せかいの劇場ミニミュージアム「てあとろん」

2023年4月、静岡県舞台芸術公園に
【せかいの劇場ミニミュージアム「てあとろん」】がオープン。

 SPAC-静岡県舞台芸術センターの活動拠点の一つ、静岡県舞台芸術公園。その入り口にある休憩所「カチカチ山」を、古今東西の劇場の歴史がわかるミニミュージアムとしてリニューアルしました(休憩所としてもご利用いただけます)。

 舞台芸術公園は、「自然との共生・調和」をコンセプトに整備され、園内には3つの劇場が建てられています(野外劇場「有度」、屋内ホール「楕円堂」、稽古場棟「BOXシアター」)。これらの劇場には、古代ギリシアから中世ヨーロッパ、現代へと変遷してきた劇場建築の髄がふんだんに盛り込まれています。そんな“生きた劇場博物館”でもある舞台芸術公園、その背景となる世界の劇場の歴史を、ミニミュージアム「てあとろん」では詳しくご紹介しています。

 [テアトロン:theatron]は、ギリシア語で「見物する場所」、広くは「劇場・演劇」を意味します。古代から現代にいたるまで「演劇」は私たち人類とともにあり、世界中のどんなところにも演劇を上演するための場所=「劇場」がありました。時代とともにさまざまに変化し、現代へと受け継がれてきた劇場。それらを巡る小さな旅にお出かけください。


 

開館時間:10:00〜18:00
[休館日:月曜(祝日の場合は開館/翌日休館)、年末年始]
*年末休館:2023年12月29日〜2024年1月4日
入館無料

せかいの劇場ミニミュージアム「てあとろん」
THE MINI MUSEUM OF WORLD THEATRE IN SHIZUOKA
(休憩所「カチカチ山」内)
住所:静岡県静岡市駿河区平沢100-1
お問い合わせ:054-208-4008(公園本部|10:00〜18:00/休業日をのぞく)
詳しいアクセスはこちらのページをご確認ください。

企画展示

企画展示室1:グローブ座模型展示
企画展示室2:「てあとろんのできるまで」

 

見学ツアー・イベント

*現在、園内の劇場では外壁の補修工事を行っています。劇場外観はご覧いただけません。
「てあとろんデー」の園内見学ツアーでは劇場内をご案内しています。
(補修工事:2023年10〜2024年3月上旬を予定)

NEW!

てあとろんデー!
MM Theatron’s Special day


2024年3月30日(土) イベント+カフェ営業
*3月31日(日)もカフェ営業あり–>

舞台芸術公園は知る人ぞ知るお花見スポット!富士山と日本平が見わたせる「楕円堂」ホワイエでの呈茶や、SPAC俳優のガイドによる園内見学ツアー、そして舞台美術デザイナーによるワークショップなどを行います。「カフェてあとろん」のスペシャル営業も♪ 桜咲く春の園内で、ゆっくりとお過ごしください。
*詳しくはこちら

  
◎第一回(2023年7月29日)/第二回(9月30日)/第三回(11月26日)/
第四回(2024年1月27日) 終了しました。
 
~開催の様子~


 

「てあとろん」のひみつ

<準備中>

 

 

てあとろん 創設メンバー

コンセプトデザイン・内装設計・全体監修:木津潤平
常設展・監修・執筆:清水裕之(名古屋大学名誉教授)
常設展・編集:久保⽥梓美
中国伝統劇場[パネル06]テキスト執筆:銭 強(東南⼤学建築学院教授)
グローブ座模型監修:高田一郎
テーブル・グラフィックデザイン:YORIKO

SPAC
ドローイングデザイン:深沢 襟
環境⾳楽:棚川寛⼦
⾐裳・カーテン・⼈形デザイン:駒井友美⼦
ドローイング:
 塚本かな、⼭﨑 馨、佐藤洋輔、吉⽥裕梨、⾚松直美、春⽇井⼀平、鈴⽊真理⼦
パネル・テーブル製作:
 吉⾒ 亮、神⾕怜奈、葉 佳欣、布施安寿⾹、春⽇井⼀平、宮城嶋開⼈、宮城嶋遥加
常設展図版編集:仲村悠希
常設展展⽰作業:春⽇井⼀平、鈴⽊真理⼦
環境⾳楽演奏・環境整備:
 春⽇井⼀平、⽊内琴⼦、貴島豪、鈴⽊真理⼦、三島景太、宮城嶋遥加、吉⾒ 亮
ポスターウォール製作:
 武⽯守正、たきいみき、⼩⻑⾕勝彦、ながいさやこ、布施安寿⾹、⼭﨑 馨、⼭崎皓司
ロープチェア製作:貴島 豪、吉⾒ 亮、⼭﨑 馨
屋内整備:舘野百代、吉⾒ 亮、神⾕怜奈、⾚松直美、桜内結う
⾐裳・カーテン・⼈形製作:清 千草、⼭本佳奈、牧野紗歩
模型メンテナンス:⾚松直美
録⾳・編集:澤⽥百希乃
⾳響セッティング:春⽇井⼀平
アートワークマネージャー:内野彰⼦
事務局:望⽉勝司
制作:成島洋⼦、坂本彩⼦、仲村悠希、髙林利⾐

「カチカチ⼭ミニミュージアム」企画監修/ SPAC芸術総監督 宮城 聰

 

SPACとは?

SPAC-静岡県舞台芸術センター(通称スパック)は、1997年に静岡県が設立した劇団です。静岡県舞台芸術公園の指定管理を行うとともに、静岡芸術劇場(グランシップ内)を拠点とし、演劇作品の上演のみならず、演劇やダンスを通した人材育成、県内各地の学校でのアウトリーチ事業にも力を入れています。2013年、全国知事会第6回先進政策創造会議により、静岡県のSPACへの取り組みが「先進政策大賞」に選出。18年度グッドデザイン賞を受賞、無形の活動が一つのデザインとして高く評価されました。

静岡県舞台芸術公園とは?

東京ドーム4倍ほどの広さを持つ日本平北麓の緑濃い園内に、本部棟、野外劇場「有度」、屋内ホール「楕円堂」、稽古場や研修交流宿泊棟等が点在する静岡県舞台芸術センターの活動拠点です。
詳しい施設紹介はこちら