ニュース

2021年5月29日

【SPAC×KAC】SPAC演劇ワークショップ 〜器であるからだ〜

SPACと浜松市 鴨江アートセンターの連携企画「SPACxKAC」は、今年で4年目を迎えます。今年度の第一弾企画は、演劇ワークショップを開催します。

SPAC 芸術総監督・宮城聰が作品づくりの中でよく用いている、「二人一役」という演劇の手法。一人の登場人物を「語り手(スピーカー)」と「動き手(ムーバー)」の二人の俳優で演じる手法です。
今回のワークショップでは、参加者は「動き手(ムーバー)」を演じてみます。はじめにムーバーの基本となる動きを知り、次に短いシナリオから動きを想像し、表現としての身体の見せ方を一緒に考え、実践してみます。最後には参加者の皆さんでミニ発表会を行います。


 

★シナリオは事前に参加者の皆さんへメールにて送付します。暗記をする必要はありません。
★普段より表現活動を行っている方などのみならず、身体表現に興味を持っている方などどなたでもご参加いただけます。

 
■日時:2021年7月3日(土)13:30~15:30
■会場:木下惠介記念館(旧浜松銀行協会)

■ファシリテーター:布施安寿香
■参加費:500円
■定員:10名(先着順)
■対象:高校生以上
 

■持ち物:事前にメールで送付するシナリオを読んで、そこから絵画を想像し、その絵画を持ってきてください。(画集やウェブサイトからのプリントアウトでOK)
 

■予約方法
「日時、講座名を明記の上、参加者の氏名(よみがなも)、電話番号、メールアドレス(シナリオをお送りしますので、受け取ることできるようにご設定ください。)、(高校生の方は)学年、お申込みのきっかけ(何で知ったか)」を添えて、鴨江アートセンターのEメール、電話、または窓口にてお申し込みください。

<申込先>
浜松市鴨江アートセンター(浜松市中区鴨江町1番地)
窓口:9:00~21:30
TEL:053-458-5360 
E-mail: k.a.c@kamoeartcenter.org
  

<ファシリテーター プロフィール>
布施安寿香布施 安寿香(ふせ あすか)

2002年ク・ナウカ入団。 06年より SPACに所属。主な出演作に『夜叉ヶ池』『冬物語』『アンティゴネ』(演出:宮城聰)、『ガラスの動物園』『盲点たち』(演出:ダニエル・ジャンヌトー)、『室内』(演出:クロード・レジ)等があり、その清楚な佇まいで『ハムレット』(演出:宮城聰)のオフィーリアや、 『サーカス物語』(演出:ユディ・タジュディン)の少女エリなど、 物語のヒロインを演じることが多い。
 
  

<開催にあたっての注意事項>

・新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、開催内容の変更、延期等の可能性があります。
・入場時の手のアルコール消毒、検温、マスクご持参の上の着用にご協力お願いいたします。
・会場内の写真が鴨江アートセンター及びSPACのウェブサイト等に掲載されることがあります。

 

主催:浜松市鴨江アートセンター(指定管理者:浜松創造都市協議会・東海ビル管理グループ)
協力:SPAC−静岡県舞台芸術センター
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)
   独立行政法人日本芸術文化振興会