2019年2月27日

SPACリーディング・カフェ開催情報(3月/『ふたりの女』)

SPAC 俳優による作品解説を聞きながら、
お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。
気軽にプチ演劇体験ができる人気企画リーディング・カフェ。

今回は、ゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭2019」にて待望の再々演となるSPAC作品『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む』を読みます。
出演俳優の奥野晃士がナビゲーターを務め、見どころや面白さを解説します。皆様のご参加お待ちしております!
※以下の開催で読む台本は日本語のみです。(2/27開催『ふたりの女』多言語リーディング・カフェ

TwoLadies_0030_Y_Inokuma_トリミング_2
2015年上演『ふたりの女』(ⓒY. INOKUMA)

 
▼▼▼ 『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む』のリーディング・カフェ ▼▼▼

【作品紹介】
1960 年代アングラ・小劇場演劇シーンを象徴する劇作家・演出家、唐十郎の戯曲。『源氏物語』の光源氏と妻・葵上、生霊となった六条御息所の三角関係に、狂気と正気の境界を描くチェーホフの『六号室』を巧みに織り込んだ傑作。

~あらすじ~
伊豆の砂浜に立つ精神病院。イケメン医師・光一は、六条という名の美人患者に声をかけられ、不意にアパートの鍵を渡されてしまう。富士スピードウェイで妊娠中の妻・アオイとレース観戦をしていた光一、アオイが席を外した隙に、退院した六条が現れ…。

  
◆3月5日(火) 19:00~21:00
働く女子大学 うるおいプラス
住所:静岡市葵区紺屋町11-1 浮月ビル5階
定員:女性の方限定15名

参加費:1,500 円(ワンドリンク付き)
申込先:(電話)054-252-8820/(メール)info@uruoiplus.jp

ナビゲーター:奥野晃士(SPAC俳優)
会場紹介:「働く女子大学 うるおいプラス」では、メニューの中から好きな講座を選び、新しい人と交流できる、カフェ感覚の教室が開かれています。
今回は、自分らしい働き方・生き方を学ぶことができる【ツキイチ Live】での開催です。

IMG_4159
過去の開催の様子(ナビゲーター:奥野晃士)
 
 
◆3月26日(火) 18:30~20:30
タリーズコーヒー 富士市中央公園店
住所:富士市蓼原町 1822 番地 富士市中央公園内

参加費:1,000 円+タリーズカードチャージ(1,000円から)でお好きなワンドリンクを購入していただきます。
申込先:0545-65-9890(副店長吉川 宛)/
    0545-61-4208(ニュータウンビルサービス(株)後藤 宛)

ナビゲーター:奥野晃士(SPAC俳優)
会場紹介:雄大な富士山を北正面に仰ぐ広々とした店内、開放的なテラス席(ペット同伴可)など、ゆったりとした空間でコーヒーやパスタ、スイーツなどをお召し上がりいただけます。お友達との語らいや寛ぎのひとときにぜひご利用ください。

P1320062
過去の開催の様子(ナビゲーター:永井健二)

 
≪お問い合わせ・お申し込み≫
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)
※各会場へも直接お申し込みいただけます。

主催:SPAC-静岡県舞台芸術センター
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会 01


2019年2月15日

Call for participants for the SPAC multilingual reading café! SPAC 多言語リーディングカフェ 参加者募集!

Call for participants for the SPAC multilingual reading café!
SPAC多语种朗读咖啡馆开始报名啦!
Tuyển người tham gia Cà phê Đọc đa ngôn ngữ SPAC
SPAC олон хэл дээрх уншлагын кафед бүртгэж байна!

<English> <中文> <tiếng Việt Nam> <Монгол>
 
SPAC 俳優による解説かいせつを聞きながら、演劇えんげき台本だいほんを声にだして読んでみる――。
リーディング・カフェは、気軽に演劇体験ができる人気企画です!
今回は日本語だけではなく、さまざまな言語で台本を読んでみます!
読むのは日本現代演劇げんだいえんげきを代表する劇作家・唐十郎げきさっか・からじゅうろうの名作『ふたりの女』です。
ぜひご参加ください!

unnamed

開催日時:2019年2月27日(水) 19:00〜21:30
ナビゲーター:奥野晃士(SPAC 俳優)
読む台本:『ふたりの女 平成版ふたりの面妖があなたに絡む』(作:唐十郎)
対象言語:中国語、ベトナム語、モンゴル語、英語、日本語 等(予定)
会場:カフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場 2 階)
住所:〒422-8019 静岡市駿河区東静岡2丁目3-1 グランシップ内
http://spac.or.jp/en/access

参加費:留学生や日本語以外を母国語とする方は、参加費無料
    一般 1,500 円/大学生以下 500 円(ワンドリンク付)

≪お申しこみ・お問い合わせ≫ 
SPAC リーディング・カフェ担当 recafe@spac.or.jp
SPAC チケットセンター TEL:054‐202-3399
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
04
 
 

<English>

A chance to try reading the script of a play while hearing explanations from an SPAC actor. The Reading Café is a popular event that allows you to experience theater in a relaxed setting. This time, participants can try reading the script not just in Japanese but in various languages! The script we will be reading isthe famous work Two Women by the face of modern Japanese theater, Juro Kara. Come and join us!

Date: 27 Feb. 2019 (Wednesday) 19:00〜21:30
Navigator: Akihito Okuno (SPAC actor)
Script: Two Ladies – A Heisei era version: Two mysterious strangers will entangle you (playwright: Juro Kara)
Languages available: Chinese, Vietnamese, Mongolian, English, Japanese, etc. (tentative)
Venue: Café Cinderella (Shizuoka Arts Theatre 2F)
Address:
Inside Granship, Higashishizuoka 2-3-1, Suruga Ward, Shizuoka City 422-8019
http://spac.or.jp/en/access

Participation fee: Free for exchange students or other native speakers of languages other than Japanese
General: 1,500 JPY / University students and younger 500 JPY (one drink included)

Registration and Inquiries:
SPAC Reading Café manager  recafe@spac.or.jp
SPAC Ticket Center  TEL:054‐202-3399
Registration begins on February 12
 
 

<中文>

一边聆听SPAC演员的讲解,一边试着念出戏剧脚本。
朗读咖啡馆是一项可轻松过把戏剧瘾的人气企划!
除了日语外,此次还尝试用多种语言朗读脚本!
朗读的作品是日本现代戏剧的代表性剧作家唐十郎的名作《两个女人》。
欢迎您前来参加!

举办日期 2019年2月27日(星期三)19:00〜21:30
领读人:奥野晃士(SPAC演员)
朗读脚本:《两个女人平成版两大疑问纠缠着你》(作者:唐十郎)
对象语言:中文、越南语、蒙古语、英语、日语等(暂定)
会场:灰姑娘咖啡馆(静冈艺术剧场2楼)
地址:邮编422-8019 静冈市骏河区东静冈2丁目3-1 GRANSHIP内
http://spac.or.jp/en/access
参加费用:留学生以及母语为非日语的人士可免费参加
一般 1,500日元/大学生及以下 500日元(附赠饮料一杯)

《报名/咨询》
SPAC 朗读咖啡馆负责人recafe@spac.or.jp
SPAC 票务中心TEL:054‐202 – 3399
2 月 12 日开始接受预约
 
 

<tiếng Việt Nam>

Vừa nghe diễn viên SPAC giải thích, vừa thử đọc thành tiếng kịch bản diễn kịch —
Cà phê Đọc là kế hoạch được yêu thích mà bạn có thể trải nghiệm diễn kịch dễ dàng!
Lần này, ngoài tiếng Nhật, chúng ta sẽ thử đọc kịch bản bằng các ngôn ngữ khác nhau!
Tác phẩm sẽ đọc là danh tác “Hai người phụ nữ” của tác giả kịch bản Kara Juro, đại diện cho nền kịch nói hiện đại của Nhật.
Rất mong các bạn tham gia!

Ngày giờ tổ chức: ngày 27 tháng 2 năm 2019 (thứ Tư) 19:00〜21:30
Người hướng dẫn: Okuno Akihito (Diễn viên SPAC)
Kịch bản đọc: “Hai người phụ nữ – Bản Heisei Sự kỳ dị của 2 người sẽ cuốn lấy bạn” (Tác giả: Kara Juro)
Ngôn ngữ sử dụng: tiếng Trung Quốc, tiếng Việt Nam, tiếng Mông Cổ, tiếng Anh, tiếng Nhật v.v. (Dự định)
Hội trường: Cà phê Cinderella (Tầng 2 Nhà hát kịch nghệ thuật Shizuoka)
Địa chỉ: 2-3-1 Higashi Shizuoka, Suruga-ku, Shizuoka-shi 422-8019
http://spac.or.jp/en/access
Phí tham gia: Miễn phí tham gia cho du học sinh và người nói tiếng mẹ đẻ không phải là tiếng Nhật
Thông thường 1.500 yên / Sinh viên đại học trở xuống 500 yên (kèm 1 món uống)

<Đăng ký - Liên hệ>
Phụ trách Cà phê Đọc SPAC recafe@spac.or.jp
Trung tâm vé SPAC TEL:054‐202 – 3399
Bắt đầu nhận đặt chỗ từ 12/2
 
 

<Монгол>

SPAC жүжигчний тайлбарыг сонсонгоо, жүжгийн зохиолыг чангаар уншиж үзнэ.
Уншлагын кафе нь жүжгийн дүр амилуулж үзэх боломжийг олгодог сонирхолтой арга хэмжээ юм.
Энэ удаа зөвхөн Япон хэл бус гадаад хэл дээр зохиол уншиж үзэх болно.
Орчин үеийн Японы театрын урлагийн төлөөлөл болсон зохиолч Кара Жюүрогийн алдарт зохиол “Хоёр эмэгтэй”-г уншина.
Хүрэлцэн ирэхийг урьж байна!

Хэзээ: 2019 оны 2-р сарын 27-ны өдөр (Лхагва гараг) 19:00〜21:30
Хөтлөгч: Окуно Акихито (SPAC-ийн жүжигчин)
Унших зохиол: “Хоёр эмэгтэй – Хэйсэй хувилбар – Хоёр эмэгтэйн хачин жигтэй байдал таныг гайхшруулна”(Кара Жюүрогийн зохиол)
Уншигдах хэл: Хятад, Вьетнам, Монгол, Англи, Япон хэл г.м (төлөвлөж буй)
Хаана: Кафе Синдрелла (ШизүокаАртТеатр 2 давхарт)
Хаяг: 〒422-8019 Шизүока хот, Суруга-Кү, Хигаши Шизүока 2-3-1Гранд шип дотор
http://spac.or.jp/en/access
Такс: Гадаад оюутан болон гадаадын иргэн үнэ төлбөргүй
Жирийн иргэн 1500 иен, оюутан, сурагч 500 иен (1 уух зүйл багтсан)

≪Холбоо барих, бүртгүүлэх хаяг≫ 
SPAC уншлагын кафехариуцагч recafe@spac.or.jp
SPAC билетийн касс TEL:054‐202‐3399
2-р сарын 12-ны өдрөөс бүртгэл эхэлнэ.


2018年11月21日

SPACリーディング・カフェ開催情報 (12月 /『顕れ~女神イニイエの涙~』)

去る9,10月にフランス・コリーヌ国立劇場でシーズン開幕作品として上演され、喝采に包まれた『顕れ(あらわ・れ)女神イニイエの涙~』。
12月に本作品のリーディング・カフェを開催いたします。
出演俳優の永井健二と横山央がナビゲーターを務め、見どころや面白さを解説します!!
上演台本を声に出して一緒に読んでみませんか?

20161208‗リーディング・カフェ_凛・百花春 (1024x770)
過去のリーディング・カフェの様子 (ナビゲーター:横山央)

▼▼▼『顕れ~女神イニイエの涙~』のリーディング・カフェ ▼▼▼
* 公演詳細はこちら

【作品紹介】
アフリカ・カメルーン出身、フランス在住の女性作家レオノーラ・ミアノの衝撃作であり、奴隷貿易の実態に深く切り込んだ戯曲。
~あらすじ~
魂たちのストライキが始まった! 輪廻転生を繰り返すはずの魂たちが、「この世に生まれたくありません」と訴えたのだ。生命の女神イニイエはさまよえる霊魂たちに、その原因をたずねる。そこには「奴隷」として過酷な人生を送った魂たちの嘆きがあった。イニイエはこの世を救うための裁判を開廷する。

 
◆ 12月6日(木) 18:30~20:30
タリーズコーヒー 富士市中央公園店
住所:富士市蓼原町1822番地 富士市中央公園内
定員:10名
参加費:1,000円+タリーズカードチャージ(1,000円から)でお好きなワンドリンクを購入していただきます。
申込先:0545-65-9890 副店長吉川
    0545-61-4208 ニュータウンビルサービス(株)後藤
ナビゲーター:永井健二
会場紹介:本年7月に富士市中央公園内にオープン。雄大な富士山を北正面に仰ぐ広々とした店内、開放的なテラス席(ペット同伴可)など、ゆったりとした空間でコーヒーやパスタ、スイーツなどをお召し上がりいただけます。お友達との語らいや寛ぎのひとときにぜひご利用ください。
駐車場:店舗前の富士市中央公園駐車場をご利用ください。

IMG_8415

 
◆ 12月7日(金) 18:30~20:30
ギャラリー遥懸夢/はるかむ (旧由美画廊)
住所:浜松市中区大工町303‐15
定員:20名
参加費:1,800円 (軽食付き)
申込先:053-489-7771
ナビゲーター:永井健二
会場紹介:2017年にオープンしたギャラリー・ショップ。“はるかむ”には、はるか遠くにある夢に橋を架けるという意味が込められています。12月には作家・熊谷隼人の作品展示も開催。生命をモチーフとした切り絵や点描画などの絵画に囲まれた空間をどうぞお楽しみに!
https://harukamu.hamazo.tv/
駐車場:ギャラリー前の有料パーキングをご利用ください。

「山の化身」作:熊谷隼人「夜の山の声」作:熊谷隼人
作:熊谷隼人(左:「山の化身」、右:「夜の山の声」)

遥懸夢
 
◆ 12月15日(土) 14:00~16:30
浜松市鴨江アートセンター
住所:浜松市中区鴨江町1番地
定員:20名
参加費:500円 (お茶・お菓子付き)
申込先:053-458-5360
ナビゲーター:横山央
会場紹介:1928年(昭和3年)に浜松警察署庁舎として建てられた歴史的建築の魅力をそのままに、2013年からは「浜松市鴨江アートセンター」として展示やイベント、アーティストによるワークショップなどが企画・開催されています。
駐車場:お近くの有料パーキングをご利用ください。
主催:浜松市鴨江アートセンター

SPACリーディング・カフェ『顕れ』

浜松市鴨江アートセンター
 
≪お申し込み・お問い合わせ≫
SPACチケットセンター
TEL. 054-202-3399 (10:00~18:00)
※各会場へも直接お申し込みいただけます。
 鴨江アートセンターの回は、SPACでは予約を受け付けておりません。


2018年10月14日

Scale Laboratory (スケラボ) × SPACコラボ企画 『歯車』リーディング・カフェ & 感想コラージュ

『歯車』リーディング・カフェ追加開催決定!

開催場所は、芥川龍之介も滞在していた、伊豆市修善寺にある新井旅館さん。
小説を読んだ後は、Scale Laboratory(スケラボ)さんのナビゲートのもと、『歯車』の世界を表現するコラージュに挑戦します♪

▼▼▼『歯車』リーディング・カフェ & 感想コラージュ▼▼▼
*『歯車』公演詳細はこちら

【作品紹介】
芥川龍之介の最晩年の小説。昭和二年に自死した後に発表された本作では、ある男が知人の結婚披露式への出席のために上京し、ホテルに滞在しながら執筆を行なう数日が描かれています。義兄の轢死の報せをはじめ、破滅や死への不安に襲われながらも心を平静に保とうと執筆に向かう姿は、死の直前の芥川本人の姿にも重なります。
 
2018年10月21日(日) 14:00~17:00
新井旅館
住所:伊豆市修善寺970

スケジュール:
14:00-16:00 リーディング・カフェ
16:00-16:10 休憩
16:10-17:00 感想コラージュ
※読んだ後は、スケラボの進行で、『歯車』と同時代にヨーロッパで生まれたアートの技法「コラージュ」で『歯車』のイメージ画を作ります。

参加費:2,500円 (ワンドリンク付き)
申込先:http://scalelabo.jp/spac_readingcafe2018/(スケラボ)
ナビゲーター:片岡佐知子 (SPAC俳優)
会場紹介:芥川龍之介をはじめとした文人墨客が滞在した修善寺の老舗旅館です。
※公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください。

SPACチケットセンターでもお申し込みいただけます。
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)

【コラージュとは…】
芥川が死に、『歯車』が発表された年(1927年)と同じ頃、ヨーロッパでシュルレアリストのマックス・エルンストが、カタログや挿絵を切り抜き、組み合わせ、新しいイメージを作り出す「コラージュ」を駆使した歴史的怪書『百頭女』を出版しました(1929年)。
現実と幻想の世界が交錯する『歯車』の世界を、時空を簡単に越え、思いも寄らない偶然の不思議な世界を作ることができるアートの手法「コラージュ」で、表現してみましょう。
コラージュ
※画像はイメージです。

【Scale Laboratoryとは…】
Scale Laboratory (スケラボ)は、伊豆を拠点に「ひとりでも多くの人が、生活と地続きに無理なく芸術を楽しめるローカル」を目指し、役目を終えた施設や、使われていない場所などに一時的に活動の場所 (=舞台) を作り上げ、様々な芸術に関わる企画を行っています。
http://scalelabo.jp
スケラボオール-

【新井旅館とは…】
明治5(1872)年創業の新井旅館は、伊豆半島で最も歴史ある温泉の街・修善寺の老舗旅館。
安田靫彦、横山大観といった日本画家、芥川龍之介、泉鏡花、尾崎紅葉や岡本綺堂といった作家など、明治~昭和期の日本文化を彩った多くの文人墨客が滞在しました。
新井旅館
▲新井旅館正面
写真は「すぱっく新聞」で取材に訪れたときのもの。<すぱっく新聞『歯車』号(PDFファイルにリンク) >
こぼれ話は、ブログ「歯車ワークス」#2にも掲載しています♪

*そのほか、リーディング・カフェ10月11月開催情報はこちら


2018年9月22日

SPACリーディング・カフェ開催情報 (10・11月 /『授業』『歯車』)

10月から始まる「SPAC秋→春のシーズン2018-2019」
開幕に先駆けて、前半の二作品『授業』『歯車』のリーディング・カフェを開催いたします。
ナビゲーターは、リーディング・カフェ初登場の関根淳子と『歯車』出演・奥野晃士です!
原作を声に出して一緒に読んでみませんか?
 
 
リーカフェWEB用20180921
 
 
▼▼▼『授業』のリーディング・カフェ ▼▼▼
*『授業』公演詳細はこちら
 
【作品紹介】
ある教授のもとに、ひとりの生徒が個人授業を受けに訪れる。穏やかに始まった授業は徐々に変調をきたし、衝撃のラストへ…。ルーマニアの劇作家、イヨネスコにより1950 年に発表され、「喜劇的ドラマ」と副題がつけられたこの作品では、ナンセンスな笑いとともに日常に潜む狂気とコミュニケーション不全が描かれています。
 
10月7日 (日) 17:00~19:30
万年橋パークビル「hachikai」囲炉裏スペース
住 所:浜松市中区田町327-24
参加費:一般 1,000円/大学生以下 無料(ワンドリンク付)
申込先:spac@suac.ac.jp(井上由里子研究室)
※名前・年齢・人数・連絡先をご記載の上、お申込みください。
ナビゲーター:奥野晃士
アシスタント:安孫子みづき(静岡文化芸術大学2年生)
担当講師:井上由里子(演劇学・西洋演劇史)
SPAC×SUAC(静岡文化芸術大学)大学生がつくるリーディング・カフェ!
SPAC×SUAC Twitterアカウント▶@SpacSuac
 
 
▼▼▼ 『歯車』リーディング・カフェ ▼▼▼
*『歯車』公演詳細はこちら
 
【作品紹介】
芥川龍之介の最晩年の小説。昭和二年に自死した後に発表された本作では、ある男が知人の結婚披露式への出席のために上京し、ホテルに滞在しながら執筆を行なう数日が描かれています。義兄の轢死の報せをはじめ、破滅や死への不安に襲われながらも心を平静に保とうと執筆に向かう姿は、死の直前の芥川本人の姿にも重なります。
 
 
10月8日(月・祝) 18:00~20:00
みしまプラザホテル(ホテル東側ギャラリーロビー)
住 所:三島市本町14-31(三島駅から徒歩12分)
参加費:一般 1,500円/大学生以下 500円(飲み物・小さいお菓子付き)
申込先:055-972-2121
ナビゲーター:奥野晃士
会場紹介:ギャラリーでの展覧会やチャリティーコンサートなども幅広く開催され、文化発信の拠点となっている、結婚式・披露宴などのアニバーサリーホテルです。
https://www.mishimaph.co.jp/
 
 
10月21日(日) 14:00~17:00
新井旅館
住 所:伊豆市修善寺970
参加費:2,500円 (ワンドリンク付き)
申込先:http://scalelabo.jp/spac_readingcafe2018/(スケラボ)
ナビゲーター:片岡佐知子 (SPAC俳優)
会場紹介:芥川龍之介をはじめとした文人墨客が滞在した修善寺の老舗旅館です。
※公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください。
Scale Laboratory (スケラボ) × SPACコラボ企画 『歯車』リーディング・カフェ & 感想コラージュ
詳細はコチラ
 
 
11月4日 (日) 9:30~12:00
興津坐漁荘記念館
住 所:静岡市清水区興津清見寺町115番地
参加費:1,000円(ドリンク・お茶菓子付き)
申込先:054-369-2221
ナビゲーター:奥野晃士
企画協力:NPO法人 AYUドリーム
会場紹介:原寸通りに復元された元老西園寺公望公爵の別荘は、貴重は京風数寄屋造りの木造二階建て、歴史を感じる建物です。

 
11月11日 (日) 18:00~20:30
elle a boode(エル・ア・ブード)
住 所:静岡市葵区両替町1-3-18(伊勢丹裏、両替町通り沿い)
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
申込先:054-252-5700
ナビゲーター:奥野晃士
会場紹介:両替町にある個性的なセレクトショップです。併設ギャラリーにて、おのしまあずさ・オノシマタスク「2+1」展も開催中!

32524FB0-39F2-48F5-95D9-7EA3404B9805▲9月開催の『授業』リーディング・カフェの様子 (ナビゲーター:関根淳子/会場:GALLERY エクリュの森)
 
 
≪お問い合わせ・お申し込み≫
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)
※各会場へも直接お申し込みいただけます。


2018年7月27日

SPACリーディング・カフェ開催情報 (8・9月 /『授業』『歯車』)

10月から始まる「SPAC秋→春のシーズン2018-2019」
開幕に先駆けて、前半の二作品『授業』『歯車』のリーディング・カフェを開催いたします。
ナビゲーターは、リーディング・カフェ初登場の関根淳子と
『歯車』出演・奥野晃士です!
原作を声に出して一緒に読んでみませんか?
 
 
リーカフェWEB用20180727
 
 
▼▼▼『授業』のリーディング・カフェ ▼▼▼
*『授業』公演詳細はこちら
 
【作品紹介】
ある教授のもとに、ひとりの生徒が個人授業を受けに訪れる。穏やかに始まった授業は徐々に変調をきたし、衝撃のラストへ…。ルーマニアの劇作家、イヨネスコにより1950 年に発表され、「喜劇的ドラマ」と副題がつけられたこの作品では、ナンセンスな笑いとともに日常に潜む狂気とコミュニケーション不全が描かれています。
 
8月8日 (水) 14:00~16:30
掛川市 大須賀中央公民館ロビー
住所:掛川市西大渕145
参加費:1,200円 (お茶・デザート付き)
申込先:080-5298-6484 (尾崎)
ナビゲーター:奥野晃士
会場紹介:芸能文化活動や発表会などでも利用されている、地域の交流の場です。
※定員に達したため、受付を終了いたしました。
 
 
9月7日 (金) 18:30~20:30
GALLERY エクリュの森
住所:三島市大宮町2-16-21 伸和ビル1F
参加費:1,000円 (ワンドリンク付き)
申込先:055-976-2320
ナビゲーター:関根淳子
会場紹介:伊豆の国市出身の作家・横井山泰さんの絵画展を開催中。
http://www.ecru-no-mori.jp/
 
 
9月29日 (土) 18:00~20:30
casa SHIZUOKA
住所: 静岡市駿河区下川原6丁目26-15
参加費:1,000円(ワンドリンク付き)
申込先: 054-260-4099
ナビゲーター:関根淳子
会場紹介: 落語会を定期開催するcafe bassoに隣接する素敵なモデルハウスです。
http://www.casa-shizuoka.com/casacubemodelhouse/
 
 
9月30日 (日) 14:00~16:30
みどりの森の美術館
住所: 浜松市西区坪井町551-1
参加費:1,500円(ワンドリンク・お茶菓子付き)
申込先: 053-448-0658
ナビゲーター:関根淳子
会場紹介: 伊藤みどりさんによるモロッコの旅絵画も合わせてお楽しみください。
http://xn--p9jka9ducz625cpd7afxobx9a.com/
【台風24号接近による、中止のお知らせ】
9月30日(日)のみどりの森の美術館での開催は、台風24号の接近が予想されるため、来場者の安全を考慮した結果、止む無く中止とさせていただくことになりました。開催を楽しみにしてくださった皆様には、ご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。

 
 
▼▼▼ 『歯車』リーディング・カフェ ▼▼▼
*『歯車』公演詳細はこちら
 
【作品紹介】
芥川龍之介の最晩年の小説。昭和二年に自死した後に発表された本作では、ある男が知人の結婚披露式への出席のために上京し、ホテルに滞在しながら執筆を行なう数日が描かれています。義兄の轢死の報せをはじめ、破滅や死への不安に襲われながらも心を平静に保とうと執筆に向かう姿は、死の直前の芥川本人の姿にも重なります。
 
 
8月6日 (月) 19:00~21:30
応緑山 普濟寺
住所:静岡市駿河区中吉田33-30
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
申込先:054-262-1452
ナビゲーター:奥野晃士
会場紹介: 県立美術館前駅から徒歩2分。「縁に応じて普く救う」という名がついているお寺です。
http://www.fusaiji.com/index.html
 
 
8月11日 (土) 14:00~16:30
ハレキパ佐鳴湖
リーディング・カフェwithピアノ
〜天才ピアニスト佐々木裕一くんの奏でるサウンドに合わせて読む〜
住所:浜松市中区富塚町2588-1
申込先:SPACチケットセンター
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:奥野晃士/特別出演:佐々木裕一(ピアノ)

※会場までは下記の地図を参考にしてください。
WEBで住所検索していただくと正しく表示されない場合がありますのでお気をつけください。

佐鳴湖公園入口の「安座であい橋南駐車場」を目印にお越しください。
駐車場の前の砂利坂の登り口の椅子の上に「SASAKI」の表札があり、その砂利坂を登った黒い家が会場です。

image1 (3)
 
 
リーカフェ20180712入江
▲過去のリーディング・カフェの様子 (ナビゲーター:関根淳子)
 
 
≪お問い合わせ・お申し込み≫
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)
※各会場へも直接お申し込みいただけます。


2018年2月25日

SPACリーディング・カフェ 3月は 『マハーバーラタ』

マハイラスト20180218
ふじのくに⇄せかい演劇祭2018で上演される『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』
この原作を声に出して読んでみませんか?
ナビゲーターは出演する阿部一徳がつとめます。

現代のインド人の祖先であるバラタ族の親族間の戦争を主題とする物語に、さまざまな伝承・説話などが付け加えられてゆき、五世紀ころにほぼ現在の形になったといわれる全十八巻から成るインドの国民的大叙事詩です。

3月20日(火) 14:30-16:30
すそのテラス かどや
住所:裾野市平松519-2
JR御殿場線「裾野駅」のすぐそばにある、地元食材を使った料理も楽しめるコミュニケーションスペースです。
参加費:一般1500円 大学生1000円 中高校500円 (ワンドリンク・お菓子付き)
定員12名程度
お申込み先:080-2615-0841 / shida7th@thn.ne.jp (志田)

3月24日(土)14:00-16:00
小松楼まちづくり交流館
住所:湖西市新居町新居1190-3
大正から昭和20年代後半まで、芸者置屋と小料理屋として栄えていました。
今は地域の交流館として親しまれています。
参加費:一般1000円 中高生500円 (ワンドリンク・お菓子付き)
お申込み先:053-594-0540 (小松楼)
 
2月24日(土) 10:00 受付開始

<お申し込み>
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)
※または、各会場まで直接ご連絡ください。

主催:SPAC – 静岡県舞台芸術センター
支援:平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業


2017年11月15日

SPACリーディング・カフェ開催情報(12・1月/『オセロー)

シェイクスピアの四大悲劇として知られる『オセロー』
この物語に出てくる役になりきって台本を読んでみませんか?
演劇を観る前に一度読んでみるとより舞台も楽しめますよ!
ナビゲーターは奥野晃士と横山央が務めます!

Rカフェオセローイラスト
 
 
12月12日(火)18:30~
倉真の古民家 戸塚邸
※満席となりました。
ナビゲーター:奥野晃士
参加費:1000円(ワンドリンク付き
 
12月16日(土)14:00~
凜・百花春

住所:牧之原市静波1699番地49(多目的スペース)
電話:0548-22-4524
参加費:1500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:横山央
 
12月23日(土)18:00~
白子ノ劇場
 http://shirokono.org/
住所: 〒426-0018 藤枝市本町2-7-5 2F (駐車場はございません)
電話: 054-625-8885
ナビゲーター:奥野晃士
参加費:1500円(ワンドリンク付き)

NEW! スペシャルリーディング・カフェ
出演俳優がナビゲーターを務めるスペシャルリーディング・カフェとして、オセローを演じる阿部一徳がナビゲーターを務めます!舞台稽古の裏話、1月のニューヨーク公演の時の話なども聞けるかも!
1月20日(土)13:00~
カフェ・シンデレラ (静岡芸術劇場2階)

住所:静岡市駿河区東静岡2丁目3-1(グランシップ内)
電話:054-202-3399(SPACチケットセンター)
ナビゲーター:阿部一徳
参加費:1500円(お茶・お菓子付き)
 
1月20日(土)18:00~
御前崎市立図書館
※満席となりました。
住所:御前崎市池新田5560
電話:0537-86-8181
参加費:無料
ナビゲーター:横山央
 

▼▼▼あらすじ▼▼▼
ヴェネツィアを救った黒い肌の軍人オセローと、貴族の娘デズデモーナは父親の反対を押し切って結婚する。しかし、妻が別の男と関係していると聞いたオセローは、妻を殺してしまい、その後で自分が騙されていたと気づき…。

====
お申し込みは
SPACチケットセンターまで
TEL.054-202-3399(受付時間10:00-18:00) 
※または、各会場まで直接ご連絡ください。
====


2017年9月6日

SPACリーディング・カフェ開催情報(10・11月/しんしゃく源氏物語)

10・11月のSPACリーディング・カフェ開催のお知らせです!

▼▼▼『しんしゃく源氏物語』リーディング・カフェ開催情報▼▼▼

『源氏物語』というと美男子の光源氏が出てくる話だと、ご存知の方も多いのではないでしょうか?この『しんしゃく源氏物語』の主人公は『源氏物語』の中で古風で頑固、不美人と言われている末摘花です。しかし、源氏を想う気持ちは誰よりも美しいのです。ナビゲーターは歴史に詳しく物知りな奥野晃士と、前回『しんしゃく源氏物語』に出演していた木内琴子が務めます。この台本を声に出して読んでみませんか?

源氏FB用

10/27(金) 18:30~
みしまプラザホテル
  ※満席となりました。
住所:三島市本町14-31 アクセス
電話:055-972-2121
一般:1500円、大学生以下500円(ワンドリンク付・お菓子き)
ナビゲーター:奥野晃士

11/1(水) 18:30~
働く女子大学 うるおいプラス (オープン5周年)

住所:静岡市葵区紺屋町11-1浮月ビル5階 アクセス
電話:054-252-8820
一般:1500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:奥野晃士
★オープン5周年、記念セレモニーとして末摘花にちなんで花柄小物またはお花持参の方には特典がありますよ。

11/5(日) 14:00~
五明茶業組合

住所:掛川市五明431
★晴れたら茶畑での開催になります。※雨天の場合は茶工場内
電話:0537-21-1126(かけがわ茶エンナーレ実行委員会事務局)
一般:500円(お茶・お菓子付き)
ナビゲーター:木内琴子
*かけがわ茶エンナーレのウェブサイトはこちら

11/12(日) 15:00~
カフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場2階)

住所:静岡市駿河区池田79-4(グランシップ内)
電話:054-202-3399(SPACチケットセンター)
ナビゲーター:木内琴子
一般:1500円(ワンドリンク・お菓子付き)

11/16(木) 14:00~
絵本の店Peekaboo!(ぴぃかぁぶぅ)

住所:静岡市駿河区大坪町1-28 アクセス
電話:054-287-5674
一般:1500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:木内琴子

▼▼▼あらすじ▼▼▼
美男美女ばかりの『源氏物語』において、ただひとりの不美人の末摘花は古風な教育を受けた頑固で一途な姫。光源氏とのたった一度の逢瀬をたよりに、荒れ果てていく屋敷で彼を待ち続ける。屋敷はボロボロ、食事も質素、没落が目に見えた生活に耐えかねて、今日もまた一人、侍女がこの屋敷を逃げだしていく。末摘花は一途に源氏を想い、必ず戻ってくると待ち続ける…。

========
申し込み開始日:9月9日(土)~10:00
SPACチケットセンターTEL.054-202-3399(受付時間10:00-18:00) 
または、各会場まで直接ご連絡ください。
========


2017年8月5日

SPACリーディング・カフェ開催情報(9・10月)

9・10月のSPACリーディング・カフェ開催のお知らせです!

【好評につき追加開催決定!】★病院で読む!?『病は気から』
9/2(土)13:30~
静岡厚生病院

住所:静岡市葵区北番町23(玄関ホール)
電話:SPACチケットセンターにて受付
参加費:500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:奥野晃士

▼▼▼『変身』リーディング・カフェ開催情報▼▼▼

フランツ・カフカの『変身』あらすじはご存じでしょうか?
「会社員男性が、ある朝虫となって発見される」という、現実では考えられないお話です。この台本を、俳優ナビゲートのもと声に出して読んでみます。虫になってしまった主人公や、その周りの家族になりきってみませんか?みえなかった世界が見えてくるかもしれません!初めての方も大歓迎です!お気軽にご参加ください。

変身画像

★“変身”してご参加くださった皆様には“変身”した俳優と一緒に写真を撮影します!★

9/3 (日)18:00~
elle a boode

住所:静岡市葵区両替町1-3-18
電話:054-252-5700
参加費:1500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:奥野晃士

9/13(水)19:00~ 18:30~ ※開催時間に誤りがありました。正しくは18:30~となります。訂正しお詫びいたします。
★SPACリーディング・カフェ&バー★
THE GALLERY

住所:三島市芙蓉台1丁目13-19
参加費:2800円(ドリンク・ワイン・オードブル付き)
電話:080-6915-1888(伏見)
ナビゲーター:奥野晃士
※飲酒をされる方は、公共交通機関でお越しください。

9/20(水)18:30~ 19:00~ ※開催時間に誤りがありました。正しくは19:00~となります。訂正しお詫びいたします。
静岡労政会館
住所:静岡市葵区黒金町5-1(静岡県勤労者総合会館4F)
電話:054-221-6280(お申込みは静岡労政会館へお電話ください)
参加費:1500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:奥野晃士

9/22(金)18:30~
ALTANA Cafe

住所:富士市永田67-14  
電話:0545-52-9504
参加費:1500円(ワンドリンク・お菓子付き)
ナビゲーター:奥野晃士

10/1(日)14:00~
カフェシンデレラ

住所:静岡市駿河区池田79-4
電話:SPACチケットセンターへお申し込みください。
参加費:1500円(ワンドリンク・お菓子付き)
ナビゲーター:片岡佐知子

10/13(金)19:00~
よし川

421-3203 静岡県静岡市清水区蒲原3丁目5-18
電話:054-385-2524
参加費:1500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:片岡佐知子

▼▼▼あらすじ▼▼▼
ある朝、グレゴール・ザムザが気がかりな夢から目ざめると、自らの身体が一匹の巨大な毒虫に変わってしまっているのに気がついた…。グレゴールは真面目なセールスマンだった。今まで遅刻のひとつもしたことはない。父親の商売が失敗した後、家計を支えるために身を粉にして働いてきた。しかし、虫になってしまったグレゴールを家族はもてあまし、次第に疎んじるようになる。

========
申し込み開始日:8月5日(土)~10:00
SPACチケットセンターTEL.054-202-3399(受付時間10:00-18:00) 
または、各会場まで直接ご連絡ください。
========