2015年1月17日

【オーディション情報:2/25〆切】エキストラ出演者(45歳以上)募集!SPAC『盲点たち』(演出:ダニエル・ジャンヌトー)

ゴールデン・ウィークに開催される「ふじのくに⇄せかい演劇祭2015」で上演される、『盲点たち』(原作:メーテルリンク『群盲』)のエキストラ出演者を募集します

本作品はフランスから来日するダニエル・ジャンヌトーの演出で、SPACとの国際共同製作による新作です。2013年にパリで上演されたフランス初演版では、客席全体に高濃度のスモークを焚きこめて視界ゼロの状態を作りだすという演出が大きな話題を呼びました。今回は、SPACの活動拠点である舞台芸術公園を取り巻く日本平の自然の森を使い、原作そのままの世界で登場人物の心理に深く迫る「静岡オリジナル版」を創り上げるという挑戦的な企画です。

メインビジュアル(クレジット:Pierrick Blondelet)

この作品のエキストラ出演者を以下のとおり募集します!(SPAC俳優との共演)
対象は、これまで演劇経験がほとんどない一般の方です。
たくさんのご応募をお待ちしております!
 
 
【SPAC『盲点たち』エキストラ出演者 募集要項】

◎募集
年齢45歳以上で、演劇経験がほとんどない一般の方(性別不問・若干名)

◎オーディション詳細
日程:2015年3月4日(水)13時より
場所:静岡芸術劇場(静岡市駿河区池田79-4グランシップ内)または静岡県舞台芸術公園(静岡市駿河区平沢100-1)のいずれか
※当日の詳細は別途ご連絡させていただきます。

◎応募条件
1)以下の稽古および本番に全日程参加できること
 ※どうしても参加できない日が生じてしまう場合は応相談。
2015年3月6日(金)~12日(木) 13時~15時
3月13日(金)~20日(金) 13時~19時
4月8日(水)~24日(金) 13時~19時
4月25日(土)~5月5日(火・祝) 終日
※3/8(日)、3/15(日)、4/12日)、4/19(日)は稽古なし
本番日:4月25日(土)、5月2日(土)、4日(月・祝)、5日(火・祝)
2)国籍不問(ただし日本語を解すること)
3)SPACの稽古場(静岡県舞台芸術公園)まで通えること。交通費・宿泊費の支給はありません。
4)「ふじのくに⇄せかい演劇祭2015」に参加する一員として自覚を持ち、SPAC劇団員とともに舞台作品を作る意欲に溢れていること。

◎その他
・少額ですが出演料をお支払いします。
・応募多数の場合はオーディション参加のための書類選考を行います。
・本番が行われる上演会場は屋外の森の中になります。夜間で冷え込むため、体力のある方を歓迎します。

◎締切
2015年2月25日(水)必着(郵送・Eメール・持参とも)。
オーディション選考結果は3月5日(木)までにご連絡させていただきます。

◎応募方法
下記の二点を郵送、Eメール、または持参にてお申し込みください。
1)プロフィール
(現住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、学歴、職歴など。またご自身の趣味や志望動機などを詳しくお書きください。原作(メーテルリンク作『群盲』)を読んだ感想も歓迎します。
2)写真2点
(上半身と全身がわかるもの)

※確実に連絡のつくメールアドレスをご記入ください。迷惑メールの対策などでドメイン指定を行っている場合はSPACからのEメール(apply@spac.or.jp [@を全角にご変更ください])を受信できるように設定してください。
※応募資料は返却いたしませんのでご了承ください。なお、個人情報はSPACが厳重に管理し、本企画に関するご連絡以外には使用いたしません。

皆様の応募をお待ちしております。

<お申し込み・お問い合わせ>
SPAC-静岡県舞台芸術センター
「『盲点たち』エキストラ出演者募集係」宛
〒422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4
TEL.054-203-5730(担当:佐伯)
特設メールアドレス:apply@spac.or.jp
[メールアドレスは、@を半角にご変更ください]

◎ ダニエル・ジャンヌトー プロフィール ◎
演出家・舞台美術家。1963年、フランス・モーゼル生まれ。ストラスブール装飾芸術学校を卒業後、ストラスブール国立劇場付属学校で演劇を学ぶ。89年に演出家クロード・レジと出会い、彼の作品の舞台美術を15年に渡って一手に引き受ける。2001年からマリー・クリスティーヌ・ソマと共同でストリンドベリ、ラシーヌ、キーンなどの作品を演出。05年、サラ・ケイン『ブラスティッド』をストラスブール国立劇場で上演。SPACでは『ブラスティッド』(2009年)、『ガラスの動物園』(2011年)を演出。2008年よりステュディオ・テアトル・ド・ヴィトリー芸術監督。

演出家写真(クレジット: Sylvain Lefeuvre)

ガラスの動物園 写真群

ガラスの動物園 写真2

写真:SPAC『ガラスの動物園』より