劇場文化

2020年2月9日

【メナム河の日本人】遠藤周作によって許された私のキリスト(泊篤志)

 結局わたしはキリスト教に馴染めなかったのだと思う。幼少の頃住んでいた家の近所にプロテスタントの教会があり、どういういきさつだったかその教会に通うようになり、小学生の頃、洗礼を受けるに至った。けれども中学に行き始めると部活だ勉強だと忙しくなり、いつのまにか教会にも通わなくなり、じんわりと事実上「棄教」していた。今、ほとんどの日本人が実のところ明確な宗教を持っていないというのは周知の事実だと思う。葬式は仏教で、子どもが産まれたら神社で、結婚式はキリスト教で、クリスマスではしゃぎ、初詣に神社に行く、という生活が当たり前になっている中、週に一回教会に通い、献金をし、神に祈るという生活は子どもながらに負担だったのだ。
 けれどもその後、キリストがわたしの中から居なくなったかというと、そうでもなかった。それを明確にキリストと呼んでいいものか怪しいけれど「人類の罪を一身に引き受け磔になったキリスト」というものの存在は自分の中にずっと残っていた。そうして大人になり、演劇という創作活動をするようになった時、バリ島に2週間ほど滞在することがあった。明るく自由奔放(あくまでもイメージとしての)な島独特のヒンズー教に出会い、再び宗教に興味を持つこととなる。バリ島では元々あるアニミズムとヒンズー教が融合していて、それは日本のかつての神仏習合に近いものがあるなぁと感じたりもした。さらにはヒマラヤ登山を経てチベット仏教に触れ、自分なりに「宗教」というものを何かしらカタチにしたいと考え始め、その頃、遠藤周作の代表作『沈黙』に出会うことになる。
 日本でキリスト教が禁止されていた時代に司祭たちが棄教を迫られる物語は、自分が求めていたすべてが描かれていたと言っても過言ではない。終幕、踏絵を踏んだ司祭がこう語る。「今までとはもっと違った形であの人を愛している」と。キリスト教は日本という土壌において、根付かなかったがカタチを変えて生きている。教義としてのキリスト教ではないかも知れないが、自分の中に今もキリストはいる、という境地。これは、教会に行かなくなってもキリストの存在が自分の中にいる感覚に近いモノを感じたのだ。ちなみにマーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙』は、ラストでキリスト教が日本の八百万の神と融合するという独自の解釈、独自の境地を描いていて大変興味深かった。が、おそらくこの事は西洋文化圏においてはあまり理解されなかったのではないかと思う。
 さて、具体的に戯曲を書きたいと思うようになった時、『沈黙』の舞台となった長崎に行かねばと思うようになり、外海地区にある教会群と遠藤周作文学館を訪ねた。交通の便は悪いが外海に面した美しいエリアだ。かつてここで数々の悲劇があったのかと思うと不思議な感触がする。さらに今もなお「隠れキリシタン信仰」が残る生月島へ足を伸ばす。偶然「隠れキリシタン信仰」の信者の方々にお会いする事もできた。正直、今でも「その信仰のまま」の方がいるということに驚いた。皆、禁教が解かれてキリスト教に戻ったのではなかったのか?と。実際の隠れキリシタン信仰は、もはやキリスト教ではなかった。殉教した先祖を崇拝する信仰に変容していたし、見た目は仏教か神道に近かったのだ。つまり禁教が解かれて正当なキリスト教が戻ってきた時に、彼らはそれを受け入れることができなかったのだ。日本の土壌に溶け込み、独自の信仰になっていたのだ。これらの体験を経て書かれた戯曲は、亜流のキリスト教コミュニティを描いた『正しい街』という作品になった。
 この作品のあと、わたしは創作とは別にキリスト教の探求にのめり込んでいく。そこで今度は遠藤周作の『イエスの生涯』『キリストの誕生』という名著に出会う。聖書にはキリストの様々な奇跡が描かれているが、本書ではそのことを批評的に検証していく。例えば、キリストの復活は歴史的な事実なのか、それともキリストの永遠的な生命を語る象徴的な挿話なのか?と。キリスト教の教義としてはそれらすべて事実ということになっているが、氏はそこに異議を持ち「何故そんな奇跡を描いたのか?」と作家目線で解き明かしていく。独自の解釈でキリストを再定義しようという試みは、幼い頃、母によって洗礼を受けさせられた氏ならではの作業であろう。本人も「キリストという縁遠い洋服を着せられたが、この洋服を和服に仕立てていく」ような作業だと表現している。この日本人に合うキリストという考え方は、カトリック本流の方々には受け入れがたいものであったかも知れないが多くの日本人の共感を得ているのではないかと思う。自分自身、キリストから離れてなお、自らの内なるイエスの存在を許されているのだから。

【筆者プロフィール】
泊篤志 TOMARI Atsushi
劇作家・演出家・「飛ぶ劇場」代表。北九州市出身。1997年『生態系カズクン』で「第3回劇作家協会新人戯曲賞」受賞。現在、北九州芸術劇場のローカルディレクターとして九州演劇界の底上げに努めている他、美術館とコラボレーションしての作品創作や、オペラの構成・演出をするなど、活動は多岐にわたる。

2020年1月18日

【グリム童話 ~少女と悪魔と風車小屋~】8年前の記憶から(志賀亮史)

 8年前に観た演劇について、書いてほしいとの依頼があった。観劇したことはもちろん覚えている。しかし、いざ思い返してみると、観劇当初から時を経た劇の印象は、不思議な歪みをもって、私の中に残っている。強く鮮やかに浮かび上がってくるシーンがあれば、まったく思い出せないこともある。そのときの劇場に流れていた雰囲気や座った椅子の感触が思い出されたりもする(もっともそれは、幾度となく座った静岡芸術劇場の椅子のことを思い出しただけかもしれないけれど)。

 そんなことをとりとめもなく考えていたら、幼少時の記憶について、ふと疑問に思う。
 最初に出会った絵本、もしくは童話はなんだろう。
 覚えているのは、『ちいさいおうち』という絵本。のどかな場所にたてられた小さなおうち。やがて時がたち、まわりはどんどん発展し、変わっていく。いっぽう小さいおうちは変化からとりのこされ、忘れ去られ、都会のビルのなかにひっそりとさみしげに佇む。もう都会の中で誰にも見向きもされなくなったころ、小さいおうちを気に入った人(実はかつて住んでいた人の子孫)が現れて、おうちをまた昔のようにのどかな場所へ移築してくれる。 続きを読む »

2019年12月10日

【RITA&RICO(リタとリコ)~「セチュアンの善人」より~】〈善でありつつ生きる〉ことの難しさ、その今昔(萩原健)

 《RITA&RICO》は、ドイツの劇作家ベルトルト・ブレヒトの戯曲《セチュアンの善人》をもとにしている。ブレヒトは、1898年、ドイツ南部の町アウクスブルクに生まれ、ミュンヒェン大学で独文学を学んだあと、劇作家として仕事を始め、主に同市とベルリーンで1920年代に活動するが、ナチスが政権を取ると亡命。欧州諸国を転々として米国まで逃れ、戦後は東ベルリーンに劇団ベルリナー・アンサンブルを創設、それまで書きためていたものを含め、数多くの作品を上演し、1956年に没した。
 戯曲《セチュアンの善人》の成立は、1940年前後、亡命中のことで、永世中立国のスイス・ツューリヒ劇場で1943年に初演された。話の軸はおおむね次の通りである。貧困者が多く暮らす町セチュアンで、善良な主人公の娼婦シェン・テが三人の神々に宿を貸し、彼らからの返礼を資金にしてタバコ屋を開くが、周囲の人々にたかられる。シェン・テはついに冷徹な従兄弟シュイ・タに扮することで状況を打開し、さらにタバコ工場を設立して人々を雇用する。だがシュイ・タは、姿を消したシェン・テを殺めた人物だとして訴えられ、三人の神々の前での裁判に至る。ここでシェン・テは自分の正体を明かし、善でありつつ生きることの困難を訴えるが、神々は解決策を示さないまま去っていく。 続きを読む »

2019年11月2日

【ペール・ギュントたち ~わくらばの夢~】忘れられた島々への旅(藤原ちから)

 この5年間ほどで、アジアの舞台芸術におけるモビリティ(移動性・流動性)が飛躍的に増し、プロデューサーやアーティストたちの国際交流・ネットワーク形成が急速に進んでいる。その結果、国際共同制作も、かつてのようにそれぞれの国を代表するようなものではなく、トランスナショナルな(国家という枠組みを越えた)形へと変化しつつある。この『ペール・ギュントたち』もまさにそうだ。インドネシア、日本、ベトナム、スリランカから集まったアーティストたちが、ワークショップを重ねながらひとつの作品をつくりあげてきた。 続きを読む »

【寿歌】瓦礫の荒野と蛍の光―北村想『寿歌』における聖性(安住恭子)

 北村想の『寿歌』は、戦後の日本の戯曲の中で、最も上演回数の多い作品といってもいいのではないだろうか。北村が書いてから四〇年ものときがたつのに、今なおどこかしらで上演されているのだという。それぞれのカンパニーが新作戯曲を上演することの多い日本の現代演劇の中で、それはかなり特異なことだ。なぜこの作品は、それほど演劇人を引きつけるのだろう。
 おそらくその秘密は、この戯曲がはらむ透明な明るさと切なさにあるのではないだろうか。核戦争が終わった瓦礫の荒野を、旅芸人のゲサクとキョウコがあてもなく歩いている。するとその前に、ヤスオという男が現れ、三人はひととき共に旅をする。ただそれだけの話である。ゲサクとキョウコの会話も芸も、まるで冗談のようにいいかげんで、戦争で多くの人が亡くなったことや、仲間と行きはぐれたことなど、まったく意に介していない。それらへの屈託は一言も語らずに、リチウム爆弾の炸裂を花火のように眺めているのだ。つまり彼らは終末の世界に、純な生命体としてただポツンといる。この、一面の荒野にポツンと在る小さな生命という設定が、透明な明るさと切なさを、まずは引き起こすのだと思う。 続きを読む »

2019年6月1日

【イナバとナバホの白兎】『古事記』の「稲葉の白兎」挿話における八十神の身分をめぐって(イグナシオ・キロス)

カテゴリー: 2019

 大学時代から上代の『記紀』の文章に興味を持ち続けた私は、『古事記』の「稲葉の白兎」という、比較的有名な神話を考察する機会が何度もあった。しかし、主観的な印象にすぎないだろうが、この物語にはさまざまな謎や理不尽なことが多いため、深く取り組んだことはなかった。まずこの神話が『日本書記』や『風土記』には見られないことをいつも不思議に思っており、また兄弟の八十神に袋を背負わされた、白兎を助けた大穴牟遅神と、その後の「国作り」を行った大国主神とは、同じ神であるはずだが、その間には奇妙な存在としての隔たりを感じ、ひょっとしたらこの挿話がどこかから『古事記』に強引に挿入されたものなのではないかと思うこともあった。もちろんこれらの点に関しては、以前から神話学や人類学などの視点からさまざまな説があり、まさに難題である。しかし、レヴィ=ストロースによれば、大穴牟遅神とその兄弟との間に起きた対立は、多少の相違点もあるが、普遍的な神話に当たるものであるため、方法論上、特別な意味を考える必要がないであろう(1)、と言われており、私はその論を読んで以来、その挿話に対する興味が薄くなってきていた。 続きを読む »

2019年5月8日

【ふじのくに⇔せかい演劇祭2019】寄稿一覧

カテゴリー: 2019

「ふじのくに⇔せかい演劇祭2019」で上演された作品の寄稿は、演劇祭のウェブサイトにてご覧いただけます。
※リンク先のページの「寄稿」ボタンをクリックしてください。

【マダム・ボルジア】
『ルクレツィア・ボルジア(マダム・ボルジア)』とボルジア家 (立田洋司)

【ふたりの女 平成版 ふたりの面妖があなたに絡む】
唐十郎『ふたりの女』あるいは〈数〉と〈名〉の戯れをめぐって (八角聡仁)

【Scala –夢幻階段】
ヨアン・ブルジョワ―無限への落下者 (乗越たかお)

【マイ・レフトライトフット】
ロバート・ ソフトリー・ゲイルからの問いかけ (町山智浩)

【歓喜の詩】
身体の詩人-ボボーを悼む (芦沢みどり)

【メディアともう一人のわたし】
『メディアともう一人のわたし』を楽しむためのキーワード (コ・ジュヨン)

【コンゴ裁判 ~演劇だから語り得た真実~】
『コンゴ裁判』が照らし出す真実 (武内進一)

2019年2月15日

【妖怪の国の与太郎】ジャン・ランベール=ヴィルド、あるいは詩人として世界に住むこと(ポール・フランセスコーニ)

 リムーザン国立演劇センターのディレクターである前に、ジャン・ランベール=ヴィルドはまず詩人である。舞台のために、あるいは人生において詩を書きながら、世界中の夢と亡霊とを呼び覚ましながら、彼は詩とともに地球上に住み、生と死の普遍的な道を歩んでいる。
 彼はレユニオン島の出身だ。インド洋のただなかに浮かぶ旧フランス植民地で、アフリカとヨーロッパとアジアが交錯する島だ。この火山島では、いやでも自然と対話をさせられる。大文字の歴史に祝福され、今なお歴史が親密に語りかけてくる島。神聖なものと日常的なものとが絶えず対話を交わす神話に満ちた島。ランベール=ヴィルドは「レユニオン島ディアスポラ」とでもいうべき人々のうちの一人だ。彼は島の外で生きながら、自分のなかに、テクストのなかに、舞台のなかに、世界のなかに、この島を持ち込んでいく。島は世界の鼓動への耳の傾け方に影響を与えている。彼が地理的・芸術的にノマドでありつづけるのは、この出発点としての亡命があったからだ。 続きを読む »

【妖怪の国の与太郎】生まれなおす友情(平野暁人)

 翻訳家の世界には、「共訳は友情の墓場」という格言がある。
 と、断言してしまっていいのかどうかはわからないけれど、僕は幼ないころから折に触れてそう聞かされてきた。なかんずく文芸翻訳には範例も唯一解もなく、翻訳家の数だけ異なった哲学がある以上、協力してひとつの作品を訳そうとすれば必ず衝突が起こり、ときに深刻な対立へと発展して深い禍根を残すことすらある。どんなに気心の知れた大切な友人であっても、否、大切な友人であればこそ共訳者に選んではいけない……呪詛のようなこの言葉を僕は、自らが翻訳を生業にするようになってからはいよいよ家訓のごとく心得て守り抜いている。けだし、訓示とは得てして呪詛の残滓に他ならないのかもしれない。 続きを読む »

2019年1月8日

【顕れ ~女神イニイエの涙~】今なぜ「奴隷貿易」か ―レオノーラ・ミアノの『顕れ』― (元木淳子)

 カメルーン出身の女性作家レオノーラ・ミアノ(1973―)は、2005年にフランス語小説『夜の内側』でデビューして以来、精力的な活動をフランスで展開している。今回上演される『顕れ』は奴隷貿易を主題としたミアノの戯曲である。では今なぜ奴隷貿易なのだろうか。
 10世紀から15世紀にかけての中世アフリカは、世界と対等な交易関係を結んでいた。ムーサ大王のマリ王国などは豊かで安全な黄金の国として知られていた。
 だが、「大航海時代」のヨーロッパによる「新大陸発見」以来、アフリカは三角貿易に巻き込まれる。ヨーロッパからアフリカに酒や鉄砲が運ばれて奴隷と交換され、奴隷は「新大陸」のプランテーションに送られ、「新大陸」からはヨーロッパに砂糖などの換金商品が運ばれた。
 16世紀から19世紀にいたるこの三角貿易は、ヨーロッパに莫大な利益をもたらし、アフリカには甚大な被害を与えた。若い労働力が大陸から間断なく失われ、社会の平和と安全は損なわれた。航路での奴隷の死亡率は8〜25%、生きて大西洋を渡った奴隷の数は1200万〜2000万人と推定されている。
 当初、アフリカ海岸部の首長らは戦争捕虜などを奴隷商人に差し出していたが、17世紀後半以降に奴隷の需要が高まると、現地の支配者の中には奴隷狩りをして内陸へ侵攻する者も現れた。 続きを読む »