2018年12月7日

テーブルシアター『土神と狐』12/22(土)御前崎市立図書館に登場♪

小さなトランクに愛と夢と物語をつめこんで、あなたの街にお届けします。
宮沢賢治が書いた土神と狐、樺の木の哀しい物語を、楽器、人形、影絵そして俳優の身体を通して、じっくりとお楽しみください。

皆様のご来場お待ちしております。

0001 (6)
▲画像をクリックするとチラシをダウンロードいただけます。
 
 
SPAC出張劇場×御前崎市立図書館
テーブルシアター
~テーブルの上の小さな劇場~

 
『土神と狐』
原作:宮沢賢治
美術:棚川寛子
出演:本多麻紀、森山冬子、若宮羊市
テーブルシアター支配人:タナ・ターナー(棚川寛子/舞台音楽家)

12月22日(土)13:30開演/17:30開演
御前崎市立図書館 2階 視聴覚室
(開場は開演15分前です)

各回定員40名/入場無料

*当日配布する整理券が必要です
整理券は図書館1階で【1回目11:30~/2回目15:30~】に配布します。

image1 (5) image4

御前崎市立図書館サイト:https://library.maotv.ne.jp/index.shtml

 
 
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)|独立行政法人日本芸術文化振興会
04


2018年12月5日

2018年度SPACの会 WEBからのお申し込み受付終了のお知らせ

2018年個人会員・ゆうゆう個人会員のWEBからのご入会受付は、12月4日(火)18:00にて終了いたしました。
今年度のご入会受付は、今後も電話・窓口にて承りますので、SPACチケットセンター(Tel.054-202-3399)までお問合せ下さい。

好評上演中の『歯車』をはじめ、新春第一弾の『顕れ~女神イニイエの涙~』、『妖怪の国の与太郎』まで、招待枠の活用や会員割引の利用で、まだまだ十分お得にSPACをお楽しみいただけます。
SPACを支えていただく大切なサポーター「SPACの会」に、この機会にぜひご入会ください。

★「SPACの会」詳細はこちら


2018年11月17日

『歯車』親子室の価格改定について

静岡芸術劇場には、乳幼児と一緒にご観劇いただける親子室がございます。(先着3名様・要予約)
舞台上手側からガラス越しにご覧いただける、防音のお部屋となっております。
(室内のスピーカーから舞台の音をお聞きいただけます。)

IMG_7039

『歯車』では演出上の都合により、親子室からは見えづらい箇所、ならびに、期待している演出上の効果を得られない場面がございます。
これを鑑みまして、親子室ご利用のお客様に対してチケット割引を適用させていただきます。
通常、一般1名4,100円のところ、今回は3,000円でご利用いただけます。
まだ親子室をご利用されたことがない方、小さいお子さま連れで観劇を諦めていた方など周りにいらっしゃいましたら、是非ご喧伝いただければと思います。

なお、グランシップ託児サポーター(ボランティア)による無料託児サービスもございます。
ご希望の方は、ご利用日の1週間前までにSPACチケットセンターへご連絡ください。
◎『歯車』託児実施日:12月9日(日)、15日(土)
◎対象:2歳以上の未就学のお子様

ご不明な点などございましたら、SPACチケットセンター(TEL. 054-202‐3399)までお問い合わせください。(受付時間10:00~18:00)

===

SPAC秋→春のシーズン2018-2019 #2『歯車』
一般公演
11/24(土)・25(日)・12/1(土)・2(日)・8(土)・9(日)・15(土)
各日14:00開演/静岡芸術劇場
公演詳細はこちら
http://spac.or.jp/haguruma_2018.html

アーティストトークゲスト決定!
http://spac.or.jp/news/?p=14806

芥川龍之介特集ブックフェア開催中!
http://spac.or.jp/news/?p=14781

トレーラー第一弾はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=NBi9mdWKW5c

ブログ「歯車ワークス」過去の投稿記事はこちら
http://spac.or.jp/blog/?cat=113


2018年11月2日

Japonismes 2018 Project Charme du Shizuoka(ジャポニスム2018参加企画 ふじのくに魅力発信事業)

Colline_flyer_omote_1029

静岡県は、ジャポニスム2018公式企画に選定されたSPACの『マハーバーラタ』公演を活用し、公演期間である2018年11月19日から11月25日の間、「Mt. FUJI × TOKAIDO(富士山と東海道)」をテーマに、パリ市内で静岡県の魅力を世界に向けて発信するさまざまな事業を展開します。

Shizuoka Prefecture will develop various businesses and cultural activities in Paris from November 19 to 25, 2018, in order to send out the charm of Shizuoka Prefecture, according to SPAC’s “Mahabharata” performance selected as the official program of Japonismes 2018.

THEME: Mt. FUJI × TOKAIDO


 
宮城聰演出『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』
  Satoshi Miyagi: “Mahabharata – Nalacharitam”
SPACスペシャル・パフォーマンス「喫茶去」
  Représentation spéciale du SPAC “KISSAKO ~Prenez une tasse de thé ?~ ”
東海道マルシェ
  Marché du Tokaido
富士山の恵み SHIZUOKA FOODフェア
  Saveurs du mont Fuji Foire des aliments de Shizuoka
静岡茶の香り
  Le parfum du thé de Shizuoka


 ジャポニスム2018 公式企画 Japonismes 2018 Programme officiel


宮城聰演出
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』

Satoshi Miyagi: “Mahabharata – Nalacharitam”

11/19(月)~25(日)(22日を除く)
Du 19 au 25 novembre 2018 (sauf le 22)

会場:ラ・ヴィレット
La Villette

Website Officiel du La Villette

Mahabharata photo light_credit

インドの国民的大叙事詩の中で最も美しく壮大な愛の物語を、絵巻物のように壮麗なビジュアルで描くSPAC版『マハーバーラタ』。2014年7月、フランスで開催されている世界最高峰の演劇フェスティバルである「アヴィニョン演劇祭」で約1,000席の会場を連日満席にし、スタンディング・オベーションを巻き起こしました。その後も各地で上演を重ね、進化を続ける本作が、「ジャポニスム2018」に登場します。客席を360度取り囲む“リング状”の舞台、重厚な語りと動き、そして俳優による生演奏―。2017年、『アンティゴネ』で同演劇祭のオープニングを飾り、勢いに乗る宮城聰とSPACが贈る祝祭音楽劇の頂点です。
“ Mahabharata” est une version au visuel magnifique interprétée par le SPAC de la plus belle et épique histoire d’amour d’une odyssée populaire indienne. La troupe s’est produite en juillet 2014 au festival d’Avignon, le meilleur festival théâtrale au monde, où elle a remplit des salles de 1000 spectateurs sur plusieurs jours et a reçu des standing ovations. Cette pièce fait aujourd’hui sont apparition au Japonismes 2018 après avoir évoluée au travers de ses diverses représentations au quatre coins du monde. Une scène qui entoure les spectateurs à 360 degrés, une narration et une action qui ont de la profondeur et un orchestre qui est composé des acteurs eux-mêmes. Le paroxysme du théâtre musical selon le SPAC et son directeur, Satoshi Miyagi, qui s’est en 2017 produit a ce même festival avec son oeuvre d’ouverture : “Antigone”.

 ジャポニスム2018 参加企画 Japonismes 2018 Programme associé
 ふじのくに魅力発信事業 Project Charme du Shizuoka

SPACスペシャル・パフォーマンス「喫茶去」
Représentation spéciale du SPAC
“KISSAKO ~Prenez une tasse de thé ?~ ”

11/24(土) 12:00/14:30  25(日) 12:00
24 novembre 2018 à 12h et 14h30
25 novembre 2018 à 12h

会場:ラ・ヴィレット
La Villette

演出:宮城聰
音楽:棚川寛子
出演:SPAC
Mise en scène Satoshi Miyagi
Musique Hiroko Tanakawa
Production SPAC-Shizuoka Performing Arts Center

禅問答に由来する「喫茶去」(KISSAKO)のパフォーマンス。『マハーバーラタ』を上演するSPACの俳優たちがお茶どころSHIZUOKAならではのスペシャル・パフォーマンスを屋外で上演します。
Représentation de KISSAKO dont l’origine remonte au dialogue zen. Les acteurs de “Mahabharata” joueront la pièce à l’extérieur d’une façon typique au pays du thé Shizuoka.



東海道マルシェ
Fuji no Kuni Marché du Tokaido

11/23(金)~24(土)
※日程が24日、25日となる可能性あり
Les 23 et 24 novembre 2018

会場:パリ市内 ユニクロ店舗
Boutiques Uniqlo de Paris

東海道のマルシェを開催!
お茶や富士山など、静岡の情報を取り揃えております。かわいい富士山グッズの展示やお茶の体験、東海道てぬぐいのワークショップなど様々なイベントを実施しております。
Ouverture du marché du Tokaido!
Foule d’infos vous attendent sur le thé et le mont Fuji parmi tant d’autres sur Shizuoka. Une exposition sur des goodies du mont Fuji, des expériences sur le thé, un atelier sur la confection de serviettes à mains du Tokaido : voici quelques unes des activités que nous vous proposons.



富士山の恵み SHIZUOKA FOODフェア
Saveurs du mont Fuji
Foire des aliments de Shizuoka

11/1(木)~30(金)
月曜定休
Du 1er novembre au 30 novembre 2018 (Pas de représentation le lundi)

会場:UMAMI CAFF
UMAMI CAFF

富士山の恩恵を受けて育った様々な「食」を期間限定で販売。
静岡の食材を使ったオリジナルレシピなどもご用意しております。
Différents produits du terroir qui ont bénéficiés des bienfaits du mont Fuji seront à la vente pour une courte durée. Nous avons préparé aussi quelques recettes typiques en utilisant des aliments provenant de Shizuoka.

  



静岡茶の香り
Le parfum du thé de Shizuoka

11/6(火)~16(金)
月曜定休
Du 6 novembre au 16 novembre 2018 (Pas de représentation le lundi)

会場:パティスリー TOMO
Pâtisserie TOMO

香り高く優しい味わいの静岡茶とTOMOのどら焼きが期間限定でコラボレーションします!
健康・美容効果として昔から日本人に親しまれてきた煎茶文化を体験できるメニューを期間限定でご用意致しました。
お茶の産地として日本一を誇る「静岡茶」とお茶に関する伝統工芸品も販売。
Rencontre entre le thé de Shizuoka parfumé et doux et les “dorayaki” de TOMO (genre de crêpes japonaises fourrées à la pâte de haricots rouges) !
Nous avons préparer un menu spécial qui vous propose de découvrir la culture du thé “sencha” qui a toujours été apprécié des japonais pour ses effets bénéfiques sur la santé et la beauté.
Le thé de Shizuoka, premier lieu de production de thé du Japon, et des oeuvres artisanales traditionnelles concernant le thé seront aussi en vente.


2018年10月28日

おためし劇場『歯車』

「SPACおためし劇場」は、舞台稽古を見たり、演出家の話を聞いたり、普段は見られない舞台の裏側をのぞくことができる無料のイベントです。

写真1 (1)

普段あまり演劇を観る機会のない方の中には、「行ってみたいけど、敷居がたかいな・・・」なんて思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、まずは気軽に劇場に来ていただきたいと思い、始めたのが「SPACおためし劇場」です。

公演はもちろん、舞台ができあがっていく現場ってとっても面白いんです!ぜひのぞきに来てみてください! 
 
第12回 『歯車』
日時/2018年11月17日(土) 
   13:30~15:00

会場/静岡芸術劇場
   (JR東静岡駅前グランシップ内)
参加費無料 (要予約、10/29(月)より受付開始)

 
◆ご予約・お問い合わせ
SPACチケットセンター
 TEL.054-202-3399
  (受付時間=10:00~18:00)

*『歯車』公演詳細はこちら
 
これまでの「SPACおためし劇場」

#11 2017年12月21日(木)『オセロー』
#10 2017年9月30日(土) 『病は気から』
#9 2017年1月8日(日) 「シェイクスピアの『冬物語』」
#8 2016年11月20日(日) 『サーカス物語』
#7 2016年10月23日(日) 『高き彼物』
#6 2016年10月1日(土) 『東海道四谷怪談』
#5 2016年2月13日(土) 『ロミオとジュリエット』
#4 2016年1月10日(日) 『黒蜥蜴』
#3 2015年11月28日(土) 『薔薇の花束の秘密』
#2 2015年10月17日(土) 『王国、空を飛ぶ!』
#1 2015年9月13日(日) 『舞台は夢』


2018年10月17日

第5回 静岡文化芸術大学連携事業公演を開催します

第5回 静岡文化芸術大学×SPAC-静岡県舞台芸術センター連携事業

10月18日(木)
18:30開演(18:00開場)入場無料(申込不要)
静岡文化芸術大学 講堂(静岡県浜松市中区中央2-1-1)

suacspac-1

パフォーマンス 「Entranced Ⅱ」
構成・演出:アイダ レッザ
ピアノ演奏:エリック エヌ カウア
出演:アイダ レッザ、舘野百代(SPAC)、大内米治(SPAC)他

パフォーマンス後、シンポジウム「シャーマニズム、トランス、亡魂、生き霊、治癒-アジア文化圏における亡魂の表徴-」を引き続き開催いたします。

シンポジウム登壇:
高田和文(イタリア演劇研究者)
立入正之(西洋絵画研究者)
A.S.ハーデイ シャフィイ(マレーシア)
ギャレス リチャーズ(英国、ペナン在住)
モニカ アルカンター(メキシコ、イタリア在住)
梅若猶彦(観世流能楽師)
ほか

主催 静岡文化芸術大学 文化・芸術研究センター
共催 SPAC-静岡県舞台芸術センター
後援 国際交流基金(クアラルンプール)
協力 サン マレーシア大学 Hikayat,Gerakbudaya Bookshop,Ombak-Ombak ARTStudio

お問い合わせ
静岡文化芸術大学 
〒430-8533 静岡県浜松市中区中央2-1-1
Tel. 053-457-6105(地域連携室)

詳細はこちら↓
https://www.suac.ac.jp/news/event/2018/01691/


2018年9月29日

【台風24号接近による、明日9/30のイベント中止のお知らせ】

【台風24号接近による、明日9/30のイベント中止のお知らせ】

明日9月30日(日)のオクシズ縁劇祭、オクシズ在来市場および、みどりの森の美術館でのリーディング・カフェは、台風24号の接近が予想されるため、来場者の安全を考慮した結果、止む無く中止とさせていただくことになりました。

開催を楽しみにしてくださった皆様には、ご迷惑をおかけしますことお詫び申し上げます。


2018年9月28日

SPAC芸術局 制作部、創作・技術部スタッフ募集説明会

日本で唯一の「専用劇場を持った公立劇団」であるSPACの仕事に対する理解と関心を深めていただくために、スタッフ募集説明会を実施いたします。「演劇の仕事とは?」「劇場ではどんな人が働いているのか?」など、演劇・劇場の仕事に興味がある方、静岡で働くことを考えている方、SPACで働くことに興味はあったがまだ来たことがない方、この機会にぜひお足をお運びください。

*SPAC芸術局 創作・技術部、制作部スタッフ募集のお知らせはこちら

2018年10月20日(土) 静岡芸術劇場
・11:00~12:30 スタッフ募集説明会
・14:00開演 SPAC 『授業』 観劇(終演後に関連企画「放課後トーク」あり)
アーティストトーク終了後、創作・技術部スタッフが働く現場を案内するバックステージツアーを実施いたします。(バックステージツアーは自由参加です。)

内容:SPACの活動紹介、SPACで働くスタッフ紹介、Q&A など

参加費:無料(要予約)
『授業』 チケットは各自でご購入ください。

■参加申し込み手続き
必要事項:氏名・電話番号・興味のある部署(制作・舞台・照明・音響・衣裳・美術・その他)

申 込 先:SPAC‐静岡県舞台芸術センター 
TEL:054-203-5730 E-mail: apply★spac.or.jp(★を@に変えてお送りください)

申込締め切り:2018年10月18日(木)

関連イベント情報
2018年10月20日(土)『授業』 関連企画 
・プレトーク…開演25分前より、静岡芸術劇場カフェ・シンデレラにて開催。
・放課後トーク…終演後、ワールド・カフェ形式によるトークイベントを開催。

※「放課後トーク」にご参加される場合は、終演後のバックステージツアーはご参加いただけません。

◆スタッフ募集説明会のご案内はこちらからダウンロードできます(PDF)


SPAC芸術局 制作部、創作・技術部スタッフ募集のお知らせ

SPAC-静岡県舞台芸術センターは、静岡芸術劇場と舞台芸術公園という施設を拠点に活動する専属の劇団を擁し、舞台作品の創造や国内外での公演活動と同時に、劇場の企画・運営を行っています。このたび、私たちと一緒にSPACの事業をさらに発展させる芸術局スタッフを募集いたします。

また合わせて、スタッフ募集説明会も開催いたします。←終了しました。

◆募集要項はこちらからダウンロードできます(PDF)。

■募集職種、募集人数および応募資格、契約条件等
————————————————————-
【職種1】
制作部スタッフA・B(各種事業の企画・進行、渉外、営業、広報、票券等)
募集人数 若干名

応募資格
 ・年齢不問(長期キャリア形成のため20歳以上35歳未満の方が望ましい)
 ・性別、学歴、国籍不問(ただし、相応の日本語読解力を必要とする)
 ・英語、フランス語、その他の語学堪能な方歓迎

契約料 年俸制で220万円~350万円(12ヶ月当り)

契約期間
A)2019年2月1日から2021年3月31日まで
(2019年2~4月をインターン期間とし、インターン終了後改めて契約の意思を確認する)
B)2019年4月1日から2021年3月31日まで
(2019年4~6月をインターン期間とし、インターン終了後改めて契約の意思を確認する)
※A・Bとも2021年4月1日以後は、成果に応じて3年間ごとの契約更新が可能
※インターン期間中は年俸に基づいた日割り計算での報酬を支払う。
————————————————————-
【職種2】
創作・技術部スタッフA・B・C(舞台、美術、照明、音響、衣裳)
募集人数 若干名

応募資格
 A・B共通)年齢不問、性別、学歴、国籍不問(ただし、相応の日本語読解力を必要とする)
 C)舞台芸術創造の現場で5年以上の実務経験を持ち、SPAC上演作品に即戦力スタッフとして関われること

契約料
 A・B共通)年俸制で220万円~400万円(12ヶ月当り)
 C)月額報酬として25万円~35万円
 経験・能力を考慮の上、契約日数に応じ算出

契約期間
A)2019年2月1日から2021年3月31日まで
(2019年2~4月をインターン期間とし、インターン終了後改めて契約の意思を確認する)
B)2019年4月1日から2021年3月31日まで
(2019年4~6月をインターン期間とし、インターン終了後改めて契約の意思を確認する)
※A・Bとも2021年4月1日以後は、成果に応じて3年間ごとの契約更新が可能
※インターン期間中は年俸に基づいた日割り計算での報酬を支払う。
C)SPACの上演作品の制作期間及び公演期間に応じて定める。(休日保証・宿舎利用相談可)
————————————————————-

■選考試験
予備選考(書類審査)
本選考 (面接試験)2018年12月15日(土)                        
会場:静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)

■応募手続き
1.提出書類
(1)履歴書
・希望職種(A・B・Cについての希望も)を明記の上、履歴書をお送りください。
・メールアドレスを必ずご記入ください。
・ご自身の劇団経験や作品情報などがあればその詳細もお書き下さい。
(2)作文 応募理由を800字以内

2.応募方法
<郵送の場合>
封筒に「芸術局スタッフ応募」と朱書きの上、提出書類を下記に送付して下さい。
   〒422-8015 静岡県静岡市駿河区東静岡2丁目3-1
   公益財団法人 静岡県舞台芸術センター 芸術局スタッフ募集係
  *簡易書留、宅急便など、配達されたことが確認できる方法で送付されることをお勧めします。
<メールの場合>
件名に「芸術局スタッフ応募」と記入の上、下記のアドレスに送信して下さい。
特設メールアドレス apply★spac.or.jp (★を@に変えてお送りください)
※選考結果等の連絡は、特設メールアドレスより行いますので、
このアドレスからのメールが受信できるよう、携帯電話やメールソフトの設定をお願いします。

3.応募締切 2018年11月30日(金)必着 

■その他
 ご応募頂いた書類は、返却いたしませんのでご了承下さい。

■お問い合わせ
 公益財団法人 静岡県舞台芸術センター(SPAC)芸術局スタッフ募集係
 〒422-8019 静岡県静岡市駿河区東静岡2丁目3-1
 TEL 054-203-5730(受付10:00~18:30) FAX 054-203-5732
 apply★spac.or.jp (★を@に変えてお送りください)

★スタッフ募集説明会を10月20日(土)に開催いたします。詳細はこちら←終了しました。


10月7日(日)アーティストトーク開催決定/ゲストは成河(そんは)さんです!

10月7日(日)の『授業』終演後にアーティストトークを開催することになり、
トークゲストは、俳優の成河(そんは)さんに決定いたしました。
大学時代から西 悟志と演劇活動をともにしていた成河さんは、2016年には西演出の『マクベス』に池田有希子さんとともに出演されています。
そんな成河さんは今回の『授業』をどのようにご覧になるのでしょうか?
トークもぜひお楽しみに!

この日は、渋谷発の東京バスを運行いたします。(片道1,000円です!)
10月3日(水)締切ですが、定員に達し次第受付を終了いたしますので、お申し込みはお早めにどうぞ!
*東京バス詳細はこちら

P111成河_144dpi成河(そんは)[俳優]
1981年3月26日生まれ。大学時代から演劇を始め、北区つかこうへい劇団などを経て、舞台を中心に活動。つかこうへい、野田秀樹、ロバート・アラン・アッカーマン、ジョン・ケアード、サイモン・マクバーニーら国内外の著名演出家の作品に多数出演。平成20年度文化庁芸術祭演劇部門新人賞、11年に第18回読売演劇大賞優秀男優賞を受賞。近年の主な舞台出演は『春琴』(8,9,10,13年)、『ショーシャンクの空に』主演(13年)、『ビッグ・フェラー』(14年)、『十二夜』、『アドルフに告ぐ』主演、ミュージカル『100万回生きたねこ』主演、『スポケーンの左手』(以上15年)、ミュージカル『グランドホテル』RED主演、ミュージカル『エリザベート』(以上16年)、ミュージカル『わたしは真悟』、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season花、『子午線の祀り』、『人間風車』主演(以上17年)、『黒蜥蜴』(18年)、一人芝居『フリー・コミティッド』(18年)など。映像ではNHK連続テレビ小説『マッサン』、TBS『下町ロケット』、CX『絶対零度』、映画『SP~革命篇』『脳内ポイズンベリー』などに出演。ディズニー実写映画『美女と野獣』でユアン・マクレガー演じるルミエールの吹き替えを担当した。10月12日に声の出演をしたアニメーション映画『ムタフカズ』が公開。12月14日よりミュージカル『スリル・ミー』(栗山民也演出)に出演。