ニュース

2019年9月17日

SPACリーディング・カフェ開催情報(10-11月/秋→春のシーズン)

SPAC俳優による作品解説を聞きながら、
お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。
気軽にプチ演劇体験ができる人気企画リーディング・カフェ。

10月~11月は、「秋→春のシーズン 2019-2020」で上演される下記の3作品を読みます。
SPAC俳優がナビゲーターを務め、見どころや面白さを解説します。
皆様のご参加お待ちしております!
 
9月開催分も参加者募集中!
9月27日(金)はpatisserie milou(浜松市)にて、29日(日)はT.W. BRUNCH Cafe&Bar(静岡市)にて開催いたします。ぜひお気軽にご参加ください♪
*詳細はこちら
 
rcafeflyer_logo
 
セチュアンの善人
rcafe7-9_kiuchi〈作品紹介〉
ドイツの劇作家ブレヒトの代表作。「荒れたこの世にまだ“善人”がいるならば、世の中はあるがままにしておこう。」3人の神様は、善人を探しにセチュアンの街にやってきた。貧しい街でただひとり、宿を提供してくれた娼婦シェン・テに、謝礼金を渡す。そのお金を元手に彼女は商売を始めるが…。
〈ナビゲーター〉木内琴子

ペール・ギュント
rcafe7-9_sekine〈作品紹介〉
「近代演劇の父」と呼ばれるノルウェーの劇作家イプセンの戯曲。主人公のペール・ギュントは、「皇帝になる」が口癖の夢想家。加えて、嘘つきで、酒を飲めば大暴れ。そんな自由奔放で、なおかつ恋多きペール・ギュントが世界中を駆け巡り、年老いて故郷に戻ってくるまでを描いたハチャメチャ一代記。
〈ナビゲーター〉関根淳子

メナム河の日本人

rcafe7-9_okuno〈作品紹介〉
主人公・山田長政は、17世紀初頭、日本を離れアユタヤ朝(タイ)にわたり、日本人傭兵ようへい部隊の隊長や貿易商として活躍しながら、理想の王国を築こうとした。静岡出身でもある長政の波乱万丈な生涯のなかに〈日本人〉の特質を見出し、歴史活劇として鮮やかに描いた、遠藤周作の隠れた名作。
〈ナビゲーター〉奥野晃士

rcafe7-9_kiuchi_
▲過去の開催の様子(ナビゲーター:木内琴子)
 
 
<開催日時・会場>
10月11日 静岡芸術劇場(静岡市)
10月13日 すそのテラス(裾野市) 詳細
10月20日 みしま未来研究所(三島市) 詳細
10月27日 鴨江アートセンター(浜松市) 詳細
11月 3日 袋井市月見の里学遊館(袋井市) 詳細
11月10日 elle a boode エル・ア・ブード(静岡市) 詳細
11月12日 珈琲香爐 カフェこうろ(浜松市) 詳細
 
◆10月11日(金) 19:00〜21:00
カフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場)
住所:静岡市駿河区東静岡2丁目3-1 グランシップ内
読む戯曲:『ペール・ギュント』 多言語リーディング・カフェ
(インドネシア語・ベトナム語・ポルトガル語・日本語・英語の台本で読みます。)
*詳細はこちら(5カ国語)
blog2
 

◆10月13日(日) 10:00~12:00
すそのテラス
住所:裾野市平松519-2
読む戯曲:『セチュアンの善人』
参加費:一般1,500円 / 大学生以下500円(ワンドリンク・お茶菓子付き)
申込先:090-2137-3460(担当者:深野)
定員:12名

【会場より】「すそのテラス」は、昼間は学校に行きづらくなった子どもたちの居場所として、夜は地域に開かれた居酒屋として、多くの方にご利用いただいています。人と人が出会い、つながる「場」として様々なイベントも行っています。これを機会にぜひ裾野市へお出かけください。
recafe1011_susono
 

◆10月20日(日) 13:30~16:00
みしま未来研究所 (主催:三島市民文化会館)
住所:三島市中央町6-2
HP:https://mishima-mirai.com/
読む戯曲:『セチュアンの善人』
参加費:一般1,500円 / 大学生以下500円(ワンドリンク・お茶菓子付き)
申込先:TEL 055-976-4455(三島市民文化会館)
定員:20名(対象:中学生以上)

【会場より】三島市民文化会館は大規模改修工事のため2019年10月より1年間休館いたします。その間は館外でアウトリーチ事業を行い、その内の一つとして今回はみしま未来研究所で開催します。街中にせせらぎが流れる三島市で、文化に触れるひと時をお楽しみください。

 

◆10月27日(日) 14:30~16:30
鴨江アートセンター (主催:浜松市鴨江アートセンター)
住所:浜松市中区鴨江町1番地
HP:http://www.kamoeartcenter.org/
読む戯曲:『ペール・ギュント』 多言語リーディング・カフェ
(インドネシア語・ベトナム語・ポルトガル語・日本語・英語の台本で読みます。)
参加費:500円
申込先:TEL 053-458-5360
定員:20名

【会場より】1928年に浜松警察署庁舎として建てられた当時の魅力をそのままに、2013年に「浜松市鴨江アートセンター」として生まれ変わりました。年間50回以上の展示やイベント、アーティストによるワークショップなどを開催。また、年間8組のアーティスト・クリエイタ―が制作・発表をしています。
recafe1011_kamoe
 

◆11月3日(日) 13:30~15:30
袋井市月見の里学遊館
住所:袋井市上山梨4-3-7
HP:http://www.tsukiminosato.com/
読む戯曲:『ペール・ギュント』
参加費:1,000円(ワンドリンク付き)
申込先:0538-49-3400
定員:20名

【会場より】袋井市月見の里学遊館は袋井市の北部に位置し、平成13年に開館。ワークショップルーム5部屋、会議室3部屋、コンサートホール(376名収容)、図書館、温水プールなどの機能を持つ複合施設です。年間10本以上のホール事業や、50本以上のワークショップを開催し、地域のにぎわいと市民の交流による活性化を図っています。
recafe1011_tsukiminosato
 
 
◆11月10日(日) 18:00~20:30
elle a boode (エル・ア・ブード)
住所:静岡市葵区両替町1-13-18
HP:https://elleaboode.eshizuoka.jp/
読む戯曲:『メナム河の日本人』
参加費:1,500円(ワンドリンク・お菓子付き)
申込先:TEL 054-252-5700
定員:20名

【会場より】両替町にある、ギャラリーも併設している個性的なセレクトショップです。エル・ア・ブードだけにしかない一点物を求めて、県外からも多数のお客様が訪れます。ミュージシャンや、タレント着用の個性が光る新作から、ヴィンテージや、デットストックなど、幅広い品揃えで、人とかぶらない独自のファッションを楽しめます。 フォトグラファー Hunyajiの写真展も開催中!
recafe1011_elle
 
 
◆11月12日(火) 18:30~21:00
珈琲香爐 カフェこうろ
住所:浜松市西区大平台2-16-10
HP:http://www.coffee-koro.com/
読む戯曲:『メナム河の日本人』
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
申込先:TEL 053-485-7722
定員:15名

【会場より】50種類の本格的な珈琲と天然酵母パン、オリーブのお店です。お料理は無添加・自家製、こだわりの食材を使った浜松のパワーフードメニューを取り揃えております。愛犬とご一緒出来るテラス席は、喫煙も可能です(店内は完全禁煙)。また個室、多目的ルームのご用意もございます。営業時間は9:30~18:00まで(年中無休)。
DSC_1521
 
 
≪お問い合わせ・お申し込み≫
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00/休業日(9月13日、10月12日)を除く)

※各会場へも直接お申し込みいただけます。
※鴨江アートセンターの回は、SPACではお申込みを受け付けておりません。
※袋井市月見の里学遊館のお申込みは、9月17日(火)からとなります。
※エル・ア・ブードとカフェこうろのお申込みは、9/21(土)からとなります。

 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会 01

2019年9月5日

Call for participants for the SPAC multilingual reading café! SPAC 多言語リーディングカフェ 参加者募集!

A chance to try reading the script of a play while hearing explanations from an SPAC actor.
Vừa nghe diễn viên SPAC giải thích, vừa thử đọc thành tiếng kịch bản diễn kịch —
Bagaimana rasanya membacakan naskah pertunjukan teater dengan sebelah tangan memegang secangkir teh, seraya mendengarkan penjelasan karya oleh aktris dari SPAC?
Enquanto ouve a explicação da obra pelos atores do SPAC, vamos ler o roteiro da peça teatral em voz alta acompanhada de uma xícara de chá.

<English> <tiếng Việt Nam> <Indonesia> <português>

SPAC俳優はいゆうによる作品解説さくひんかいせつきながら、おちゃ片手かたて演劇えんげき台本だいほんこえしてんでみるーー。

気軽きがるにプチ演劇体験えんげきたいけんができるSPACの人気企画にんききかく、リーディング・カフェは今年ことしで10周年しゅうねんむかえました。それを記念きねんし、今年ことしがつから新企画しんきかく多言語たげんごリーディング・カフェ」がスタート!

だい3回目かいめ今回こんかいは、カフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場しずおかげいじゅつげきじょう2F)にて開催かいさいします♪

むテキストは、SPAC あきはるのシーズン2019-2020で上演 じょうえんされる『ペール・ギュント』(さく:ヘンリック・イプセン)。

自由奔放じゆうほんぽう夢想家むそうか、そして恋多こいおおきペール・ギュントが世界中せかいじゅうめぐり、年老としおいて故郷こきょうもどってくるまでをえがいたハチャメチャ一代記いちだいきです。

11月上演がつじょうえん本作ほんさくは、インドネシアの演出家えんしゅつかユディ・タジュディンが、多国籍たこくせきなアーティストたちとともに作品さくひんつくげます。

それにちなんで、作品さくひん上演じょうえんよりもひと足早あしはやく、多国籍たこくせき世界観せかいかんあじわってみませんか?

日本語にほんごはもちろん、英語えいご、インドネシア、ベトナム、そしてポルトガル翻訳ほんやくし、たのしみながらいていきます♪

これまでリーディング・カフェに参加さんかしたことあるひともないひとも、演劇えんげき興味 きょうみがあるひともないひともぜひこの機会 きかいにご参加さんかください。

みなさまのご参加さんかをおちしております!
 
blog2
 
開催日時かいさいにちじ:2019ねん10がつ11にちきん) 19:00〜21:00

ナビゲーター:関根せきね 淳子じゅんこ(SPAC俳優はいゆう
台本だいほん『ペール・ギュント』さく:ヘンリック・イプセン)
対象言語たいしょうげんご:インドネシア、ベトナム、ポルトガル英語えいご日本語にほんご
会場かいじょう:カフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場しずおかげいじゅつげきじょう 2かい
住所じゅうしょ:〒422-8019 静岡市しずおかし駿河区するがく東静岡ひがししずおか丁目ちょうめ3-1 グランシップない
https://spac.or.jp/access

参加費さんかひ留学生りゅうがくせい日本語以外にほんごいがい母国語ぼこくごとするかたは、参加費無料さんかひむりょう
一般いっぱん 1,500 えん大学生以下だいがくせいいか 500 えん(ワンドリンクつき

≪おもうみ・おわせ≫ 
*9月8日より予約受付開始よやくうけつけかいし
SPAC リーディング・カフェ担当たんとう recafe@spac.or.jp
SPAC チケットセンター TEL:054-202-3399
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
04
 

P1330116

<English>

A chance to try reading the script of a play while hearing explanations from an SPAC actor.
This year marks the 10th anniversary of the Reading Café, a popular SPAC event that allows participants to experience a taste of theater in a relaxed setting. In commemoration of this milestone, the all-new Multilingual Reading Café was launched earlier this year in February.
The upcoming 3rd Multilingual Reading Café will be held at Café Cinderella (Shizuoka Performing Arts Center 2F).
We will be reading from the script of Henrik Ibsen’s Peer Gynt, which will be performed during the 2019-2020 SPAC Fall-Spring season.
The play is a chaotic chronicle of the life of Peer Gynt, a freewheeling dreamer and a Casanova who travels the world and then returns to his hometown upon growing old.
Beginning in November, the play will be performed by an international cast of artists under the direction of Indonesian theater director Yudi Ahmad Tajudin.
This is your chance to experience a taste of the play’s cosmopolitan world view before it is presented to the public!
In addition to the Japanese script, English, Indonesian, Vietnamese, and Portuguese translations will be available so that all participants can enjoy reading the script together.
It doesn’t matter whether you’ve participated in a Reading Café event before, and there’s no need to be a theater lover! All are welcome to come and join us!
 
Date: 11 Oct. 2019 (Friday) 19:00〜21:00
Navigator: Junko Sekine (SPAC actor)
Script: Peer Gynt (playwright: Henrik Ibsen)
Languages available: Indonesian, Vietnamese, Portuguese, English, Japanese
Venue: Café Cinderella (Shizuoka Arts Theatre 2F)
Address:
Inside Granship, Higashishizuoka 2-3-1, Suruga Ward, Shizuoka City 422-8019
https://spac.or.jp/en/access
Participation fee: Free for exchange students or other native speakers of languages other than Japanese
General: 1,500 JPY / University students and younger 500 JPY (one drink included)
Registration and Inquiries:

SPAC Reading Café manager  recafe@spac.or.jp
SPAC Ticket Center  TEL:054-202-3399

 
<tiếng Việt Nam>

Vừa nghe diễn viên SPAC giải thích, vừa thử đọc thành tiếng kịch bản diễn kịch —
Reading Café, dự án SPAC có thể trải nghiệm những buổi diễn kịch nho nhỏ một cách thoải mái được yêu thích, đã đón kỷ niệm 10 năm ra mắt vào năm nay. Nhân dịp kỷ niệm này, dự án mới bắt đầu từ tháng 2 năm nay “Reading Café đa ngôn ngữ” đã khởi động!
Lần thứ 3 này sẽ được tổ chức tại Café Cinderella (Nhà hát Nghệ thuật Shizuoka, tầng 2) ♪
Nội dung sẽ đọc là “Peer Gynt” (Tác giả: Henrik Ibsen) vở kịch sẽ được trình diễn tại SPAC mùa thu→xuân 2019 ~ 2020.
Đây là vở kịch vui nhộn vẽ nên cuộc đời Peer Gynt tự do phóng khoáng, đầy mộng tưởng và đa tình, từ lúc đi vòng quanh thế giới cho đến lúc về già quay về cố hương.
Tác phẩm này sẽ được trình diễn vào tháng 11 đã được nhà diễn xuất Indonesia, Yudi Tajudin, cùng các nghệ sỹ đa quốc tịch tạo thành vở diễn.
Vì thế, bạn có muốn thử nếm trải thế giới quan đa quốc tịch sớm hơn một bước so với buổi trình diễn tác phẩm không?
Ngoài tiếng Nhật, tác phẩm sẽ được dịch sang tiếng Anh, tiếng Indonesia, tiếng Việt, và tiếng Bồ Đào Nha để chúng ta có thể vừa thưởng thức vừa đọc hiểu ♪
Những bạn đã từng tham gia hay chưa từng tham gia Reading Café từ trước đến nay, cả những người hứng thú hay không hứng thú với diễn kịch, hãy nhân cơ hội này tham gia cùng chúng tôi.Rất mong các bạn tham gia!
 
Ngày giờ khai mạc: Ngày 11 tháng 10 năm 2019 (thứ Sáu) 19:00〜21:00
Người hướng dẫn: Junko Sekine (Diễn viên SPAC)
Kịch bản đọc: “Peer Gynt” (Tác giả: Henrik Ibsen)
Ngôn ngữ đối tượng: tiếng Indonesia, tiếng Việt, tiếng Bồ Đào Nha, tiếng Anh, tiếng Nhật
Hội trường: Cà phê Cinderella (Tầng 2 Nhà hát kịch nghệ thuật Shizuoka)
Địa chỉ: 2-3-1 Higashi Shizuoka, Suruga-ku, Shizuoka-shi 422-8019
https://spac.or.jp/en/access
Phí tham gia: Miễn phí tham gia cho du học sinh và người nói tiếng mẹ đẻ không phải là tiếng Nhật
Thông thường 1.500 yên / Sinh viên đại học trở xuống 500 yên (kèm 1 món uống)
[Đăng ký – Liên hệ]

Phụ trách Cà phê Đọc SPAC recafe@spac.or.jp
Trung tâm vé SPAC TEL:054-202-3399

 
<Indonesia>

Bagaimana rasanya membacakan naskah pertunjukan teater dengan sebelah tangan memegang secangkir teh, seraya mendengarkan penjelasan karya oleh aktris dari Shizuoka Performing Arts Centre (SPAC)?
Reading Café adalah tempat yang menyediakan secuil pengalaman bermain teater dengan santai. Untuk memperingati program populer dari SPAC yang telah berjalan selama 10 tahun ini, mulai bulan Februari tahun ini kami menghadirkan program baru, yakni Reading Café Multibahasa!
Reading Café ke-3 kali ini diselenggarakan di Café Cinderella yang bertempat di Shizuoka Arts Theatre lantai 2♪
Teks yang dibaca adalah “Peer Gynt” karya Henrik Ibsen, yang akan dipertunjukkan pada periode musim gugur hingga musim semi SPAC 2019-2020.
Peer Gynt adalah seorang pemimpi yang berjiwa bebas sekaligus tukang gonta-ganti kekasih. Kisah heboh ini menggambarkan bagaimana Gynt melakukan perjalanan ke seluruh dunia, lalu kembali ke tanah kelahirannya setelah berusia tua.
Karya yang akan dipertunjukkan pada bulan November ini dibawakan oleh Yudi Ahmad Tajudin , sutradara teater asal Indonesia, bersama-sama dengan seniman dari berbagai negara.
Nah, tidakkah Anda tertarik untuk menyelami suasana berbagai negara mendahului jadwal pertunjukannya?
Selain bahasa Jepang, teks juga diterjemahkan ke dalam bahasa Inggris, Indonesia, Vietnam, dan Portugis. Jadi, Anda dapat menghayati seraya menikmatinya♪
Kami mengundang Anda, baik yang pernah maupun belum pernah berpartisipasi dalam Reading Café dan yang tertarik maupun tidak tertarik dengan teater.
Kami tunggu partisipasi Anda!
 
Tanggal: Jumat, 11 Oktober 2019 pukul 19.00-21.00
Navigator: Junko Sekine (aktris SPAC)
Naskah: Peer Gynt (karya Henrik Ibsen)
Bahasa: Indonesia, Vietnam, Portugis, Inggris, Jepang
Tempat: Café Cinderella (Shizuoka Arts Theatre lantai 2)
Alamat: 2-3-1 Higashishizuoka, Suruga-ku Shizuoka 422-8019, di dalam Granship
https://spac.or.jp/en/access
Biaya: Gratis untuk pelajar asing dan warga dengan bahasa ibu selain bahasa Jepang
Umum: 1.500 yen, mahasiswa atau di bawahnya 500 yen (termasuk minuman)
[Pendaftaran/Kontak] 

Staf Reading Café SPAC: recafe@spac.or.jp
SPAC Ticket Center: Telp. 054-202-3399

 

<português>

Enquanto ouve a explicação da obra pelos atores do SPAC, vamos ler o roteiro da peça teatral em voz alta acompanhada de uma xícara de chá.
No projeto de sucesso do SPAC, o Reading Cafe (café com leitura), que celebra seu 10º aniversário neste ano, você pode experimentar ser um ator de teatro informalmente. Na ocasião desta comemoração, iniciamos um novo projeto, o “Café de Leitura Multilíngue” em fevereiro deste ano!
A 3ª edição será realizada no Café Cinderela (Shizuoka Geijutsu Gekijo 2º andar) ♪
O roteiro que vamos ler é “Peer Gynt” (Henrik Ibsen), que entrará em cartaz na temporada outono – primavera 2019-2020 do SPAC.
Descreve a vida inconsequente, livre e desenfreada do sonhador de muitos amores Peer Gynt, que viaja ao redor do mundo e retorna à sua cidade natal na velhice.
Nesta apresentação que entrará em cartaz em novembro, o diretor indonésio, Yudi Tajudin, criará o espetáculo juntamente com artistas de diversas nacionalidades.
Assim, por que não experimentar uma visão de um mundo multinacional antes da estreia da peça?
Vamos aprofundar a leitura apreciando-a, em japonês, e as traduções em inglês, indonésio, vietnamita e português♪
Junte-se a nós nesta oportunidade, os que já participaram ou não do Reading Cafe (café com leitura), e os que tenha ou não interesse em arte dramática.
Estamos aguardando a sua participação!
 
Data: 11 de outubro de 2019 (sexta) 19:00-21:00
Apresentadora: Junko Sekine (atriz SPAC)
Roteiro que vamos ler: “Peer Gynt” (Henrik Ibsen),
Idiomas alvo: indonésio, vietnamita, português, inglês, japonês
Local: Cafe Cinderela (Shizuoka Geijutsu Gekijo 2º andar)
Endereço: 2-3-1 Higashi-Shizuoka, Suruga-ku, Shizuoka-shi 〒422-8019 (dentro do GRANSHIP)
https://spac.or.jp/en/access
Taxa de participação: A taxa de participação é gratuita para estudantes estrangeiros e as pessoas cuja língua materna não seja o japonês.
Público em geral 1,500 ienes / para estudante abaixo do nível universitário 500 ienes (incluso uma bebida).

[Inscrição ­ Informação]
Encarregado do SPAC Reading Café recafe@spac.or.jp
Bilheteria SPAC TEL:054-202-3399

2019年7月28日

SPACリーディング・カフェ開催情報(8-9月/秋→春のシーズン)

SPAC俳優による作品解説を聞きながら、
お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。
気軽にプチ演劇体験ができる人気企画リーディング・カフェ。

8月~9月は、「秋→春のシーズン 2019-2020」で上演される下記の3作品を読みます。
SPAC俳優がナビゲーターを務め、見どころや面白さを解説します。
皆様のご参加お待ちしております!

rcafeflyer_logo
 
寿歌ほぎうた

rcafe7-9_okuno〈作品紹介〉
1979年に劇作家・北村想が発表した戯曲。 核戦争の終わった、ある関西の地方都市。荒野をさすらう旅芸人ゲサクと少女キョウコ、そこに謎の男ヤスオがヌッと現われて…。チンドンの歌と踊り、漫才を繰り広げながら進む“エエカゲン”な世紀末喜劇。3人の旅路の先に待っているものとは-。
〈ナビゲーター〉奥野晃士

ashinaga_1
『寿歌』2018年舞台芸術公園「有度」より(ⓒ平尾正志)
 
セチュアンの善人
rcafe7-9_kiuchi〈作品紹介〉
ドイツの劇作家ブレヒトの代表作。「荒れたこの世にまだ“善人”がいるならば、世の中はあるがままにしておこう。」3人の神様は、善人を探しにセチュアンの街にやってきた。貧しい街でただひとり、宿を提供してくれた娼婦シェン・テに、謝礼金を渡す。そのお金を元手に彼女は商売を始めるが…。
〈ナビゲーター〉木内琴子

ペール・ギュント
rcafe7-9_sekine〈作品紹介〉
「近代演劇の父」と呼ばれるノルウェーの劇作家イプセンの戯曲。主人公のペール・ギュントは、「皇帝になる」が口癖の夢想家。加えて、嘘つきで、酒を飲めば大暴れ。そんな自由奔放で、なおかつ恋多きペール・ギュントが世界中を駆け巡り、年老いて故郷に戻ってくるまでを描いたハチャメチャ一代記。
〈ナビゲーター〉関根淳子

rcafe7-9_kiuchi_
▲過去の開催の様子(ナビゲーター:木内琴子)
 
 
開催日時・会場
8月22日 旧岩邊いわなべ邸(静岡市) 詳細
8月29日 御前崎市立図書館(御前崎市) 詳細
9月 8日 袋井メロープラザ(袋井市) 詳細
9月27日 patisserie milou(浜松市) 詳細
9月29日 T.W. BRUNCH Cafe&Bar(静岡市) 詳細  
 

◆8月22日(木) 18:30~21:00
岩邊いわなべ
住所:静岡市清水区蒲原新田1丁目17-26
読む戯曲:『寿歌』
参加費:1,000円(ワンドリンク付き)
申込先:090-5607-6038(旧岩邊邸を楽しむ会:稲葉様)
定員:20名

【会場より】旧岩邊邸住宅は清水区蒲原新田にあり、約300坪の敷地内は、木造平家の主屋、土蔵と2階住居、離れ、庭園からなります。主屋は、欅(けやき)の材を用いた築160 年の町家建築で、大きさと造りの立派さが際立ちます。また、庭園は当主の岩邊弥之助が、幕末の勤王の志士「田中光顕(みつあき)」と親交が深く、その影響を受け昭和17 年に造園されました。
Rcafe_iwanabetei_2
 

◆8月29日(木) 18:30~20:30
御前崎市立図書館
住所:御前崎市池新田5560
HP:https://library.maotv.ne.jp/
読む戯曲:『寿歌』
参加費:無料(当日は好きなお飲み物をお持ちください)
申込先:0537-86-8181
定員:15名

【会場より】御前崎市立図書館アスパルは昨年、開館25周年を迎えました。半円型の建物をぐるりと囲むようにガラス窓がしつらえられ、開放的な雰囲気のなかで、本の世界にふけるひとときを過ごせる空間になっています。28万冊を超える蔵書があり、読書のほか、調査研究、学習にご利用いただけます。また、子どもから大人まで楽しめるイベントも一年を通して開催しています。
 

◆9月8日(日) 14:00~16:30
袋井メロープラザ
住所:袋井市浅名1027
HP:http://www.mellowplaza.com/
読む戯曲:『セチュアンの善人』
参加費:1,000円(ワンドリンク・お菓子付き)
申込先:0538-30-4555(NPO法人メロ-プラザポータークラブ)
定員:20名

【会場より】「メロープラザ」の「メロー」は、明るく、朗らかで気軽に声を掛け合うような豊かな町という意味で名付けられております。開館の準備の段階から、市民との協働により建設がすすめられ、現在は緑豊かな田園風景にマッチしたアースカラーの姿は、市民の交流の拠りどころであるとともに袋井南部の景観に慣れ親しんだものとなっています。
 

◆9月27日(金) 19:00~21:00
patisserie milou
住所:浜松市浜北区貴布祢99-1
HP:http://milou-hamakita.com/
読む戯曲:『セチュアンの善人』
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
申込先:053-584-4855
定員:15名

【会場より】日々の暮らしにほんのすこし、ゆっくり流れる時間を大切にしたい。その時を一緒に過ごすお菓子が作れたら、という思いで毎日せっせと手を動かしています。素材を楽しむ。季節を楽しむ。できるだけシンプルに。木に囲まれた、ベージュのレンガの建物が目じるしです。ふらっとお立ち寄りください。
23ADC43D-9F31-405C-9ADF-FBFDE2E02A5B
 
 
◆9月29日(日) 16:00~18:00
T.W. BRUNCH Cafe&Bar
住所:静岡市葵区伝馬町3-3 クレストビルB1
HP:http://twbrunch.com/
読む戯曲:『ペール・ギュント』
参加費:1,500円(お茶・スイーツ付き)
申込先:054-260-7555
定員:20名

【会場より】T. は“お茶”。W. は“ワイン”。BRUNCH は、時間にとらわれずゆっくり食事をすること。Cafe という日常的な空間から、新しい角度で静岡茶と静岡食材の魅力を世界に発信します。
Rcafe_twbrunch

 
≪お問い合わせ・お申し込み≫
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00/休業日(8月5日)を除く)

※各会場へも直接お申し込みいただけます。
※袋井メロープラザの回は、SPACではお申込みを受け付けておりません。
※旧岩邊邸の回のお申込みは、8月1日(木)からとなります。

 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会 01

2019年4月3日

Call for participants for the SPAC multilingual reading café! SPAC 多言語リーディングカフェ 参加者募集!

Call for participants for the SPAC multilingual reading café!
SPAC多语种朗读咖啡馆开始报名啦!
Tuyển người tham gia Cà phê Đọc đa ngôn ngữ SPAC
SPAC олон хэл дээрх уншлагын кафед бүртгэж байна!

<English> <中文> <tiếng Việt Nam> <Монгол>

リーディング・カフェ開催から10年、通算回数440回以上、これまで多くの方に戯曲を音読する楽しさを味わっていただきました。
開催10年を記念して、SPACが音読文化の新しい地平を世に問う画期的な企画「多言語リーディング・カフェ」を、鷹匠にできた学べるカフェ Cafe do Wille で開催します。
読むテキストは、「ふじのくに⇄せかい演劇祭」で待望の再再演!日本現代演劇を代表する劇作家・唐十郎の名作『ふたりの女』です。
オリンピックを目前に控え、これからますます国際化が進むなかで、戯曲を日本語のみならず、英語、中国語、ベトナム語、モンゴル語に翻訳し、楽しみながら読み解きます。
これまでリーディング・カフェに参加したことある人も、ない人も、演劇に興味がある人もない人も、この機会にぜひお気軽にご参加ください!
★2月27日に初開催したときのレポートブログはこちら

blog4

鷹匠の学べるカフェ Cafe do Wille
日時:4月14日(日)14:00~16:30
会場住所:〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠1丁目2-2
お申込み:電話 054-270-8875/メール cafedowille@yahoo.co.jp
ナビゲーター:奥野晃士(『ふたりの女』 是光役)
読む戯曲:『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む』(作:唐十郎)
言語:日本語・英語・中国語・ベトナム語(一部)・モンゴル語(一部)
料金:1500円(ワンドリンク付)小学生以下無料
※留学生1000円(当日会場で学生証を提示ください)
定員:20名

お店より:
「Wille」はドイツ語で意志・意思・意欲という意味です。
Cafe do Willeは「鷹匠の学べるカフェ」をコンセプトに、プロのMemberによる起業サポートやワークショップ、お客様のコミュニティの場として、またランチやコーヒーを飲みながら、いつでもお寛ぎいただける空間にしていきたいと考えております。
多くの方々に情報を発信しながら寛ぎ、語らいの場としてご活用いただければ幸いです。

助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
04
 

blog1-800x600-1

<English>

A chance to try reading the script of a play while hearing explanations from an SPAC actor. The Reading Café is a popular event that allows you to experience theater in a relaxed setting. This time, participants can try reading the script not just in Japanese but in various languages! The script we will be reading is the famous work Two Ladies by the face of modern Japanese theater, Juro Kara. Come and join us!
http://festival-shizuoka.jp/en/program/two-ladies/

Date: 14 April. 2019 (Sunday) 14:00〜16:30
Venue: Cafe do Wille
Address: Takajo 1-2-2,Aoi Ward, Shizuoka City
Navigator: Akihito Okuno (SPAC actor)
Script: Two Ladies – A Heisei era version ~Two mysterious strangers will entangle you~ (playwright: Juro Kara)
Languages available: Japanese, English, Chinese, Vietnamese, Mongolian.
Participation fee (one drink included): General 1,500 JPY / exchange students 1,000 JPY

 

<中文>

一边聆听SPAC演员的讲解,一边试着念出戏剧脚本。
朗读咖啡馆是一项可轻松过把戏剧瘾的人气企划!
除了日语外,此次还尝试用多种语言朗读脚本!
朗读的作品是日本现代戏剧的代表性剧作家唐十郎的名作《两个女人》。
欢迎您前来参加!

举办日期 2019年4月14日(星期天)14:00~16:30
领读人:奥野晃士(SPAC演员)
朗读脚本:《两个女人平成版两大疑问纠缠着你》(作者:唐十郎)
对象语言:日语、英语、中文、越南语(一些)、蒙古语(一些)

 

<tiếng Việt Nam>

Vừa nghe diễn viên SPAC giải thích, vừa thử đọc thành tiếng kịch bản diễn kịch —
Cà phê Đọc là kế hoạch được yêu thích mà bạn có thể trải nghiệm diễn kịch dễ dàng!
Lần này, ngoài tiếng Nhật, chúng ta sẽ thử đọc kịch bản bằng các ngôn ngữ khác nhau!
Tác phẩm sẽ đọc là danh tác “Hai người phụ nữ” của tác giả kịch bản Kara Juro, đại diện cho nền kịch nói hiện đại của Nhật.
Rất mong các bạn tham gia!

Ngày giờ tổ chức: ngày 14 tháng 4 năm 2019 (Chủ nhật) 19:00〜21:30
Người hướng dẫn: Okuno Akihito (Diễn viên SPAC)
Kịch bản đọc: “Hai người phụ nữ – Bản Heisei Sự kỳ dị của 2 người sẽ cuốn lấy bạn” (Tác giả: Kara Juro)
Ngôn ngữ sử dụng: Nhật Bản, Anh, Trung Quốc, Việt Nam (một phần), Mông Cổ(một phần)
 
 

<Монгол>

SPAC жүжигчний тайлбарыг сонсонгоо, жүжгийн зохиолыг чангаар уншиж үзнэ.
Уншлагын кафе нь жүжгийн дүр амилуулж үзэх боломжийг олгодог сонирхолтой арга хэмжээ юм.
Энэ удаа зөвхөн Япон хэл бус гадаад хэл дээр зохиол уншиж үзэх болно.
Орчин үеийн Японы театрын урлагийн төлөөлөл болсон зохиолч Кара Жюүрогийн алдарт зохиол “Хоёр эмэгтэй”-г уншина.
Хүрэлцэн ирэхийг урьж байна!

Хэзээ: 2019 оны 4-р сарын 14-ны өдөр (Ням гараг) 14:00~16:30
Хөтлөгч: Окуно Акихито (SPAC-ийн жүжигчин)
Унших зохиол: “Хоёр эмэгтэй – Хэйсэй хувилбар – Хоёр эмэгтэйн хачин жигтэй байдал таныг гайхшруулна”(Кара Жюүрогийн зохиол)
Уншигдах хэл: Япон, Англи, Хятад, Вьетнам (зарим), монгол хэл (зарим)

2019年2月27日

SPACリーディング・カフェ開催情報(3月/『ふたりの女』)

SPAC 俳優による作品解説を聞きながら、
お茶を片手に演劇の台本を声に出して読んでみる――。
気軽にプチ演劇体験ができる人気企画リーディング・カフェ。

今回は、ゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭2019」にて待望の再々演となるSPAC作品『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む』を読みます。
出演俳優の奥野晃士がナビゲーターを務め、見どころや面白さを解説します。皆様のご参加お待ちしております!
※以下の開催で読む台本は日本語のみです。(2/27開催『ふたりの女』多言語リーディング・カフェ

TwoLadies_0030_Y_Inokuma_トリミング_2
2015年上演『ふたりの女』(ⓒY. INOKUMA)

 
▼▼▼ 『ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む』のリーディング・カフェ ▼▼▼

【作品紹介】
1960 年代アングラ・小劇場演劇シーンを象徴する劇作家・演出家、唐十郎の戯曲。『源氏物語』の光源氏と妻・葵上、生霊となった六条御息所の三角関係に、狂気と正気の境界を描くチェーホフの『六号室』を巧みに織り込んだ傑作。

~あらすじ~
伊豆の砂浜に立つ精神病院。イケメン医師・光一は、六条という名の美人患者に声をかけられ、不意にアパートの鍵を渡されてしまう。富士スピードウェイで妊娠中の妻・アオイとレース観戦をしていた光一、アオイが席を外した隙に、退院した六条が現れ…。

  
◆3月5日(火) 19:00~21:00
働く女子大学 うるおいプラス
住所:静岡市葵区紺屋町11-1 浮月ビル5階
定員:女性の方限定15名

参加費:1,500 円(ワンドリンク付き)
申込先:(電話)054-252-8820/(メール)info@uruoiplus.jp

ナビゲーター:奥野晃士(SPAC俳優)
会場紹介:「働く女子大学 うるおいプラス」では、メニューの中から好きな講座を選び、新しい人と交流できる、カフェ感覚の教室が開かれています。
今回は、自分らしい働き方・生き方を学ぶことができる【ツキイチ Live】での開催です。

IMG_4159
過去の開催の様子(ナビゲーター:奥野晃士)
 
 
◆3月26日(火) 18:30~20:30
タリーズコーヒー 富士市中央公園店
住所:富士市蓼原町 1822 番地 富士市中央公園内

3月26日(火)に予定しておりましたタリーズコーヒー富士市中央公園店でのSPACリーディング・カフェは都合により中止とさせて頂く事になりました。楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございません。
今後も県内各地で開催していく予定ですので、ぜひ次の機会にご参加いただければ幸いです。

参加費:1,000 円+タリーズカードチャージ(1,000円から)でお好きなワンドリンクを購入していただきます。
申込先:0545-65-9890(副店長吉川 宛)/
    0545-61-4208(ニュータウンビルサービス(株)後藤 宛)

ナビゲーター:奥野晃士(SPAC俳優)
会場紹介:雄大な富士山を北正面に仰ぐ広々とした店内、開放的なテラス席(ペット同伴可)など、ゆったりとした空間でコーヒーやパスタ、スイーツなどをお召し上がりいただけます。お友達との語らいや寛ぎのひとときにぜひご利用ください。

P1320062
過去の開催の様子(ナビゲーター:永井健二)

 
≪お問い合わせ・お申し込み≫
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)
※各会場へも直接お申し込みいただけます。

主催:SPAC-静岡県舞台芸術センター
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会 01

2019年2月15日

Call for participants for the SPAC multilingual reading café! SPAC 多言語リーディングカフェ 参加者募集!

Call for participants for the SPAC multilingual reading café!
SPAC多语种朗读咖啡馆开始报名啦!
Tuyển người tham gia Cà phê Đọc đa ngôn ngữ SPAC
SPAC олон хэл дээрх уншлагын кафед бүртгэж байна!

<English> <中文> <tiếng Việt Nam> <Монгол>
 
SPAC 俳優による解説かいせつを聞きながら、演劇えんげき台本だいほんを声にだして読んでみる――。
リーディング・カフェは、気軽に演劇体験ができる人気企画です!
今回は日本語だけではなく、さまざまな言語で台本を読んでみます!
読むのは日本現代演劇げんだいえんげきを代表する劇作家・唐十郎げきさっか・からじゅうろうの名作『ふたりの女』です。
ぜひご参加ください!

unnamed

開催日時:2019年2月27日(水) 19:00〜21:30
ナビゲーター:奥野晃士(SPAC 俳優)
読む台本:『ふたりの女 平成版ふたりの面妖があなたに絡む』(作:唐十郎)
対象言語:中国語、ベトナム語、モンゴル語、英語、日本語 等(予定)
会場:カフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場 2 階)
住所:〒422-8019 静岡市駿河区東静岡2丁目3-1 グランシップ内
http://spac.or.jp/en/access

参加費:留学生や日本語以外を母国語とする方は、参加費無料
    一般 1,500 円/大学生以下 500 円(ワンドリンク付)

≪お申しこみ・お問い合わせ≫ 
SPAC リーディング・カフェ担当 recafe@spac.or.jp
SPAC チケットセンター TEL:054‐202-3399
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
04
 
 

<English>

A chance to try reading the script of a play while hearing explanations from an SPAC actor. The Reading Café is a popular event that allows you to experience theater in a relaxed setting. This time, participants can try reading the script not just in Japanese but in various languages! The script we will be reading isthe famous work Two Women by the face of modern Japanese theater, Juro Kara. Come and join us!

Date: 27 Feb. 2019 (Wednesday) 19:00〜21:30
Navigator: Akihito Okuno (SPAC actor)
Script: Two Ladies – A Heisei era version: Two mysterious strangers will entangle you (playwright: Juro Kara)
Languages available: Chinese, Vietnamese, Mongolian, English, Japanese, etc. (tentative)
Venue: Café Cinderella (Shizuoka Arts Theatre 2F)
Address:
Inside Granship, Higashishizuoka 2-3-1, Suruga Ward, Shizuoka City 422-8019
http://spac.or.jp/en/access

Participation fee: Free for exchange students or other native speakers of languages other than Japanese
General: 1,500 JPY / University students and younger 500 JPY (one drink included)

Registration and Inquiries:
SPAC Reading Café manager  recafe@spac.or.jp
SPAC Ticket Center  TEL:054‐202-3399
Registration begins on February 12
 
 

<中文>

一边聆听SPAC演员的讲解,一边试着念出戏剧脚本。
朗读咖啡馆是一项可轻松过把戏剧瘾的人气企划!
除了日语外,此次还尝试用多种语言朗读脚本!
朗读的作品是日本现代戏剧的代表性剧作家唐十郎的名作《两个女人》。
欢迎您前来参加!

举办日期 2019年2月27日(星期三)19:00〜21:30
领读人:奥野晃士(SPAC演员)
朗读脚本:《两个女人平成版两大疑问纠缠着你》(作者:唐十郎)
对象语言:中文、越南语、蒙古语、英语、日语等(暂定)
会场:灰姑娘咖啡馆(静冈艺术剧场2楼)
地址:邮编422-8019 静冈市骏河区东静冈2丁目3-1 GRANSHIP内
http://spac.or.jp/en/access
参加费用:留学生以及母语为非日语的人士可免费参加
一般 1,500日元/大学生及以下 500日元(附赠饮料一杯)

《报名/咨询》
SPAC 朗读咖啡馆负责人recafe@spac.or.jp
SPAC 票务中心TEL:054‐202 – 3399
2 月 12 日开始接受预约
 
 

<tiếng Việt Nam>

Vừa nghe diễn viên SPAC giải thích, vừa thử đọc thành tiếng kịch bản diễn kịch —
Cà phê Đọc là kế hoạch được yêu thích mà bạn có thể trải nghiệm diễn kịch dễ dàng!
Lần này, ngoài tiếng Nhật, chúng ta sẽ thử đọc kịch bản bằng các ngôn ngữ khác nhau!
Tác phẩm sẽ đọc là danh tác “Hai người phụ nữ” của tác giả kịch bản Kara Juro, đại diện cho nền kịch nói hiện đại của Nhật.
Rất mong các bạn tham gia!

Ngày giờ tổ chức: ngày 27 tháng 2 năm 2019 (thứ Tư) 19:00〜21:30
Người hướng dẫn: Okuno Akihito (Diễn viên SPAC)
Kịch bản đọc: “Hai người phụ nữ – Bản Heisei Sự kỳ dị của 2 người sẽ cuốn lấy bạn” (Tác giả: Kara Juro)
Ngôn ngữ sử dụng: tiếng Trung Quốc, tiếng Việt Nam, tiếng Mông Cổ, tiếng Anh, tiếng Nhật v.v. (Dự định)
Hội trường: Cà phê Cinderella (Tầng 2 Nhà hát kịch nghệ thuật Shizuoka)
Địa chỉ: 2-3-1 Higashi Shizuoka, Suruga-ku, Shizuoka-shi 422-8019
http://spac.or.jp/en/access
Phí tham gia: Miễn phí tham gia cho du học sinh và người nói tiếng mẹ đẻ không phải là tiếng Nhật
Thông thường 1.500 yên / Sinh viên đại học trở xuống 500 yên (kèm 1 món uống)

<Đăng ký - Liên hệ>
Phụ trách Cà phê Đọc SPAC recafe@spac.or.jp
Trung tâm vé SPAC TEL:054‐202 – 3399
Bắt đầu nhận đặt chỗ từ 12/2
 
 

<Монгол>

SPAC жүжигчний тайлбарыг сонсонгоо, жүжгийн зохиолыг чангаар уншиж үзнэ.
Уншлагын кафе нь жүжгийн дүр амилуулж үзэх боломжийг олгодог сонирхолтой арга хэмжээ юм.
Энэ удаа зөвхөн Япон хэл бус гадаад хэл дээр зохиол уншиж үзэх болно.
Орчин үеийн Японы театрын урлагийн төлөөлөл болсон зохиолч Кара Жюүрогийн алдарт зохиол “Хоёр эмэгтэй”-г уншина.
Хүрэлцэн ирэхийг урьж байна!

Хэзээ: 2019 оны 2-р сарын 27-ны өдөр (Лхагва гараг) 19:00〜21:30
Хөтлөгч: Окуно Акихито (SPAC-ийн жүжигчин)
Унших зохиол: “Хоёр эмэгтэй – Хэйсэй хувилбар – Хоёр эмэгтэйн хачин жигтэй байдал таныг гайхшруулна”(Кара Жюүрогийн зохиол)
Уншигдах хэл: Хятад, Вьетнам, Монгол, Англи, Япон хэл г.м (төлөвлөж буй)
Хаана: Кафе Синдрелла (ШизүокаАртТеатр 2 давхарт)
Хаяг: 〒422-8019 Шизүока хот, Суруга-Кү, Хигаши Шизүока 2-3-1Гранд шип дотор
http://spac.or.jp/en/access
Такс: Гадаад оюутан болон гадаадын иргэн үнэ төлбөргүй
Жирийн иргэн 1500 иен, оюутан, сурагч 500 иен (1 уух зүйл багтсан)

≪Холбоо барих, бүртгүүлэх хаяг≫ 
SPAC уншлагын кафехариуцагч recafe@spac.or.jp
SPAC билетийн касс TEL:054‐202‐3399
2-р сарын 12-ны өдрөөс бүртгэл эхэлнэ.

2018年11月21日

SPACリーディング・カフェ開催情報 (12月 /『顕れ~女神イニイエの涙~』)

去る9,10月にフランス・コリーヌ国立劇場でシーズン開幕作品として上演され、喝采に包まれた『顕れ(あらわ・れ)女神イニイエの涙~』。
12月に本作品のリーディング・カフェを開催いたします。
出演俳優の永井健二と横山央がナビゲーターを務め、見どころや面白さを解説します!!
上演台本を声に出して一緒に読んでみませんか?

20161208‗リーディング・カフェ_凛・百花春 (1024x770)
過去のリーディング・カフェの様子 (ナビゲーター:横山央)

▼▼▼『顕れ~女神イニイエの涙~』のリーディング・カフェ ▼▼▼
* 公演詳細はこちら

【作品紹介】
アフリカ・カメルーン出身、フランス在住の女性作家レオノーラ・ミアノの衝撃作であり、奴隷貿易の実態に深く切り込んだ戯曲。
~あらすじ~
魂たちのストライキが始まった! 輪廻転生を繰り返すはずの魂たちが、「この世に生まれたくありません」と訴えたのだ。生命の女神イニイエはさまよえる霊魂たちに、その原因をたずねる。そこには「奴隷」として過酷な人生を送った魂たちの嘆きがあった。イニイエはこの世を救うための裁判を開廷する。

 
◆ 12月6日(木) 18:30~20:30
タリーズコーヒー 富士市中央公園店
住所:富士市蓼原町1822番地 富士市中央公園内
定員:10名
参加費:1,000円+タリーズカードチャージ(1,000円から)でお好きなワンドリンクを購入していただきます。
申込先:0545-65-9890 副店長吉川
    0545-61-4208 ニュータウンビルサービス(株)後藤
ナビゲーター:永井健二
会場紹介:本年7月に富士市中央公園内にオープン。雄大な富士山を北正面に仰ぐ広々とした店内、開放的なテラス席(ペット同伴可)など、ゆったりとした空間でコーヒーやパスタ、スイーツなどをお召し上がりいただけます。お友達との語らいや寛ぎのひとときにぜひご利用ください。
駐車場:店舗前の富士市中央公園駐車場をご利用ください。

IMG_8415

 
◆ 12月7日(金) 18:30~20:30
ギャラリー遥懸夢/はるかむ (旧由美画廊)
住所:浜松市中区大工町303‐15
定員:20名
参加費:1,800円 (軽食付き)
申込先:053-489-7771
ナビゲーター:永井健二
会場紹介:2017年にオープンしたギャラリー・ショップ。“はるかむ”には、はるか遠くにある夢に橋を架けるという意味が込められています。12月には作家・熊谷隼人の作品展示も開催。生命をモチーフとした切り絵や点描画などの絵画に囲まれた空間をどうぞお楽しみに!
https://harukamu.hamazo.tv/
駐車場:ギャラリー前の有料パーキングをご利用ください。

「山の化身」作:熊谷隼人「夜の山の声」作:熊谷隼人
作:熊谷隼人(左:「山の化身」、右:「夜の山の声」)

遥懸夢
 
◆ 12月15日(土) 14:00~16:30
浜松市鴨江アートセンター
住所:浜松市中区鴨江町1番地
定員:20名
参加費:500円 (お茶・お菓子付き)
申込先:053-458-5360
ナビゲーター:横山央
会場紹介:1928年(昭和3年)に浜松警察署庁舎として建てられた歴史的建築の魅力をそのままに、2013年からは「浜松市鴨江アートセンター」として展示やイベント、アーティストによるワークショップなどが企画・開催されています。
駐車場:お近くの有料パーキングをご利用ください。
主催:浜松市鴨江アートセンター

SPACリーディング・カフェ『顕れ』

浜松市鴨江アートセンター
 
≪お申し込み・お問い合わせ≫
SPACチケットセンター
TEL. 054-202-3399 (10:00~18:00)
※各会場へも直接お申し込みいただけます。
 鴨江アートセンターの回は、SPACでは予約を受け付けておりません。

2018年10月14日

Scale Laboratory (スケラボ) × SPACコラボ企画 『歯車』リーディング・カフェ & 感想コラージュ

『歯車』リーディング・カフェ追加開催決定!

開催場所は、芥川龍之介も滞在していた、伊豆市修善寺にある新井旅館さん。
小説を読んだ後は、Scale Laboratory(スケラボ)さんのナビゲートのもと、『歯車』の世界を表現するコラージュに挑戦します♪

▼▼▼『歯車』リーディング・カフェ & 感想コラージュ▼▼▼
*『歯車』公演詳細はこちら

【作品紹介】
芥川龍之介の最晩年の小説。昭和二年に自死した後に発表された本作では、ある男が知人の結婚披露式への出席のために上京し、ホテルに滞在しながら執筆を行なう数日が描かれています。義兄の轢死の報せをはじめ、破滅や死への不安に襲われながらも心を平静に保とうと執筆に向かう姿は、死の直前の芥川本人の姿にも重なります。
 
2018年10月21日(日) 14:00~17:00
新井旅館
住所:伊豆市修善寺970

スケジュール:
14:00-16:00 リーディング・カフェ
16:00-16:10 休憩
16:10-17:00 感想コラージュ
※読んだ後は、スケラボの進行で、『歯車』と同時代にヨーロッパで生まれたアートの技法「コラージュ」で『歯車』のイメージ画を作ります。

参加費:2,500円 (ワンドリンク付き)
申込先:http://scalelabo.jp/spac_readingcafe2018/(スケラボ)
ナビゲーター:片岡佐知子 (SPAC俳優)
会場紹介:芥川龍之介をはじめとした文人墨客が滞在した修善寺の老舗旅館です。
※公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください。

SPACチケットセンターでもお申し込みいただけます。
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)

【コラージュとは…】
芥川が死に、『歯車』が発表された年(1927年)と同じ頃、ヨーロッパでシュルレアリストのマックス・エルンストが、カタログや挿絵を切り抜き、組み合わせ、新しいイメージを作り出す「コラージュ」を駆使した歴史的怪書『百頭女』を出版しました(1929年)。
現実と幻想の世界が交錯する『歯車』の世界を、時空を簡単に越え、思いも寄らない偶然の不思議な世界を作ることができるアートの手法「コラージュ」で、表現してみましょう。
コラージュ
※画像はイメージです。

【Scale Laboratoryとは…】
Scale Laboratory (スケラボ)は、伊豆を拠点に「ひとりでも多くの人が、生活と地続きに無理なく芸術を楽しめるローカル」を目指し、役目を終えた施設や、使われていない場所などに一時的に活動の場所 (=舞台) を作り上げ、様々な芸術に関わる企画を行っています。
http://scalelabo.jp
スケラボオール-

【新井旅館とは…】
明治5(1872)年創業の新井旅館は、伊豆半島で最も歴史ある温泉の街・修善寺の老舗旅館。
安田靫彦、横山大観といった日本画家、芥川龍之介、泉鏡花、尾崎紅葉や岡本綺堂といった作家など、明治~昭和期の日本文化を彩った多くの文人墨客が滞在しました。
新井旅館
▲新井旅館正面
写真は「すぱっく新聞」で取材に訪れたときのもの。<すぱっく新聞『歯車』号(PDFファイルにリンク) >
こぼれ話は、ブログ「歯車ワークス」#2にも掲載しています♪

*そのほか、リーディング・カフェ10月11月開催情報はこちら

2018年9月22日

SPACリーディング・カフェ開催情報 (10・11月 /『授業』『歯車』)

10月から始まる「SPAC秋→春のシーズン2018-2019」
開幕に先駆けて、前半の二作品『授業』『歯車』のリーディング・カフェを開催いたします。
ナビゲーターは、リーディング・カフェ初登場の関根淳子と『歯車』出演・奥野晃士です!
原作を声に出して一緒に読んでみませんか?
 
 
リーカフェWEB用20180921
 
 
▼▼▼『授業』のリーディング・カフェ ▼▼▼
*『授業』公演詳細はこちら
 
【作品紹介】
ある教授のもとに、ひとりの生徒が個人授業を受けに訪れる。穏やかに始まった授業は徐々に変調をきたし、衝撃のラストへ…。ルーマニアの劇作家、イヨネスコにより1950 年に発表され、「喜劇的ドラマ」と副題がつけられたこの作品では、ナンセンスな笑いとともに日常に潜む狂気とコミュニケーション不全が描かれています。
 
10月7日 (日) 17:00~19:30
万年橋パークビル「hachikai」囲炉裏スペース
住 所:浜松市中区田町327-24
参加費:一般 1,000円/大学生以下 無料(ワンドリンク付)
申込先:spac@suac.ac.jp(井上由里子研究室)
※名前・年齢・人数・連絡先をご記載の上、お申込みください。
ナビゲーター:奥野晃士
アシスタント:安孫子みづき(静岡文化芸術大学2年生)
担当講師:井上由里子(演劇学・西洋演劇史)
SPAC×SUAC(静岡文化芸術大学)大学生がつくるリーディング・カフェ!
SPAC×SUAC Twitterアカウント▶@SpacSuac
 
 
▼▼▼ 『歯車』リーディング・カフェ ▼▼▼
*『歯車』公演詳細はこちら
 
【作品紹介】
芥川龍之介の最晩年の小説。昭和二年に自死した後に発表された本作では、ある男が知人の結婚披露式への出席のために上京し、ホテルに滞在しながら執筆を行なう数日が描かれています。義兄の轢死の報せをはじめ、破滅や死への不安に襲われながらも心を平静に保とうと執筆に向かう姿は、死の直前の芥川本人の姿にも重なります。
 
 
10月8日(月・祝) 18:00~20:00
みしまプラザホテル(ホテル東側ギャラリーロビー)
住 所:三島市本町14-31(三島駅から徒歩12分)
参加費:一般 1,500円/大学生以下 500円(飲み物・小さいお菓子付き)
申込先:055-972-2121
ナビゲーター:奥野晃士
会場紹介:ギャラリーでの展覧会やチャリティーコンサートなども幅広く開催され、文化発信の拠点となっている、結婚式・披露宴などのアニバーサリーホテルです。
https://www.mishimaph.co.jp/
 
 
10月21日(日) 14:00~17:00
新井旅館
住 所:伊豆市修善寺970
参加費:2,500円 (ワンドリンク付き)
申込先:http://scalelabo.jp/spac_readingcafe2018/(スケラボ)
ナビゲーター:片岡佐知子 (SPAC俳優)
会場紹介:芥川龍之介をはじめとした文人墨客が滞在した修善寺の老舗旅館です。
※公共交通機関または近隣の有料駐車場をご利用ください。
Scale Laboratory (スケラボ) × SPACコラボ企画 『歯車』リーディング・カフェ & 感想コラージュ
詳細はコチラ
 
 
11月4日 (日) 9:30~12:00
興津坐漁荘記念館
住 所:静岡市清水区興津清見寺町115番地
参加費:1,000円(ドリンク・お茶菓子付き)
申込先:054-369-2221
ナビゲーター:奥野晃士
企画協力:NPO法人 AYUドリーム
会場紹介:原寸通りに復元された元老西園寺公望公爵の別荘は、貴重は京風数寄屋造りの木造二階建て、歴史を感じる建物です。

 
11月11日 (日) 18:00~20:30
elle a boode(エル・ア・ブード)
住 所:静岡市葵区両替町1-3-18(伊勢丹裏、両替町通り沿い)
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
申込先:054-252-5700
ナビゲーター:奥野晃士
会場紹介:両替町にある個性的なセレクトショップです。併設ギャラリーにて、おのしまあずさ・オノシマタスク「2+1」展も開催中!

32524FB0-39F2-48F5-95D9-7EA3404B9805▲9月開催の『授業』リーディング・カフェの様子 (ナビゲーター:関根淳子/会場:GALLERY エクリュの森)
 
 
≪お問い合わせ・お申し込み≫
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)
※各会場へも直接お申し込みいただけます。

2018年7月27日

SPACリーディング・カフェ開催情報 (8・9月 /『授業』『歯車』)

10月から始まる「SPAC秋→春のシーズン2018-2019」
開幕に先駆けて、前半の二作品『授業』『歯車』のリーディング・カフェを開催いたします。
ナビゲーターは、リーディング・カフェ初登場の関根淳子と
『歯車』出演・奥野晃士です!
原作を声に出して一緒に読んでみませんか?
 
 
リーカフェWEB用20180727
 
 
▼▼▼『授業』のリーディング・カフェ ▼▼▼
*『授業』公演詳細はこちら
 
【作品紹介】
ある教授のもとに、ひとりの生徒が個人授業を受けに訪れる。穏やかに始まった授業は徐々に変調をきたし、衝撃のラストへ…。ルーマニアの劇作家、イヨネスコにより1950 年に発表され、「喜劇的ドラマ」と副題がつけられたこの作品では、ナンセンスな笑いとともに日常に潜む狂気とコミュニケーション不全が描かれています。
 
8月8日 (水) 14:00~16:30
掛川市 大須賀中央公民館ロビー
住所:掛川市西大渕145
参加費:1,200円 (お茶・デザート付き)
申込先:080-5298-6484 (尾崎)
ナビゲーター:奥野晃士
会場紹介:芸能文化活動や発表会などでも利用されている、地域の交流の場です。
※定員に達したため、受付を終了いたしました。
 
 
9月7日 (金) 18:30~20:30
GALLERY エクリュの森
住所:三島市大宮町2-16-21 伸和ビル1F
参加費:1,000円 (ワンドリンク付き)
申込先:055-976-2320
ナビゲーター:関根淳子
会場紹介:伊豆の国市出身の作家・横井山泰さんの絵画展を開催中。
http://www.ecru-no-mori.jp/
 
 
9月29日 (土) 18:00~20:30
casa SHIZUOKA
住所: 静岡市駿河区下川原6丁目26-15
参加費:1,000円(ワンドリンク付き)
申込先: 054-260-4099
ナビゲーター:関根淳子
会場紹介: 落語会を定期開催するcafe bassoに隣接する素敵なモデルハウスです。
http://www.casa-shizuoka.com/casacubemodelhouse/
 
 
9月30日 (日) 14:00~16:30
みどりの森の美術館
住所: 浜松市西区坪井町551-1
参加費:1,500円(ワンドリンク・お茶菓子付き)
申込先: 053-448-0658
ナビゲーター:関根淳子
会場紹介: 伊藤みどりさんによるモロッコの旅絵画も合わせてお楽しみください。
http://xn--p9jka9ducz625cpd7afxobx9a.com/
【台風24号接近による、中止のお知らせ】
9月30日(日)のみどりの森の美術館での開催は、台風24号の接近が予想されるため、来場者の安全を考慮した結果、止む無く中止とさせていただくことになりました。開催を楽しみにしてくださった皆様には、ご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。

 
 
▼▼▼ 『歯車』リーディング・カフェ ▼▼▼
*『歯車』公演詳細はこちら
 
【作品紹介】
芥川龍之介の最晩年の小説。昭和二年に自死した後に発表された本作では、ある男が知人の結婚披露式への出席のために上京し、ホテルに滞在しながら執筆を行なう数日が描かれています。義兄の轢死の報せをはじめ、破滅や死への不安に襲われながらも心を平静に保とうと執筆に向かう姿は、死の直前の芥川本人の姿にも重なります。
 
 
8月6日 (月) 19:00~21:30
応緑山 普濟寺
住所:静岡市駿河区中吉田33-30
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
申込先:054-262-1452
ナビゲーター:奥野晃士
会場紹介: 県立美術館前駅から徒歩2分。「縁に応じて普く救う」という名がついているお寺です。
http://www.fusaiji.com/index.html
 
 
8月11日 (土) 14:00~16:30
ハレキパ佐鳴湖
リーディング・カフェwithピアノ
〜天才ピアニスト佐々木裕一くんの奏でるサウンドに合わせて読む〜
住所:浜松市中区富塚町2588-1
申込先:SPACチケットセンター
参加費:1,500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:奥野晃士/特別出演:佐々木裕一(ピアノ)

※会場までは下記の地図を参考にしてください。
WEBで住所検索していただくと正しく表示されない場合がありますのでお気をつけください。

佐鳴湖公園入口の「安座であい橋南駐車場」を目印にお越しください。
駐車場の前の砂利坂の登り口の椅子の上に「SASAKI」の表札があり、その砂利坂を登った黒い家が会場です。

image1 (3)
 
 
リーカフェ20180712入江
▲過去のリーディング・カフェの様子 (ナビゲーター:関根淳子)
 
 
≪お問い合わせ・お申し込み≫
SPACチケットセンター
TEL:054-202-3399(受付時間10:00-18:00)
※各会場へも直接お申し込みいただけます。