2013年6月23日

【映像】『黄金の馬車』アーティスト・トーク ゲスト:北川フラム氏 2013年6月22日

6月22日(土)の『黄金の馬車』アーティスト・トークは、
アートディレクターの北川フラムさんをゲストとしてお迎えしました。

今回はじめて宮城聰演出作品をご覧いただいたという北川フラムさん。
きびしいツッコミ(?)とともにいろいろな質問をに投げかけていただきました。

聞き逃した方はぜひどうぞ!


2013年6月19日

【映像】『黄金の馬車』アーティスト・トーク ゲスト:武富健治氏 2013年6月15日

6月15日(土)の『黄金の馬車』アーティスト・トークは、
漫画家の武富健治さんをゲストとしてお迎えしました。

原作であるプロスペル・メリメの「サン・サクルマンの四輪馬車」を読み、
ジャン・ルノワールの映画「黄金の馬車」もご覧になってきたという
予習バッチリの武富健治さん。

かつて演劇活動に関わっていらしたという武富さんが
「漫画って映画より演劇に近いと思う」と言われるその意味とは――。

宮城が演劇をはじめたときの話から、
今回なぜ「古事記」を取り上げたのか?などなど、
笑いに包まれたトークをぜひお聴きください!


2013年6月13日

【映像】『黄金の馬車』アーティスト・トーク ゲスト:柳家花緑氏 2013年6月8日

6月8日(土)の『黄金の馬車』アーティスト・トークは、
落語家の柳家花緑さんをゲストとしてお迎えしました。
以前から宮城聰の演出作をご覧いただいているという柳家花緑さん。
「幸せな時間を過ごせた」とのお言葉をいただきました。

トークは、演技スタイル(“言動分離”と“言動一致”)から、
落語界にも通じる「観客との関係」などなど、盛りだくさんの内容となりました。

ぜひお聴きください!


2013年6月11日

『黄金の馬車』ブログ(8 )

『黄金の馬車』、1週目と2週目の公演が終了いたしました。
たくさんのお客様にご来場いただきました!ありがとうございます。

残すはあと2公演!
お席が少なくなっておりますので、ぜひお早めにご予約ください。
野外劇場でお待ちしております!

舞台写真が届きました!






2013年5月30日

『黄金の馬車』ブログ(7)

5月25日(土)・26日(日)、シズオカ×カンヌウィークに『黄金の馬車』チームが登場しました!
*詳細はこちら

潮風が心地よい野外のステージで、『黄金の馬車』の劇中劇「古事記」の部分を中心とした作品を披露しました。
多数のご来場まことにありがとうございました!

当日の様子を動画でご覧ください♪

パフォーマンスの前に練り歩きを行う役者たち。
楽器のにぎやかな音が会場内に響き渡ります。SPACの新しいのぼりにも注目!
P1080276

続きは、劇場で!
6月1日(土)、いよいよ初日です!!
『黄金の馬車』詳細はこちら


2013年5月25日

『黄金の馬車』ブログ(6)

【お知らせ】
シズオカ×カンヌウィーク2013にSPACが出演します!!
演劇祭の開幕に先駆けて、海辺の野外ステージで『黄金の馬車』の特別バージョンを上演します。
当日は衣裳を着た役者たちによる練り歩きも予定しています。
お見逃しなく!!

5月25日(土)1)11:30~ 2)13:30~  
5月26日(日)13:30~
会場:清水マリンパークイベント広場 野外ステージ

☆詳細はこちら
☆昨年、『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』で出演した際の様子はこちら

【チケット情報】(5月24日現在)
6月8日(土)の公演は、おかげさまで満席になりました。ありがとうございます!
ほかのお日にちはまだ間に合います!チケットのご予約はお早めにお願いいたします。詳細はこちら

=====

初日も迫ってまいりましたので、ここで改めて作品を紹介します。

原案は、プロスペル・メリメ作の戯曲『サン・サクルマンの四輪馬車』(リーディング・カフェで読まれた方もいらっしゃるのではないでしょうか?)を下敷きに1952年にジャン・ルノワールが監督した映画『黄金の馬車』です。

映画では南米ペルーに、イタリアのコメディア・デラルテ(仮面劇)の旅一座がやってくるお話。
しかし、宮城聰演出・SPAC版『黄金の馬車』では・・・。



(※写真は、静岡芸術劇場での稽古風景)

着物に烏帽子・・・?
舞台は室町時代の日本なのです!
コメディア・デラルテは、劇中劇の古事記に!
古事記といえば、ふじのくに野外芸術フェスタ『古事記!! エピソード1』(演出:宮城聰)もお忘れなく。『黄金の馬車』と合わせてご覧いただくと、より一層お楽しみいただけるとおもいます!
古事記といっても難しくはなく、視覚的に楽しめる仕掛けがたくさんあります。

このブログを書いている間も、野外劇場「有度」からは、舞台を彩るパーカッションの生演奏が聞こえてきます。
日々の稽古の様子に関しては、出演俳優・石井萠水によるブログ「萌目線。」をご覧ください!

みなさまのご来場、心よりお待ち申し上げます。

まずは、明日・明後日、シズカンの会場でお会いいたしましょう!


2013年5月6日

『黄金の馬車』ブログ(5)

よく晴れた日。
野外劇場にスタッフが集合しています。
演出、空間構成、照明、舞台監督、美術、音響、舞台、制作・・・

見づらいですが、皆の視線の先にあるのは、今回の舞台の模型です。

模型の中を覗いて見ると、小さな紙人形がいました。

走っている人たち。


座っている人たち。


こちらは模型・・・ではなく、本物の舞台です。野外劇場では、連日技術スタッフが作業中です。
雨や風にさらされても大丈夫なよう、頑丈に作られています。

ただいまチケット好評発売中です♪
詳細は『黄金の馬車』ページをご覧ください。
http://spac.or.jp/f13goldencoach.html


2013年4月23日

『黄金の馬車』ブログ(4)

4月20日(土)に、『黄金の馬車』稽古見学会+ふじのくに⇄せかい演劇祭2013ラインナップ紹介イベントを開催しました。多くのお客様にご参加いただき、にぎやかで楽しい一日になりました!
ご来場誠にありがとうございました。

まずはリハーサル室にて、トレーニングの見学。
SPAC俳優が日々行なっている身体訓練を見ることのできる貴重な機会です。
集中力を切らさず身体を動かし続ける俳優たちと、それを見つめる見学席の真剣な視線。
厳粛な雰囲気が漂います。



午後は、宮城聰演出『黄金の馬車』の稽古見学。
新作のため、これが初公開となりました。
SPAC作品ならではの楽器演奏も目の前で行なわれ、迫力満点です。


この時点では衣裳や小道具も仮のものですし、これからいろいろな変化があるかと思います。
はたして本番はどうなるのでしょうか?
稽古を見学なさった方も、そうでない方も、ぜひご自分の目でお確かめください!

チケットの一般発売は、21日より開始いたしました。
他の演目と合わせての「ハシゴ観劇」もおすすめです!


2013年4月18日

『黄金の馬車』ブログ(3)

ご覧になった方もいらっしゃるかも知れませんが、ふじのくに⇄せかい演劇祭2013の各演目ページがオープンしました!『黄金の馬車』ページはこちらから。
イラストは、メインビジュアルとともにエドツワキさんが描いてくださいました。

さて、4月17日(水)の稽古は野外劇場「有度」へ!
それぞれの立ち位置や流れを確認しています。


2013年4月8日

『黄金の馬車』ブログ(2)

『黄金の馬車』日々稽古が進んでおります。
このブログで稽古場の様子をご紹介していくつもりでいるのですが・・・
文字で書かれているだけじゃよく伝わらない・・・

そうですよね?

というわけで、実際に観ていただける機会をご用意します!!!

『黄金の馬車』稽古見学会+ふじのくに⇄せかい演劇祭2013ラインナップ紹介イベント
4月20日(土)11:30~16:00 静岡芸術劇場にて開催

詳細はこちら

トレーニング公開&『黄金の馬車』稽古見学会の定員は50名ですので、お早めのご予約をおすすめします。

稽古見学のあとには、「宮城聰と木内琴子によるふじのくに⇄せかい演劇祭2013 ラインナップ紹介」。
木内さんは『黄金の馬車』に出演いたします。
できたての「シアターファン」(SPACが発行している情報誌。ダイレクトメールや劇場で配布しています)とともに。

後ろにうつりこんでいるかわいいイラストは・・・
SPACの印刷物などにたまに登場する「ななちゃん」です。制作スタッフが描きました。


1 / 212