ブログ

2019年7月29日

【シアタースクール通信2019 #3】劇場の下見をしました!

◆劇場下見

 7月25日の稽古は、本番で実際にみなさんが立つ舞台を使って行われました。発表会の会場である「静岡芸術劇場」は、ふだんの稽古で使用しているリハーサル室とはまったく異なります。空間によって声の響きや動きの見え方が大きく変わることが、みなさんも実感できたと思います。石壁でできた本格的な劇場の雰囲気に、少し緊張したかもしれませんね。
 またしばらくはリハーサル室での稽古が続きます。今回みなさんが感じた、舞台に立ったときの感覚やお客さんとの距離感を覚えておき、本番をイメージしながら今後の稽古に臨んでほしいと思います。

TS_blog_3-1

TS_blog_3-2
 
◆発表会のチラシが完成しました!

School2019_flyer_front_0713-finish (1)

 すでに各所に配布・配架を始めていますが、今年の発表会チラシが完成しました!オモテ面のデザインは、静岡デザイン専門学校3年生の吉田真衣子さんに手掛けていただきました。
 SPACでは静岡デザイン専門学校と連携しており、毎年「SPAC秋→春のシーズン」のパンフレットを学生さんたちと一緒に作成しています。吉田さんは、昨年度の『授業』パンフレット表紙と『妖怪の国の与太郎』パンフレットのロゴもデザインしており、今回も引き受けてくれました。街中で見かけたら、ぜひ手に取ってみてください!

★パンフレットはコチラからご覧いただけます。
 
◆スタッフのご紹介

TS_blog_3-4

上段左から:渡部宏規(美術)、川合玲子(衣裳)、永井健二(アシスタント)、春日井一平(アシスタント)、花輪有紀(照明)、杉山悠里(演出部)、片岡佐知子(アシスタント)
下段左から:降矢一美(舞台監督)、佐藤ゆず(アシスタント)、中野真希(構成・演出)、ながいさやこ(アシスタント)、竹島知里(音響)

このメンバーで参加者の皆さんをサポートしていきます!
直接稽古に関係のないご相談でも大歓迎!気軽にお声掛けください。
どうぞよろしくお願いいたします!
 
◆クイズコーナー:その3 ~『夏の夜の夢』について~ 
今回の劇中劇のうちメインで使用されている『夏の夜の夢』は、シェイクスピア作品の中でもとても有名な喜劇で、音楽、美術、バレエ、映画など様々なジャンルでも扱われています。SPACでも野田秀樹さんが潤色した『真夏の夜の夢』を上演しており、人気のレパートリー作品となっています。

Q1:『夏の夜の夢』の原作で、物語の舞台はどこに設定されているでしょう?

Q2:メンデルスゾーンの劇音楽『夏の夜の夢』のうち、結婚式で新郎新婦が入退場する時に流れる超定番の曲といえば?

Q3:妖精パックのように、神話や民話に登場するいたずら者で、物語をかき乱したり、展開させたりする存在のことを何というでしょう?

Q4:SPAC版『真夏の夜の夢』では、日常で見慣れている“ある物”が舞台衣裳として使われています。それは何でしょう?(ヒント:言葉に関するもの)
 
※前回の答え…Q1:イングランド(イギリス)/Q2:『ハムレット』『オセロー』『リア王』『マクベス』/Q3:『ウェストサイド物語』/Q4:上演する日の目印として、劇場のてっぺんに旗を掲げていた。
 
=================
SPACシアタースクール2019
『オフェリアと影の一座』
構成・演出:中野真希
原作:ミヒャエル・エンデ
出演:静岡県内の中高生
8月17日(土)・18日(日)16時開演
会場:静岡芸術劇場

★詳細はこちら
=================

2019年7月21日

【シアタースクール通信2019 #2】基礎トレーニングがアツい3日間!!

◆稽古風景 ~基礎トレーニング!~

7/13~15の3連休に行われた稽古では、スズキ・メソッド(初代SPAC芸術総監督・鈴木忠志が考案した俳優訓練法)を基にしたトレーニングをはじめ、身体づくり・基礎稽古に時間が費やされました。「舞台に立つための身体づくり」をしっかりと学べるのもシアタースクールの大きな特徴です。

トレーニングの様子を見ていると、ひとりひとりの身体・声・在り方がまったく異なることに驚きます。みんな得意なことや苦手なことがありますが、演出の中野やアシスタント俳優たちが参加者それぞれの魅力を最大限引き出せるようサポートしていきます!
 
<トレーニング>

SPAC俳優も毎日実践しているトレーニング。舞台上での身体の作り方・集中の仕方を学びます。トレーニング中は、常に“向かいあう相手”を想定するよう指導されています。セリフを言うときも、漫然と言うのではなく、意識をどこ(だれ)に向けるのかをはっきりさせることが大切。そのための身体の使い方、重心の置き方などを訓練していきます。芯の通った身体はとっても美しい!
 
<リズム稽古>

これから楽器を使った演奏稽古もすることになりますが、その前に基本となるリズム稽古を行います。リズムゲームのほか、音楽に合わせてオモテとウラの拍を取る練習をしました。なかなか苦戦する人もいるなか、涼しい顔で正確なリズムを刻む強者も…。自分なりにやりやすい方法を探るよう、アドバイスがありました。
 
<ダンス稽古>

ダンスの時間でも、振付を覚える前に基礎訓練。 今回は“歩く練習”をしました。音楽に合わせて自分の身体がどう反応するかを体感したり、足音を立てない歩き方を考えたり…。歩くときの目線や、周りを意識して歩くことなど、ダンスをするための土台づくりの時間となりました。
 
<台本読み合わせ>

 
TS_letter2_photo5_2
トレーニングの後は、台本も読んでいます。『オフェリアと影の一座』のほか、劇中劇として使われる『真夏の夜の夢』(シェイクスピア)のうち、いくつかの場面も読んでみました。グループに分かれて、割り振られたセリフをどうやって読むのがよいか、みんなで相談しながら考えます。また、全体ではムーバー(動き手)※もつけながら、立ち位置などの舞台上での構図を模索していきました。

※ムーバーとは…スピーカー(話し手)のセリフに合わせて、動きを担当する人。詳しくは別の機会にご紹介します。
 
◆クイズコーナー:その2 ~シェイクスピアについて~ 
SPAC版『オフェリアと影の一座』では「影の一座」の公演シーンとして、「劇中劇」がたくさんあります。劇中劇とは、劇の中で劇のシーンが展開すること。今回は主にW・シェイクスピア作『真夏の夜の夢』を「影たち」が演じます。シェイクスピア(1564~1616)といえば、世界で最も知られた劇作家であり、彼の作品は世界中で上演され、400年以上経ってもまったく古びることなく愛され続けています。シェイクスピアを主人公にした映画『恋に落ちたシェイクスピア』には当時(エリザベス朝)のロンドンの様子も描かれているので、興味があれば観てみてください。

Q1:シェイクスピアの出身地はどこでしょう?

Q2:シェイクスピア作品の中で、一般に「四大悲劇」と呼ばれる有名な4作品はなんでしょう?

Q3:シェイクスピア作『ロミオとジュリエット』を題材に作られ、ニューヨークを舞台に少年非行グループの抗争で犠牲になる男女を描いたブロードウェイ・ミュージカル作品といえば、なんでしょう?

Q4:シェイクスピアが作品を上演していた「グローブ座(地球座)」には屋根がなかったため、雨の日は上演できませんでした。当日に上演するかしないかを、どのような方法でお客さんに知らせていたでしょうか?
 
※前回の答え…Q1:ドイツ/Q2:『モモ』/Q3:『サーカス物語』(ユディ・タジュディン演出)
 
=================
SPACシアタースクール2019
『オフェリアと影の一座』
構成・演出:中野真希
原作:ミヒャエル・エンデ
出演:静岡県内の中高生
8月17日(土)・18日(日)16時開演
会場:静岡芸術劇場

★詳細はこちら
=================

2019年7月13日

イナバとナバホの白兎/パリ日記2019(7)

SPAC文芸部 横山義志
2019年6月19日(水)

 

今日はケ・ブランリー美術館での初日。
午前9時スタッフ劇場入り。
今日も午後から稽古。「ヘビが死ぬ直前に悶えるのは阿部くんのを見習って」と宮城さん。オオナムチの命がヘビの室屋に入って、スサノオの娘からもらったヒレを振るとヘビが倒れていくところ。

午後7時半開場。徐々に濡れたお客さんが増え、ずぶ濡れの方も。突然の大雨らしい。

午後8時開演。固唾を呑んで見てくれている。終演。拍手がじわじわと高まっていき、割れるような拍手に。次第に立ち上がるお客さんが増えていく。

ジェヌヴィリエ劇場ディレクターのダニエル・ジャンヌトーさん、駐フランス日本国特命全権大使の木寺昌人さん、パリ日本文化会館館長の杉浦勉さんがいらしてくださった。
 
木寺大使のコメント

 
杉浦さんは2016年の初演時にもご覧になっていらしたが、「太陽神からもらった武器を戦争のためではなく平和の祭りのために使うというところに感動した」とおっしゃってくださった。

パリ日本文化会館 杉浦館長のコメント

 
コリーヌ国立劇場で『顕れ』の衣裳担当をしてくれていたアンジェルさんが来てくださった。

アンジェルさんのコメント

 
『イナバとナバホの白兎』パリ公演
Le lièvre blanc d’Inaba et des Navajos

日時:
2019年
6月19日(水)20:00
6月20日(木)20:00
6月21日(金)20:00
6月22日(土)18:00
6月23日(日)17:00

会場:
フランス国立ケ・ブランリー美術館 クロード・レヴィ=ストロース劇場
Le musée du quai Branly, Théâtre Claude Lévi-Strauss

*ケ・ブランリー美術館ウェブサイトでの公演案内はこちら(仏語のみ)

イナバとナバホの白兎/パリ日記2019(6)

SPAC文芸部 横山義志
2019年6月18日(火)

 

午前9時スタッフ劇場入り。
舞台美術のボールチェーンの仕上げ。手作業で下端を揃えていく。

 
午後1時半から一度全体を通してみる。
 
午後8時、ゲネ。200人くらいの美術館関係者、招待者、ブロガーなど。

 
ふじのくに⇄せかい演劇祭2019で上演された『Scala ―夢幻階段』出演のフロランス・ペイラールさん。「音楽と、舞台のマジカルな世界の全体に、本当に感動しました。本当にマジックでした!」と、涙ぐみながら話してくださった。

フロランス・ペイラールさんのコメント

 
故クロード・レヴィ=ストロース氏の伴侶だったモニック・レヴィ=ストロースさんも、2016年につづいていらしてくださった。初演時には舞台にクロード・レヴィ=ストロース氏が登場するのを見て、「夫が蘇ったようだった」とおっしゃっていた。楽日の日曜日にはお孫さんたちを連れていらしてくださるという。
 
『イナバとナバホの白兎』パリ公演
Le lièvre blanc d’Inaba et des Navajos

日時:
2019年
6月19日(水)20:00
6月20日(木)20:00
6月21日(金)20:00
6月22日(土)18:00
6月23日(日)17:00

会場:
フランス国立ケ・ブランリー美術館 クロード・レヴィ=ストロース劇場
Le musée du quai Branly, Théâtre Claude Lévi-Strauss

*ケ・ブランリー美術館ウェブサイトでの公演案内はこちら(仏語のみ)

2019年7月10日

イナバとナバホの白兎/パリ日記2019(5)

SPAC文芸部 横山義志
2019年6月17日(月)

 

午前9時スタッフ劇場入り。
照明調整。制作中尾さんがウサギ役に。

午前11時俳優劇場入り。稽古。
宮城さんが第3部の双子に細かく演技指導。「風が吹くときはまず音を感じて」等々。
演技指導

セーヌ川側の美術館の外の壁には大きなポスターが。
ポスター

美術館の外壁も草木で覆われた垂直な庭園になっている。この壁面緑化のシステムはここではじめて大規模に実現され、世界的に流行した。
壁面緑化

午後9時過ぎまで稽古。
稽古
10時退館。
 
『イナバとナバホの白兎』パリ公演
Le lièvre blanc d’Inaba et des Navajos

日時:
2019年
6月19日(水)20:00
6月20日(木)20:00
6月21日(金)20:00
6月22日(土)18:00
6月23日(日)17:00

会場:
フランス国立ケ・ブランリー美術館 クロード・レヴィ=ストロース劇場
Le musée du quai Branly, Théâtre Claude Lévi-Strauss

*ケ・ブランリー美術館ウェブサイトでの公演案内はこちら(仏語のみ)

【シアタースクール通信2019 #1】 開校です!

 7月6日(土)よりSPACシアタースクール2019が始まりました。シアタースクールは、学校では触れる機会の少ない演劇の面白さ・奥深さを知ってもらうことを目的として2007年にスタートし、13回目となる今年は41名のメンバーが集まりました! これからこのブログで日々の稽古風景やスタッフ紹介などをお届けしてまいります。約1ヶ月間、どうぞよろしくお願いいたします!

◆稽古初日の様子
 稽古初日は自己紹介をしたほか、身体をほぐすストレッチ・エクササイズや発声の練習をしました。後半には今回取り組む作品『オフェリアと影の一座』の台本をみんなで読み合い、演出の中野真希からは「それぞれ声が違う楽器だと思って、声の違いも楽しんで」と呼びかけがありました。
 
blog#1_A

稽古のはじめにストレッチを行います。
1時間ほどかけて、身体の各部分を念入りにほぐし、温めます。
 
blog#1_B

正しい発声の仕方についてレクチャー。
正しい姿勢で、身体の重心点〈丹田(たんでん)〉を意識していくことが大切です。
 
blog#1_C

トレーニングの様子。
手の指先を広げながら声を出すことによって、感覚を開いていきます。
 
blog#1_D

台本読みの様子。
1セリフずつ読んでいく時のまなざしは、真剣そのものです!
 
◆演出・中野真希からのメッセージ
毎年言っていることですが、ここは他人の集まりです。違う考えや価値観を持った人が集まっています。「こんな人がいる」「あんな面白い人がいる」というように、みんなの個性が輝く作品にしたい。他人と違うということを楽しんでください。
またそのために「人との距離感」についても考えてみてください。「違い」を楽しむために、適切な距離を保ちながらやっていきましょう。
 
◆クイズコーナー:その1 ~作家について知ろう!~
『オフェリアと影の一座』を書いたのはミヒャエル・エンデ(1929-1995)という児童文学作家です。この作品では「町のささやかな劇場」が舞台となりますが、エンデ自身、若いころには演劇にのめり込み、劇作家を目指して演劇学校に通っていました。空想(ファンタジー)の力を信じ、現代社会を批判的に描く彼の作品は、あらゆる国・世代で読み継がれています。
さて、そんなエンデに関してクイズです。

Q1:エンデの出身地はどこでしょう?

Q2:「時間どろぼう」が登場するエンデの代表作はなんでしょう?

Q3:これまでにSPACで上演されたことのある他のエンデ作品はなんでしょう?

答え合わせは次回のブログで!
みなさんも、ぜひ色々と調べてみてください!
 
=================
SPACシアタースクール2019
『オフェリアと影の一座』
構成・演出:中野真希
原作:ミヒャエル・エンデ
出演:静岡県内の中高生
8月17日(土)・18日(日)16時開演
会場:静岡芸術劇場
=================

イナバとナバホの白兎/パリ日記2019(4)

SPAC文芸部 横山義志
2019年6月16日(日)

 
午前9時スタッフ劇場入り。
ひきつづき、ボールチェーン作業。
ボールチェーン作業2

午前11時俳優劇場入り。劇場が一気ににぎやかになる。

▼スタッフ紹介。
スタッフ紹介

▼楽器セッティング。
楽器セッティング

▼劇場の上の庭が見えるスペースでトレーニング。
トレーニング

▼15時半、俳優全員集合。舞台監督の山田さんから、ボールチェーンやセンターの位置が変更になったことのアナウンスが。数センチの違いを俳優が確認していく。
山田さん

▼16時40分から、ついに舞台稽古。床が明るくてまぶしく、照明の調整が必要。
床

 
『イナバとナバホの白兎』パリ公演
Le lièvre blanc d’Inaba et des Navajos

日時:
2019年
6月19日(水)20:00
6月20日(木)20:00
6月21日(金)20:00
6月22日(土)18:00
6月23日(日)17:00

会場:
フランス国立ケ・ブランリー美術館 クロード・レヴィ=ストロース劇場
Le musée du quai Branly, Théâtre Claude Lévi-Strauss

*ケ・ブランリー美術館ウェブサイトでの公演案内はこちら(仏語のみ)

イナバとナバホの白兎/パリ日記2019(3)

SPAC文芸部 横山義志
2019年6月15日(土)

 
ひきつづき午前9時から午後10時まで仕込み。ボールチェーン作業等々。

 
宮城さんがステファヌ・マルタン館長にお誘いを受けて昼食。エッフェル塔が間近に見えるケ・ブランリー美術館屋上のレストランで。マルタン館長が企画した展覧会「空を裂く 日本の竹工芸」のカタログをいただく。このカタログは企画中に亡くなった静岡市出身の竹細工師長倉健一さんに捧げられている。マルタン館長によれば、日本の竹工芸作品の95%はアメリカ合衆国向けに輸出されていて、これを専門的に扱う日本の美術館は多くないという。
DSC_0518

 
ステファヌ・マルタン館長と。
宮城さんが着ているのは遠州織物のスーツ。

ボールチェーンが舞台装置らしくなってきた。

俳優一行パリ到着。大荷物が劇場に到着。

 
『イナバとナバホの白兎』パリ公演
Le lièvre blanc d’Inaba et des Navajos

日時:
2019年
6月19日(水)20:00
6月20日(木)20:00
6月21日(金)20:00
6月22日(土)18:00
6月23日(日)17:00

会場:
フランス国立ケ・ブランリー美術館 クロード・レヴィ=ストロース劇場
Le musée du quai Branly, Théâtre Claude Lévi-Strauss

*ケ・ブランリー美術館ウェブサイトでの公演案内はこちら(仏語のみ)

2019年7月2日

イナバとナバホの白兎/パリ日記2019(2)

SPAC文芸部 横山義志
2019年6月14日(金)

 
午前9時劇場入り、顔合わせ。

仕込み。ボールチェーンがついたS字形のフレームカーテンレールを上下させるためのモーターが昨日から故障していて動かないという。手動で下ろしてから作業。

楽屋に「おかえりなさい!」と書かれた、2016年公演時の集合写真を飾ってくれている。
おかえりなさい

劇場担当のアンヌ・ベールさんと、今シーズンのプログラムについてうかがう。他にマダガスカル、インド、インドネシア、メキシコなどの作品がプログラムされている。ケ・ブランリー美術館はヨーロッパを代表する建築家の一人ジャン・ヌーヴェルの設計。このクロード・レヴィ=ストロース劇場はかなり珍しい構造で、すり鉢の底に舞台があるような形になっていて、舞台の奥にも客席があり、その向こうにはジャングルのような庭園が見える。2006年には植えたばかりだった木々が、今ではすっかり大きくなって生い茂っている。マダガスカルの村の祭りで上演していたような作品も、この劇場では違和感なく上演できて、フランス在住のマダガスカル系の方たちが多数いらしていたという。

午後10時退館。
 
『イナバとナバホの白兎』パリ公演
Le lièvre blanc d’Inaba et des Navajos

日時:
2019年
6月19日(水)20:00
6月20日(木)20:00
6月21日(金)20:00
6月22日(土)18:00
6月23日(日)17:00

会場:
フランス国立ケ・ブランリー美術館 クロード・レヴィ=ストロース劇場
Le musée du quai Branly, Théâtre Claude Lévi-Strauss

*ケ・ブランリー美術館ウェブサイトでの公演案内はこちら(仏語のみ)