2014年7月14日

『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』7月12日(土)の公演中止に関して

7月12日(土)ブルボン石切り場での『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』の公演は、アンテルミッタン(舞台芸術・視聴覚産業に携わるフリー労働者)の失業補償制度の改変に反対するストライキ活動の影響により、公演中止となりました。

この決定を受けて、『マハーバーラタ』上演メンバーは、同日20時より、アヴィニョン法王庁前広場において
『マハーバーラタ』抜粋版のパフォーマンスを行ないました。

mahabharata 0712

以下は、広場でのパフォーマンスに際して法王庁前広場で配布・掲示した
宮城聰のコメントです。
 
———–
 
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』のカンパニーより

 私たちは、演劇の普遍的な価値を世界の人々とともに確認できる場所がアヴィニョン演劇祭だと考えています。そしてその確認は上演するという行為によって実現すると考えています。私たちはその目的のために日本からアヴィニョンにやってきました。

 同時に私たちは、演劇をおこなううえでもっとも重要な基礎は、多様性の尊重であり、自分とは異なる価値観を尊重することだと考えています。
 フランスの劇場で働く人々が、演劇創造を守るために、ストライキという手段を選んだことは、私たちの価値観からは遠いものですが、それは固有の歴史に育まれた固有の価値観に基づく判断として、尊重したいと思います。

 私たちは、演劇の上演が、単に観客に向けて行われる行為にとどまるものではなく、人間をとりまく自然界、人間を生かしてくれている宇宙に対して、感謝と慰撫を表現するものだと考えています。従って、上演を行うという約束は、観客に対して結んだ約束にとどまらず、「天」に対しての約束です。つまり演劇の上演は、収穫祭と同種のものであり、たやすくキャンセルできるものではないというのが私たちの感覚です。

 そこで私たちは、この広場で、小さな上演を行うことを選択しました。
 この私たちの選択に対して、マハーバーラタの上演会場であるブルボン石切場のアンテルミッタンたちはこれを尊重し、さらに協力もしてくれたことを申し添えます。

SPAC-静岡県舞台芸術センター
宮城 聰

———–

De la part de la compagnie du Mahabharata – Nalacharitam

Le festival d’Avignon représente pour nous un lieu destiné à partager, avec tous ceux qui viennent du monde entier la valeur universelle que l’on retrouve dans l’art du théâtre, ce qui ne se prouve qu’en accomplissant les représentations. Voici le but pour lequel nous sommes venus ici à Avignon du Japon.

Par ailleurs, nous pensons que, dans le travail de théâtre, l’un des fondements les plus importants c’est de respecter la pluralité, les valeurs différentes de soi.
S’ils ont choisi la grève comme moyen de défendre les activités de l’art théâtral, en soi c’est loin de notre valeur, pourtant nous la respectons puisqu’il s’agit d’une décision fondée sur une valeur provenant d’une propre histoire.

Monter une pièce pour nous n’est pas simplement un acte offert aux spectateurs mais cela revient à remercier et à consoler toutes les présences, la nature qui nous entoure et l’espace qui fait vivre les êtres humains en soi.

Ayant cette conscience, monter une pièce représente même une promesse que nous avons non seulement avec les spectateurs mais aussi dédiée aux “cieux”, analogue à la fête des moissons qui ne peut s’annuler sans douleur. Voici nos sentiments.

Ainsi, nous avons choisi de faire une petite représentation ici, sur la Place du Palais des Papes. Je voudrais vous préciser que ce choix est respecté et accompagné par les intermittents travaillant à la Carrière de Boulbon à laquelle se tient notre spectacle Mahabharata.

MIYAGI Satoshi, SPAC – SHIZUOKA PERFORMING ARTS CENTER

(仏語訳:平野暁人)

———–