2017年11月23日

1月14日(日)『しんしゃく源氏物語』トークゲストは古川日出男氏に決定!

作家の古川日出男さんが、『しんしゃく源氏物語』の1月14日(日)のアーティストトークゲストに決定しました。
 
高校から演劇にかかわり多くの戯曲も執筆され、自ら出演もされる朗読ライブを展開されるなど、小説のみならず多彩な活動をされている古川さん。2015年に出版された『女たち三百人の裏切りの書』では、『源氏物語』をモチーフにされています。そんな古川さんが『しんしゃく源氏物語』をご覧になってどのように感じられるのか、どうぞお楽しみに!
 

furukawa古川日出男 (ふるかわひでお)
1966年、福島県生まれ。作家。98年、原稿用紙1100枚超の書き下ろし小説『13』でデビューする。代表作に、紫式部の怨霊が現われて「宇治十帖」の真実の姿を語る『女たち三百人の裏切りの書』(読売文学賞・野間文芸新人賞)、ナポレオン軍が侵攻する18世紀末のエジプトを舞台にした書物幻想譚『アラビアの夜の種族』(日本推理作家協会賞・日本SF大賞)、「巨大な短篇」を謳った東京群像劇『LOVE』(三島由紀夫賞)などの文学賞受賞作のほか、軍用犬の視点から20世紀の世界史を描き出した『ベルカ、吠えないのか?』、東北6県の時空をラディカルに縦断する原稿用紙2000枚の巨篇『聖家族』、ロックンロール史と仏教史を通してオウム真理教を生んだ時代に迫る『南無ロックンロール二十一部経』がある。また、黙読を前提視している近代以降の読書文化に異を唱える意味も込めて、「耳の文学(声の文学)」としての朗読活動も積極的に行なう。このほか、『平家物語』の現代語訳や、故・蜷川幸雄氏の演出で上演された戯曲『冬眠する熊に添い寝してごらん』(岸田國士戯曲賞候補)なども発表している。
 


宮城聰演出・新作『寿歌』、愛知・静岡にて来春上演!

宣伝美術:松本久木

宣伝美術:松本久木


このたびSPACは、愛知県芸術劇場との共同企画で、
北村想作/宮城聰演出の『寿歌 (ほぎうた)
新作として製作します。

2018年3月愛知県芸術劇場での初演に続き、
SPACがゴールデンウィークに開催する
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2018」での上演が
決定しました!

本作は、劇作家・北村想氏が
1979年に発表した氏の代表作で、
80年代に演劇の歴史を変えたとも言われる戯曲です。

核戦争後の廃墟と化した世界を放浪する男女3人の物語。
近未来的な世界観がまさに現実に迫る今、
宮城聰が新たな演出で手掛けます。

『寿歌』
作:北村想 / 演出:宮城聰
美術:カミイケタクヤ / 照明:木藤歩

出演:[SPAC] 奥野晃士、春日井一平、たきいみき

◆愛知公演◆
公演日:2018年3月24日(土)14:00/18:00、25日(日)14:00、26日(月)14:00/19:00
会場:愛知県芸術劇場 小ホール
※詳細は愛知県芸術劇場サイトをご覧ください。

◆静岡公演◆
「ふじのくに⇄せかい演劇祭2018」
ゴールデンウィークに開催
詳細は、2018年2月中旬、演劇祭特設サイトにて発表いたします。

『寿歌』という戯曲がいかに特別なものであるかは、近年まで優れた上演が途絶えないという事実からもじゅうぶん証されていると思います。
では僕がその優れた上演史に「錦上花を添える」ことができるかどうか。それはまだわかりません。
じゃあ自信もないのになぜ演出する気になったかと言えば、僕は北村想という人のことをあまり知らないなあと思ったからです。

ん?
それがなぜ演出する理由になる?
いや、ひどく自分勝手な理由なのですが、「その人のことを知りたいときはその人の戯曲を演出する」というのが、僕が上演戯曲を選ぶ際のいちばんの動機だからです。
『寿歌』を演出すれば、北村想という人の、ものの考え方とか、外界との距離の取り方とか、生理とかがわかってくるんじゃないかと思います。
いま僕はそれを知りたいんですね。今を乗り越えるために、それを知りたい。
DSC_1148
いかがですか?
ご一緒に、このプロセスを、たどりませんか?
 
 

──宮城 聰

 
北村想近影北村想
1952生。独居独身。84年『十一人の少年』で第28回岸田國士戯曲賞。90年『雪をわたって…第二稿・月の明るさ』で第24回紀伊國屋演劇賞個人賞。96年より兵庫県伊丹市のアイホールにて、戯曲講座「伊丹想流私塾」(2017年より『伊丹想流劇塾』と改名、現在は名誉塾長)を開塾、後進の指導、育成にあたる。2014年『グッドバイ』で第17回鶴屋南北戯曲賞。



2017年11月22日

「ジャポニスム2018」で『マハーバーラタ』上演決定!

「アヴィニョン演劇祭」で大絶賛された『マハーバーラタ』が再びフランスへ!

二つの王家の熾烈な争いを軸に、神々と人間の壮大な物語が展開するインドの国民的大叙事詩『マハーバーラタ』。その中で敢えて戦争を描かず夫婦の深い愛情を謳い上げた珠玉の挿話『ナラ王物語』を、宮城聰は絵巻物のように壮麗なビジュアルで、祝祭音楽劇に昇華させました。本作は、2014年7月、世界最高峰の演劇の祭典「アヴィニョン演劇祭」(仏)で約1,000席の会場を連日満席にし、スタンディング・オベーションを巻き起こすと、その後も各地で上演を重ね、進化を続けています。客席の360度を取り囲む“リング状”の舞台、重厚な語りと動き、そして俳優による生演奏—— 17年、『アンティゴネ』で同演劇祭のオープニングを飾り、勢いに乗る宮城=SPACの代表作が、「ジャポニスム2018」で再びフランスの地に舞い降ります。

Mahabharata-photo-light_credit

DSC_1865_credit
▲写真2枚目:アヴィニョン、ブルボン石切場にて

演出:宮城聰
台本:久保田梓美
音楽:棚川寛子
空間構成:木津潤平
出演:SPAC

主催: 国際交流基金/ジャポニスム事務局、ラ・ヴィレット
共催: SPAC-静岡県舞台芸術センター

◆会場
ラ・ヴィレット(仏) https://lavillette.com/

◆公演日時
2018年11月20日(火)~25日(日)

★ジャポニスム2018とは?
【開催概要】
「ジャポニスム 2018:響きあう魂」では、パリ市内を中心に20を超える会場で、展覧会や舞台公演に加えて、さまざまな文化芸術を約8ヶ月間にわたって紹介していきます。古くは日本文化の原点とも言うべき縄文から伊藤若冲、琳派、そして最新のメディア・アート、アニメ、マンガまで、さらには歌舞伎から現代演劇や初音ミクまで、日本文化の多様性に富んだ魅力を紹介します。同時に、食や祭りなど日本人の日常生活に根ざした文化をテーマにした交流イベントも開催します。また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を前に、日本各地の魅力をパリに向け、またパリを通して世界に向けて発信します。さらに日本国内における広報活動を通じて、日本文化を再発見できる機会もつくっていきます。

【背景】
「ジャポニスム 2018:響きあう魂」は、2016 年5月に安倍総理とフランスのオランド大統領(当時)の合意により、日本文化の素晴らしさを世界へ発信する取り組みとして、実施が決定しました。世界的に文化大国として知られ、また以前から日本文化の最もよき理解者でもあるフランスでの開催に向け、日仏両国が共同で取り組んでいます。

【コンセプト】
タイトルである「ジャポニスム 2018:響きあう魂」には、二つの意味が込められています。一つは、過去から現代までさまざまな日本文化の根底に存在する、自然を敬い、異なる価値観の調和を尊ぶ「美意識」です。日本人は、常に外部から異文化を取り入れ、自らの文化と響きあわせ融合させることで、新しい文化を創造してきました。多様な価値が調和し、
共存するところにこそ、善悪を超えた「美」があるとする日本文化ならではの「美意識」を世界に紹介します。二つ目は、日本とフランスの感性の共鳴です。文化芸術を通して日本とフランスが感性を共鳴させ、協働すること、さらには共鳴の輪を世界中に広げていくことで、21世紀の国際社会が直面しているさまざまな課題が解決に向かうことを期待します。
https://www.jpf.go.jp/j/about/area/japonismes/index.html

☆『マハーバーラタ〜ナラ王の冒険〜』アヴィニョン演劇祭詳細はこちら(2014年7月)


2017年11月21日

12/3『変身』公演に昆虫博士がやってきます!

◎ふじのくに地球環境史ミュージアム緊急コラボ企画「昆虫系人間展」出張展示!
11月29日(水)~12月13日(水) 静岡芸術劇場1階ロビー

11月26日(日)まで「ふじのくに地球環境史ミュージアム」で展示中の「昆虫系人間展」
こちらがSPAC『変身』公演にあわせ、11月29日(水)から静岡芸術劇場に出張展示されます!
あわせて12月3日(日)には同館の昆虫博士岸本年郎准教授によるトーク「変身と変態~人間と昆虫」も実施されます。
人間と昆虫を区別する一線はどこか?ぜひ舞台の『変身』とともにお楽しみください。

◎トーク「変身と変態~人間と昆虫」
12月3日(日)『変身』公演後 静岡芸術劇場1階ロビー

ふじのくに地球環境史ミュージアムの昆虫博士、岸本年郎准教授

 
*ふじのくに地球環境史ミュージアムでの展示の様子↓

IMG_7192

IMG_7200

IMG_7193

IMG_7244


2017年11月20日

1月28日(日)『しんしゃく源氏物語』トークゲストは山崎ナオコーラ氏に決定!

エッセイスト・小説家の山崎ナオコーラさんが、『しんしゃく源氏物語』の1月28日(日)のアーティストトークゲストに決定しました。
 
山崎さんは、2015年に上演した『グスコーブドリの伝記』(演出:宮城聰、作:宮沢賢治)の脚本を手がけてくださいました。大学の卒業論文が「『源氏物語』浮舟論」とのことで、『しんしゃく源氏物語』をご覧になってどのように感じられるのか、どうぞお楽しみに!
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA山崎ナオコーラ
エッセイスト・小説家。1978年、福岡県生まれ。卒業論文は、「『源氏物語』浮舟論」。
2004年に『人のセックスを笑うな』でデビュー。著書に、小説『美しい距離』(文藝春秋)、エッセイ『母ではなくて、親になる』(河出書房新社)、絵本『かわいいおとうさん』(絵 ささめやゆき)(こぐま社)などがある。目標は、「誰にでもわかる言葉で、誰にも書けない文章を書きたい」。
 


2017年11月17日

「せとや陶の灯りアートさんぽ」にSPAC俳優登場

藤枝市で開催される「せとや陶の灯りアートさんぽ」にSPAC俳優の奥野晃士と大内智美が出演します。
陶のあかりでとても暖かな空間で朗読します。
そのほか、1000基の陶の灯りや陶芸体験、グルメも堪能できますよ。

~SPAC俳優による朗読の夕べ~
11月26日(日) 17:00~18:00
藤の瀬会館 (藤枝市本郷876)
出演:奥野晃士、大内智美
芥川龍之介『蜘蛛の糸』、民話『おしらさま』
入場料無料/申込不要

*詳しくはこちら

flyer1flyer2


2017年11月15日

11月19日(日)『変身』トークゲストは川口隆夫氏に決定!

ダンサー・パフォーマーの川口隆夫さんが、
変身』の11月19日(日)のアーティストトークゲストに決定しました。
 
プロフィール写真川口隆夫(ダンサー・パフォーマー)
1996年から2008年まで「ダムタイプ」に参加。同時に2000年以降はソロを中心に、演劇・ダンス・映像・美術をまたぎ、舞台パフォーマンスの幅広い可能性を探求、他ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多い。2008年より「自分について語る」をテーマにしたソロパフォーマンスシリーズ『a perfect life』を展開。その Vol.6「沖縄から東京へ」で第5回恵比寿映像祭(東京都写真美術館、2013)に参加した。近年は舞踏に関するパフォーマンス作品『病める舞い姫をテクストに』(共演:田辺知美、2012)、『大野一雄について』(2013年初演。現在世界各地をツアー中)を発表。最新作は『TOUCH OF THE OTHER – 他者の手』(2015年ロサンゼルス、2016年東京・スパイラルホール)。また、舞台以外にも1995~99年には東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のディレクターを務め、翻訳者としては英国映画監督デレク・ジャーマンの遺作エッセイ『クロマ』を共同翻訳する(2003年、アップリンク出版)など、活動は多岐にわたっている。 http://kawaguchitakao.com/


2013年の現代イプセン演劇祭にて、小野寺修二演出の『NORA』に出演されていた川口さん。
現在、『大野一雄について』ツアー中のお忙しいところ、駆けつけてくださいます!
どうぞお楽しみに!


2017年11月8日

11月9日(木)~11月11日(土)窓口業務休業のご案内

11月9日(木)~11月11日(土)まで、グランシップ天井改修工事のため
SPACチケットセンター窓口業務をお休みいたします。

*工事作業の進捗によっては11月12日(日)まで延長される場合がございます。
その際は改めてこちらのページでお知らせいたします。

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどお願いいたします。

なお、窓口休業期間中も、
お電話(SPACチケットセンター:054-202-3399)およびWEBサイトでは、
通常通りチケットをご予約いただけます。


2017年11月4日

宮城聰演出・オペラ『ルサルカ』のお知らせ

rusalka
NISSAY OPERA 2017
ドヴォルザーク作曲 オペラ『ルサルカ』全3幕
(原語チェコ語上演・日本語字幕付)

指揮:山田和樹
演出:宮城 聰
管弦楽:読売日本交響楽団
合唱:東京混声合唱団

助演:SPAC-静岡県舞台芸術センター
赤松直美、黒須芯、小長谷勝彦、佐藤ゆず、大道無門優也
永井健二、坂東芙三次、若宮羊市
 (五十音順)

◆東京公演◆
2017年11月9日(木)・11日(土)・12日(日)
各日13:30開演

会場:日生劇場

チケット:
S席/9,000円 A席/7,000円 B席/5,000円
予約・お問い合わせ:
【日生劇場】 03-3503-3111(10:00~18:00)

※詳細は日生劇場ウェブサイトをご覧ください。

◆静岡公演◆
2018年1月27日(土)/14:00開演(13:30開場)
会場:静岡市民文化会館 大ホール

チケット(税込、全席指定):
S席/9,000円 A席/7,000円 B席/5,000円
車いす席/7,000円(介助者1名は無料) ※静岡市民文化会館のみ取扱い

【静岡公演限定!】
SPACの会(個人会員・ゆうゆう個人会員・賛助会員)特別割引 ※取り扱いはSPACチケットセンターのみ
S席/8,500円 A席/6,700円 B席/4,800円
bosyu
♪素敵な特典もたくさん!お得な会員になって秋→春のシーズンを楽しもう♪
★SPAC秋→春のシーズン2017-2018 #3『しんしゃく源氏物語』とのハシゴ観劇も可能です!

 
チケット取り扱い(10月29日(日)10:00より販売開始)
・静岡市民文化会館 TEL:054-251-3751(9:00~21:30 月曜・年末年始休館 [祝日開館・翌日閉館])
・SPACチケットセンター TEL:054-202-3399(10:00~18:00)

※詳細は静岡市民文化会館ウェブサイトをご覧ください。
 
お問い合わせ:静岡市民文化会館


2017年11月1日

「社会学者・大澤真幸と読み解く現代社会の『変身』」開催のお知らせ

「ある朝グレゴール・ザムザが不安な夢からふと覚めてみると、
ベッドのなかで自分の姿が一匹のとてつもなく大きな毒虫に変わってしまっているのに気がついた。」
この印象的な一文で始まるカフカの『変身』は、社会からの断絶や家族からの疎外を描き、現代人の孤独や不安を映し出しています。
社会学者・大澤真幸が、11-12月に上演される小野寺修二演出『変身』の舞台を手掛かりに、
参加者のみなさまと『変身』の現代性について考えていきます。

社会学者・大澤真幸と読み解く現代社会の『変身』
12月3日(日)16:30~18:30
対象:SPAC『変身』公演をご覧いただいた方(*12月3日当日のご観劇でなくてもご参加いただけます)
会場:静岡芸術劇場 カフェシンデレラ
参加費:500円(ワンドリンク込み)
☆要予約
お申込み先:SPACチケットセンター TEL.054-202-3399(10:00~18:00)

<プロフィール>
大澤 真幸(おおさわ まさち)
0047SPAC文芸部。1958年長野県松本市生。東京大学大学院社会学研究科修了。社会学博士。千葉大学文学部助教授、京都大学大学院人間・環境学研究科教授等を歴任。
『身体の比較社会学』(勁草書房)、『ナショナリズムの由来』(講談社、毎日出版文化賞)、『〈世界史〉の哲学』(講談社)、『自由という牢獄』(岩波書店、河合隼雄学芸賞)、『山崎豊子と〈男〉たち』(新潮社)、『憎悪と愛の哲学』(角川書店)、『ふしぎりキリスト教』(講談社現代新書、共著、中央公論新書大賞)等著書多数。個人思想誌『Thinking「O」』(左右社)主宰。

================
SPAC秋→春のシーズン2017-2018 ♯2
『変身』
2017年11月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)、
12月3日(日)、9日(土)、10日(日) 各日14時開演
演出:小野寺修二
原作:フランツ・カフカ
音楽:阿部海太郎
出演:大高浩一、貴島豪、榊原有美、鈴木真理子、たきいみき
   武石守正、舘野百代、野口俊丞、宮城嶋遥加、吉見亮
静岡芸術劇場
*詳細はコチラ
================