2017年1月22日

【冬物語】 「奇跡」の軌跡・シェイクスピアの『冬物語』

 シェイクスピアのロマンス劇とは、晩年(といっても40代)に執筆された4作品『ペリクリーズ』、『シンベリン』、『冬物語』、『テンペスト』を指すが、これらの作品は当時から「ロマンス劇」と呼ばれていたわけではない。シェイクスピアの没後1623年に出版された初のシェイクスピア全集ファースト・フォリオには、歴史劇、喜劇、悲劇の3つの区分があるのみで、『冬物語』と『テンペスト』は喜劇に、『シンベリン』は悲劇に分類されている(『ペリクリーズ』はファースト・フォリオ未収載)。1608年頃に流行した「悲喜劇」(tragicomedy:例えばボーモントとフレッチャー共作の『フィラスター』など)のスタイルでシェイクスピアが執筆したこれら4作品を、現在ではロマンス劇と称している。
 「悲喜劇」はその名の通り、喜劇的な要素と悲劇的な要素が混在した作品である。そもそも、後世の古典主義者たちから「統一を欠いている」と批判されたシェイクスピアである。喜劇に悲劇的な場面を、悲劇に喜劇的な場面を混在させるなどお手のもので、ロマンス劇にも人生を織りなす悲劇と喜劇を思う存分盛り込んでいる。ロマンス劇では家族の別離と再会、罪の赦し、奇跡などが主なモチーフとなるが、物語の展開に飛躍があり、どこかおとぎ話的で古風な印象が漂う。 
 悲喜劇であるロマンス劇の中でも、とりわけ『冬物語』で描かれる悲劇と喜劇は空中分解しないのが不思議なほど、振り幅が大きい。前半シチリアの場面で不可解な嫉妬に狂うレオンティーズの激しさと過剰さは、ギリシャ悲劇の主人公さながらで(アポロンの神託も登場する)、果たしてこの絶望の深淵からの救いは訪れるのかと観客は不安に陥る。しかし、一転して牧歌的で祝祭的な中盤のボヘミアの場面を経ての最終場面では、観客はおそらくシェイクスピア作品中で最も感動的で劇的な喜劇の極致に立ち会うこととなる。レオンティーズと供に観客がたどるのは、まさしく「奇跡」の軌跡である。
 『冬物語』のこの奇跡を可能にするのは、3つの力である。全てを癒す「時」の力。16年という時が「赦し」には必要だった。そして、ポーライナの智慧、パーディタの若い生命力、ハーマイオニの寛容さといった人間自身が持つ力。最後に、演劇の力である。今ここで詳しく書くことは控えるが、生身の役者の身体を通して現実を超えるリアリティを表現し共感を呼ぶ「特権的」な演劇の力こそが、この物語の信じがたい奇跡を得心させてくれるのだ。シェイクスピアは、五感をフルに働かせてその瞬間に立ち会ってこそ味わえる実に演劇的な感動を最終場面の奇跡の核心に据えている。
 イギリスでは、ロマンス劇は頻繁に上演されている。なかでも『冬物語』は、イアン・マッケラン、ジェレミー・アイアンズ、パトリック・スチュアート、アントニー・シャーなど名だたる名優がレオンティーズを演じた優れた舞台が多い。一昨年ロンドンのウェスト・エンドで上演されたケネス・ブラナー・カンパニーの『冬物語』では(日本でもブラナー・シアター・ライブとして各地の映画館で放映され、静岡では2月下旬を予定)、演出のブラナー自身がレオンティーズを、ジュディ・デンチがポーライナを演じていた。ジュディ・デンチと言えば、1969年にイギリスのロイヤル・シェイクスピア劇団が初来日した際に上演した『冬物語』(トレヴァー・ナン演出)でハーマイオニとその娘パーディタの二役を演じて話題をさらったが、半世紀近くを経て出演した今回の作品でも、圧倒的な存在感でポーライナを演じきり、シチリアの宮廷を取り仕切るのみでなく、「時」と肩を並べて、レオンティーズやハーマイオニの運命を操っているようにさえ見えた。一方、日本では、ロマンス劇はなじみが薄いためか上演回数は限られている。最近の『冬物語』では、2013年の劇団AUNの公演(吉田鋼太郎主演)と2009年の蜷川幸雄演出(唐沢寿明主演)が印象に残っている。
 この悲劇と喜劇の振り幅の大きな「奇跡」の物語を、今回のSPAC公演では「二人一役」のスタイルで上演するという。リアリズムを超えたロマンス劇の新たな切り口を見せてくれるに違いない。

【筆者プロフィール】
末松美知子 SUEMATSU Michiko
群馬大学教授。専門は比較演劇論。共著書に、Shakespeare in Asia: Contemporary Performance ほか。アジアのシェイクスピア上演映像を収めたウェブ・アーカイブ A|S|I|A共同代表。


2016年12月1日

【サーカス物語】幼ごころの君を求めて(河邑厚徳)

 ミヒャエル・エンデの戯曲が静岡芸術劇場で公演されます。東欧の陰影が色濃い『サーカス物語』をインドネシアの鬼才がどう演出するのかワクワクします。エンデは児童文学者という先入観で見られがちですが、幅広い才能にあふれ、近代西洋思想を批判する思想家でもありました。青年時代には舞台に立ち、戯曲も書いていましたが無名でした。エンデが世に出たのは『ジムボタンの機関車大旅行』。大ベストセラーになってドイツ児童文学賞を受賞しました。その後は『モモ』や『はてしない物語』など永遠に残る傑作を書き続けてきました。児童文学と並んで、エンデの創作の大きな柱が『遺産相続ゲーム』や『ハーメルンの死の舞踏』などの戯曲でした。葬儀にはエンデの仕事を代表して、ドイツ・バイエルン地方の方言で書かれた『ゴッゴローリ伝説』が上演されています。
 エンデの死は1995年ですが、私は89年、NHKスペシャル『アインシュタインロマン』(91年放送)のプロデューサーとしてミュンヘンを訪れました。シリーズはアインシュタインの相対性理論を映像で表現しようというものでした。時間と空間の新しい関係を明らかにして20世紀の科学技術万能時代の幕を開いた天才の頭脳は何を考え、何を発見したのか。シリーズのうたい文句は「知の冒険」でした。しかし、手放しでアインシュタインを賛美するのではなく、現代文明の功罪も問いかけようとするものでした。『モモ』は理論物理学の時間とは違う、いのちの時間を描いた作品です。アインシュタインをエンデはどう見るのか?
 エンデは企画書を読んで、「私は自然科学の専門ではないし、アインシュタインを批判するつもりはない」と返事をくれました。しかし、「もし私に出来ることがあるとすれば、自然科学的思考が未熟であることを指摘することです」と書かれていました。エンデは、自然科学は、主観と客観を分断することで発展し、その前提に欠陥があると指摘しました。「客観的な真実」からは、研究し、実験し、思考をめぐらせた科学者自身の姿は消えています。その結果、科学者の研究は中立不偏で研究の目的や結果への責任が問われないことになります。
 アインシュタインは、神の謎を解きたいと考え、相対性理論を発見した自由で創造性にあふれた天才です。しかし、第二次世界大戦中には一人のユダヤ人として、ルーズベルト大統領へのマンハッタン計画を推進する手紙にサインをしています。ナチの核開発を憂慮しての行為でした。核兵器や原発を生んだ核エネルギーは、特殊相対性理論がこじ開けた秘密の扉だったのです。科学の中立性は現代の神話かもしれません。地球規模で科学技術の開発競争が進み、国家、大学、企業などが巨額の投資をして成果を求め、特許で保護された研究から膨大な利潤が生まれます。ES細胞、クローン技術、臓器移植、遺伝子操作作物…。未来に何が起こるのかが不透明なままに、何かが暴走しています。エンデは、科学技術はモラルではなく常に成長することを強いるマネーの論理により、牽引されていると警告しています(河邑著『エンデの遺言』より)。この奔流に対抗できるのは人間の新しい想念以外にはありません。
 エンデは繰り返し未来を創造する力の源泉はファンタジーだと語りました。そこにエンデの渾身のメッセージがあると思います。
 「ファンタジーとは現実から逃避する手段であり、どこかで空想的冒険をするためにあると考えられています。しかし私にとってファンタジーとは、新しい観念を形成する、または既存の観念を新しい関係形態に置く人間の能力なのです。現代人にとって具体的なファンタジーを発達させることほど必要なものはないのです。それによって私たちはまだ見えない、将来起こる物事を眼前に思い浮かべることが出来るのです。読書を通じて、または映画、演劇、絵画など創造的能力によってそれをしなければなりません。」(『アインシュタインロマン6』NHK出版より)
 エンデは、近代合理主義に対抗する叡智を東洋思想にも求めました。大乗仏教の唯識論は、人の意識のレベルを八段階にわけて意識の下に、末那識(まなしき)、阿頼耶識(あらやしき)という二つの無意識世界を置きました。それは科学的方法では証明できない、ファンタジーの住処ではないでしょうか。『はてしない物語』で虚無の世界に対抗するファンタージエン国。エンデは、科学の知と様々な民族が生み出した神話の知の統合を夢見て世を去りました。

【筆者プロフィール】
河邑厚徳 KAWAMURA Atsunori
映画監督。東京大学法学部卒業後NHK入局。在籍39年間で『がん宣告』『アインシュタインロマン』『エンデの遺言』などで新しい映像表現を開拓する。最新作『笑う101歳×2 笹本恒子 むのたけじ』が17年春より全国順次公開予定。


2016年10月29日

【高き彼物】マキノノゾミの類まれなる才能に惚れ込んで(衛紀生)

 マキノノゾミの舞台を初めて観たのは1994年の近鉄小劇場でのことです。『青猫物語』です。昭和8年の築地小劇場のすぐ裏にある「青猫」というカフェを舞台に、真面目な新劇青年八起静男を軸に展開する、彼の得意分野のひとつである疾走感あふれる青春群像劇です。ロビーで現在は私の妻になっている柴田英杞からマキノを紹介されました。180センチはゆうに超える偉丈夫で、演劇人にありがちな不健康さは微塵もない押し出しにいささか気圧された記憶があります。ちなみにその時あわせて紹介されたのが、その後マキノの重要なスタッフに名を連ねる舞台美術家の奥村泰彦で、彼は翌年の第1回OMS戯曲賞受賞作である松田正隆の『坂の上の家』で卓抜な舞台をデザインして、『青猫物語』に引き続きその舞台に接して、いつかは高く評価される美術家に数えられるだろうと予感しました。閑話休題。『青猫物語』での邂逅以後、私はマキノの舞台には、演劇評論家という肩書を外して、かなり熱心な観客の一人になりました。
 その後、宮城大学・大学院の教員を辞して可児市文化創造センターに職場を移してから、可児市民がどのように彼の舞台を受け止めるか分からないが、いつかはマキノノゾミという、人間の心の襞に染み入る舞台を創り上げる類まれな演劇作家を可児市民に紹介したいという思いがありました。そして、館長に就任した翌年に次年度のレパートリーを探っていて俳優座劇場プロデュースの『東京原子核クラブ』が旅に出ることを知って上演交渉を始めました。結果は客席稼働率30%台というガラガラの集客でしたが、休憩時間に小耳にはさんだ可児市民の評価は「結構面白いね」というもので、演劇を観る人口が当時は極端に少なかっただけに、初めて演劇に触れた市民の率直な感想と私は受け止めました。「マキノは可児市民にとって共感の持てる初めての演劇作家になる」と考えました。翌年は青年座の『赤シャツ』(宮田慶子演出)を上演して今度は50%を超える客席稼働率で、その年、私は翌年の4本の演劇系の事業をすべてマキノノゾミ作品と演出舞台で通す「マキノノゾミ・イヤー」とすることを企画しました。
 そして、人口10万人の町で8回公演1765人の未曾有の観客を集めたアーラコレクション・シリーズVOL.5『高き彼物』につながったのです。『高き彼物』は間違いなく彼の代表作であり、傑作であると思っています。むろん1ヶ月半の可児滞在型のアーチスト・イン・レジデンスで創るアーラコレクションの強みが、市民との日常的な交流を生んで「創客」につながったことも影響したでしょうが、リピーターが非常に多かったことをみても「マキノノゾミ」という類まれな才能に可児市民が深く共感した結果の「1765」という数字だろうと私は考えています。アーラコレクションに特徴的な市民サポーターの作品・キャスト・スタッフを支える動きがきわめて活発だったことも『高き彼物』の特筆すべき点で、それだけ市民サポーターたちが「私たちの物語」というひたむきな思いの中で動いたのだろうと思います。それだけ『高き彼物』は人びとの心を衝き動かす力を持った作品です。「普通の人々」の生活にかすかに立った波紋のなかで、いかに良心を持って事に当たるか、いかに正義を貫こうとするかという一人の元教師の人間ドラマです。私は『高き彼物』の客席に起こった共感の波動をいまでも昨日のことのように思い起こせます。この時の『高き彼物』は関西の十三夜会賞を受賞しました。
 そして、あれから4年が過ぎて、多くの国民市民が激しく変化する社会の中で孤立を一層深める今だからこそ、もう一度上演されるべき「必要とされる舞台」なのではないかと思っています。混迷する社会にあって、いま一度立ち止まって「人間」という存在を深く洞察する機会をつくってくれる作品であると、私は強く確信しています。

【筆者プロフィール】
衛紀生 EI Kisei
可児市文化創造センターala 館長兼劇場総監督。演劇評論家。県立宮城大学事業構想学部・大学院研究科教授を経て現職。主著に『芸術文化行政と地域社会』『これからの芸術文化政策』『阪神大震災は演劇を変えるか』『21世紀のアートマネージメント』『地域に生きる劇場』など。


2016年9月28日

【東海道四谷怪談】悪女、それはお岩(古井戸秀夫)

 悪女というと現在では、男を誑(たら)して手玉に取る、そんな美女のことをいう。昔からの譬えでは「外面(げめん)如菩薩(ぼさつ)、内心(ないしん)如夜叉(やしゃ)」。見た目は美しい仏さまだが、心の中は怖い鬼。小悪魔というのは、その別名である。
 ほんらいの悪女にも「外面」と「内心」があった。見た目が醜い醜女。性格が悪い女。後者はのちに、毒婦と呼ばれるようになる。
 お岩のモデルも、悪女であった。外面は生れ付きではなく、重く患った疱瘡すなわち天然痘の後遺症であった。ワクチンの種痘が普及されるまで、疱瘡は子供たちの通過儀礼。お岩はそれが遅れた。大人になってから罹患して、醜い女になったのである。 Read the rest of this entry »


2016年7月17日

【ラ・バヤデール―幻の国】バレエと小劇場運動を結ぶ――金森穣『ラ・バヤデール』の見どころ(三浦雅士)

Filed under: 2016

 金森穣の新作『ラ・バヤデール』は傑出した作品である。平田オリザに脚本を依頼し、SPACの俳優3名を加えて舞台化しようとしたその方針そのものが傑出していたといっていい。金森とNoismには、舞踊家としてそれだけの自信があったということなのだろうが、結果は予想をはるかに上回るものになった。振付の水準もダンサーの水準もこれまでのそれを大きく超えている。異常な成長である。
 特筆すべき点は二つ。それがそのまま最大の見どころになっているのだが、ひとつは、この「劇的舞踊」が、1960年代に登場し、日本と世界の舞台芸術に大きな影響を与えたいわゆる小劇場運動と、80年代以降、コンテンポラリー・ダンスの呼称のもとに展開してきた舞踊運動との、いわば完璧な結合以外の何ものでもないということである。小劇場運動は60年代から70年代を通じて、寺山修司、唐十郎、鈴木忠志といういわゆる御三家によって担われたが―その最大の特徴は歌と踊りと劇の結合である―、長く伏流水となっていたそのエネルギーがコンテンポラリー・ダンスの現場において突如噴出したのだ。金森にしてみれば突如などではないだろうが、小劇場運動とコンテンポラリー・ダンスの結合ということでは、前作『カルメン』を上回っている。 Read the rest of this entry »


2016年4月28日

【ふじのくに⇔せかい演劇祭2016】寄稿一覧

Filed under: 2016

「ふじのくに⇔せかい演劇祭2016」で上演された作品の寄稿は、
演劇祭のウェブサイトにてご覧いただけます。

※リンク先のページの「寄稿」ボタンをクリックしてください。

【イナバとナバホの白兎】
『古事記』の「稲葉の白兎」挿話における八十神の身分をめぐって (イグナシオ・キロス)

【三代目、りちゃあど】
『三代目、りちゃあど』をめぐって ―― 近過去を再訪する (内野儀)
オン・ケンセンと『三代目、りちゃあど』 (横山義志/SPAC文芸部)

【オリヴィエ・ピィのグリム童話『少女と悪魔と風車小屋』】
芸術と娯楽 オリヴィエ・ピィ『少女と悪魔と風車小屋』について (横山義志/SPAC文芸部)

【ユビュ王、アパルトヘイトの証言台に立つ】
演じられる「真実」を切り裂く (溝口昭子)

【火傷するほど独り】
ワジディ・ムアワッドとロベール・ルパージュ『月の向こう側』から『火傷するほど独り』へ (藤井慎太郎)

【It’s Dark Outside おうちにかえろう】
認知症の人の生きる世界にどう寄り添い、描くか―『It’s Dark Outside おうちにかえろう』の上演に寄せて (六車由実)

【アリス、ナイトメア】
わからない「わたし」と「あなた」のためのアラブ演劇 (鵜戸聡)


2016年3月12日

【ロミオとジュリエット】ロミオとジュリエットは、笑いから悲しみへ向かう(河合祥一郎)

Filed under: 2016

 オマール・ポラスの稽古場に立ち会って、彼の才能を確信した。付け耳・付け鼻やユニークな衣装を用いるオリジナルな演出は『ロミオとジュリエット』前半の喜劇性を効果的に強調するものであり、こんな突飛なアイデアはよほど深く作品を理解してないと出てこないからだ。ロマンティックな美しい影絵に目を奪われることになるが、これも喜劇性とのコントラストがあればこそ、一層効果的になっている。
 前半の喜劇性というのは、この作品の重要なポイントだ。『ロミオとジュリエット』がシェイクスピアの四大悲劇(『ハムレット』、『オセロー』、『リア王』、『マクベス』)のなかに入らないのは、この喜劇性ゆえだと言ってもいい。マキューシオや乳母が下ネタ満載のジョークを連発し、前半は悲劇どころか笑劇のようでさえある。 Read the rest of this entry »


2016年1月15日

【黒蜥蜴】探偵小説と通俗長篇(笠井潔)

Filed under: 2016

 SFの愛読者だった三島由紀夫は、アーサー・C・クラーク『幼年期の終り』を構想も文体も最高水準の作品だと絶賛した。また三島自身も、広義SFに分類できる長篇小説『美しい星』を書いている。
 大戦間の時代に小説ジャンルとして形をなしたのは、SFに限らない。探偵小説もまた第一次大戦後の英米でジャンル的に確立された。しかし三島はSFと違って、「推理小説はトリッキイだからいやだ」(「推理小説批判」)と公言している。
「とにかく古典的名作といへども、ポオの短編を除いて、推理小説といふものは文学ではない。わかりきつたことだが、世間がこれを文学と思ひ込みさうな風潮もないではないのである」というのが、このエッセイの結論だ。「推理小説批判」が書かれた時期(1960年7月27日の読売新聞)から、これは純文学変質論の平野謙など、文壇批評家による松本清張の高評価への異論だろう。 Read the rest of this entry »


2015年12月6日

【薔薇の花束の秘密】密室と対話の力(野谷文昭)

Filed under: 2015

 現実とはひとつの密室かもしれない。マヌエル・プイグの作品を読むと、そんな気がしてくる。あるいはそのことに気づかされると言った方が正確だろう。彼が舞台とするのは、母胎のような映画館だったり、監獄だったり、病院だったり、マンションの一室だったりと、形を変えながらも密室性において共通している。それらは閉塞的な現実そのもののメタファのようだ。
 戯曲『薔薇の花束の秘密』も一種の密室劇である。どんなに豪華であろうと、外界から隔離された病院とその個室は入れ子状の密室になっている。登場するのは患者と付添婦という、立場の異なる二人の女性だが、両者とも挫折感や失意、悲しみを抱え込んでいる点で共通している。その負の要素は、社会的地位の違いを背景に、一方は傲慢で高圧的な態度、もう一方は控えめと言うよりは卑屈な態度として表れる。その結果、相反する特徴を備えるキャラクターが動き出し、大抵は上位にある患者の方が爆発して小さな事件が生じ、ドラマを推進していく。
 かりに二人の単に平板な会話が続くなら、衝突はあっても時空間は広がらない。だがプイグはそこに夢や願望を注入する。すると、複数の時空間が発生し、その結果、目の前の現実がカレードスコープのように複雑になる。 Read the rest of this entry »


2015年10月29日

【王国、空を飛ぶ!~アリストパネスの『鳥』~】アリストパネスの喜劇について(野津寛)

Filed under: 2015

 アリストパネスは紀元前5世紀中頃に生まれ、主にペロポネソス戦争時代のアテナイで活躍した喜劇詩人である。哲学者のソクラテスや悲劇詩人のソフォクレスやエウリピデスと同時代人だ。アリストパネスは40以上の喜劇作品を書き、それらは演劇競技会で上演された(当時アテナイで演劇を上演するとは、競技会に出品し、他の劇詩人たちと競い合うことを意味した)。これら40余りの喜劇作品中、11作品がほぼ完全な形で伝存しているが、古代の劇作家の伝存状態としては、驚異的な数字であると言えよう。 Read the rest of this entry »