2017年10月20日

SPAC芸術局 制作部、創作・技術部 スタッフ募集説明会

日本で唯一の「専用劇場を持った公立劇団」であるSPACの仕事に対する理解と関心を深めていただくために、スタッフ募集説明会を実施いたします。「演劇の仕事とは?」「劇場ではどんな人が働いているのか?」など、演劇・劇場の仕事に興味がある方、静岡で働くことを考えている方、SPACで働くことに興味はあったがまだ来たことがない方、この機会にぜひお足をお運びください。

*SPAC芸術局 創作・技術部、制作部スタッフ募集のお知らせはこちら

日時/会場2017年11月18日(土) 静岡芸術劇場
 11:00~12:30 スタッフ募集説明会
 14:00開演 SPAC『変身』観劇(終演後にアーティストトークあり)
   アーティストトーク終了後、創作・技術部スタッフが働く現場を案内する
   バックステージツアーを実施いたします(バックステージツアーは自由参加です)。
内 容:SPACの活動紹介、SPACで働くスタッフ紹介、Q&A など
参加費:無料(要予約)※『変身』チケットは各自でご購入ください。

<参加申し込み手続き>
 必要事項:氏名・電話番号・興味のある部署(制作・舞台・照明・音響・衣裳・美術・その他)
 申 込 先:SPAC‐静岡県舞台芸術センター TEL054-203-5730 apply@spac.or.jp
 申込締め切り:2017年11月10日(金)

<関連イベント情報>
 2017年11月18日(土) 『変身』 関連企画 
 ・プレトーク:開演25分前より、静岡芸術劇場カフェ・シンデレラにて開催。
 ・アーティストトーク:終演後、小野寺修二(演出)とゲストによるトークを開催。
 ・「東京からの劇場直行バス」運行あり ※復路のみご利用いただけます。
   お帰りの便はアーティストトーク終了後に出発いたしますので、
   終演後のバックステージツアーはご参加いただけません。
  詳細はこちらをご覧ください。

 
*一部チラシ誤記にかかわるお詫びとお知らせ*
スタッフ募集説明会の、県内県外に配架させていただきました一部チラシに関し、誤記がございました。
訂正し、深くお詫び申し上げます。

 誤)11月29日『変身』関連企画
 正)11月18日『変身』関連企画

 誤)静岡東部からの劇場直行バス
 正)東京からの劇場直行バス

◆スタッフ募集説明会のご案内はこちらからダウンロードできます(PDF)。


SPAC芸術局 制作部、創作・技術部 スタッフ募集のお知らせ

SPAC-静岡県舞台芸術センターは、静岡芸術劇場と舞台芸術公園という施設を拠点に活動する専属の劇団を擁し、舞台作品の創造や国内外での公演活動と同時に、劇場の企画・運営を行っています。このたび、私たちと一緒にSPACの事業をさらに発展させる芸術局スタッフを募集いたします。
また合わせて、スタッフ募集説明会も開催いたします。

◆募集要項はこちらからダウンロードできます(PDF)。

◎募集職種、募集人数および応募資格、契約条件等
【職種1】
制作部スタッフA・B(各種事業の企画・進行、渉外、営業、広報、票券等)

 募集人数 若干名
 応募資格
  ・年齢不問(長期キャリア形成のため20歳以上35歳未満の方が望ましい)
  ・性別、学歴、国籍不問(ただし、相応の日本語読解力を必要とする)
  ・英語、フランス語、その他の語学堪能な方歓迎
 契約料 年俸制で220万円~350万円(12ヶ月当り)
 契約期間
  A)2018年2月1日から2021年3月31日まで
   (2018年2~4月をインターン期間とし、インターン終了後改めて契約の意思を確認する)
  B)2018年4月1日から2021年3月31日まで
   (2018年4~6月をインターン期間とし、インターン終了後改めて契約の意思を確認する)
  ※A・Bとも2021年4月1日以後は、成果に応じて3年間ごとの契約更新が可能。
  ※インターン期間中は年俸に基づいた日割り計算での報酬を支払う。

【職種2】
創作・技術部スタッフA・B・C(舞台、美術、照明、音響、衣裳)

 募集人数 若干名
 応募資格
  A・B共通)年齢不問、性別、学歴、国籍不問(ただし、相応の日本語読解力を必要とする)
  C)舞台芸術創造の現場で5年以上の実務経験を持ち、SPAC上演作品に即戦力スタッフとして関われること
 契約料
  A・B共通)年俸制で220万円~400万円(12ヶ月当り)
  C)月額報酬として25万円~35万円
  経験・能力を考慮の上、契約日数に応じ算出
 契約期間
  A)2018年2月1日から2021年3月31日まで
   (2018年2~4月をインターン期間とし、インターン終了後改めて契約の意思を確認する)
  B)2018年4月1日から2021年3月31日まで
   (2018年4~6月をインターン期間とし、インターン終了後改めて契約の意思を確認する)
  ※A・Bとも2021年4月1日以後は、成果に応じて3年間ごとの契約更新が可能。
  ※インターン期間中は年俸に基づいた日割り計算での報酬を支払う。
  C)SPACの上演作品のクリエイション期間及び公演期間に応じて定める。(休日保証・宿舎利用相談可)

◎選考試験
 予備選考(書類審査)
 本選考 (面接試験)2017年12月15日(金)・16日(土)
 会場:静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)

◎応募手続き
 1.提出書類
 (1)履歴書
  ・希望職種(A・B・Cについての希望も)を明記の上、履歴書をお送りください。
  ・メールアドレスを必ずご記入ください。
  ・ご自身の劇団経験や作品情報などがあればその詳細もお書き下さい。
 (2)作文 応募理由を800字以内

 2.応募方法
  <郵送の場合>
   封筒に「芸術局スタッフ応募」と朱書きの上、提出書類を下記に送付して下さい。
   〒422-8019 静岡県静岡市駿河区東静岡2丁目3-1
   公益財団法人 静岡県舞台芸術センター 芸術局スタッフ募集係
   ※簡易書留、宅急便など、配達されたことが確認できる方法で送付されることをお勧めします。
  <メールの場合>
   件名に「芸術局スタッフ応募」と記入の上、下記のアドレスに送信して下さい。
   特設メールアドレス apply★spac.or.jp (★を@に変えてお送りください)
   ※選考結果等の連絡は特設メールアドレスより行いますので、
    このアドレスからのメールが受信できるよう、携帯電話やメールソフトの設定をお願いします。

3.応募締切 2017年11月30日(木)必着

◎その他
 ご応募頂いた書類は、返却いたしませんのでご了承下さい。

◎お問い合わせ
 公益財団法人 静岡県舞台芸術センター(SPAC)芸術局スタッフ募集係
 〒422-8019 静岡県静岡市駿河区東静岡2丁目3-1
 TEL 054-203-5730(受付10:00~18:30) FAX 054-203-5732  apply@spac.or.jp

★スタッフ募集説明会を11月18日(土)に開催いたします。
 詳細はこちら

 
*一部チラシ誤記にかかわるお詫びとお知らせ*
スタッフ募集の、県内県外に配架させていただきました一部チラシに関し、誤記がございました。
訂正し、深くお詫び申し上げます。

・中面 右中段
 誤)〒422-8015
 正)〒422-8019

なお誤った郵便番号にて応募書類を送付された場合につきましても、住所が正しく記載されていましたら、静岡県舞台芸術センターに配達されます。


2017年10月18日

11月18日(土)『変身』トークゲストはケラリーノ・サンドロヴィッチ氏に決定!

ナイロン100℃主宰のケラリーノ・サンドロヴィッチさんが、
変身』の11月18日(土)のアーティストトークゲストに決定しました。
 
KERAアー写ケラリーノ・サンドロヴィッチ
劇作家・演出家・音楽家・映画監督
1963年東京都生まれ。82年、ニューウェーブバンド・有頂天を結成。自主レーベルであるナゴムレコードを立ち上げる。並行して85年に劇団健康を旗揚げ、93年にナイロン100℃を始動。99年、『フローズン・ビーチ』にて岸田國士戯曲賞受賞、現在は同賞の選考委員を務める。
2015年菊田一夫演劇賞、2016年『グッドバイ』にて読売演劇大賞最優秀作品賞、優秀演出家賞、芸術選奨文部科学大臣賞、2017年『8月の家族たち』で読売演劇大賞最優秀演出家賞、『キネマと恋人』で読売文学賞 戯曲・シナリオ部門、ハヤカワ「喜劇悲劇」賞、また同作と『ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。
映像では映画『グミ・チョコレート・パイン』『罪とか罰とか』、テレビ連続ドラマ『怪奇恋愛作戦』など。また吉永小百合主演映画『北の桜守』では映画中演劇シーンの演出を担当している(2018年3月公開予定)。
再結成した有頂天、ケラ&ザ・シンセサイザーズ、鈴木慶一とのユニットNo Lie-Sensなど各ユニットにて音楽活動も展開中。2016年はソロ・アルバム『Brown, White & Black』、No Lie-Sense『Japan’s Period』、有頂天「カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ」をリリース。Twitterアカウントは「@kerasand」。
なお、来月には劇団の新作公演が控えている。ナイロン100℃ 44th SESSION『ちょっと、まってください』2017年11月10日(金)〜12月3日(日) 東京・下北沢 本多劇場(他、各地方公演有り)


『グッドバイ』『キネマと恋人』をはじめ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏の演出作品でたびたび振付/ステージングを担当されている小野寺さん。
何度もタッグを組んできたお二人のトークでは、深いお話が聞けそうです…! どうぞお楽しみに。


2017年10月12日

SPAC出張劇場 チェーホフ『熊』

Filed under: アウトリーチ

ツンデレ女が、ツンデレ男と出会ったら――?

夫を亡くし悲しみに暮れる女・ポポーワのもとに、
夫が残した借金を取り立てに男・スミルノフがやってきた。
男は返済を迫るが、女は無下に断りつづけ、口争いはヒートアップ。
ところが、借金の話はいつしか恋の駆け引きとなっていき・・・!?
チェーホフの「笑劇」の世界を生演奏とともにお楽しみください。

 

『熊』
作:アントン・チェーホフ (チェーホフ著 浦雅春訳『桜の園/プロポーズ/熊』 光文社古典新訳文庫)
演出:大岡淳
出演:石井萠水、春日井一平、牧山祐大
作曲・演奏:渡会美帆
上演時間:50分 (予定)
製作:SPAC-静岡県舞台芸術センター

11月23日(木・祝) 15:00開演 ※14:40開場
会場:吉田町立図書館 視聴覚ホール
定員:100名
☆入場無料/申込不要☆
主催・お問い合わせ:吉田町立図書館(TEL:0548-33-3434)

12月2日(土) 19:00開演 ※18:30開場
会場:御前崎市立図書館アスパル 1階
定員:80名
☆入場無料/申込不要☆
主催・お問い合わせ:御前崎市立図書館(TEL:0537-86-8181)

熊-御前崎【第3校】-1 熊-御前崎【第3校】-22

 


2017年10月10日

子どもと大人が一緒に楽しめる「おはなし劇場」11月の開催予定♪

♪子どもと大人が一緒に楽しめる演劇♪

11月の「おはなし劇場」は、『なむちんかむちん』を上演いたします。

楽器の音や手遊び歌とともに、間近でみる俳優の声と身体によるひと味ちがった「おはなし」をお子さんと一緒にお楽しみください。終わったあとは、俳優と楽器で遊びましょう♪

『ゆうだち』
「おはなし劇場」の様子/『ゆうだち』 出演:片岡佐知子、木内琴子

『なむちんかむちん』
(作:やぎゅう げんいちろう、出版社:福音館書店)
出演:大内智美、木内琴子

11月11日(土) 10:30~ ※定員に達したため、受付を終了しました。
会場:静岡市長田児童館 遊戯室

対象:幼児から小学生までの子どもとその保護者
定員:80名 (申込順)
申込方法:電話(054-259-7878) または 長田図書館受付カウンター
申込開始:10月18日(水) 9:30~
主催:静岡市立長田図書館、静岡市長田児童館
★入場無料/要予約★

11月12日(日) 10:30~
会場:静岡芸術劇場1Fロビー

対象:0歳児~
★入場無料/予約不要★


2017年9月19日

10月8日(日)『病は気から』トークゲストは映画監督の森義隆氏に決定!

映画監督の森義隆さんが、『病は気から』の10月8日(日)のアーティストトークゲストに決定しました。

mori-yoshitaka-light

森さんは、夭折の天才将棋棋士・村山聖を松山ケンイチが熱演し話題になった映画『聖の青春』で知られる注目の映画監督です。ノゾエさんとは、広島カープの創設を描いたNHKのドラマ「鯉昇れ、焦土の空へ」で、ノゾエさんが脚本、森さんが演出を担当された縁で親交を深められました。また、森さんは早稲田大学在学中に演劇サークルに所属されていたとのことで、演劇と映像の創作に関する興味深いトークとなるはず!

※10月15日(日)は栗原類さん、10月22日(日)は松尾スズキさんが、アーティストトークゲストとして登場します。


2017年9月9日

10月22日(日)『病は気から』トークゲストは松尾スズキ氏に決定!

作家・演出家・俳優の松尾スズキさんが、『病は気から』の10月22日(日)のアーティストトークゲストに決定しました。

matsuo suzuki
 
松尾さんは、この夏、東京芸術劇場ほかで上演されたノゾエ征爾さん脚本・演出の『気づかいルーシー』の原作者で、ノゾエさんは学生時代にENBUゼミナールで松尾ゼミに所属していたというご縁も。
師弟によるトークをどうぞお楽しみに!

※10月15日(日)は、同じく『気づかいルーシー』に出演されていた栗原類さんがアーティストトークゲストとして登場します。


10月15日(日)『病は気から』トークゲストは栗原類氏に決定!

モデルで俳優の栗原類さんが、『病は気から』の10月15日(日)のアーティストトークゲストに決定しました。

image1
 
栗原さんは、この夏、東京芸術劇場ほかで上演されたノゾエ征爾さん脚本・演出の『気づかいルーシー』に出演されていました。SPAC創作・技術部の深沢襟と駒井友美子も、それぞれ美術と衣裳を担当させていただいておりました。『病は気から』もこの二人が美術・衣裳をデザインしています。
『気づかいルーシー』をご覧になられた方がいらっしゃいましたら、ぜひ美術・衣裳にもご注目いただき、その違いをお楽しみください。


2017年9月6日

SPACリーディング・カフェ開催情報(10・11月/しんしゃく源氏物語)

10・11月のSPACリーディング・カフェ開催のお知らせです!

▼▼▼『しんしゃく源氏物語』リーディング・カフェ開催情報▼▼▼

『源氏物語』というと美男子の光源氏が出てくる話だと、ご存知の方も多いのではないでしょうか?この『しんしゃく源氏物語』の主人公は『源氏物語』の中で古風で頑固、不美人と言われている末摘花です。しかし、源氏を想う気持ちは誰よりも美しいのです。ナビゲーターは歴史に詳しく物知りな奥野晃士と、前回『しんしゃく源氏物語』に出演していた木内琴子が務めます。この台本を声に出して読んでみませんか?

源氏FB用

10/27(金) 18:30~
みしまプラザホテル
  ※満席となりました。
住所:三島市本町14-31 アクセス
電話:055-972-2121
一般:1500円、大学生以下500円(ワンドリンク付・お菓子き)
ナビゲーター:奥野晃士

11/1(水) 18:30~
働く女子大学 うるおいプラス (オープン5周年)

住所:静岡市葵区紺屋町11-1浮月ビル5階 アクセス
電話:054-252-8820
一般:1500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:奥野晃士
★オープン5周年、記念セレモニーとして末摘花にちなんで花柄小物またはお花持参の方には特典がありますよ。

11/5(日) 14:00~
五明茶業組合

住所:掛川市五明431
★晴れたら茶畑での開催になります。※雨天の場合は茶工場内
電話:0537-21-1126(かけがわ茶エンナーレ実行委員会事務局)
一般:500円(お茶・お菓子付き)
ナビゲーター:木内琴子
*かけがわ茶エンナーレのウェブサイトはこちら

11/12(日) 15:00~
カフェ・シンデレラ(静岡芸術劇場2階)

住所:静岡市駿河区池田79-4(グランシップ内)
電話:054-202-3399(SPACチケットセンター)
ナビゲーター:木内琴子
一般:1500円(ワンドリンク・お菓子付き)

11/16(木) 14:00~
絵本の店Peekaboo!(ぴぃかぁぶぅ)

住所:静岡市駿河区大坪町1-28 アクセス
電話:054-287-5674
一般:1500円(ワンドリンク付き)
ナビゲーター:木内琴子

▼▼▼あらすじ▼▼▼
美男美女ばかりの『源氏物語』において、ただひとりの不美人の末摘花は古風な教育を受けた頑固で一途な姫。光源氏とのたった一度の逢瀬をたよりに、荒れ果てていく屋敷で彼を待ち続ける。屋敷はボロボロ、食事も質素、没落が目に見えた生活に耐えかねて、今日もまた一人、侍女がこの屋敷を逃げだしていく。末摘花は一途に源氏を想い、必ず戻ってくると待ち続ける…。

========
申し込み開始日:9月9日(土)~10:00
SPACチケットセンターTEL.054-202-3399(受付時間10:00-18:00) 
または、各会場まで直接ご連絡ください。
========


おためし劇場『病は気から』

otameshi_yamai20170930_flye

「SPACおためし劇場」は、
舞台稽古を見たり、演出家の話を聞いたり、普段は見られない舞台の裏側をのぞくことができる無料のイベントです。

普段あまり演劇を観る機会のない方の中には、
 「行ってみたいけど、敷居がたかいな・・・」
なんて思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは気軽に劇場に来ていただきたいと思い、始めたのが「SPACおためし劇場」です。
公演はもちろん、舞台ができあがっていく現場ってとっても面白いんです!
ぜひのぞきに来てみてください! 
 
 
第10回 『病は気から』
日時/2017年9月30日(土) 
   13:30~15:00

会場/静岡芸術劇場 (JR東静岡駅前グランシップ内)
参加費無料 (要予約)

 
◆ご予約・お問い合わせ
SPACチケットセンター TEL.054-202-3399 (受付時間=10:00~18:00)

*『病は気から』公演詳細はこちら
 
これまでの「SPACおためし劇場」

#9 2017年1月8日(日) 「シェイクスピアの『冬物語』」
#8 2016年11月20日(日) 『サーカス物語』
#7 2016年10月23日(日) 『高き彼物』
#6 2016年10月1日(土) 『東海道四谷怪談』
#5 2016年2月13日(土) 『ロミオとジュリエット』
#4 2016年1月10日(日) 『黒蜥蜴』
#3 2015年11月28日(土) 『薔薇の花束の秘密』
#2 2015年10月17日(土) 『王国、空を飛ぶ!』
#1 2015年9月13日(日) 『舞台は夢』