『繻子の靴』 四日間のスペイン芝居

syusu_front

 
16465v作:ポール・クローデル
Paul CLAUDEL
20世紀フランスの著名な劇詩人・外交官。1921(大正10)年より約5年間、駐日フランス大使を務める。滞日中、関東大震災に罹災しながらも代表作『繻子の靴』を完成。主な作品『黄金の頭』、『真昼に分かつ』、日本文化論『朝日のなかの黒鳥』など。
 
watanabemoriaki翻訳・構成・演出:
渡邊守章

WATANABE Moriaki
演出家・フランス演劇研究家。訳書『繻子の靴』(岩波文庫2005年)にて毎日出版文化賞、日本翻訳文化賞、小西財団日仏翻訳文学賞受賞。他に『マラルメ詩集』(14年)等訳書・著書多数。主な演出作品ラシーヌ『フェードル』、ジュネ『女中たち』、ミュッセ『ロレンザッチョ』など。
 

「声の身体性」の極点
 
 私事を記すことをお許し下さい。
 僕は中学の頃に落語が好きになり、ラジオやレコードで昭和の名人をよく聴いていました。
 その後、演劇も観るようになったのですが、どういうわけか目の前にいる俳優の大半が、声しか知らない五代目志ん生や八代目文楽よりも「実在感」が希薄なのでした。
 この重大な謎を解いてくださったのが渡邊守章先生です。守章先生のゼミで僕は初めて「身体性」(としか言いようのないもの)を知り、それは演出家としての僕の方向を決定づけてくれました。
 『繻子の靴』には、「声の身体性」が達成しうる極みが示されています。
 演劇を愛しそして演劇を疑うかたがた全てに、これを体験していただきたいと切望します。

— SPAC芸術総監督 宮城聰

『繻子』四方田犬彦バナー
 
*剣幸 ビデオメッセージ

 
*阿部一徳 ビデオメッセージ

ポール・クローデル生誕150周年記念

上演時間8時間の超大作!
舞台は、大航海時代の黄金世紀スペイン。
美しき人妻と新大陸制覇の野望に
燃える征服者との禁じられた恋が、ここに蘇る。

作: ポール・クローデル『繻子の靴』(岩波文庫)
翻訳・構成・演出: 渡邊守章
 
出演: 剣幸/吉見一豊、石井英明、阿部一徳(SPAC)、小田豊、豊富満、
    瑞木健太郎、牧山祐大(SPAC)、吉植荘一郎(SPAC)、若宮羊市(SPAC)
    片山将磨、山本善之/
    武田暁、岩澤侑生子、岩﨑小枝子、鶴坂奈央、川谷亜縫紗/
    藤田六郎兵衛(能管)/野村萬斎(映像出演)

★出演を予定しておりました能管の藤田六郎兵衛師は、急病につき、本人出演による演奏はございません。事前に録音した音源を使用いたしますので、あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。(2018.6.8)

映像・美術: 高谷史郎
照明: 服部基
音楽: 原摩利彦
衣装: 萩野緑
演出助手: 鹿島将介、岩﨑小枝子
映像プログラミング: 濱哲史、白木良、古舘健
技術監督: 小坂部恵次
舞台監督: 夏目雅也、大鹿展明
小道具・演出部: 相澤伶美
制作(京都): 川原美保(京都造形芸術大学舞台芸術研究センター)、堂岡佐和子
初演: 2016年12月 京都芸術劇場 春秋座
 

剣幸
剣 幸
吉見一豊
吉見一豊
石井英明
石井英明
ABE Kazunori
阿部一徳
小田豊
小田豊
豊富満
豊富満
瑞木健太郎
瑞木健太郎
牧山祐大
牧山祐大
YOSHIUE Soichiro
吉植荘一郎
若宮羊市
若宮羊市
片山将磨
片山将磨
山本善之
山本善之
武田暁
武田暁
岩澤侑生子
岩澤侑生子
岩﨑小枝子
岩﨑小枝子
鶴坂奈央
鶴坂奈央
A_Kawatani
川谷亜縫紗


藤田六郎兵衛
藤田六郎兵衛(能管)
野村萬斎
野村萬斎(映像出演)


作品について

日仏の演劇交流を長年にわたり牽引してきた渡邊守章が、研究者そして演出家の全精力を傾けた集大成。現代演劇史に燦然と輝く金字塔『繻子の靴』、スケールの大きさゆえ日本上演は困難とされてきた超大作が、京都での歴史的な初演の成功を受け、静岡で再び上演されます。豪華スタッフ、そして宝塚・伝統芸能・現代演劇から様々な俳優陣が、観客を“世界大演劇”の旅へといざないます。

*初演時のウェブサイトはこちら

あらすじ

大航海時代の16世紀末。アフリカ北西海岸の総司令官ドン・ペラ―ジュの美しき妻プルエーズは、新大陸制覇の野望に燃える騎士ロドリッグと出会い、互いに強く惹かれ合う。年老いたペラージュはその恋心に気付き、わざと妻を禁じられた道へと誘惑し、プルエーズは苦悩する。夫の死後、プルエーズはアフリカ西海岸の守備のため、カミーユとの再婚を選ぶ。彼女を想い続けるかつての征服者ロドリッグは、スペイン国王の寵愛を失い日本に渡り・・・。

公演情報

6月9日(土)・10日(日)

11:00開演 20:15終演予定
両日とも「一日目」から「四日目」までの一挙通し上演
(途中約30分の休憩が3回入ります)

※本作は四部構成にて、スペイン・バロック演劇の慣習より四部構成にて「一日目」「二日目」「三日目」「四日目」と題されています。

会場:静岡芸術劇場 (静岡市駿河区東静岡2丁目3-1 グランシップ内)

◎公演当日のお食事のご案内はこちら

チケット

◆SPACの会会員先行予約受付開始:4月15日(日)10:00
◆一般前売り開始:4月22日(日)10:00

◎チケット購入方法
SPACチケットセンター
●電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
●ウェブ予約 http://spac.or.jp/ticket
●携帯電話予約 http://spac.or.jp/m/
●セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
[当日券] 残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。
●SPACの会一般: 5,500円  
●SPACの会ペア割引: 5,200円 (2名様で1枚につき)

●一般: 6,500円
●ゆうゆう割引: 6,000円 (満60歳以上の方)
 ※公演当日、受付にて身分証をご提示ください。
●学生割引: 3,000円 [大学生・専門学校生以下]
 ※公演当日、受付にて学生証をご提示ください。
●障がい者割引: 4,500円  [障害者手帳をお持ちの方]
 ※公演当日、受付にて障害者手帳をご提示ください。
 ※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
 
※各種割引の併用はできません。
※乳幼児を連れてのご入場はご遠慮ください。

 
[親子室] (要予約・先着3名様)
静岡芸術劇場では、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。

 

主催: SPAC‐静岡県舞台芸術センター
共同主催: 京都造形芸術大学 舞台芸術研究センター

助成: 文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
文化庁シンボルマーク②長官
0001 (22) アサヒ_mark_logo_kihon-1
協力: ㈱タケナカ、演劇集団円、空中庭園