ブログ

2011年6月4日

真夏の夜の噂...22 俳優:布施安寿香さん談

本日6/4(土)、いよいよふじのくに⇄せかい演劇祭2011が開幕します!『真夏の夜の夢』の現場では朝から俳優のメイクや、照明の確認などなど・・・公演に向けて準備を進めております!公演後にはふじのくに⇄せかい演劇祭2011の開会式も行われます。お餅と新茶のでおもてなしいたしますので、みなさんどうぞご参加下さい!

ではブログ・真夏の夜の噂...第22回目の今回は俳優の布施 安寿香(ふせ あすか)さんにお話を聞いてみましょう。

 

IMG_0773_布施さん驚く

[ 近年のSPAC出演作品:『夜叉ヶ池』(2009・2008)百合役、 『ブラスティッ』(2009)ケイト役、『ペール・ギュント』(2010)女官役、『令嬢ジュリー』(2010)クリスティン役、『しんしゃく源氏物語』(2010)侍従役 ]

 

Q.自分の役について教えてください。

「仲居おてもと」という、割烹ハナキンで働いている仲居の一人です。キャラクターとしては、普段引っ込み思案な感じなのに内心目立ちたい願望を持っている人。真面目そうだけど話してみると「あ、この人変な人だった」みたいな(笑)。そして思い込んだら、周りが見えなくなるタイプかな。

Q.野田秀樹さんの戯曲を読んでどう感じましたか。

お芝居をはじめた大学時代、野田さんはもちろんすごく人気がありました。けど私はあまのじゃくなところがあるので、かえって野田さんの作品を避けていたところがありました。でも今回初めて戯曲を読んで、あっ面白いなあと素直に思ったんです。最初の頃は言葉遊びばかりが目立つ印象だったけれど、何度も読むうちにその奥にある深さと豊かさを感じました。シェイクスピアの作品を日本語に翻訳すると英語ならではの面白さが失われる部分もあるんじゃないかと思います。でもその分を日本語に対して繊細な感賞を持つ野田さんが書くことで、日本語が分る人にだけかもしれないけど、伝わる豊かさがあるように思いました。私、漢字の成り立ちとかが好きで、中学時代は漢和辞典をただ眺めたりしてたんですが、そんな自分を思い出したり、自分の体の奥に響いてくるものがありました。稽古中、他の人の台詞がふっと耳に飛び込んできて「ああ、いい言葉だな」ってよく思います。

Q.あなたならどんな媚薬・妙薬を使いますか。

「時間か空間か、もしくは両方を瞬時に飛び越えられる薬」がいいな。歴史が好きなので、何千年前とかに飛んでいろいろ見たり、歴史上のいろいろな人に会いたいですね。未来は見たいとは思わないけど。モネがどういうふうにその絵を描いたのかとか、どんな景色を見てそれをモチーフに選んだのかとか、モネの隣に座ってずっと見ていたいです。私は不器用なせいか、体が自分自身を縛っているように思えることがあって、体から精神がふっと遠い世界に飛んでいけたらいいなと感じます。今ここにいることがすごく大切だと思うからこそ、それに逆らいたくなるみたいです。

 

これまでは真面目な役を演じることが多く、自ら笑いをとりにいくコミカルな役は布施さんにとって新しい挑戦。出入り業者との掛け合いでは紅一点、「仲居おてもと」の布施さんにご期待ください!

2011年6月2日

真夏の夜の噂...21 俳優:いとうめぐみさん談

ブログ・真夏の夜の噂...第21回目の今回は俳優のいとう めぐみさんにお話を聞いてみましょう。

 

IMG_0267_2いとうさん登る(顔)

[ 近年のSPAC出演作 : 『ドン・ファン』(2011、2009)リピア、オルモ役他、『わが町』(2010)ソームス夫人役 ]

 

Q.自分の役について教えてください。

私の役は「夏の精かしら」といって「夏の精」を率いるお頭の役。妖精の女王「タイテーニア」様によく名前を呼ばれるので、いつもそばにいるのかな?というイメージ。女王様を喜ばせるためによいしょしたり、道化たりもするかな。妖精たちは例えば三頭身だったり、お頭だから頭がやたらに大きいとか、左手が重くて身体のバランスが取れないとか、変わった体形でもいいのかな?と思ってます。フリークスだけど愛らしいという感じ(笑)。

Q.野田秀樹さんの戯曲を読んでどう感じましたか。

この作品は「夢の遊眠社」の終わり頃に作られた戯曲で、何ていうか・・・親父ギャグが満載(笑)。疾走感があります。それをそのまま消化していこうと考えています。本格的な稽古の前にSPACの内部発表会があったんですが、そのときは「二人一役」(※1)という手法で演りました。一人が台詞を言い、もう一人は動くだけ。動くだけの人の体を通してその台詞を出していく。本公演は「二人一役」ではないけど、台詞や台本を考える上でおもしろいアプローチだなぁと思いました。おもしろいアプローチだった。声だけでどういう遊びができるかの、一つ参考になるかな。

(※1)二人一役:芸術総監督・宮城聰がク・ナウカで行なっていた手法。「動いてはいけなくて台詞だけ言う人」と、「台詞は言ってはいけなくて動くだけの人」という、俳優をその二種類に区別して演じる方法。

Q. あなたならどんな媚薬・妙薬を使いますか。

瞬間移動できる妙薬!私、思い立ったらすぐ行動したくなっちゃうんで(笑)。例えば観たいダンスの公演が明日NYであるって知ったらすぐに航空券を買って1泊3日で行ってきちゃったりするんですよ。「これだ!」と思ったときには行っちゃいたい。うん、瞬間移動の妙薬がいいな。地球の裏側まで行ってま~す!(笑)

 

普段からわんぱくな妖精のようないとうさん。妙薬を使わずとも、今にも瞬間移動できそうなエネルギーを感じます!

真夏の夜の噂...⑳ 俳優:眞野梨江さん談

ブログ・真夏の夜の噂...第20回目の今回は今回はSPAC初出演!そして『真夏の夜の夢』メンバー最年少!静岡県出身の俳優・眞野梨江(まの りえ)さんにお話を聞いてみましょう。

 

IMG_0739_まのさん笑顔

 

Q.自分の役について教えてください。

私は「妖精」を演じます。一幕では舞台の世界へ引き込む案内役、ニ幕では衝撃的な台詞をはいちゃう「妖精」です(笑)。人間以外の役は初めてなので私にとって新しい挑戦です!「妖精」のいる「真夏の夜の森」の中を想像したりして、他の「妖精」とはまた違う、不思議な雰囲気の「妖精」を演じたいと思っています。

Q.野田秀樹さんの戯曲を読んでどう感じましたか。

シェイクスピアの「夏の夜の夢」は落ち着いた印象が強かったんです。けど野田さんの『真夏の夜の夢』は登場人物の名前が食べ物の名前だったりして、台本を読んだときはびっくりしました。それに宮城さんの玉手箱みたいなおもしろい発想と、棚川さんの素敵な音楽と、出演者の個性が集まって、すごくパワーのある作品になると思います。稽古は本当に色々勉強になるし、みなさんと一緒の空間にいること自体が楽しいです。

Q.たくさんの演奏がありますが演奏はどうですか。

初めて触った楽器ばかりだったので、始めは稽古についていくのが大変でした。でも練習を重ねると、みんなで演奏する感じとかお芝居と合わせていく感じとか、いいまとまりになってきて、演奏することがどんどん楽しくなってきました。音楽から演技のヒントを得ることもよくあります。想像していた音楽と、棚川さんが作った音楽が違ったりして、それが新鮮なんですよね。

Q.あなたならどんな媚薬・妙薬を使いますか。

「動物と話せる妙薬」があったらいいな。最近、たきいさんが飼っているインコのリーたんが楽屋に遊びに来ているんです。たきいさんのところには飛んで行って肩に留まるんですけど、私のところにはあまり来てくれないので仲良くなりたいと思って。私はもう7年くらい亀を飼っています。でも最近あまり家にいないからか、お母さんにはなついているんですけど、私だとそっぽ向いちゃって。お母さんが水換えとかをしていてコミュニケーションをとっているからかな。亀も分かるみたいですね(笑)。

 

むかし、東京タワーに上ったのをきっかけに高所恐怖症になってしまった眞野さん。しかし『真夏の夜の夢』の稽古で高所恐怖症を克服したそうです!その成果もぜひご覧下さい!

2011年6月1日

真夏の夜の噂...⑲ 俳優:若宮羊市さん談

 いよいよ、『真夏の夜の夢』の公演まであと3日となりました。今日は字幕のオペレーターさんがSPACに到着。『真夏の夜の夢』では英語字幕を流します。

 

ではブログ・真夏の夜の噂...第19回目の今回は俳優の若宮羊市(わかみや よういち)さんにお話を聞いてみましょう。

 

IMG_0922_のぞく若宮さん

[ 近年のSPAC出演作品:『ふたりの女〜唐版葵上〜』(2009)患者役、『ドン・ファン』(2009・2011)キリスト、ガルシア、シャクレ役、『夜叉ヶ池』(2009)伝吉役、『ペール・ギュント』(2010)トルムペーターストローレ役他、『王女メデイア』(2010)コロス ]

 

Q.自分の役について教えてください。

僕の役は「耳が悪い精」。衣裳のあちこちに耳がついているんです。耳って左右で一対だから相方の佐藤ゆずさんと左右対称の衣裳になっています。衣裳が素敵すぎて、かわいすぎて、外を歩くのはちょっと恥ずかしいくらい(笑)

お客さんには何やら人間とは別の不思議な生き物が「真夏の夜の森」にいたっていう印象を持ってもらえるように作りたいですね。

Q.野田秀樹さんの戯曲を読んでどう感じましたか。

野田さんの『真夏の夜の夢』では、最後に全てを了解できる場面があるんです。それを読んで、ああ野田さんはこれがやりたかったのかな、そのためにシェイクスピアの作品を利用したのかなと感じた。野田さんが呑んできた言葉があって、それをシェイクスピアの「夏の夜の夢」の上に吐き出した、足し算で出来上がっている作品という印象を受けましたね。

Q.あなたならどんな媚薬・妙薬を使いますか。

「言葉を失う薬」はどうでしょう。その薬を飲むと話せなくなる。そうすれば言葉に惑わされなくなるし、言葉ではない何かがはっきりと伝わるのではないでしょうか。感じていることは実際、言葉以外のところに素直に出るような気がしています。言葉がないなら伝えることにもっとエネルギーを注がなければならない。この薬を飲んだら手話や筆談も出来ません。ラブレターも遠距離恋愛もなしになりますね。言葉によって、どこにいても繋がっている、という幻想を共有することは可能かも知れないけど、本当のことは手に触れられる範囲にあるかも知れないと思います。言葉を奪われると必然的に近くに行かなければならない。視界の範囲、触れられる範囲に。言葉というものを取っ払うとどうなるか、見てみたいですね。

 

水泳が好きな若宮さん。『真夏の夜の夢』の舞台で意外にも泳ぐための筋力が生かされています!若宮さんならではの個性的な妖精をお楽しみに!