静岡から社会と芸術について考える合宿ワークショップ vol.3

2013年開催のときの様子1
2013年開催のときの様子2
2013年開催のときの様子3

【これまでの開催の様子】
・静岡から社会と芸術について考える合宿WS vol.1
「Think globally Act locally 世界と芸術と足元と」
・静岡から社会と芸術について考える合宿WS vol.2
「まちと劇場と祝祭と Dialogue & Act for future」
前編  後編

◎ワークショップ・ファシリテーター
平松隆之(劇団うりんこ/うりんこ劇場制作部)
阪大1期ワークショップデザイナー。NPO法人芸術の広場ももなも理事。せんだい短編戯曲賞審査員。子ども,地域,演劇をキーワードに様々な活動を行う。主なプロデュース作品:2010/2012年「お伽草紙/戯曲」(原作=太宰治・戯曲=永山智行・演出=三浦基)、2011年「クリスマストイボックス」(作/演出=吉田小夏)、2014年「妥協点P」(作/演出=柴幸男)など

白川陽一(Keramago Works(ケラマーゴ・ワークス))
対話と学びのファシリテーター。ワークショップの企画、計画、運営(コーディネート)や、司会・進行を仕事にしている。その他の活動として、自分のスキルを他の人に貸し出す個人発の人助けプロジェクト「レンタルしらさん」や、家でも職場でもない第三の居場所(サードプレイス)のコミュニティづくりを行っている。

主催:SPAC ‐ 静岡県舞台芸術センター

「フェスティバルと私→たち」

2012年より開催し、好評を得ている「静岡から社会と芸術について考える合宿ワークショップ」を今年も開催いたします。
今回は、「フェスティバル」が社会にとってどのような価値を持っているかについて考える、ちょっとガチ&かなりワクワクな3日間のワークショップを行います。日本ではまだあまり実践されていない対話の方法も体験できます。自分の周りにちょっとした変化を起こしたい人、ぜひご参加ください!
(この3日間のプログラムは参加型ワークショップで構成されます。)

開催日程:
1月17日(土)〜19日(月)

開催場所:
静岡芸術劇場 (静岡市駿河区池田79-4  東静岡駅徒歩5分 グランシップ内)
舞台芸術公園 (静岡市駿河区平沢100-1)

主なプログラム内容


1月17日(土) 13:00〜20:30 (12:40受付開始)
 会場:静岡芸術劇場
1.合宿ワークショップ(WS)参加者紹介
2.『グスコーブドリの伝記』観劇 (15:00開演) *公演詳細はこちら
3.アーティストトーク
4.WS1『グスコーブドリの伝記』観劇体験をシェアする話し合い(ワールド・カフェ)
鑑賞がより深い芸術体験となるように参加者同士で語り合います。

(『グスコーブドリの伝記』プラスワン関連企画の参加者と一緒に行います。)
 ※夕食休憩は20:30以降(カフェシンデレラでお弁当)となります。
 
◆◆1月18日(日) 9:30〜22:00
 会場:舞台芸術公園 稽古場棟、食堂棟カチカチ山
1.WS1「フェスティバルと私→たち」について考えるWS 其の壱
フェスティバルに対する期待や可能性を、参加者同士の対話などを通して共有/深掘りしていきます。
 <昼食休憩>
2.WS2「フェスティバルと私→たち」について考えるWS 其の弐
言葉や身体を駆使しながら、実際に「フェスティバル」が「私たち」みんなのものになる過程そのものを探求的に体験します。
 <夕食休憩>
3.WS3 オープン・スペース・テクノロジー(この指とまれ方式の対話の時間)
「フェスティバルと私→たち」について自分が関心のあるテーマを出し、
出されたテーマごとにグループでじっくり語り合います。
※プログラム終了後、交流会を行います。(22:00〜24:00/自由参加・参加費別途500円)
 
◆◆◆1月19日(月) 9:30〜16:00
 会場:舞台芸術公園 稽古場棟、食堂棟カチカチ山
1.プロアクション・カフェ(発案者の「その気」が「やる気」になるための話し合いの時間)
1日目・2日目の体験を踏まえ、何かのアイデアを前進させたい人々と、それをサポートしたい人が相互に影響し合いながら、アイデアの実現に向けた第一歩を踏み出すための話し合いを行います。
 <昼食休憩>
2.ふりかえり

参加者募集要項

●定員:20名
●条件:3日間全てのプログラムに参加出来る方。18歳以上の方。
(高校生の方は、保護者の方の承諾が必要です。)
※部分的な参加を希望される方は申し込み時にその旨を記載し、ご相談ください。
●参加費:
[一般]宿泊あり 10,000円 / 宿泊なし 7,500円
[学生]宿泊あり 6,000円 / 宿泊なし 4,000円
※すべて『グスコーブドリの伝記』観劇チケット代、《観劇体験を深める》ワールド・カフェ参加費を含みます。
※お弁当代別途。

 
=オプション=
●お弁当
1日目夕食、2日目昼食・夕食、3日目昼食をご用意いたします。
代金については参加者の方にご案内いたします。(一食800円程度)
朝食は参加者各自でご用意ください。

=その他特記事項=
・参加費、お弁当代は当日の受付でお支払いください。
・ご宿泊は舞台芸術公園内の宿舎となります。
・記録用及び広報用にワークショップの様子を撮影(写真・映像)します。SPACや取材を受けた先のWEBサイト、SNS、チラシ等への掲載をご了承いただきますようお願いいたします。

《応募方法》
氏名、メールアドレス、電話番号、住所、年齢、性別、職業(所属)および普段の活動と、参加の動機として「今現在、社会や芸術についてあなたが思っていること」を200〜300字程度にまとめて下記サイトよりお申し込みください。(高校生の方は明記してください。保護者承諾書をお送りいたします。)

申込受付:11月9日(日)〜12月7日(日)
お申し込みはこちら