐの交差点を右折後直進し、約300m先が入口となります。 

旧駐車場の駐車可能台数 約400台 → 新駐車場の駐車可能台数 約360台

[1]

[1] http://otsukimi.net/spac/news/wp-content/uploads/2008_01/map_s.gif


2008年1月12日

スケジュールページ更新!

SPACの1月〜3月のスケジュールがアップされています。スケジュールページからどうぞ!