ニュース

2024年5月15日

【参加者募集!】SPACシアタースクール2024『オフェリアと影の一座』

SPAC-静岡県舞台芸術センターでは、専属劇団による舞台作品の創造とともに、様々な人材育成事業にも力を入れています。そのひとつである「SPACシアタースクール」は、学校では触れる機会の少ない「演劇の面白さ・奥深さ」を、静岡県の子どもたちとその保護者の方々に知ってもらうことを目的として、2007年にスタートしました。SPACの俳優・スタッフによる指導のもと、発声、俳優のための基礎的なトレーニング、楽器演奏などを通して「舞台に立つためのからだづくり」を学び、みんなでつくりあげた作品を発表します。

今回のシアタースクールは、県内全域から中高生の参加者を募集し、静岡芸術劇場にて『オフェリアと影の一座』(原作:ミヒャエル・エンデ)を上演します
 
◇過去の実施の様子はこちら
 
▼画像をクリックするとPDFが開きます

 
SPAC シアタースクール2024
『オフェリアと影の一座』
構成・演出:中野真希(SPAC)
原作:ミヒャエル・エンデ
アシスタント:SPAC俳優

 
『オフェリアと影の一座』あらすじ
オフェリアさんは、小さな町の小さな劇場で、舞台の上の役者たちをささえる仕事をしていました。やがて閉じられることになった劇場でさいごの舞台を終えたあと、オフェリアさんは誰もいない舞台の奥でひとりの「影」に出会います。やさしいオフェリアさんのもとに次々と集まりはじめる、行き場のない影法師かげぼうしたち。自由自在に変身できる彼らとともに、オフェリアさんは世界を旅してお芝居しばいを続けてゆき…。
 
▼参加者募集要項
〇発表会:2024年8月17日(土)、18日(日) 各日16:00開演
会場:静岡芸術劇場(JR「東静岡駅」前グランシップ内)
〇応募資格:
静岡県内の中学1年生から高校3年生までの方
かつ、8/13(火)~18(日)の稽古および発表会に必ず参加できる方。
※保護者の同意が必要です。

〇募集人数:30名
※応募者多数の場合、稽古参加可能日数等により参加者の選考をさせていただきます。

〇稽古: 
7/6(土)、7(日)、13(土)、14(日)、15(月・祝)、20(土)、21(日)
7/24(水)~8/16(金)
各日13:00~17:00 場所:静岡芸術劇場リハーサル室
※8/16(金)は12:00~18:00
※上記期間中、7/27(土)、28(日)、8/3(土)、4(日)、10(土)、11(日・祝)はお休みです。
※8/19(月)に修了式を予定しています。
※可能な限りすべての稽古日程にご参加ください。参加できない日があれば、申込書にご記入ください。
※稽古場所や時間は変更になる場合がございます。変更がある場合は、事前に参加者に連絡をいたします。

●参加費用:無料
※ただし、稽古および本番時に使用する白い足袋を各自ご用意いただきます。

●応募方法:申込書に必要事項を記入し、応募動機(200字程度、用紙・形式自由)とあわせて、郵送または静岡芸術劇場受付窓口にご持参の上、お申し込みください

★応募用紙はこちらからもダウンロードできます。

●応募締切:2024年6月18日(火)<必着>
 
【お問い合わせ・お申し込み先】
SPAC-静岡県舞台芸術センター 「シアタースクール」担当
〒422-8019 静岡市駿河区東静岡2丁目3-1

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業(劇場・音楽堂等機能強化総合支援事業))独立行政法人日本芸術文化振興会