2013年4月2日

トークショー『鉄板!ドイツ王道喜劇論~民衆劇場・フォルクスビューネ、笑いの主成分~』(5/11東京~5/12静岡)

(タイトル)
『鉄板!ドイツ王道喜劇論
~民衆劇場・フォルクスビューネ、笑いの主成分~』(5/11 東京~5/12 静岡)
(本文)

「難しそう」に思えたドイツ演劇にも、こんなに笑える舞台があった!
6月、ベルリンから静岡にやってくる
『脱線!スパニッシュ・フライ』(6/8~9@静岡芸術劇場)を見逃すな!

その前に、ちょっと先取り、プレイベントのご案内です。
『脱線!スパニッシュ・フライ』公演記念トークショーが東京と静岡で急遽決定しました!

ドイツ演劇専門家・市川明氏SPAC喜劇俳優・三島景太が笑いの源泉を探ります。

さらに静岡会場では

SPAC俳優・奥野晃士が「せかい演劇祭」ラインナップをあの「動読的ライブ」でご紹介!?

笑えるチラシは・・・こちら! 😆

チラシ切り抜き

笑えるトークショー詳細は・・・こちら↓
=======================
ふじのくに⇄せかい演劇祭2013
『脱線!スパニッシュ・フライ』静岡公演記念トークショー

鉄板!ドイツ王道喜劇論
~民衆劇場・フォルクスビューネ、笑いの主成分~

ベルリンで全公演完売の話題作が日本初上陸!
ドイツ演劇の専門家とSPAC喜劇俳優の異色トークで
舞台に潜む「笑い」の源泉を探ります!

出演:
市川明(ドイツ文学・ドイツ演劇研究者/大阪大学)

三島景太(SPAC俳優)

司会:
横山義志(SPAC文芸部)

動読的ラインナップ紹介:
奥野晃士(SPAC俳優) ※5/12(日)静岡会場のみ

◆日時◆
2013年
5月11日(土)14時 東京ドイツ文化センター
〒107-0052 東京都港区赤坂7-5-56
TEL. 03-3584-3201(代表)
定員200名
入場無料

5月12日(日) 14時 サールナートホール 静岡シネ・ギャラリー (30分前開場)
〒420-0857 静岡県静岡市葵区御幸町11-14
TEL. 054-250-0283(劇場直通)
定員200名
入場料:500円

◆お申込み◆
要予約(両会場とも)
ご予約・お問い合わせ:SPACチケットセンター TEL. 054-202-3399
予約開始:4/14(日)10時~

◆プレゼント◆
<静岡会場スペシャル特典>【抽選】
アンペルマントートバッグや豪華景品をGet!
当日ご来場の方限定で、プレゼント抽選会があります。

・ドイツといえばこれ、アンペルマン(※)のトートバッグが当たっちゃう!
(※旧東ドイツの信号機で使われていた人の形のマーク)

アンペルマンバック

<東京・静岡会場共通特典>【全員】
ご存知!ドイツ発のグミ「ハリボー」をご来場の方全員にプレゼント!!
(提供:三菱食品株式会社)

haribo

◆両日とも、『ふじのくに⇄せかい演劇祭2013』ラインナップ紹介あり。
5/12は奥野晃士(SPAC俳優)による「動読ライブ」でお送りします。

◆トーク出演者紹介◆
市川明(ドイツ文学・ドイツ演劇研究者/大阪大学)
大阪大学大学院文学研究科、演劇学/アート・メディア論講座教授。
大阪外国語大学とフンボルト大学でドイツ文学・演劇学を学ぶ。専門は、ブレヒト、ハイナー・ミュラーを中心とするドイツ現代演劇。
1996年に演劇創造集団ブレヒト・ケラーを創立。代表としてドイツ演劇の翻訳上演を関西で続けている。ブレヒト死後50年に当たる1996年にはドイツ演劇祭を大阪で開催。演劇雑誌『シアターアーツ』『act』などの編集や劇評にも長年携わり、演劇の理論と実践を結んでいる。
NHKドイツ語講座講師としても著名であり、現在もラジオで『レアとラウラと楽しむドイツ語』を担当している。『ドイツ語ステップアップ』をはじめ、ドイツ語の参考書・教科書も多い。
今年3月には「ドイツ、韓国、日本におけるブレヒト」(大阪)などの国際シンポジウムをリードするなど、多方面で精力的な活動を続けている。

三島景太(SPAC俳優)
水戸芸術館ACM劇場専属俳優を経て、SPAC創立時より所属。宮城聰、鈴木忠志、イ・ユンテク、竹内登志子、オマール・ポラス、原田一樹、今井朋彦、小野寺修二等、様々な演出家の作品に出演。国内外40都市以上での公演経験を誇る名優。主な主演作品『ロビンソンとクルーソー』『ドン・ファン』『ドン・キホーテ』など。外部作品への出演もフットワーク軽く、積極的に行なっている。ブログ「役者馬鹿?馬鹿役者?」運営中。

© Thomas Aurin

『脱線!スパニッシュ・フライ』(2013年6月8~9日、静岡芸術劇場にて上演予定)より                       © Thomas Aurin

主催:SPAC – 静岡県舞台芸術センター、東京ドイツ文化センター、静岡シネ・ギャラリー、アルテステ
協賛:フォルクスワーゲン静岡平和、株式会社ケイ・ミート、ロッソ・グラフィカ、三菱食品株式会社
協力:有限会社サイズ