東海道四谷怪談

yotsuya_flyer_front
 
【演出】
中野 真希(なかの まさき)
ⒸHarumi OBAMA

ⒸHarumi OBAMA

1991年劇団「ク・ナウカ」に入団、俳優活動とともに新人公演の演出を手掛ける。2006年よりSPACに在籍し、『王女メデイア』、『マハーバーラタ』などに出演。宮城聰(SPAC芸術総監督)の演出補を務めながら、07年より中高生のための演劇学校「SPACシアタースクール」を主導。主な演出作に『モモ』、『巷談宵宮雨』など。


 

『東海道四谷怪談』の「おためし劇場」
 
2016年10月1日(土)13:30~15:00
会場:静岡芸術劇場
本番まぢかの稽古風景をご覧いただいたり、
演出家のトークをお聞きいただける
無料イベントです。
どうぞお気軽にお越しください!
*詳細はこちら

 
『四谷』ブログバナー
 
yotsuya_flyer_back

四谷鑑賞パンフ表紙

↑鑑賞パンフレット(クリックするとご覧いただけます)

ausp_#1_j_logo
*SPAC新作

▼プロモーション映像

 
▼写真スライドショー 




あんた、わしも見てくりゃれ

構成・演出:中野真希
原作:四代目鶴屋南北

出演:
木内琴子、泉 陽二
大石宣広、春日井一平、河村若菜、永井健二、ながいさやこ、
鈴木麻里改め坂東芙三次、若宮羊市、渡邊清楓

kiuchi
木内琴子
izumi
泉 陽二
oishi
大石宣広
kasugai
春日井一平
kawamura
河村若菜
nagai_k
永井健二
nagai_s
ながいさやこ
bando
鈴木麻里改め
坂東芙三次
wakamiya
若宮羊市
watanabe
渡邊清楓

 
*スタッフはこちら

作品について

 
復讐するは“女”にあり
江戸から平成にいたるまで愛され続ける「お岩さん」の怪談話
孤独の末路や如何に――

<あらすじ>
父に先立たれたお岩は、夫・伊右衛門(いえもん)ひとりを頼みとするが、出産してからはその夫からも冷たく当たられる毎日。孤立感をつのらせるお岩をよそに、伊右衛門は出世に目がくらみ、伊藤家の孫娘との再婚を決める。伊藤の企みにより毒薬を飲まされ顔がみにくく崩れたお岩は、夫の裏切りを知り…。家庭や社会の抑圧に苦悩するお岩の、忍従から復讐にいたる心のありようは、時代を問わず共感を生んできた。怖ろしくも切ない女の性(さが)にゾクリとする怪談話の傑作を、おかしみを込めて描く。

公演情報

10月8日(土) 14:00
 【静岡東部バス/はじめての演劇鑑賞講座/バックステージツアー】
10月9日(日) 14:00
 【はじめての演劇鑑賞講座/バックステージツアー】
10月10日(月・祝) 14:00
 【アーティストトーク/託児サービス】

※一般公演日の開演25分前よりプレトークあり。

会場:静岡芸術劇場(静岡県静岡市駿河区池田79-4 グランシップ内)

上演時間:1時間45分

◎平日の中高生鑑賞事業公演あり。詳細はこちら
◎アーティストトーク、バックステージツアーなど関連企画あり!詳細はこちら
◎静岡東部からの劇場往復バスあり!詳細はこちら
◎10月10日(月・祝)に、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスがあります。詳細はこちら

中高生鑑賞事業公演 「SPACeSHIPげきとも!」

SPACでは「劇場は世界を見る窓である」という理念のもと、静岡県内の中学生・高校生を対象に招待公演を行っています。一般のお客様もご観劇いただけます。
 
 
10月3日(月)13:30、4日(火)12:00、5日(水)18:00、6日(木)10:30、7日(金)13:30、12日(水)18:00

※鑑賞事業公演の一般販売は電話・窓口のみでのお取り扱いになります(限定数販売)。お問い合わせはSPACチケットセンターまで。
10月3日(月)は一般販売はございません。

※掛川市・浜松市での中高生鑑賞事業公演
7月20日(水)10:15、22日(金)10:00
 会場:掛川市文化会館シオーネ 大ホール
9月12日(月)13:30
 会場:静岡文化芸術大学 講堂

関連企画

アーティストトーク
10月10日(月・祝)終演後
演出家と出演者によるトークを開催します。
出演:中野真希、永井健二、坂東芙三次、宮城聰(SPAC芸術総監督)

はじめての演劇鑑賞講座
演劇初心者の方向けに、SPAC俳優・片岡佐知子が見所を観劇前にレクチャーいたします。観劇が初めてでない方もご参加いただけます。
一般公演日 各日12:30~13:30
参加無料/要予約 定員20名

バックステージツアーバックステージツアー
SPAC創作・技術部スタッフが舞台裏を特別にご案内!「あの仕掛けはどうなっているの?」など舞台の疑問にお答えします。
10月8日(土)・9日(日)終演後
所要時間:約30分
参加無料/要予約、定員40名

%e5%90%89%e6%a4%8dプレトーク
2Fカフェ・シンデレラでは、舞台をよりおもしろく観劇できるポイントをご紹介しています。(一般公演日の開演25分前より。)
●スピーカー:吉植荘一郎
 
 
 
 

『東海道四谷怪談』リーディング・カフェ
SPAC俳優・奥野晃士による作品解説を聞きながら、お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。公演より一足先に『東海道四谷怪談』の物語が味わえます。詳細はこちら

◆8月23日(火) 19時~
 会場:Lot.n(ロットン) <沼津市上土町10>
◆8月24日(水) 19時~
 会場:番町市民活動センター 中会議室 <静岡市葵区一番町50>
◆8月29日(月) 19時~
 会場:喫茶去 夢想庵 <静岡市駿河区丸子5163-1>
◆8月30日(火) 19時~
 会場:Milk crown cafe&bar <静岡市清水区真砂町3-15>

観劇バス

静岡東部から静岡芸術劇場までの往復バスを運行いたします。
お帰りの便は、公演・バックステージツアー終了後に劇場前より出発します。

<静岡東部バス>
10月8日(土)
[往路] 10:20修善寺駅[南口]発→11:10三島駅[北口]発→11:40沼津駅[北口]発→13:00劇場着
乗車無料
*申込締切:10月6日(木)
申込先:SPACチケットセンター TEL.054‐202-3399(平日10:00~18:00)

劇場往復バスの詳細はこちら↓
劇場直行バス

チケット

◆SPACの会会員先行予約受付開始:7月31日(日)10:00
◆一般前売り開始:8月7日(日)10:00

◎チケット購入方法
SPACチケットセンター
●電話予約 054-202-3399 (受付時間:10:00〜18:00)
●窓口販売 静岡芸術劇場チケットカウンター (受付時間 10:00〜18:00)
●ウェブ予約 http://spac.or.jp/ticket
●携帯電話予約 http://spac.or.jp/m/
●セブン‐イレブンでの販売 店内のマルチコピー機をご利用ください。
[当日券] 残席がある場合のみ、開演1時間前より劇場受付にて販売
※当日券販売の有無を、公演当日に必ずお電話もしくはTwitter(@_SPAC_)でお確かめください。

◎チケット料金 ※全てのチケット代金は税込価格です。
●一般: 4,100円
●ペア割引: 3,600円 (2名様で1枚につき)
●グループ割引: 3,200円 (3名様以上で1枚につき)
※10名様以上の場合は電話・窓口にてお取り扱い
●ゆうゆう割引: 3,400円 (満60歳以上の方)
※公演当日、受付にて身分証をご提示ください。
●学生割引: [大学生・専門学校生]2,000円 [高校生以下]1,000円
※公演当日、受付にて学生証をご提示ください。
●障がい者割引: 2,800円  [障害者手帳をお持ちの方]
※公演当日、受付にて障害者手帳をご提示ください。
※付添の方(1名様)は無料 ※電話・窓口のみのお取り扱い
※各種割引の併用はできません。
※乳幼児の会場へのご入場はご遠慮ください。

●SPACの会
一般: 3,400円  ペア割引: 3,200円 (2名様で1枚につき)
♪素敵な特典もたくさん!お得な会員になって秋→春のシーズンを楽しもう♪
bosyu_banner_s

[親子室] (先着3名様・要予約)
静岡芸術劇場では、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。
[託児サービス]
グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスをご希望の方は、1週間前までにSPACチケットセンターへご連絡ください。
託児日 : 10月10日(月・祝)
対象 : 2歳以上の未就学のお子様

スタッフ

舞台監督:林 哲也
美術デザイン:深沢 襟
照明デザイン:樋口正幸
音響デザイン:山﨑智美
演出助手:降矢一美
演出部:横田宇雄
舞台美術助手:三輪香織、渡部宏規
照明操作:板谷航、加藤悦子
音響操作:清水慧、澤田百希乃
衣裳:高橋佳也子
技術監督:村松厚志
制作:髙林利衣、鶴野喬子、梶谷 智
宣伝写真:小濱晴美
宣伝美術:坂本陽一(mots)
撮影ヘアメイク:YUKI & RENA(La SUPREME 新静岡セノバ)

主催・製作:SPAC – 静岡県舞台芸術センター
支援:平成28年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
ふじのくに芸術祭共催事業
芸術回廊ロゴ