2016年5月23日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」6月・7月の開催予定♪

Filed under: おはなし劇場

♪子どもと大人が一緒に楽しめる演劇♪

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体による
ひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。
終わったあとは、俳優と楽器で遊びましょう♪

P1230012
↑前回『どうぞのいす』(会場:えほんのひろば)の様子

6月26日(日) 10:30~
会場:グランシップ2階 えほんのひろば
出演:片岡佐知子、牧山祐大
『マッチ売りの少女「だった」〜マッチ売りの少女より〜』

7月24日(日) 10:30~
会場:グランシップ2階 えほんのひろば
出演:永井健二
『ももうり とのさま』(作:松谷みよ子)

☆入場無料・予約不要
☆対象:0歳児~


2016年5月21日

【参加者募集!】SPACシアタースクール2016 『オズの魔法つかい』

シアタースクール2016募集チ
チラシのダウンロードはこちら

☆SPACシアタースクールとは?☆
SPAC‐静岡県舞台芸術センターでは、専属劇団による創造・公演とともに様々な人材育成・支援活動を行っています。そのひとつである「シアタースクール」は、学校では触れることのできない演劇の面白さ、奥深さを地域の子どもたちとその保護者の方々に知ってもらうことを目的として、2007年にスタートしました。今回のシアタースクールは、中学1年生から高校2年生までの参加者を県内全域から募集し、SPAC版『オズの魔法つかい』を上演いたします。SPACの俳優による指導のもと、発声、スズキ・メソッド(前芸術総監督・鈴木忠志が考案した俳優訓練法)、楽器演奏やダンスを通して「舞台に立つためのからだづくり」を学び、静岡芸術劇場で発表いたします。ぜひ今年の夏休みは、皆さん一人一人の個性あふれるエネルギーを舞台の上で発揮してください!
 ★シアタースクールのこれまでの歩みはこちら



SPACシアタースクール2016
『オズの魔法つかい』
演出: 中野真希
台本原案: 宮城聰
原作: ライマン・フランク・ボーム

《発表会》
820日(土)、21日(日) 各日16:00開演

《会場》
静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)

《稽古》
7/2(土)、7/3(日)
7/9(土)、7/10(日)
7/23(土)~8/19(金)
 各日13:00 ~17:00 ※8/19(金)は12:00~18:00
 場所:静岡芸術劇場 リハーサル室(JR東静岡駅グランシップ内)
 
※上記期間中7/25(月)、8/1(月)、8(月)、15(月)はお休みです。
※可能な限りすべての稽古日程にご参加ください。参加できない日があれば、申込書にご記入ください。
※稽古場所や時間は変更になる場合がございます。変更がある場合は、事前に参加者に連絡をいたします。

《応募資格》
中学校1年生から高校2年生までの方で、かつ8/16(火)~21(日)の稽古および発表会に必ず参加できる方。
※保護者の同意が必要です。

《募集人数》
40名 (中学校1~3年生・・・26名、高校1~2年生・・・14名)
※応募者多数の場合、稽古参加可能日数などにより選考をさせていただきます。

《参加費用》
無料 (※ただし、稽古および本番時に使用する白い足袋を各自ご用意いただきます。)

《応募方法》
申込書に必要事項を記入し、応募動機(200字程度、用紙・形式自由)とあわせて郵送または静岡芸術劇場受付窓口にご持参の上、お申し込みください。
★申込書はこちらからダウンロードできます。

《応募締切》
2016年 6月11日(土)<必着>

【主催・お申し込み先】
SPAC – 静岡県舞台芸術センター
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
TEL. 054-203-5730


2016年5月11日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」 5月の開催予定♪

♪子どもと大人が一緒に楽しめる演劇♪
5月の「おはなし劇場」では、『どうぞのいす』を再演いたします!

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体による
ひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。

1
過去の「おはなし劇場」の様子
【『だるまちゃんとてんぐちゃん』 会場:えほんのひろば】

2
「おはなし劇場」の後は楽器に触れて遊んでいただけます。

5月15日(日) 10:30~
会場:グランシップ2F えほんのひろば
『どうぞのいす』
出演:木内琴子、永井健二
入場無料/予約不要
対象:0歳児〜


2016年4月28日

熊本・大分地震 義援金募金活動実施のお知らせ

平成28年4月に熊本・大分で発生した大規模な地震により
お亡くなりになられた方々へ謹んで哀悼の意を表しますとともに
被災された皆様にこころよりお見舞い申し上げます。

SPAC‐静岡県舞台芸術センターでは、被災された方々への支援のための募金活動を行ないます。
静岡芸術劇場、静岡県舞台芸術公園、駿府城公園での公演時に、支援金募金箱を各会場に設置いたします。
皆様からの支援金は、日本赤十字社を通して寄付されます。

被災地の一日も早い復興を衷心よりお祈り申し上げます。


2016年3月31日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」 4月の開催予定♪

Filed under: おはなし劇場

♪子どもと大人が一緒に楽しめる演劇♪

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体による
ひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。
おはなしのあとは、楽器に触れることもできます。

おはなし劇場0228-1
↑ 過去の「おはなし劇場」の様子(『いなばのしろうさぎ』会場:静岡芸術劇場一階ロビー)

4月3日(日) 13:30~ 
会場:静岡まつり 駿府城公園大演舞場
出演:片岡佐知子、鈴木麻里
『いなばのしろうさぎ』
入場料無料・予約不要

4月16日(土) 11:00~
会場:オーク長田(駿河区上川原13-1) 1階図書館会議室
出演:片岡佐知子、鈴木麻里
『いなばのしろうさぎ』
対象 3歳児から小学生までのお子様と保護者
入場料無料
申込み:4月5日(火)朝 9時30分から
電話(259-7878)または長田図書館カウンターへ(定員30名程)
★ご来館は公共の交通機関をご利用ください★

4月24日(日) 10:30~
会場:グランシップ2階 えほんのひろば
出演:木内琴子、永井健二
『うたうほね』(グリム童話)
入場料無料・予約不要


2016年3月25日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」 3月の開催予定♪

♪子どもと大人が一緒に楽しめる演劇♪

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体による
ひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。
おはなしのあとは、楽器に触れることもできます。

日時:3月27日(日) 10:30~ 
会場:グランシップ2階 えほんのひろば
出演:永井健二
『まっくろネリノ』
入場料無料・予約不要

1

2
↑ 過去の「おはなし劇場」の様子
【『かえるくんのとくべつな日』会場:えほんのひろば】

3


2016年3月24日

SPAC2016年度『高き彼物』 俳優オーディション

2016年度SPAC新作『高き彼物』に出演する俳優を募集いたします。

【オーディション日程】
 2016年4月16日(土)~17日(日)

【作品概要】
 『高き彼物』
  作:マキノノゾミ
  演出:古舘寛治(青年団、サンプル)
  舞台美術:宮沢章夫
  [稽古]2016年8月18日~31日、10月1日~30日
  [公演]2016年10月31日~11月25日(予定)
   会場:静岡芸術劇場、袋井メロープラザ

【募集内容】
 ■猪原智子(31歳)役 1名(30歳前後の女性)
 ■藤井秀一(18歳)役 1名(20代後半まで、もしくはそう見える男性)

【応募要項】
・国籍不問、ただし日本語を解すること
・稽古~本番に昼夜・毎日参加できること(稽古オフは週1日)
・稽古場所:静岡芸術劇場または静岡県舞台芸術公園内稽古場
・稽古~本番期間中は舞台芸術公園内宿舎を利用することも可能です(若干の施設使用料がかかります)
・出演料あり
・契約期間中はSPAC劇団員として活動していただきます

【日程等詳細】
・書類選考の上、第一次実技オーディションを2016年4月16日(土)13時30分から、第二次実技オーディションを2016年4月17日(日)18時からおこないます。
・受験料:1,000 円(第一次実技審査のみ)
・オーディション会場:芸能花伝舎 稽古用スペース(東京都新宿区)

【応募方法】
・下記の1)2)を添付の上、郵送、Eメール、または持参にてお申込みください。
 1)写真2点、上半身と全身がわかるもの
 2)履歴書(市販の履歴書程度の情報、および、ご自身の出演経験や作品情報の詳細。また、これまでにSPACの作品でご覧になった演目があれば必ずご記入ください。書類選考においては、SPAC作品をご覧になっている方を優先します。)
応募締切:2016年4月10日(日)(郵送・E メール・持参とも 郵送は当日消印有効)

*結果はメールでご連絡いたしますので、確実に連絡のつくメールアドレスをご記入ください。
*apply(あっと)spac.or.jpからのメールが受信できるようSPAMフィルターを設定してください。

<お申込み・お問合せ>
SPAC-静岡県舞台芸術センター
『高き彼物』出演者募集係
422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4
tel 054-203-5730(静岡芸術劇場)
特設メールアドレス:apply(あっと)spac.or.jp

—————————————————————-
【演出家プロフィール】
furutachi kanji古舘寛治(ふるたち・かんじ)
劇団青年団、劇団サンプルに所属。他にもハイバイ、城山羊の会など多数の舞台に出演。近年は映像作品にも多数出演している。ニューヨークのHBスタジオで演技を学ぶ。


2016年3月20日

ふじのくに地球環境史ミュージアム・オープン記念​『かぐや姫、霊峰に帰る』(3/26)

県立静岡南高校をリノベーションして作られた博物館、「ふじのくに地球環境史ミュージアム」がまもなくオープンします。「百年後の静岡が豊かであるために」を活動理念として、静岡周辺に広がる自然環境から世界的な地球環境を考えていく、静岡の新たな県立文化施設として注目されています。

このオープン初日に、SPACでは『かぐや姫、霊峰に帰る』を上演します。
(2014年、沼津・プラサヴェルデのグランドオープン記念式典以来の再演です。)

プラサヴェルデ

=============
ふじのくに地球環境史ミュージアム オープン記念イベント
SPAC特別パフォーマンス

『かぐや姫、霊峰に帰る』

かぐや姫は、富士山からやってきた――
もうひとつの“竹取物語”

​作・演出:大岡淳
出演:貴島豪、永井健二、関根淳子
演奏:渡会美帆​
​製作:SPAC – 静岡県舞台芸術センター​

日時: 3月26日(土)11:00-11:15
入場無料

会場: ふじのくに地球環境史ミュージアム内 前庭
住所: 静岡市駿河区大谷5762(旧・県立静岡南高校)
TEL. 054-260-7111
※無料駐車場200台分有り。
※雨天時は屋内の「図鑑カフェ」での上演。​
=============

当日は、ミュージアムからの記念品プレゼント(先着500名)、静岡商業高校生徒による静岡茶呈茶サービス、
駿河総合高校和太鼓部による演奏など、盛り沢山。オープン記念イベントの詳細はこちら


2016年3月12日

SPACリーディング・カフェ開催情報 4月

今回読む戯曲は
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」で上演される
グリム童話『少女と悪魔と風車小屋』
です。
(SPACレパートリーとしても人気の高いこの作品、
GWに野外劇場「有度」で上演されます。詳しくはこちら。)

「演劇のカラオケ」のような時間を、どうぞお気軽にお楽しみください!

​◆4月3日(日)15時~
会場:カクタスハウス
(藤枝市高洲25-7 TEL:054-635-6403)
◎藤枝にある暖かい雰囲気のイタリアンレストラン。お料理もケーキもおいしいですよ。

4月8日(金)19:00~
会場:百町森
(静岡市葵区鷹匠1−14−12 ウインドリッヂ鷹匠1F TEL:054-251-8700)
◎ヨーロッパのおもちゃ、絵本が沢山あります。一度入るとなかなか帰れなくなるかもしれません。

4月9日(土)19:00~
会場:TENYNEO
(静岡市葵区呉服町2丁目7−10 B1F TEL:054-273-7155)
定員:12名
◎お店に入るとはしゃいでしまうこと間違いありません。『雑貨の動物園』とも言われてます。

ナビゲーター:永井健二
参加費:1500円(ワンドリンク付)

お申し込み:
SPACチケットセンターTEL.054-202-3399(受付時間10:00-18:00) 
または、各会場まで直接ご連絡ください。

Exif_JPEG_PICTURE

★リーディング・カフェとは★
SPAC俳優・奥野晃士が独自に考案した、SPAC発祥の《リーディング・カフェ》。2008年のスタート以来、各地の文化発信に熱心な方々とのコラボにより、開催実績は350回を越えています。

参加した方々がまず口にされるのがこちら。
「あれ!?俳優さんが朗読するのを聞く会だと思って来ました・・・(汗)」
でも、最後には
「まさか自分がセリフを喋るとは思わなかったけど、意外と楽しかったです!」
という声をほぼ毎回頂きます。

リーディング・カフェでは、読むのは参加されるみなさまご自身。初めての方でも大丈夫、SPAC俳優が優しくアドバイスさせていただきます。束の間の役者気分に浸りながら、古典の名ゼリフをバシッと決めてみたり、歯の浮くような愛の言葉を囁いたりしてみませんか?

◇開催時間:各回2時間半ほど
◇途中参加OK!初心者の方も大歓迎です!

■リーディング・カフェ開催ご希望の方はお気軽にご相談ください。
お問い合わせ:SPAC – 静岡県舞台芸術センター 制作部 アウトリーチ担当
TEL.054-203-5730


2016年2月26日

宮城聰による講演会、「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」・「ふじのくに野外芸術フェスタ2016」ラインナップ発表会のお知らせ

4月29日(金・祝)~5月8日(日)開催される、
国際的な舞台芸術の祭典「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」。
本年は、「ふじのくに野外芸術フェスタ2016 in静岡」との同時開催にて実施します。

このたび、フランス国立ケ・ブランリー美術館より委嘱を受けSPACが新作として製作する
『イナバとナバホの白兎』(演出:宮城聰)のプレ公演に関連して、
「宮城聰による日仏舞台芸術交流に関する講演会」を開催いたします。

下記の通り実施いたしますので、参加ご希望の方は、SPACチケットセンターにお申し込み下さい。

【要予約 / 定員40名(定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。何卒ご了承下さい。)】

—————————————————————————————-
「宮城聰(演出家・SPAC芸術総監督)による舞台芸術の日仏交流に関する講演会」
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」「ふじのくに野外芸術フェスタ2016」ラインナップ発表会
—————————————————————————————-

日時: 2016年3月22日(火) 10:30~12:30

会場: 日仏会館ホール(公益財団法人日仏会館)

アクセス: http://www.mfjtokyo.or.jp/ja/access.html (東京都渋谷区恵比寿3-9-25)
山手線:恵比寿駅東口下車 徒歩10分(駅構内動く歩道→恵比寿ガーデンプレイス入口より徒歩5分)
東京メトロ日比谷線:恵比寿駅1番出口 アトレ・JR恵比寿駅東口を経由 徒歩12分

概要:

◆【第一部:宮城聰(演出家・SPAC芸術総監督)による舞台芸術の日仏交流に関する講演会】

◇舞台芸術とりわけ演劇での日本・フランスの国際文化交流への思いやあゆみ
◇フランス国立ケ・ブランリー美術館開館10周年記念委嘱作品『イナバとナバホの白兎』について

時間:10:30~11:30(予定)
登壇者:宮城聰(SPAC芸術総監督)
聞き手:大岡淳(SPAC文芸部)

◆【第二部:「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」「ふじのくに野外芸術フェスタ2016in静岡」のご案内】

時間:11:35~12:30(予定)

◇「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」「ふじのくに野外芸術フェスタ2016in静岡」の案内
(『イナバとナバホの白兎』プレ公演、国際共同制作作品『三代目、りちゃあど』など、全7演目のご紹介)

登壇者:オン・ケンセン (『三代目、りちゃあど』演出家)
中村壱太郎 (『三代目、りちゃあど』出演者)
たきいみき (『三代目、りちゃあど』出演者)
宮城聰 (SPAC‐静岡県舞台芸術センター芸術総監督)

お申し込み:SPACチケットセンター TEL.054-202-3399 (受付時間 10:00~18:00)
要予約 / 定員40名(定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。)

※第二部の写真撮影や録音は固くお断りいたします。何卒ご了承下さい。