ニュース

2019年7月28日

SPACリーディング・カフェ開催情報(8-9月/秋→春のシーズン)

SPAC俳優による作品解説を聞きながら、
お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。
気軽にプチ演劇体験ができる人気企画リーディング・カフェ。

8月~9月は、「秋→春のシーズン 2019-2020」で上演される下記の3作品を読みます。
SPAC俳優がナビゲーターを務め、見どころや面白さを解説します。
皆様のご参加お待ちしております!

rcafeflyer_logo
 
寿歌ほぎうた

rcafe7-9_okuno〈作品紹介〉
1979年に劇作家・北村想が発表した戯曲。 核戦争の終わった、ある関西の地方都市。荒野をさすらう旅芸人ゲサクと少女キョウコ、そこに謎の男ヤスオがヌッと現われて…。チンドンの歌と踊り、漫才を繰り広げながら進む“エエカゲン”な世紀末喜劇。3人の旅路の先に待っているものとは-。
〈ナビゲーター〉奥野晃士

ashinaga_1
『寿歌』2018年舞台芸術公園「有度」より(ⓒ平尾正志)
 
セチュアンの善人
rcafe7-9_kiuchi〈作品紹介〉
ドイツの劇作家ブレヒトの代表作。「荒れたこの世にまだ“善人”がいるならば、世の中はあるがままにしておこう。」3人の神様は、善人を探しにセチュアンの街にやってきた。貧しい街でただひとり、宿を提供してくれた娼婦シェン・テに、謝礼金を渡す。そのお金を元手に彼女は商売を始めるが…。
〈ナビゲーター〉木内琴子

ペール・ギュントたち
rcafe7-9_sekine〈作品紹介〉
「近代演劇の父」と呼ばれるノルウェーの劇作家イプセンの戯曲。主人公のペール・ギュントは、「皇帝になる」が口癖の夢想家。加えて、嘘つきで、酒を飲めば大暴れ。そんな自由奔放で、なおかつ恋多きペール・ギュントが世界中を駆け巡り、年老いて故郷に戻ってくるまでを描いたハチャメチャ一代記。
〈ナビゲーター〉関根淳子

rcafe7-9_kiuchi_
▲過去の開催の様子(ナビゲーター:木内琴子)
 
 
開催日時・会場
8月22日 旧岩邊いわなべ邸(静岡市) 詳細
8月29日 御前崎市立図書館(御前崎市) 詳細
9月 8日 袋井メロープラザ(袋井市) 詳細
9月27日 patisserie milou(浜松市) 詳細
9月29日 T.W. BRUNCH Cafe&Bar(静岡市) 詳細  
 

◆8月22日(木) 18:30~21:00
岩邊いわなべ
住所:静岡市清水区蒲原新田1丁目17-26
読む戯曲:『寿歌』
参加費:1,000円(ワンドリンク付き)
申込先:090-5607-6038(旧岩邊邸を楽しむ会:稲葉様)
定員:20名

【会場より】旧岩邊邸住宅は清水区蒲原新田にあり、約300坪の敷地内は、木造平家の主屋、土蔵と2階住居、離れ、庭園からなります。主屋は、欅(けやき)の材を用いた築160 年の町家建築で、大きさと造りの立派さが際立ちます。また、庭園は当主の岩邊弥之助が、幕末の勤王の志士「田中光顕(みつあき)」と親交が深く、その影響を受け昭和17 年に造園されました。
Rcafe_iwanabetei_2
 

◆8月29日(木) 18:30~20:30
御前崎市立図書館
住所:御前崎市池新田5560
HP:https://library.maotv.ne.jp/
読む戯曲:『寿歌』
参加費:無料(当日は好きなお飲み物をお持ちください)
申込先:0537-86-8181
定員:15名

【会場より】御前崎市立図書館アスパルは昨年、開館25周年を迎えました。半円型の建物をぐるりと囲むようにガラス窓がしつらえられ、開放的な雰囲気のなかで、本の世界にふけるひとときを過ごせる空間になっています。28万冊を超える蔵書があり、読書のほか、調査研究、学習にご利用いただけます。また、子どもから大人まで楽しめるイベントも一年を通して開催しています。
 

◆9月8日(日) 14:00~16:30
袋井メロープラザ
住所:袋井市浅名1027
HP:http://www.mellowplaza.com/
読む戯曲:『セチュアンの善人』
参加費:1,000円(ワンドリンク・お菓子付き)
申込先:0538-30-4555(NPO法人メロ-プラザポータークラブ)
定員:20名

【会場より】「メロープラザ」の「メロー」は、明るく、朗らかで気軽に声を掛け合うような豊かな町という意味で名付けられております。開館の準備の段階から、市民との協働により建設がすすめられ、現在は緑豊かな田園風景にマッチしたアースカラーの姿は、市民の交流の拠りどころであるとともに袋井南部の景観に慣れ親しんだものとなっています。
 

◆9月27日(金) 19:00~21:00
patisserie milou
住所:浜松市浜北区貴布祢99-1
HP:http://milou-hamakita.com/
読む戯曲:『セチュアンの善人』
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
申込先:053-584-4855
定員:15名

【会場より】日々の暮らしにほんのすこし、ゆっくり流れる時間を大切にしたい。その時を一緒に過ごすお菓子が作れたら、という思いで毎日せっせと手を動かしています。素材を楽しむ。季節を楽しむ。できるだけシンプルに。木に囲まれた、ベージュのレンガの建物が目じるしです。ふらっとお立ち寄りください。
23ADC43D-9F31-405C-9ADF-FBFDE2E02A5B
 
 
◆9月29日(日) 16:00~18:00
T.W. BRUNCH Cafe&Bar
住所:静岡市葵区伝馬町3-3 クレストビルB1
HP:http://twbrunch.com/
読む戯曲:『ペール・ギュント』
参加費:1,500円(お茶・スイーツ付き)
申込先:054-260-7555
定員:20名

【会場より】T. は“お茶”。W. は“ワイン”。BRUNCH は、時間にとらわれずゆっくり食事をすること。Cafe という日常的な空間から、新しい角度で静岡茶と静岡食材の魅力を世界に発信します。
Rcafe_twbrunch

 
≪お問い合わせ・お申し込み≫
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00/休業日(8月5日)を除く)

※各会場へも直接お申し込みいただけます。
※袋井メロープラザの回は、SPACではお申込みを受け付けておりません。
※旧岩邊邸の回のお申込みは、8月1日(木)からとなります。

 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会 01

2019年7月26日

【開催校募集!】SPACプレゼンツ 演劇出前塾

~演劇部で出張ワークショップいたします!~

SPAC-静岡県舞台芸術センターでは、平成30年度より「SPACプレゼンツ 演劇出前塾」をスタートいたしました!

本プログラムでは、SPAC俳優が劇場を飛び出し、静岡県内の中学・高校の演劇部を訪れ、特別指導を行います。 従来の枠にとらわれない独創的な作品の創出や豊かな創造活動につなげることを目的に、高い身体性と広い見識をもった俳優が直接指導を行うことで、作品を創作していく上での新しい気づきやヒント、中学・高校演劇部の皆さんが抱えている課題の解決につながるアドバイスをお渡しすることを目指しています。

本ワークショップの開催校を募集いたします。
ご応募お待ちしております。

【募集概要】
◆対象:静岡県内の中学高校の演劇部
◆開催・交通費:無料
◆開催時期:2019年8月19日(月)~2020年3月31日(火)
◆申込開始:7月26日(金)~
◆申込方法:申込用紙に必要事項をご記入の上、下記の宛先まで郵送・FAXでご提出いただくか、メールでお申し込みください。

※開催希望日の3週間前までにお申し込みください。
※詳細・内容のヒアリングについては、お申し込み受け付け後にSPACよりご連絡いたします。
※応募校多数の場合は、ご希望に添えない場合もございます。予めご了承ください。

「SPACプレゼンツ 演劇出前塾」申込用紙
↑↑↑クリックでダウンロードできます。

▼▼▼ワークショップ プログラム例▼▼▼

※講師は俳優1~2名となります。制作スタッフが同行し、アシスタントを務めます。

演技と役を深める ワークショップ 1
短いテキストを用いて、設定を変えながらセリフのキャッチボールを行い、同じ場面を何通りも演じることを通して、[自分の演技]や[自分と相手との関係性]を見つめなおすと同時に、役へのアプローチ方法や、演技のバリエーションを増やす方法を学びます。また、[セリフ・役への理解]も深めていきます。
★所要時間:90分~120分 対象人数:1~30名程度

舞台での身体を学ぶ ワークショップ 2
SPACの俳優が日々行っている身体訓練をベースに、初心者でも取り組めるプログラムを紹介します。身体感覚(丹田・呼吸・重心など)にフォーカスし、自分の身体を新たな視点で探求します。また、【歩く・走る・寝転ぶ・跳ぶ・回る】などシンプルな日常動作から身体表現につなげていくプログラムもあります。
★所要時間:90分~120分  対象人数:1~30名程度
 
▼▼▼参加者の声▼▼▼
2018年度には、県内7校95名の演劇部の皆さんが参加しました!

≪演劇部 部員≫
・身体の動かし方についてストレッチから実践まで細かく指導して頂き、わかりやすくてとても楽しかったです。(高校1年生)

・簡単な即興劇のやり方が新しくてとてもためになりました!与えられた設定や条件をどうやってお客さんに伝わるように演じてみせるのか、当たり前のようで、できてなかったことも再認識できました。 (高校2年生)

・今日やったことを日々の練習でも取り入れていきたいと思った。(高校2年生)
 
≪演劇部 顧問の先生≫
・ストレッチ、周りを見る力、ストップモーションなど、これまでは単独で練習してきた技法を複合した練習が、実践的で面白かったです。

 
【お問い合せ・お申込み】
SPAC-静岡県舞台芸術センター 制作部 アウトリーチ担当
〒422-8019 静岡市駿河区東静岡2丁目3-1
TEL:054-203-5730 FAX:054-203-5732
E-mail:recafe@spac.or.jp
 
 
【助成】文化庁文化芸術振興費補助金 (劇場・音楽堂等機能強化推進事業) | 独立行政法人 日本芸術文化振興会
01

2019年7月5日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」7月~8月の開催予定♪

♪子どもと大人が一緒に楽しめる演劇♪

静岡芸術劇場の1階ロビーで隔月無料開催している「おはなし劇場」ですが、
次回は8月11日(日)10時30分より開催いたします。
また、7月27日(土)10時30分から、同じ作品を、
藤枝の市民ホールおかべ内 集会室でも上演いたします。

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体による、
ひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。
 
『黒ネコと白ネコの小さなぼうけん』
(マーガレット・ワイズ・ブラウン作 「NIGHT AND DAY」より)
翻訳・台本:永井健二
出演:永井健二・本多麻紀
 
▼▽▼ 岡部おはなしの会 ▼▽▼
7月27日(土)10:30~
会場:岡部支所分館 集会室(市民ホールおかべ 建物内)
   〒421-1131 藤枝市岡部町内谷601-3
   (岡部支所分館の駐車場をご利用いただけます)
対象:0歳~どなたでも(大人の方だけでの観劇も大歓迎!)
※入場無料/予約不要

★同日13時~15時に同会場で「おはなし劇場ワークショップ」も開催!
「読み聞かせのコツは?」「発声練習の仕方は?」そんな疑問にお答えします。
対象:どなたでも(先着30名)
参加費:500円
主催・お問い合わせ・お申し込み:岡部おはなしの会 永田 TEL 054-667-1024
 
▼▽▼ 静岡芸術劇場ロビー公演 ▼▽▼
8月11日(日)10:30~
会場:静岡芸術劇場 1階ロビー
対象:どなたでも(大人の方だけでの観劇も大歓迎!)
※入場無料/予約不要

皆様のご来場、お待ちしております。
 
nagai_honda
 ▲永井健二・本多麻紀
 
P1130819
▲「おはなし劇場」観劇後は、楽器に触れて遊んでいただけます。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

県内各所で「おはなし劇場」の出張公演を行っています。
開催をご希望の方はお気軽にご相談ください。
お問い合わせ:SPAC-静岡県舞台芸術センター
制作部 アウトリーチ担当 TEL:054-203-5730
☆アウトリーチ活動紹介ページはこちら

2019年6月30日

【開催校募集!】SPAC学校訪問プロジェクト「ひらけ!パフォーミングアーツのとびら」

カテゴリー: アウトリーチ

SPAC-静岡県舞台芸術センターでは、「静岡県子どもが文化と出会う機会創出事業」の一環として、SPAC学校訪問プロジェクト「ひらけ!パフォーミングアーツのとびら」を新たに実施いたします。
本事業では、SPACの俳優・スタッフが各学校や放課後児童クラブなどを訪れ、演劇やダンスといったパフォーミングアーツ(舞台芸術)に触れていただく機会を提供します。

このたび、2019年度に次のプログラムの実施を希望する学校・施設等を募集いたします。お好きなものをお選びいただきご応募ください。
 

▶プログラム


 参加型  演劇プログラム
学ぼう!えんげき教室

舞台俳優が講師となり「伝えるチカラ」を育むワークショップを、授業の目的、環境、参加者の年齢にあわせて行います。「大きくはっきりした声で堂々と発言できるようになりたい」「表現力を豊かにするには?」「コミュニケ―ションをとることが苦手・・・」など児童・生徒が抱える課題に演劇を用いて向き合うプログラムです。

 
 参加型  ダンスプログラム
育てよう!ダンスの種

コンテンポラリーダンスの自由な発想と広い視野を用いて、各々の身体感覚や思考の違いに目を向け、言葉では表すことができないような事象を、表現する力を育むワークショップです。
決まった振付を覚えて踊るだけではなく、子どもたちのなかに眠っている「身体表現の多様性」「想像/創造する力」に焦点を当てたプログラム。みんなで楽しくダンスの「種」をまいて、多種多様な表現の花を咲かせましょう!

 
 鑑賞型  演劇プログラム
味わおう!出前劇場

迫力満点!プロの俳優による本格的な演劇作品を、学校へお届けします。世界の名作から、その地域に伝わる民話や昔話など、対象学年にあわせた作品を出張上演。演劇ワークショップと組み合わせての実施も可能です。

 
各プログラムの詳細は下記のパンフレットをご覧ください。
 
▶パンフレット(クリックするとPDFが開きます・全4ページ)


tobira_p1

 
▶募集概要


対象:静岡県内の小学校・中学校・高等学校・特別支援学校
   放課後児童クラブ、放課後こども教室 など
費用:無料
実施時期:2019年8月19日(月) ~ 2020年3月13日(金)
実施予定数:16施設程度

申込受付期間:
 第一次募集 7月 1日(月) ~ 7月29日(月) <必着>※1
 第二次募集 8月19日(月) ~ ※2
 ※1 応募多数の場合は、選考により決定することがあります。
 ※2 第一次募集期間にて応募校が実施予定校数に達した場合、第二次募集を行わない可能性があります。また、第二次募集に関しては先着順とさせていただきます。

********
2019年度の募集は締め切りました。たくさんのご応募をいただきありがとうございました。
第一次募集にて今年度の実施予定数に達したため、第二次募集は行いません。
********

申込方法:申込用紙に必要事項をご記入の上、下記の宛先(事務局)まで郵送またはFAXにてお申込みください。詳細につきましては、お申込み受付後、芸術局制作部アウトリーチ担当よりご連絡いたします。(ご案内・申込用紙のダウンロードはこちら
 
▶お問い合わせ・お申し込み


SPAC – 静岡県舞台芸術センター  
〒422-8019 静岡市駿河区東静岡2丁目3-1

<募集についてのお問い合わせ>
事務局
 TEL:054-203-5735
 FAX:054-203-5737
 E-mail:spac5735@po2.across.or.jp

<実施内容についてのお問い合わせ>
芸術局 制作部 アウトリーチ担当 
 TEL:054-203-5730
 FAX:054-203-5732
 E-mail:recafe@spac.or.jp

2019年4月2日

静岡まつりにSPAC登場!(4月6日・7日)

カテゴリー: アウトリーチ

静岡まつりは、「ここ駿府で徳川家康公が家臣を連れて花見をした」という故事に倣い、昭和32年から始まった市民のお祭りです。「大御所花見行列」をメインに桜の花咲く頃のお祭りとして親しまれており、静岡駅からスグの駿府城公園や市街地を中心に開催されます。
静岡まつり公式ページ:https://www.shizuokamatsuri.com/

この「静岡まつり」の駿府大演舞場にSPACも参戦!
静岡まつりのために製作したSPAC俳優による出前芝居『竹千代と石合戦』を上演いたします!
ぜひ静岡まつりとあわせてお楽しみください。

『竹千代と石合戦』
出演:石井萠水、春日井一平、武石守正、舘野百代、仲村悠希、吉見亮

4月6日(土)18:00~/7日(日)18:30~ (上演時間10分程度)
会場:駿府城公園内 駿府大演舞場
☆入場無料/予約不要☆

 
~これまでの参加~

2018年 おはなし劇場『ももうりとのさま』
0W1A2106_s (1)
 
2017年 おはなし劇場『うりこひめとあまんじゃく』
P1270093
 
2016年は「ふじのくに野外芸術フェスタ2016」での『イナバとナバホの白兎』に関連して、おはなし劇場『いなばのしろうさぎ』を上演しました。(関連ブログはこちら

2019年2月25日

SPAC出張公演『守られた約束・破られた約束』in 吉田町立図書館

吉田町立図書館の視聴覚ホールでSPACが出張公演を行うようになって、5年目を迎えました。
今年は新作、小泉八雲の怪談話の短編より、『守られた約束』『破られた約束』の2本を引っさげて、朗読公演をお届けいたします。

義兄弟の強く切ない結びつきを描いた『守られた約束』と、
復讐を果たそうとする前妻の執念が渦巻く『破られた約束』。
俳優の語りと生演奏で紡ぐ、人間の「業」と「情」の世界を、たっぷりとお楽しみください!

P1180058
▲過去の吉田町立図書館での出張公演より/太宰治の『カチカチ山』 出演:佐藤ゆず、永井健二

第5回 SPAC俳優による出張朗読公演
『守られた約束・破られた約束』
作:小泉八雲
構成・演奏・出演:大内智美、永井健二

日時:3月16日(土)13:30開演 ※13:15開場
会場:吉田町立図書館 視聴覚ホール
定員:100名
★入場無料★申込不要★
(定員になり次第、入場を制限させていただきます)
(小さなお子様とご観劇いただける親子室もあります)
上演時間:60分程度
製作:SPAC-静岡県舞台芸術センター
主催・お問い合わせ:吉田町立図書館(TEL:0548-33-3434)
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
01

*チラシ(PDF)↓
flyer

2018年12月14日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」1月の開催予定♪

♪ 子どもと大人が一緒に楽しめる演劇 ♪

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体によるひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。
終わったあとは、俳優と楽器で遊びましょう♪

『うりこひめとあまんじゃく』
出演:片岡佐知子、仲村悠希
2019年1月13日(日)10:30~ 
静岡芸術劇場1階ロビー <入場無料・予約不要>

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

なお一般公開はしておりませんが、上記以外に
1月は、三島市内の保育園・幼稚園を中心に「おはなし劇場」をお届けします。

「SPACおはなし劇場」は静岡県内各地で出張公演いたします。
開催のご依頼お問い合わせは、SPACアウトリーチ担当者までご連絡ください。
電話:054-203-5730
メール:recafe★spac.or.jp(★を@に変えて送信してください。)

うりこひめとあまんじゃく
▲過去の「おはなし劇場」の様子/『うりこひめとあまんじゃく』出演:片岡佐知子、仲村悠希

2018年12月7日

テーブルシアター『土神と狐』12/22(土)御前崎市立図書館に登場♪

小さなトランクに愛と夢と物語をつめこんで、あなたの街にお届けします。
宮沢賢治が書いた土神と狐、樺の木の哀しい物語を、楽器、人形、影絵そして俳優の身体を通して、じっくりとお楽しみください。

皆様のご来場お待ちしております。

0001 (6)
▲画像をクリックするとチラシをダウンロードいただけます。
 
 
SPAC出張劇場×御前崎市立図書館
テーブルシアター
~テーブルの上の小さな劇場~

 
『土神と狐』
原作:宮沢賢治
美術:棚川寛子
出演:本多麻紀、森山冬子、若宮羊市
テーブルシアター支配人:タナ・ターナー(棚川寛子/舞台音楽家)

12月22日(土)13:30開演/17:30開演
御前崎市立図書館 2階 視聴覚室
(開場は開演15分前です)

各回定員40名/入場無料

*当日配布する整理券が必要です
整理券は図書館1階で【1回目11:30~/2回目15:30~】に配布します。

image1 (5) image4

御前崎市立図書館サイト:https://library.maotv.ne.jp/index.shtml

 
 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
04

2018年11月21日

SPACリーディング・カフェ開催情報 (12月 /『顕れ~女神イニイエの涙~』)

去る9,10月にフランス・コリーヌ国立劇場でシーズン開幕作品として上演され、喝采に包まれた『顕れ(あらわ・れ)女神イニイエの涙~』。
12月に本作品のリーディング・カフェを開催いたします。
出演俳優の永井健二と横山央がナビゲーターを務め、見どころや面白さを解説します!!
上演台本を声に出して一緒に読んでみませんか?

20161208‗リーディング・カフェ_凛・百花春 (1024x770)
過去のリーディング・カフェの様子 (ナビゲーター:横山央)

▼▼▼『顕れ~女神イニイエの涙~』のリーディング・カフェ ▼▼▼
* 公演詳細はこちら

【作品紹介】
アフリカ・カメルーン出身、フランス在住の女性作家レオノーラ・ミアノの衝撃作であり、奴隷貿易の実態に深く切り込んだ戯曲。
~あらすじ~
魂たちのストライキが始まった! 輪廻転生を繰り返すはずの魂たちが、「この世に生まれたくありません」と訴えたのだ。生命の女神イニイエはさまよえる霊魂たちに、その原因をたずねる。そこには「奴隷」として過酷な人生を送った魂たちの嘆きがあった。イニイエはこの世を救うための裁判を開廷する。

 
◆ 12月6日(木) 18:30~20:30
タリーズコーヒー 富士市中央公園店
住所:富士市蓼原町1822番地 富士市中央公園内
定員:10名
参加費:1,000円+タリーズカードチャージ(1,000円から)でお好きなワンドリンクを購入していただきます。
申込先:0545-65-9890 副店長吉川
    0545-61-4208 ニュータウンビルサービス(株)後藤
ナビゲーター:永井健二
会場紹介:本年7月に富士市中央公園内にオープン。雄大な富士山を北正面に仰ぐ広々とした店内、開放的なテラス席(ペット同伴可)など、ゆったりとした空間でコーヒーやパスタ、スイーツなどをお召し上がりいただけます。お友達との語らいや寛ぎのひとときにぜひご利用ください。
駐車場:店舗前の富士市中央公園駐車場をご利用ください。

IMG_8415

 
◆ 12月7日(金) 18:30~20:30
ギャラリー遥懸夢/はるかむ (旧由美画廊)
住所:浜松市中区大工町303‐15
定員:20名
参加費:1,800円 (軽食付き)
申込先:053-489-7771
ナビゲーター:永井健二
会場紹介:2017年にオープンしたギャラリー・ショップ。“はるかむ”には、はるか遠くにある夢に橋を架けるという意味が込められています。12月には作家・熊谷隼人の作品展示も開催。生命をモチーフとした切り絵や点描画などの絵画に囲まれた空間をどうぞお楽しみに!
https://harukamu.hamazo.tv/
駐車場:ギャラリー前の有料パーキングをご利用ください。

「山の化身」作:熊谷隼人「夜の山の声」作:熊谷隼人
作:熊谷隼人(左:「山の化身」、右:「夜の山の声」)

遥懸夢
 
◆ 12月15日(土) 14:00~16:30
浜松市鴨江アートセンター
住所:浜松市中区鴨江町1番地
定員:20名
参加費:500円 (お茶・お菓子付き)
申込先:053-458-5360
ナビゲーター:横山央
会場紹介:1928年(昭和3年)に浜松警察署庁舎として建てられた歴史的建築の魅力をそのままに、2013年からは「浜松市鴨江アートセンター」として展示やイベント、アーティストによるワークショップなどが企画・開催されています。
駐車場:お近くの有料パーキングをご利用ください。
主催:浜松市鴨江アートセンター

SPACリーディング・カフェ『顕れ』

浜松市鴨江アートセンター
 
≪お申し込み・お問い合わせ≫
SPACチケットセンター
TEL. 054-202-3399 (10:00~18:00)
※各会場へも直接お申し込みいただけます。
 鴨江アートセンターの回は、SPACでは予約を受け付けておりません。

2018年11月17日

認知症の相談カフェ「オレンジカフェ静岡」にてSPAC俳優による講話と朗読

カテゴリー: アウトリーチ

認知症の情報交換・予防・相談カフェ「オレンジカフェ静岡」で開かれる講座にて、
SPAC俳優永井健二が講師を務めることになりました!
どなた様でもご参加いただける企画です。皆様のご参加お待ちしております。

プログラム内容:「演劇に触れるひととき」
顔の体操や簡単な発声練習を通して、演劇の世界に触れてみませんか?
また、芥川龍之介の短編小説『蜜柑』を、プロの俳優による「朗読パフォーマンス」でお楽しみいただき、みなさんを非日常のひとときへお連れします。

日時:11月18日(日)14時~
会場:城東コミュニティプラザHapiSpo(静岡市葵区城東町34-14)
主催:特定非営利活動法人 ヒューマン・ケア支援機構

詳細はこちら(画像をクリックするとPDFが開きます)
20181118 11月ニュース-1 20181118 11月ニュース-2