ブログ

2013年6月5日

ふじのくに⇄せかい演劇祭2013、ドイツ・東欧特集!?

横山義志(文芸部)

今年のふじのくに⇄せかい演劇祭はちょっとしたドイツ・東欧特集である。今週末6月8日(土)・9日(日)にベルリン・フォルクスビューネの『脱線!スパニッシュ・フライ』があり、6月22日(土)・23日(日)にはポーランドの『母よ、父なる国に生きる母よ』がある。実は、SPACでドイツ・東欧の大規模な作品をやるのは、ほとんどこれがはじめて。

フランスに住んでいたときにはよくドイツ・東欧の作品を見ていて、フランスの作品と比べても、俳優の演技もスタッフワークも質が高く、内容も深いものが多いので、なんで日本ではあまり見られないのだろうかと思っていた。だが、実際に招聘に関わることになって、その理由がよく分かった。招聘する側の都合からしてみれば、しっかりしすぎているのだ。

ヨーロッパでも、西と東では、公共劇場の形態がかなり異なっている。ドイツと旧「東側諸国」では、劇場の仕組みが似ていて、大きな都市にはほとんど必ず、専属の劇団がついた立派なレパートリーシアターがある。この場合のレパートリーシアターというのは、SPACとはちょっと違って、たとえば昨日『ハムレット』をやっていて、明日は『オイディプス王』、明後日は『ファウスト』、その次は『トレインスポッティング』をやっている、といった具合で、一週間単位で見れば、毎晩別の作品をやっている。このようにして、一度作った作品を、何年も上演しつづけるわけである。だから舞台装置も、何年も使いつづけられるように作られている。

一方、もっと西のフランスやベルギーでは、一年か二年に一回新作を作り、一本の作品を一年か二年かけて、あちこちの公共劇場で上演して回る、という形態が多い。たぶんスイス、イタリア、スペインでもこのタイプの劇団が多いのではないか。この場合、劇団が劇場に所属しているとしても、それは作品製作の拠点としてであって、ずっとその劇場にいるわけではなく、ツアーしている時間の方が長くなる。だから舞台装置も、ツアーすることを前提に、持ち運びやすいように作られている。

便宜的に、前者を「東欧型」、後者を「西欧型」としておくと、財政基盤においても、東欧型の公共劇場付属劇団は、基本的にはその劇場で、その地域の観客のために良質の作品を提供するのが最大の使命で、それを維持するために、国や地域から大きな助成金が与えられている。とはいえ、そこで本当に質の高いものが作られていれば、他の地域の観客も見たくなるし、その地域の文化を宣伝するためにも、自分の殻に閉じこもってしまわないためにも、国内や国外の演劇祭に参加することもある。だが、これはあくまでも副次的な仕事になる。

それに対して、西欧型の劇団では、そもそも一つの劇場で一ヶ月間上演したくらいでは経済的に成り立たず、新作を準備する時点で、共同製作に加わってくれる他の劇場を見つけて、ツアー先を確保しておかなければならない。劇場の側から見れば、その劇場の芸術監督が率いる劇団によって上演される作品をやるのは、多くても一年のうちの二ヶ月くらいで、残りの期間は、他の作品を買ったり、共同製作に加わったりして、ツアーで来る作品を受け入れるのが主になる。だから、招聘する作品を選ぶ、というのも、芸術監督の仕事のうちの大きな比重を占めている。SPACの形態は、東欧型と西欧型の、いわば中間的な形態だと言える。

というわけで、「東欧型」公共劇場付属劇団の作品というのは、おおまかに言えば、あんまりツアーするようにはできていないわけである。舞台装置は重厚長大型が多いし、助成金が手厚いこともあって、技術スタッフの数も西欧型の劇場よりずっと多い。結果として、10人前後の出演者に、20人近い技術スタッフがついてきたりする。しかも組合もしっかりしているので、ツアー時でも、簡単に人を減らしたりはできない。陸続きのヨーロッパであれば、舞台装置やスタッフの移動もなんとかなるが、東洋の島国まで持って来ようとなると、なかなか大変なのである。

今回は東京ドイツ文化センターやポーランド文化センターの方々がとても熱心に応援してくださったので、どうにか実現できたが、かなりハードルが高かった。だが、公演が行われる前から言うのもなんだが、これを機会に、今後はもっとドイツ・東欧の作品を取り上げていきたいと思っている。

何よりもまず、作品の質が高い、というのが最大の理由だが、それだけではない。「今、東欧が熱い!」と思っている人はあんまりいないだろうが、実際に旧東ドイツ(フォルクスビューネは旧東ベルリンの劇場である)や東欧の作品を見てみると、そこには、今の世界の仕組みが抱えている矛盾が、非常に先鋭的な形で現れているのを感じる。ベルリンの壁が崩壊したときには世界中が熱狂したが、その後二十年以上経って、「自由化」した旧東側諸国の人たちはどうなったのか。

『脱線!スパニッシュ・フライ』『母よ、父なる国に生きる母よ』も、どちらもとても楽しく見られる作品だが、今の世界の生きづらさについて、いろいろ考えさせられる作品でもある。

2013年6月4日

『静岡から社会と芸術について考える合宿ワークショップ』のレポートが公開されました!

カテゴリー: その他

昨年2012年10月6日(土)~8日(月)に開催した
「静岡から社会と芸術について考えるワークショップ」
このレポートを参加者の1人であったNEXTの藤原顕太さんが書いてくださいました。

SPACで、このようなワークショップを開催するのは、はじめての試みでしたが、
集まった参加者の皆様、およびファシリテーターの皆様のおかげで、
非常に中身の濃いワークショップとなりました。

そのワークショップの内容の詳細がまとめられ、かつ考察も加えられ、とても読み応えのあるレポートとなっています。ワークショップに残念ながら参加できなかった皆様もどうぞ、一度ご覧いただければ幸いです。

レポートはこちら

2013年6月3日

<制作部よもやまブログ#40>「まるふ」演目紹介⑦『脱線!スパニッシュ・フライ』2

こんにちは、制作部の山川です。
5月8日・9日に東京と静岡で開催された『鉄板!ドイツ王道喜劇論』、両日程ともに無事に終了いたしました!今まさに開催されている『ふじのくに⇄せかい演劇祭2013』で静岡に招聘する『脱線!スパニッシュ・フライ』来日公演のプレイベントとして開催した今回のイベント。ドイツ演劇研究家の市川明先生とSPACが誇る喜劇俳優の三島景太という異色のトークショーでは、「ウケるまでやりつくす」というこの舞台の面白さが紹介されるなど、多くの皆様に関心を持っていただけたようです。

トークの中で、市川先生は『脱線!スパニッシュ・フライ』の作品内容について“まさにオレオレ詐欺”と表現され、それでいて“たわいもないストーリーの中に日常や社会性が隠されている、天真爛漫なフィジカルなコメディーである”などなど、実際にこの舞台をご覧になった方ならではのお話をしてくださいました。

talk1 ©有限会社SIZE
(左)三島景太 (右)市川明先生

それに対して我らがSPAC俳優の三島は、俳優ならではの視点から作品を分析。
フォルクスビューネの俳優の“命がけで観客を笑わせる”という“命がけ感”、そこから放たれる“常にMAXな生と肉体のエネルギー”にただ感銘した、と熱弁。
また、そういった身体を張った“フィジカルコメディー”を自身が演じる上でのポイントを実際に舞台上でやってみせる等、“企業秘密”ともとれるワザを惜しげもなく披露。
観客のみなさまも興味深く聞いていらっしゃいました。

talk2 ©有限会社SIZE

静岡会場では抽選会も行われ、SPACからは『脱線!スパニッシュ・フライ』の観劇ペアチケット、会場であるサールナートさんからは映画鑑賞券、共催者の複合型エステサロン・アルテステさんからはエステ券とアンペルマンのトートバッグが景品として出される等、豪華なプレゼントに会場からは歓声が沸き起こりました。中でもエステ券が当選した女性は「エステ券がほしいです、お願いします!」と本気で祈っていたそうで、番号を引いた市川先生に後ほど直接お礼をしていらっしゃいました。

talk3 ©有限会社SIZE

ご来場いただいたみなさまにはSPACからドイツグミの代表とも言える“HARIBO”をプレゼント☆また、静岡会場ではフォルクスワーゲン静岡平和店さんのご協力をいただいて“up!”の展示・試乗体験、アルテステさんによるハンドマッサージのサービス・アンペルマングッズ販売等、ドイツ色満載!
笑顔いっぱいの会場となりました。

talk4 ©有限会社SIZE

talk5 ©SPAC

さて、『脱線!スパニッシュ・フライ』の公演もとうとう今週末に迫ってきました!

『脱線!スパニッシュ・フライ』
<日時>6月8日(土)・9日(日)15時開演
(8日は完売間近!お早めに!)
<会場>静岡芸術劇場

カンパニーのメンバーもついに明日から来日します!
ベルリンからやってくるドタバタ喜劇!
ドイツの俳優たちが命がけで笑わせる姿を、ここ静岡で観てみませんか?
貴重な来日公演、ぜひお見逃しなく!