ブログ

2009年10月14日

ドン・ファン千秋楽! 劇場から街へ!

カテゴリー: 2009年度の作品

10月12日、「秋のシーズン2009」のオープニング作品『ドン・ファン』が千秋楽をむかえました。

平日は中高生鑑賞事業として中高生の皆さんにご観劇いただき、週末は一般公演としてたくさんのお客様にご来場いただきました。ありがとうございました。

そして千秋楽をむかえたこの日、静岡芸術劇場での上演終了後、俳優たちが街へ出てゲリラパフォーマンスを行ないました。

今回の路上パフォーマンスは伝馬町の社会実験として行なわれました。街の人通りがイベントによって活性化する効果を調べるための「実験」に、SPACが参加したのです。

『ドン・ファン』劇中で使う仮面をつけた俳優たちが、109や〇I〇Iが並ぶけやき通りに楽器を打ち鳴らしながら登場しました。なにがはじまったんだ!?とたまたま通りがかった人たちは驚いて注目!
次第に人だかりが出来ました。
『ドン・ファン』のなかの一場面をアドリブをまじえて路上上演し、ダンスのシーンでは観客も巻き込んで踊り狂う展開に!


ドン・ファンがかん高い笑い声をあげながら人影からあらわれると、都会風のお洒落な通りが、猥雑な空気感の溢れる劇的な場所に!
街の匂いが一変し、祭の夜のように、人と人が出会い、そこでなにかが生まれる交流の気配が立ち込めます。演劇で街が変わる!
こんなにも劇的に街が変化する! 街灯が冷たく路上を照らす、そんな都会風の通りが、人に出会える場所になる!

SPACはこれからもどんどん街へ出てゆこうと思います。静岡県民の皆さんにもっと身近に演劇を感じてもらうために、SPACはまだまだやれることがあります。
劇場から街へ! 演劇を街へ! 演劇が街を変える、人を変える!
SPACにとって、演劇の可能性を再発見する絶好の機会となりました。ご協力頂いた伝馬町の皆様に、この場を借りて、深く御礼申し上げます。

2009年10月3日

<萌目線。vol.15>★おねえさまは騎士★

カテゴリー: 萌目線。

先日、ついに『ドン・ファン』開幕しました!!

まずは平日の高校生鑑賞事業から、
いよいよ土日の一般公演も始まります。
今回は、ドン・ファン役を演じている

三島 景太さまをご紹介します!!                                                                                SN3E0027
昨年の秋のシーズン『ドン・キホーテ』に続き、
今年も騎士の役で主演です!!

『ロビンソンとクルーソー』では、
日本人兵のロビンソン役で、そのたくましい侍魂をいかんなく発揮!!

『ドン・キホーテ』では、真っ直ぐ突っ走るキホーテの生き様にいっぱい笑わされ、最後は泣かされました。
続く『夜叉ヶ池』では、悪ながら素敵な神主姿を見せてくれます。

舞台では真っ直ぐで堂々とされた印象が強い三島さん…

普段はちょっと、オネエ言葉だったりするんですっ。

(本人曰く、ジェンダレス。)
だからと言って決してナヨナヨしているわけではなく!!

普段から人の何倍も体を鍛えて稽古をしてらっしゃって…

その体力たるや底無しなのではと思わされるほど。

見習わなくては…。
SPAC創立時からいらっしゃるベテランで大先輩でなのに、
私たち後輩にもアツーく話しかけてくれるんですよ。
キラキラした瞳に、いつも元気をいただいています。
そんな三島さん演じる世紀の色男ドン・ファンが、
劇場でお待ちしています!!
是非ぜひ!!観に来てください!!

<萌目線。>とは・・・

SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。