2018年5月17日

『寿歌』全国ツアー公演

ふじのくに⇄せかい演劇祭2018で満員御礼となった『寿歌』。静岡公演は終わりましたが、まだまだ、ゲサクとキョウコ、ヤスオの旅は続きます。

愛知公演、静岡公演を経て全国をツアー公演で巡ります。
これまでの公演を見逃してしまった方、まだまだご覧いただけるチャンスはあります!
静岡公演をご覧いただいた皆様、静岡では野外劇場でしたが、全国ツアーでは大小さまざまな劇場屋内での公演となります。ぜひ違いを楽しんでみてください。

公演詳細はこちらの寿歌特設サイトをご覧ください。https://hogiuta.com/

 
★☆★愛知県芸術劇場・SPAC共同企画『寿歌』 今後のツアー予定 ★☆★

<熊本県・長洲町公演>
■日時:2018年5月18日(金)14:00、19日(土)14:00
■会場:ながす未来館 文化ホール
■料金:一般2,000円、高校生1,500円(中学生以下無料)
■問い合わせ:ながす未来館 0968-69-2005

<福岡県・北九州市公演>
■日時:2018年5月26日(土)14:00 、27日(日)14:00
■会場:北九州芸術劇場 小劇場
■料金:一般3,500円 高校生〔的〕チケット1,000円
■問い合わせ:北九州芸術劇場 093-562-2655

<茨城県・ひたちなか市公演>
■日時:2018年6月8日(金)19:00
■会場:ひたちなか市文化会館小ホール
■料金:一般2,500円 U22 1,200円 
■問い合わせ:ひたちなか市生活・文化・スポーツ公社 029-275-1122

<愛知県・知立市公演>
■日時:[劇場と子ども7万人プロジェクト]学校招待公演/2018年6月13日(水)~15日(金) 一般公演/6月16日(土)14:00
■会場:パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)花しょうぶホール
■料金:一般2,500円 25歳以下1,000円 
■問い合わせ:パティオ池鯉鮒 0566-83-8102

<愛知県・小牧市公演>
■日時:[劇場と子ども7万人プロジェクト]学校招待公演/2018年6月21日(木)・22日(金) 一般公演/6月23日(土)14:00
■会場:小牧市市民会館
■料金:一般2,500円 U25 1,000円 
■問い合わせ:こまき市民文化財団 0568-71-9700
 


2018年5月11日

【参加者大募集!】SPACシアタースクール2018『十二夜』


チラシのダウンロードはこちら(オモテウラ

☆SPACシアタースクールとは?☆
SPAC‐静岡県舞台芸術センターでは、専属劇団による舞台作品の創造とともに、様々な人材育成事業にも力を入れています。そのひとつである「SPACシアタースクール」は、学校では触れる機会の少ない「演劇の面白さ・奥深さ」を、地域の子どもたちとその保護者の方々に知ってもらうことを目的として、2007年にスタートしました。今回のシアタースクールは、中学1年生から高校2年生までの参加者を県内全域から募集し、SPAC版『十二夜』(シェイクスピア原作)を上演します。SPACの俳優による指導のもと、発声、スズキ・メソッド(前芸術総監督・鈴木忠志が考案した俳優訓練法)、楽器演奏などを通して「舞台に立つためのからだづくり」を学び、静岡芸術劇場で発表します。今年の夏休みに、みなさん一人一人の個性あふれるエネルギーを、舞台の上で発揮してみませんか!?(昨年度の様子はこちら



SPACシアタースクール2018
『十二夜』
演出:中野真希
原作:ウィリアム・シェイクスピア
アシスタント:赤松直美、春日井一平、片岡佐知子、佐藤ゆず ほか(50音順)

☆『十二夜』あらすじ☆
双子の兄妹セバスチャンとヴァイオラは船旅の途中、嵐にあって生き別れてしまう。イリリアの街に流れ着いた妹ヴァイオラは身を守るために男になりすまし、シザーリオと名乗って公爵に仕える。ヴァイオラはひそかに公爵に恋心を抱くが、公爵は求婚相手のオリヴィアに夢中になっている。公爵はオリヴィアのもとへシザーリオ(ヴァイオラ)を使いに出すが、オリヴィアは男装したヴァイオラに恋をしてしまう。恋の三角関係がこじれていくなか、生き別れた兄セバスチャンもイリリアの街を訪れて……。

《発表会》
817日(金)、18日(土)

《会場》
静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)

《稽古》
7/1(日)、7/7(土)、7/8(日)、7/14(土)、7/15(日)、7/16(月・祝)、7/23(月)~8/16(木)
各日13:00~17:00  ※8/16(木)は12:00~18:00
場所:静岡芸術劇場リハーサル室(JR東静岡駅グランシップ内)
 
★上記期間中7/30(月)、8/6(月)、8/13(月)はお休みです。
★修了式を8/19(日)に行います。
★可能な限りすべての稽古日程にご参加ください。参加できない日があれば、申込書にご記入ください。
★稽古場所や時間は変更になる場合がございます。変更がある場合は、事前に参加者に連絡をいたします。

《応募資格》
中学校1年生から高校2年生までの方で、かつ8/10(金)~8/18(土)の稽古および発表会に必ず参加できる方。※保護者の同意が必要です。

《募集人数》
40名(※応募者多数の場合、稽古参加可能日数などにより選考をさせていただきます。)

《参加費用》
無料(※ただし、稽古および本番時に使用する白い足袋を各自ご用意いただきます。)

《応募方法》
申込書に必要事項を記入し、応募動機(200字程度、用紙・形式自由)とあわせて郵送または静岡芸術劇場受付窓口にご持参の上、お申し込みください。★申込書はこちらからダウンロードできます。

《応募締切》
2018年 6月9日(土)<必着>

【主催・お申し込み先】
SPAC—静岡県舞台芸術センター
422-8019 静岡市駿河区東静岡2丁目3-1
TEL. 054-203-5730


2018年4月20日

『繻子の靴』公演当日のお食事に関するご案内

『繻子の靴』公演(6月9日・10日)は11時開演、20時15分終演を予定しており、途中約30分間の休憩が3回入ります。当日は、劇場にてお弁当・サンドイッチなどを販売いたしますが、劇場内フリースペースのお席には限りがございます。事前に下記のお食事をご予約いただきますと、お食事と合わせてお席も確保させていただきます。
ご予約はSPACチケットセンターにてお電話で承ります。ぜひご観劇と合わせてお食事もお楽しみください。

●メニュー
【ご昼食】(13時頃)
場所:グランテラス(劇場に隣接するレストラン)
当日、下記の2種類からお選びいただけます。
 〔1〕ランチプレート
  (煮込みハンバーグ、お魚の照り焼き、お野菜のキッシュ、もつカレーコロッケ、サラダ、ごはん、お味噌汁)
 〔2〕天然南鮪の赤身漬け丼
  (+サラダ、小鉢、漬物、お味噌汁)
 
 各セルフドリンクバー付き
 おひとり様 1,200円(税込)
 (内容は変更となる場合もございます。また数に限りがございます。)

①ランチプレート
 〔1〕ランチプレート

③天然南鮪の赤身漬け丼
 〔2〕天然南鮪の赤身漬け丼
 
【ご夕食】(18時頃)
場所:カフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場内2F)
 「一富士二鷹三なすび弁当」
 おひとり様 1,850円(税込)
 (徳川家康公にゆかり深い「一富士二鷹三茄子」をモチーフにした駿河の国の特産品あふれるお弁当。お茶付。)

G01 一富士二鷹三なすび弁当 1,706円
 〔一富士二鷹三なすび弁当〕
 
●事前ご予約締め切り:2018年5月30日(水)まで
●ご予約:SPACチケットセンター TEL. 054-202-3399 (10時~18時)
●公演当日、10時45分までに静岡芸術劇場1階「お食事受付ブース」にて、お食事代のご精算をお済ませください。
お食事の引換券をお渡しします。
●お席に限りがございますのでお早めにご予約ください。ご予約後の追加・変更・キャンセル等はご遠慮ください。


2018年3月22日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」 4月の開催予定♪

♪ 子どもと大人が一緒に楽しめる演劇 ♪

4月の「おはなし劇場」は、昔話『ももうりとのさま』を上演いたします。

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体によるひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。
終わったあとは、俳優と楽器で遊びましょう♪

4月7日(土)10:30~
会場:静岡芸術劇場1階ロビー
『ももうりとのさま』
出演:永井健二、山本実幸
☆入場無料/予約不要☆
対象:0歳児~大人まで

 
また、今年も「静岡まつり」に、SPACが出演します。
静岡まつりでは、SPAC俳優4名による スペシャルバージョンで『ももうりとのさま』を上演いたします!
どうぞお楽しみに!

3月31日(土)18:00~
4月1日(日)13:00~

会場:駿府城公園内 大演舞場
『ももうりとのさま』
出演:加藤幸夫、 永井健二、 ながいさやこ、山本実幸
※3月31日が雨天の場合、4月1日13時の公演は中止となり、3月31日13時~の公演に変更となります。
☆入場無料/予約不要☆
対象:0歳児~大人まで

ももうりとのさま-light
▲過去の「おはなし劇場」の様子/『ももうりとのさま』出演:永井健二


2018年3月7日

宮城聰が芸術選奨文部科学大臣賞を受賞いたしました

このたび、SPAC芸術総監督・宮城聰が、平成29年度(第68回)芸術選奨文部科学大臣賞(演劇部門)を受賞いたしました。
昨年7 月、アジア圏の劇団として史上初めて「アヴィニョン演劇祭」(仏)のオープニングを任され、メイン会場「法王庁中庭」で『アンティゴネ』を上演。人を「敵か味方か」に分けない王女アンティゴネの思想に日本人の死生観を重ねた演出は、国内外で大きな反響を呼びました。また、昨年 10 月の新作歌舞伎『極付印度伝 マハーバーラタ戦記』での演出も注目を集めるなど、国際的な活動や斬新な演出が高く評価され、今回の受賞に繋がりました。
ご報告申し上げるとともに、何より私どもSPACと宮城の活動を日々支え、応援してくださる皆様あっての今回の受賞です。この場をお借りし、心よりお礼申し上げます。
これからも静岡から世界へ、一流且つ皆様に楽しんでいただける演劇作品を創作・発信していきますので、応援よろしくお願いいたします!

28577000_1815495938524984_4542620239611849820_n


2018年3月1日

静岡県文化プログラム「芸術は楽しい!!~オペラ歌手と漫画家が語る舞台裏~」

静岡県文化プログラム スペシャルトーク2
芸術は楽しい!!~オペラ歌手と漫画家が語る舞台裏~

ゲスト:清水華澄(オペラ歌手)、しりあがり寿(漫画家)
ホスト:宮城聰(演出家、静岡県舞台芸術センター芸術総監督)

会場:静岡芸術劇場(グランシップ内)

2018年3月10日(土)14:00開演
第一部 清水華澄 ミニ・リサイタル
第二部 スペシャルトーク

第一部 ミニ・リサイタル
ビゼー作曲『カルメン』より”ハバネラ”
アルマ・マーラー作曲『5つの歌曲』より”父の庭に”
ストラヴィンスキー作曲『エディプス王』より”恥と思わぬか、王子たち”ほか
*演奏曲は都合により変更する場合がございます。

■お申込み方法
 氏名・電話番号・住所・メールアドレスを記載の上、下記のいずれかの方法でお申し込みください。
 Email:s_talk2@shizuoka-ac.org
 FAX:054-273-8183
 往復はがき:〒420-0035 静岡市葵区七間町5-8ミライエ七間町2階

■申込締切
 3月6日(火) 往復はがきは消印有効

■お問合せ
 静岡県文化プログラム推進委員会 Tel:054-273-8181

↓画像をクリックすると拡大できます。
flyer_omoteflyer_ura


 
清水華澄1C)TakehikoMatsumot清水華澄(しみず・かすみ)/オペラ歌手(メゾ・ソプラノ)
国立音楽大学卒業、同大学院修了。新国立劇場オペラ研修所修了。文化庁在外派遣研修員およびロームミュージックファンデーション在外音楽研究員として渡伊。留学中、ウィーン・バーデン市立劇場『こうもり』に出演。新国立劇場『チェネレントラ』ティーズベ、『オテロ』エミーリア、東京二期会『仮面舞踏会』ウルリカ、『ナブッコ』フェネーナ、『カヴァレリア・ルスティカーナ』サントゥッツァ、『ドン・カルロ』エボリ公女、『イル・トロヴァトーレ』アズチェーナ、日生劇場『メデア』ゴラ、『アイナダマール』ロルカ、『ルサルカ』イェジババ等に出演。コンサートでは、マーラー「復活」「千人の交響曲」、ヴェルディ「レクイエム」、「第九」等のソリスト。「NHKニューイヤーオペラコンサート」にも出演している。二期会会員。



shiriagari201402しりあがり寿(しりあがり・ことぶき)/漫画家
1958年静岡市生まれ。1981年多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業後キリンビール株式会社に入社し、パッケージデザイン、広告宣伝等を担当。1985年単行本『エレキな春』で漫画家としてデビュー。パロディーを中心にした新しいタイプのギャグマンガ家として注目を浴びる。1994年独立後は、幻想的あるいは文学的な作品など次々に発表、新聞の風刺4コママンガから長編ストーリーマンガ、アンダーグラウンドマンガなど様々なジャンルで独自な活動を続ける一方、近年では映像、アートなどマンガ以外の多方面に創作の幅を広げている。2014年、春の叙勲で紫綬褒章を受章。
主な作品に、『流星課長』 『ヒゲのOL籔内笹子』 『地球防衛家のヒトビト』 『コイソモレ先生』 『方舟』 『あの日からのマンガ』 『ゆるめ~しょんシリーズ(アニメ作品)』他。



越知晴子Photo01-(1)-kidowak越知晴子(おち・はるこ)/ピアノ
京都市出身。京都市立芸術大学卒業、同大学院修了。ロームミュージックファンデーションから助成を受け渡独。ミュンヘン国立音楽大学大学院修了。同大学講師を経て帰国。第7回Josef Suder国際歌曲コンクールにて最優秀伴奏者賞受賞。Kissinger sommer国際音楽祭、仙台クラシックフェスティバル等数多くの演奏会に出演。またバイエルンラジオ放送、NHK-FM、NHKテレビ番組でも演奏する。現在新国立劇場、関西二期会、ザ・カレッジ・オペラハウス等で音楽スタッフを務める。京都市立芸術大学非常勤講師。



2018年2月28日

グランシップに対する爆破予告について

平成30年2月24日(土)に、静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)あて、「3月4日(日)に爆破させる」との予告状が郵送されてきました。
SPACでは、グランシップ、静岡南警察署との連携のもと、以下の対応をとることとしています。

【対応】
関係者と協議の上、SPACでは引き続き公演・営業を継続するとともに、来場者の安全に万全を期すこととしています。

3月4日(日)14:00開演の『ミヤギ能 オセロー ~夢幻の愛~』公演は予定通り実施いたします。

劇場内外の点検と警備の強化
現時点ではグランシップ館内外の異常は認められていませんが、3月4日までの間、引き続き劇場内外の緊急点検を実施するとともに、巡回頻度を増やすなど、警備体制の強化を図ります。

なお3月4日(日)の『ミヤギ能 オセロー ~夢幻の愛~』について、観劇日のお振替、キャンセルをご希望の方は、3月4日(日)14:00までにSPACチケットセンター(Tel.054-202-3399)にお問い合わせください。

担当 公益財団法人 静岡県舞台芸術センター 事務局
Tel. 054-203-5735


2018年2月25日

SPACリーディング・カフェ 3月は 『マハーバーラタ』

マハイラスト20180218
ふじのくに⇄せかい演劇祭2018で上演される『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』
この原作を声に出して読んでみませんか?
ナビゲーターは出演する阿部一徳がつとめます。

現代のインド人の祖先であるバラタ族の親族間の戦争を主題とする物語に、さまざまな伝承・説話などが付け加えられてゆき、五世紀ころにほぼ現在の形になったといわれる全十八巻から成るインドの国民的大叙事詩です。

3月20日(火) 14:30-16:30
すそのテラス かどや
住所:裾野市平松519-2
JR御殿場線「裾野駅」のすぐそばにある、地元食材を使った料理も楽しめるコミュニケーションスペースです。
参加費:一般1500円 大学生1000円 中高校500円 (ワンドリンク・お菓子付き)
定員12名程度
お申込み先:080-2615-0841 / shida7th@thn.ne.jp (志田)

3月24日(土)14:00-16:00
小松楼まちづくり交流館
住所:湖西市新居町新居1190-3
大正から昭和20年代後半まで、芸者置屋と小料理屋として栄えていました。
今は地域の交流館として親しまれています。
参加費:一般1000円 中高生500円 (ワンドリンク・お菓子付き)
お申込み先:053-594-0540 (小松楼)
 
2月24日(土) 10:00 受付開始

<お申し込み>
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)
※または、各会場まで直接ご連絡ください。

主催:SPAC – 静岡県舞台芸術センター
支援:平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業


2018年2月16日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」3月の開催予定♪

♪ 子どもと大人が一緒に楽しめる演劇 ♪

3月の「おはなし劇場」は、『あらしのよるに』 を上演いたします。

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体によるひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。
終わったあとは、俳優と楽器で遊びましょう♪

P1130636 (800x544)
▲「おはなし劇場」の様子/『ろくべえまってろよ』 出演:永井健二、山本実幸
 
『あらしのよるに』
(作:きむら ゆういち、絵:あべ弘士、出版社:講談社)
出演:永井健二、山本実幸

3月3日(土) 10:30~
会場:グランシップ2F えほんのひろば
対象:0歳児~
☆入場無料/予約不要☆

3月11日(日) 11:00~12:00 、13:00~14:00
会場:静岡福祉大学 教室棟103教室(焼津市本中根549-1)
対象:0歳児~
☆入場無料/予約不要☆
同大学による地域の親子向けのイベント「おいらの街フェスタ」で上演いたします。
詳細は下記サイトでご覧いただけます。
https://www.suw.ac.jp/news/activity/19425.html


2018年2月9日

SPAC県民月間 劇団かいぞく船『放課後のおと』

Filed under: SPAC県民月間

演劇、ダンスなどの舞台芸術活動を行っている県民の皆様に、SPACの劇場を会場として、自主的な作品創作・上演活動をSPACと協同で行う「SPAC県民月間」。
今年度は9月に続き2月にも本事業による公演が行われることとなりました。

伽藍博物堂企画 劇団かいぞく船vol.5kaizokusen2018vol5

『放課後のおと』

みなさまこんにちは。作・演出の佐藤剛史です。
「劇団かいぞく船」は「静岡こどもミュージカル」の出身者を中心に2015年に結成し、
これまでに自主公演を4回行いました。
今回は、私の書き下ろし作品を上演します。
2週間後に文化祭公演を控えた、ある高校演劇部が舞台です。
部員は5人。部室へ吹奏楽部を退部した1年生が1名、見学にやってくるところから物語は始まります。
思い悩み、不器用でも懸命に生きる高校生たちを描きます。
この芝居を、大切な何かをどこかへ置いてきてしまった人へ捧げます。
さらに今回は、高校の演劇部でも上演しやすい作品として制作しており、上演後は戯曲をネットで公開予定です。
そちらもお楽しみに。

 
 
作・演出:佐藤剛史
出演:静岡の中学生、高校生14名
 ※ダブルキャスト 声の出演:海蔵日菜子
   A組/勝見円 飯田千紘 浅沼南 野田萌花 植田美羽 三浦美咲 杉山朱里
   B組/川口涼子 大石愛佳 長谷川光 青柳汐音 中村妃菜 水野実里 鈴木結惟

<公演日時>
2018年
2月24日(土) 14:30[A]/ 18:30[B]
2月25日(日) 10:30[A]/ 14:30[B]

※上演時間 約70分
(受付開始 開演45分前 / 開場 開演15分前)

<会場>
舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

<チケット料金> 全席自由 日時指定 税込
一般:2,000円 高校生以下:1,000円
当日券:各500円増し(前売は2月22日(木)まで受付いたします。)

<チケット取り扱い>
◎サールナートホール
 電話054-273-7450 / 1階窓口(月~土 10:00~17:00)
※チケット購入後の日時変更のご希望は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
◎伽藍博物堂
※1)お名前、2)ご希望の日時、3)一般・高校生以下の区別、4)枚数、5)ご連絡先
を下記「お問い合わせ」先までご連絡ください。
※チケット代のお支払いは観劇当日のご精算となります。

<お問い合わせ>
メール:garan-s(あっと)garan-garan.com (あっとを@に変えてください)
電 話:090-9898-6258(代表 佐藤)

<アクセス> 全公演で無料チャーターバスを運行いたします。
[無料チャーターバス]
・10:30開演 ⇒ 9:30 JR「東静岡駅」南口 → 9:45 舞台芸術公園
・14:30開演 ⇒ 13:30 JR「東静岡駅」南口 → 13:45 舞台芸術公園
・18:30開演 ⇒ 17:30 JR「東静岡駅」南口 → 17:45 舞台芸術公園
※終演後もJR「東静岡駅」まで無料チャーターバスをご利用いただけます。
[路線バス] しずてつジャストライン静岡日本平線 降車停留所…舞台芸術公園
・10:30開演 ⇒ 9:23 JR「静岡駅」北口 → 9:36 JR「東静岡駅」南口 → 9:48 舞台芸術公園
・14:30開演 ⇒ 13:23 JR「静岡駅」北口 → 13:36 JR「東静岡駅」南口 → 13:48 舞台芸術公園
・18:30開演 ⇒ この時間帯の路線バスはございません。
※JR「静岡駅」・・・北口11番乗場から約25分(運賃 大人370円)
※JR「東静岡駅」・・・南口2番乗場から約15分(運賃 大人260円)
[お車]
・東名高速道路清水I.C.から車で約30分、静岡I.C.から約30分、静清バイパス千代田上土I.C.から約
25分
・日本平動物園より1.8km先左手、舞台芸術公園内の駐車場をご利用ください。

<スタッフ>
振付:帯金史
音楽:福嶋尚哉
舞台美術・宣伝美術:たけだこうじ

後援:(公財)静岡市文化振興財団
主催:伽藍博物堂
*伽藍博物堂ホームページ http://www.garan-garan.com
*劇団かいぞく船Twitterアカウント= @go_kaizokusen

**************** ハシゴ観劇情報 ****************
SPAC秋→春のシーズン#4
ミヤギ能『オセロー ~夢幻の愛~』
とハシゴ観劇ができます。

[2/24(土)]
・14:30~ 舞台芸術公園にて劇団かいぞく船『放課後のおと』
・18:00~ 静岡芸術劇場にてミヤギ能『オセロー ~夢幻の愛~』
[2/25(日)]
・10:30~ 舞台芸術公園にて劇団かいぞく船『放課後のおと』
・14:00~ 静岡芸術劇場にてミヤギ能『オセロー ~夢幻の愛~』
****************************************