2018年7月9日

「SPAC秋→春のシーズン2018-2019」製作発表会/レオノーラ・ミアノ氏講演会のお知らせ

SPACは毎年10~3月にかけて「秋→春のシーズン」と題し、古今東西の名作戯曲を静岡芸術劇場で上演しています。

今シーズンは、宮城聰が選んだ次世代を担う演出家・西悟志、多田淳之介、ジャン・ランベール=ヴィルドがSPACの俳優・スタッフと新作に挑むとともに、宮城はコリーヌ国立劇場(仏)からの委嘱を受け、アフリカの奴隷貿易を題材とした戯曲『顕れ(仮題)』(原題:Révélation)を日本人の死生観をもとに舞台化します。

この意欲的なプログラムに是非ご注目いただきたく、このたび製作発表会を下記日程で開催する運びとなりました。

さらに急遽来日が決定したレオノーラ・ミアノ氏(『顕れ』作者)の講演会も行いますので、参加ご希望の方は、SPACチケットセンターにお申し込みください。

 
「SPAC秋→春のシーズン2018-2019」製作発表 / レオノーラ・ミアノ氏講演会
■日  時:2018年7月23日(月)11:00~12:30
■会  場:アンスティチュ・フランセ東京内「エスパス・イマージュ」
■アクセス:http://www.institutfrancais.jp/tokyo/about/contact/(東京都新宿区市谷船河原町15)
・JR総武線 飯田橋駅西口より徒歩7分
・地下鉄(有楽町線・南北線・東西線)飯田橋駅B3出口より徒歩7分
・都営地下鉄(大江戸線)牛込神楽坂駅A2出口より徒歩7分

■概  要:
【第一部】「SPAC秋→春のシーズン2018-2019」製作発表 11:00~11:45(予定)
登 壇 者:
 西 悟志(演出家/シーズン#1『授業』演出)
 多田淳之介(演出家、東京デスロック主宰、富士見市民文化会館キラリふじみ芸術監督/シーズン#2『歯車』演出)
 宮城 聰(SPAC芸術総監督/シーズン#3『顕れ』演出)

【第二部】レオノーラ・ミアノ氏講演会 11:45~12:30(予定)
登 壇 者:
 レオノーラ・ミアノ(『顕れ』作者)

■お申込み:2018年7月10日(火)申込開始
SPACチケットセンター TEL:054-202-3399 (受付時間10:00~18:00)
参加無料・要予約
※第一部・第二部のみの参加も可
※定員40名(定員に達し次第、受付を締め切らせていただきます。)

「SPAC秋→春のシーズン2018-2019」ラインナップ及び演出家プロフィールはこちらをご覧ください。
http://spac.or.jp/news/?p=13767

★『顕れ(仮題)』(原題:Révélation)は静岡公演に先立つ9月、コリーヌ国立劇場で初演されます。
公演日:9/20(木)~10/20(土) 全27公演[9/24(月)・10/1(月)・8(月)・16(火)休演]
会 場:コリーヌ国立劇場(フランス)
詳細はこちらをご覧ください。

 

第二部 登壇者プロフィール
レオノーラ・ミアノ Leonora MIANO
MIANO leonora, Paris, 20171973年カメルーン生まれ。1991年の留学以来フランスに在住し、フランス語で作品を発表する女性作家。2005年にアフリカ内戦の悲劇を描いた『夜の内側』を発表、その後、アフリカ3部作と呼ばれる『来たるべき日の輪郭』(2006年)『深紅の夜明け』(2009年)を発表する。2013年には、奴隷貿易の淵源を描いた『影の季節』でフェミナ賞を受賞。こうしたアフリカシリーズを通じ作家は、奴隷貿易から植民地支配を経て今日に至る大陸の歴史との関連において、現代アフリカの問題をとらえようとしている。本作『Révélation』は2015年に発表された『青の中の赤3部作』からの一遍。
 
 
主催:SPAC-静岡県舞台芸術センター
[第二部]助成:在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
=====

★「秋→春のシーズン2018-2019」チケット情報

[チケット発売日]#1『授業』…8/4(土) 一般前売開始
         #2『歯車』#3『顕れ(仮題)』…9月下旬 一般前売開始
         #4『妖怪と私(仮題)』…12月中旬 一般前売開始
[チケット料金]一般4,100円 / ゆうゆう割引(満60歳以上)3,400円
※その他、ペア割引、学生割引などがございます。
[購 入 方 法]SPACチケットセンター TEL.054-202-3399(10:00~18:00)
※公式サイト、劇場窓口でもご購入いただけます。


2018年1月11日

1月13日(土)『しんしゃく源氏物語』トークに出演者全員が登場!

1月13日(土)『しんしゃく源氏物語』アーティストトークには演出・原田一樹と本作の出演者7名全員が登場!
司会はSPAC文芸部・大岡淳が務めます。

しんしゃくトーク

初日の公演を終えたばかりの原田さんや出演者に、聞いてみたいことがあれば、是非この機会に質問してみてください♪ 皆様に質問カードをお配りしますので、お気軽にご質問いただけます。

なお、13日のトークは劇場内で行いますですので、ゆっくりと座ってご参加ください♪


2017年12月15日

『しんしゃく源氏物語』キャスト発表!

1998年の初演から20年、SPACとともに歩んできた『しんしゃく源氏物語』。
今回新たなメンバーを迎え、以下のWキャストで8年ぶりの再演に挑みます!

姫:池田真紀子
少将:舘野百代
宰相:石井萠水(Aキャスト)/ながいさやこ(Bキャスト)
侍従:山本実幸
叔母:河村若菜
右近:大内智美
左近:ながいさやこ(Aキャスト)/石井萠水(Bキャスト)

Aキャスト:
1月13日(土)、14日(日)、2月3日(土)、4日(日)

Bキャスト:
1月21日(日)、27日(土)、28日(日)

公演の詳細はこちらをご覧ください。


2017年10月18日

11月18日(土)『変身』トークゲストはケラリーノ・サンドロヴィッチ氏に決定!

ナイロン100℃主宰のケラリーノ・サンドロヴィッチさんが、
変身』の11月18日(土)のアーティストトークゲストに決定しました。
 
KERAアー写ケラリーノ・サンドロヴィッチ
劇作家・演出家・音楽家・映画監督
1963年東京都生まれ。82年、ニューウェーブバンド・有頂天を結成。自主レーベルであるナゴムレコードを立ち上げる。並行して85年に劇団健康を旗揚げ、93年にナイロン100℃を始動。99年、『フローズン・ビーチ』にて岸田國士戯曲賞受賞、現在は同賞の選考委員を務める。
2015年菊田一夫演劇賞、2016年『グッドバイ』にて読売演劇大賞最優秀作品賞、優秀演出家賞、芸術選奨文部科学大臣賞、2017年『8月の家族たち』で読売演劇大賞最優秀演出家賞、『キネマと恋人』で読売文学賞 戯曲・シナリオ部門、ハヤカワ「喜劇悲劇」賞、また同作と『ヒトラー、最後の20000年〜ほとんど、何もない』で紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞。
映像では映画『グミ・チョコレート・パイン』『罪とか罰とか』、テレビ連続ドラマ『怪奇恋愛作戦』など。また吉永小百合主演映画『北の桜守』では映画中演劇シーンの演出を担当している(2018年3月公開予定)。
再結成した有頂天、ケラ&ザ・シンセサイザーズ、鈴木慶一とのユニットNo Lie-Sensなど各ユニットにて音楽活動も展開中。2016年はソロ・アルバム『Brown, White & Black』、No Lie-Sense『Japan’s Period』、有頂天「カフカズ・ロック/ニーチェズ・ポップ」をリリース。Twitterアカウントは「@kerasand」。
なお、来月には劇団の新作公演が控えている。ナイロン100℃ 44th SESSION『ちょっと、まってください』2017年11月10日(金)〜12月3日(日) 東京・下北沢 本多劇場(他、各地方公演有り)


『グッドバイ』『キネマと恋人』をはじめ、ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏の演出作品でたびたび振付/ステージングを担当されている小野寺さん。
何度もタッグを組んできたお二人のトークでは、深いお話が聞けそうです…! どうぞお楽しみに。


2017年9月19日

10月8日(日)『病は気から』トークゲストは映画監督の森義隆氏に決定!

映画監督の森義隆さんが、『病は気から』の10月8日(日)のアーティストトークゲストに決定しました。

mori-yoshitaka-light

森さんは、夭折の天才将棋棋士・村山聖を松山ケンイチが熱演し話題になった映画『聖の青春』で知られる注目の映画監督です。ノゾエさんとは、広島カープの創設を描いたNHKのドラマ「鯉昇れ、焦土の空へ」で、ノゾエさんが脚本、森さんが演出を担当された縁で親交を深められました。また、森さんは早稲田大学在学中に演劇サークルに所属されていたとのことで、演劇と映像の創作に関する興味深いトークとなるはず!

※10月15日(日)は栗原類さん、10月22日(日)は松尾スズキさんが、アーティストトークゲストとして登場します。


2017年9月9日

10月22日(日)『病は気から』トークゲストは松尾スズキ氏に決定!

作家・演出家・俳優の松尾スズキさんが、『病は気から』の10月22日(日)のアーティストトークゲストに決定しました。

matsuo suzuki
 
松尾さんは、この夏、東京芸術劇場ほかで上演されたノゾエ征爾さん脚本・演出の『気づかいルーシー』の原作者で、ノゾエさんは学生時代にENBUゼミナールで松尾ゼミに所属していたというご縁も。
師弟によるトークをどうぞお楽しみに!

※10月15日(日)は、同じく『気づかいルーシー』に出演されていた栗原類さんがアーティストトークゲストとして登場します。


10月15日(日)『病は気から』トークゲストは栗原類氏に決定!

モデルで俳優の栗原類さんが、『病は気から』の10月15日(日)のアーティストトークゲストに決定しました。

image1
 
栗原さんは、この夏、東京芸術劇場ほかで上演されたノゾエ征爾さん脚本・演出の『気づかいルーシー』に出演されていました。SPAC創作・技術部の深沢襟と駒井友美子も、それぞれ美術と衣裳を担当させていただいておりました。『病は気から』もこの二人が美術・衣裳をデザインしています。
『気づかいルーシー』をご覧になられた方がいらっしゃいましたら、ぜひ美術・衣裳にもご注目いただき、その違いをお楽しみください。


2017年5月17日

SPACリーディング・カフェ開催情報『病は気から』(6,7月)

6、7月のSPACリーディング・カフェのお知らせです!
読む戯曲はモリエールの『病は気から』です。

病Rカフェイラスト

なんと、今回のリーディング・カフェは静岡県内の病院でも開催します!
静岡芸術劇場内の富士山が見えるカフェシンデレラでも。
ナビゲーターは奥野晃士と横山央が務めます!
予約開始日は5月20日(土)10:00 ~

<あらすじ>
舞台はパリ。主人公はお金持ちのアルガン。本当は健康なのに、自分は病気だと思い込み、年中治療をうけ毎日浣腸をしている。アルガンの娘アンジェリックは、父親から結婚の話を切り出されるが、恋人からの求婚かと思いきや、アルガンの主治医の甥に嫁がせられそうに。アルガンの医者への盲信をなくすために、家族は、とある作戦を実行する…。

========

病院で読む!?
6月15日(木)19:00~
会場:菅ケ谷内科医院

住所:藤枝市堀之内1724
電話:054-643-0610
ナビゲーター:奥野晃士
料金:1000円(ワンドリンク付き)
www.sugegayanaika.com
 
 
6月16日(金)18:30~
みしまプラザホテル

住所:三島市本町14-31
電話:055-972-2121
ナビゲーター:奥野晃士
一般:1500円(ワンドリンク付き)
大学生以下:500円(ワンドリンク付き)
www.mishimaph.co.jp
 
 
6月17日(土)18:00~
水谷脳神経外科クリニック

住所:静岡市駿河区馬渕4-11-9
電話:054-202-7778
ナビゲーター:奥野晃士
料金:1500円(ワンドリンク付き)
www.mizutani-neuro.com
 
 
6月29日(木)19:00~
浜本整形外科医院

住所:静岡市葵区城北40-5
電話:090-3421-5693(浜本)
ナビゲーター:奥野晃士
料金:1500円(ワンドリンク付き)
www.hamamotoseikei.com
 
 
SPACでくつろぎながら読む
7月30日(日)15:00~
カフェ・シンデレラ (静岡芸術劇場2階)

住所:静岡市駿河区池田79-4 グランシップ内
ナビゲーター:横山央
料金:1500円(ワンドリンク付き)
 
 
●お申し込み・お問合せ
SPACチケットセンター
電話:054-202-3399(受付時間10:00~18:00)
予約受付開始日=5月20日(土)
※各会場へも直接お申込みいただけます。


2016年12月4日

「静岡から社会と芸術について考える合宿ワークショップ vol.5」参加者募集開始!


大変お待たせいたしました、大好評の「静岡から社会と芸術について考える合宿ワークショップ」第5回目の参加者募集を開始しました。
今回のテーマは、〈見て見ぬフリと見ているツモリ〉。
ちょっとガチ&かなりワクワクな3日間のワークショップ、日本ではまだあまり実践されていない対話の方法も体験できます。自分の周りにちょっとした変化を起こしたい人、ぜひご参加ください!
(この3日間のプログラムは参加型ワークショップで構成されます。)
 
【開催日程】2017年2月4日(土)~6日(月)
【開催場所】静岡芸術劇場、舞台芸術公園

【主なプログラム内容】
<2月4日(土)>
・シェイクスピアの『冬物語』観劇 *公演詳細はこちら
・シェイクスピアの『冬物語』観劇体験をシェアする話し合い(ワールド・カフェ)
  
<2月5日(日)>
・WS1「見て見ぬフリと見ているツモリ」について考えるWS 其の壱
・WS2「見て見ぬフリと見ているツモリ」について考えるWS 其の弐
・WS3オープン・スペース・テクノロジー(この指とまれ方式の対話の時間)
  
<2月6日(月)>
・プロアクション・カフェ(発案者の「その気」が「やる気」になるための話し合いの時間)
・ふりかえり

  
応募方法、募集期間、その他詳細につきましては、こちらのページをご覧ください。
「静岡から社会と芸術について考える合宿ワークショップ vol.5」
ご応募、お待ちしております!


2016年10月22日

静岡シネ・ギャラリー×SPACによる古舘寛治出演映画『淵に立つ』公開記念企画

第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞し話題になった
古舘寛治出演映画『淵に立つ』が、いよいよ静岡でも公開されます!

静岡駅近くの映画館、静岡シネ・ギャラリーでは
『高き彼物』の公演と同時期に上映されます。

上映期間:2016/11/12(土)~11/25(金) ①12:05~14:10 ②19:00~21:05

p1260163

これを記念して、映画『淵に立つ』と舞台『高き彼物』の両作品をご覧になる方に
お得な特典をご用意しました!
 
☆ 映画『淵に立つ』チケット(半券可)提示で
「カフェ・シンデレラ」にてドリンク全品100円引き!
※『高き彼物』一般公演日11/3(木・祝)・11/5(土)・11/13(日)・11/19(土)に有効。

☆ 『高き彼物』のチケット(半券可)提示で
静岡シネ・ギャラリーにて『淵に立つ』当日料金割引!
※当日一般料金:300円引き、その他当日料金:100円引き。
 
 
そして、映画『淵に立つ』 11/13(日) 12:05の回上映後に、同映画館にて、
深田晃司監督と古舘寛治さんの舞台挨拶の開催が決定しました!
詳しくは、下記URLでご覧いただけます。
http://www.cine-gallery.jp/

さらに、同日、静岡芸術劇場では、『高き彼物』終演後にお二人のアーティストトークも開催されます。

古舘さんは、『淵に立つ』では出演者として、『高き彼物』では演出家として、
それぞれ立場を変えての二つのトーク。
一体どんな話が飛び出すのでしょうか!?

この秋は、映画と舞台を観に両方の「劇場」に足を運んでみませんか!?

================
SPAC秋→春のシーズン2016 ♯2
『高き彼物』
一般公演:11月3日(木・祝)、5日(土)、13日(日)、19日(土)
演出:古舘寛治 作:マキノノゾミ 舞台美術デザイン:宮沢章夫
静岡芸術劇場
*詳細はコチラ
================


1 / 3123