ブログ

2012年11月19日

『ロミオとジュリエット』フランス語通訳 石川裕美さんインタビュー

◆中高生鑑賞事業パンフレット連動企画◆

石川裕美さん
フランス語通訳 石川裕美(いしかわひろみ)
SPACでは2010年フレデリック・フィスバック演出『令嬢ジュリー』より多数の通訳に携(たずさ)わる。

Q.なぜ通訳の仕事をされるようになったのですか?
石川:大学入学前の春休みに、急に代理で通訳の仕事に連れて行かれて、それが始まりです。学生の間は、気楽な気持ちで色々な種類の通訳をしていました。学生最後の年に、音楽祭の制作スタッフの一員として、語学に関わる部分を手伝う機会があったんです。それ以来、舞台関係の通訳をやりたいと思うようになりました。
 性格的な理由もあります。小さい頃から作文をしたり人前で話したりするのが一番苦手でした。通訳はこういったことをしないで済む立場だと気づいた。立ち位置として、唯一、自分が気持ちを楽にできる場所だと。人が話す手伝いをしていると、自分を消せるんです。その人の言おうとしていることを伝えているんだと思うと、自分も言葉を発することができる。社会の中でどこかにいなければいけないのなら、ここしかないだろうと。

Q.学生時代からすでにフランス語ができていたということですか?
石川:家族がフランス語圏のスイスに住んでいたため、14歳までスイスで育ちました。たまたまフランス語と日本語、両方がある環境にいたんです。大学で語学の勉強をしたわけではないんです。フランス語は自然に身についていました。

Q.今回の『ロミオとジュリエット』では、演出のオマール・ポラスさんの通訳をされていますが、作品に関わる発言は、一般的な会話とは違いませんか?
石川:そう思います。演出家の言葉はいつ何が飛び出してくるかわからない感じがします。本当は、その人が持っている世界全てを知らなくてはいけないのだと思います。とてもそこまではいけませんから、せめて感覚的に近くなりたい。オマールさんの稽古(けいこ)では、その場のスピードが求められるのかなと思います。文学的な内容の言葉を選ぶときに、ちょっと時間がかかりそうでも、稽古の流れを止めないように通訳するんです。オマールさんは生命力の流れを大事にして作品をつくっているようなところがあると思うんです。そういう時には、フランス語の微妙なニュアンスにぴったりあてはまる日本語の言葉が浮かばなくても、スピードを重視して、その場での感覚や方向性をとにかく伝えるようにしています。

Q.現場の雰囲気や空気感を受けながら、どう通訳するかも決めていくのですね。
石川:きっとそうですね。演出家は自分の言葉を演出しながら発していることもあると思うので、そのあたりも考えつつです。このタイミングでこの言葉を発する意図が自分ではわからなくても、とりあえず訳して言葉を発さなくてはいけないと思うんです。舞台以外の通訳では、こういったことはあまりないかもしれません。

Q.舞台の通訳のおもしろさはどういったところでしょう?
石川:通訳は難しさがそのままおもしろさですね。勉強し続けなくてはいけませんし、関係を持っている人たちを理解しようとし続けなくてはいけません。あと、自分のようなクリエイティブでない人間が、クリエイティブな人たちと一緒にものをつくられるというのは大きい喜びです。

Q.オマールさんだけでなく、日本側のスタッフとも色々なやり取りがあるのですよね。
石川:フランス語系の方は弁が立つと言いますか、まずは主張し要求します。言っても駄目だろうなと思っても、とにかく言ってみるという姿勢があります。私としては、一人一人が言いたいことをしっかり伝えようと思うため、双方が強く言ってきた場合でも伝えるようにしています。通訳が中継点なら、なるべくニュートラルでいる方がよいと思います。当事者同士が喧嘩(けんか)をしたいなら喧嘩をしないといけません。

Q.通訳というと理性的な仕事というイメージがありますが、演劇の現場になると、喧嘩の間にも入らないといけないんですね(笑)
石川:喧嘩は喧嘩ですよね(笑)そこで難しいのは、興奮していると発している言葉がうまく伝わらないので、できるだけ冷静にそのままを伝えますね。声のトーンや怒っている顔つきは、私の言葉を通さなくても伝わりますから。私はあくまで言葉担当です。

Q.そういう人間的なやりとりの間にいらっしゃると、オマールさんの人柄もよく感じられると思うのですが、いかがでしょう?
石川:オマールさんは、人生、人間、命をとても愛しています。日本も大好きですし、SPACさんのことも大好きだと思いますね。オマールさんとは、2010年『ドン・ファン』再演、2011年『シモン・ボリバル、夢の断片』、2012年『春のめざめ』でご一緒しています。
 私が知っている演出家はフランス語系の方が多いので限定されてはいますが、オマールさんは、一般的なフランス人の演出家とは違いますね。まず、より情熱的です。オマールさんはコロンビア人で、ラテンアメリカ文化の人だからかもしれません。フランス人とは発想や考え方が違うと感じます。急に動きだしたときに、これは何だろうとわからないときもあります。言葉を伝えていくとうことは、その言葉に関係している文化を伝えていくことでもあります。その難しさがあります。

Q.言葉の表面的な意味だけでなく、含意された文化があるんですね。聞けば聞くほど、複雑な仕事だなと思えてきました。
石川:心に毛が生えていないとできないです(笑) あきらめも肝心(かんじん)です。自分がわからなくても、とりあえず伝えないといけない。何を優先すべきかをつねに迷いながら言葉を選んでいます。今回は、オマールさんとSPACさんとの信頼関係がありますから、それに助けてもらっていますね。
 通訳をしていて一番うれしいのは、みんなが笑えたときです。言葉も文化も一緒に伝わったという感じがするんです。笑いは文化が違うと伝わりづらいものではないかと思います。怒りや悲しみや憐(あわ)れみの気持ちはわかりやすいのですが。洒落(しゃれ)や言葉遊びはやめてくれといつも思います(笑)

Q.中高生のみなさんが通訳という仕事を身近に知る機会はあまりないのではないかと思いますが、日本にいて勉強して通訳の仕事につかれる方もいるのですよね?
石川:そういう人の方が多いです。私が尊敬する通訳の方々には、大人になってからフランス語を選んで勉強されている方もいます。皆さんもこれから勉強されるなら語学だけでなく、文化について知ることが大事です。文化がわからないと、相手が発している言葉を理解する段階で、内容が限定されてしまうと思います。だいたいの人は言葉だけに頼らないコミュニケーションをとりますから、文化的に理解していた方が強みになると思います。

Q.最後に、石川さんから見た、今回の『ロミオとジュリエット』の魅力は何でしょう?
石川:作品について言うのは気がひけますが、オマールさんの人間性がよくあらわれているのではないでしょうか。人間を心底肯定的に見て描いているような気がします。

※中高生鑑賞事業公演では、中高生向けの公演パンフレットをみなさんにお渡ししています。今回パンフレットとSPACブログの連動企画として、パンフレットにある石川裕美さんへのインタビューのロングバージョンをこちらに掲載します。
鑑賞事業パンフレットは、一般公演でも物販コーナーにて販売しています。

2012年11月16日

<ロミオとジュリエット>ロミオからのラブレター

ロミオ役、山本実幸さんからのメッセージです!

IMG_1777

===================================

はじめまして。今年の4月から加わりました、山本です。

入ってまだ半年でこんな大役をやらせて頂くのは、とても緊張します。
まだまだ未熟な私は、先輩たちや、スタッフのみなさんにたくさんフォローしてもらって、やっと舞台に立てています。
役者・スタッフ全員、毎日大奮闘して作品を創っています!
本番まであと少し!
正直自分にロミオが務まるのか不安ですが、それよりも早くお客様に会いたい気持ちの方が強いです!!!
劇場でお会いした時は、是非、声をかけて下さい!
とってもとっても喜びます\(^o^)/

p.s
イギリスの女優さん「ソフィー」から色々言葉を教わっています。
お気に入りは「スーパードゥーパー」

2012年11月15日

<コラム・再掲>「ひっぺがす」男、オマール・ポラス/Omar Porras, l’homme qui arrache

ロミオとジュリエット』でキャピュレットを演じる貴島豪さん。オマール作品は3作目。
そんな貴島さんならではの、コラムを紹介します。
(『ふじのくに⇄せかい演劇祭2012』で上演されたテアトロ・マランドロ『春のめざめ』への寄稿より)
* The essay about Omar Porras, written by KIJIMA Tsuyoshi, an actor of
“Romeo and Juliet”. French texts are shown at the bottom.

Solo Bolivar 20110701 (18)resized
(『ふじのくに⇄せかい演劇祭2011』上演作品、『シモン・ボリバル、夢の断片』より。

上・貴島豪、下・オマール・ポラス。)

「ひっぺがす」男、オマール・ポラス
文・貴島豪

絨毯は床に敷くものである。
が、彼、オマール・ポラスにとって絨毯は「ひっぺがす」ものらしい。
「足元の絨毯をひっぺがしてやるんです。」稽古などで彼はよく口にする。「引く」や「足元をすくう」ではなく、あくまで「ひっぺがす」が彼を見ている限り、多分、妥当である。
彼にとって「ひっぺがす」とは、 続きを読む »

2012年11月14日

<ロミオとジュリエット>ジュリエッチュより愛を込めて。

主演のジュリエット役、美加理さんからのメッセージです!

美加理(本物のフィアンセ)_三浦興一
▲『グリム童話~本物のフィアンセ~』より

===================================

ロミオとジュリエット中高生鑑賞事業初日=ワールドプレミアムまであと、一週間になりました!
ラストスパートです。

えっと、忘れてしまいましたが、
7月初旬のワークショップ、
8月の第一期リハーサル、
10月からの第二期リハーサルと
積み上げては壊し、また積み上げている作業を繰り返し、
スタッフもキャストもひた走る日々。

徐々に色付き始めています。秋の景色のように。
てっぺん越えー!!(笑)

新人、山本実幸ちゃんのロミオ、素敵ですよ!!
ああ、若いっていいな。おいちやん、おばちやんもがんばってます!
テアトロマランドロ率いるみなさんもパワフル&キュートです。

沢山のお客様のご来場をお待ちしております。!!
ジュリエッチュより愛を込めて。

美加理。

2012年11月11日

<ロミオとジュリエット>引越しました

『病は気から』も無事千秋楽を迎え、『ロミオとジュリエット』の初日が刻々と近づいてきています。

今まで舞台芸術公園内にある屋内ホール「楕円堂」で稽古をしていたロミジュリチームですが
今週から静岡芸術劇場での稽古になりました。

装置も大道具も小道具もすっかり引越し、楕円堂内はなんだかがらーんとしてしまいました。
そして芸術劇場は賑やかに…

ってあれ?
これ楕円堂じゃないんですか??
劇場(軽)

と思われた方も多いでしょうが、今回の『ロミオとジュリエット』の装置は楕円堂を元にデザインされているんですよ!
そしてただ楕円堂に似ているだけじゃなく、様々な工夫や仕掛けももりだくさん…
なんだか刺激的な舞台になりそうです…

また、芸術劇場からの富士山の眺めを毎日楽しみにしている海外の出演俳優のみなさん。
富士山(軽)

次回はロミジュリ出演俳優についてお届けします!

2012年11月10日

<病ブログ9 最終回> 舞台写真と舞台裏映像公開!!

カテゴリー: 『病は気から』2012

ご好評をいただいた『病は気から』は、
11/4に一般公演、11/5に鑑賞事業公演を無事に終えました。

<病ブログ最終回>では、舞台写真を一挙大公開します。
2012.10.23-013+014wc

2012.10.23-025wc

2012.10.23-039wc

2012.10.23-073wc

2012.10.23-104wc

2012.10.23-118wc

2012.10.23-176wc

2012.10.23-182wc

2012.10.23-217wc

2012.10.23-230wc

2012.10.23-243wc

2012.10.23-284wc

2012.10.23-325wc

2012.10.23-336wc

終演後には、劇場1Fロビーにて、
「病は気から の 気になる舞台裏」と題して、
舞台裏のダイジェスト映像を放映していました。
そちらをブログでも公開します。

舞台裏で、出演者やスタッフはこんなことをしていたのかと、
驚きが沢山です。

秋のシーズン2012、
ノゾエさんの潤色・演出で素敵な喜劇『病は気から』が
SPACのレパートリーに加わりました。
また、いつか近いうちに、皆様にご覧いただける機会がくることを願って、
<病ブログ>最終回といたします。

SPAC秋のシーズン、次はラスト『ロミオとジュリエット』です。
オマール・ポラス演出、SPAC、テアトロ・マランドロ共同制作作品、
こちらもどうぞお楽しみに。

2012年11月9日

<ロミオとジュリエット>『ラテンな熱血先生、県立大に現わる』

静岡県立大学のとある火曜日、

「ヨーロッパ文化論」

の授業に突如現れた熱血先生。

「20歳でコロンビアからフランスに渡った。
知り合いもいない、文化も知らない土地。
だが、ラテンアメリカからヨーロッパへと、文化を伝達する「旅」によって
自分の中に新しい文化がもたらされた。
そして今、それが日本に繋がったのだと感じる。」

そして、

「文化を知るためにはその環境から一度離れなければならない。
日本を知ることは難しいことだが、同時に自分を豊かにしてくれる。
文化の混合を進めること、それが作品を豊かにする。」
IMG_1627

ある学生さんは、海外で日本を振り返って感じたことと
この言葉の意味が重なったそうです。
IMG_1583
そんなオマール・ポラス先生の世界がこれでもかと滲み出た
『ロミオとジュリエット』は間もなく開幕。

オマール先生は最後、こう締めくくりました。

「今日という日は、皆さんに劇場に来る機会を紹介するための一日です。
皆さんも私たちの“プロジェクト”に参加するため、お客さんとして劇場に来てみてください。」

==============================
『ロミオとジュリエット』 
11月24日(土)、25日(日)
12月1日(土)、2日(日)、8日(土)、9日(日)

★11月25日(日)はスペシャル・トーク!
「オマール・ポラス、演劇を語る ~コロンビアからヨーロッパ、そして静岡へ~」
出演:オマール・ポラス、進行:横山義志(SPAC文芸部)
==============================

2012年11月4日

<病ブログ8>川上友里さんインタビュー

カテゴリー: 『病は気から』2012

今回は、出演者の川上友里さんにインタビューしました!
川上さんは、SPAC初参加です。

s-2012.10.23-125wc

Q)SPACの作品に参加してみてどうでしたか?
A)最初はプレッシャーがすごかった…。ホームシックになって、
毎日お母さんに電話してました(笑)。
男の子の役や長いセリフを話すのも初めてだし、
海外の戯曲っていうのもあり、お芝居が馴染まなくて辛かったです。
でも芝居だけに打ち込める、とても贅沢な修行でした。

Q)女優を目指したきっかけを教えて下さい。
A)三谷幸喜さんのTVドラマを観たのがきっかけです。
小劇場の俳優さんがたくさん出ていて、それがとてもカッコよく見えて。
それから映画やドラマをよく見るようになりました。
ただ、映画とかは芸能人がやるもので自分とはかけ離れすぎているように思えて…
私、田舎の人間なので。
それで手が届くのは演劇だと。
演劇なら私のようにどこにでもいるような子でもできるのではないかと。
でも女優になりたいなんて言えなくて、親には専門学校に通うって言って関西に行き、
毎日芝居ばっかり見てましたね。

Q)ノゾエさんの劇団「はえぎわ」に所属されていますが、入団された経緯を教えてください。
A)初めてノゾエさんを見たときの衝撃、とにかく存在感がすごかったです。
作品はよくわからなかったんですけど。
大阪の劇団を辞めて、もう劇団には入らないって思っていたんですけど、
この人だったらついていきたいと思って、はえぎわのオーディションを受けました。
劇団って、その劇団の作品が好きじゃないと入れないと思うんですけど、
ノゾエさんみたいな人にはもう出会えないって。

Q)公演は残すところあと二回ですが、これからこの作品を観に来てくれる方に一言。
A)笑ってほしい!何も考えずに観てもらえたらいいなって。
こんなに直球な作品って最近自分の周りではあまりないので、
面白かった!って素直に笑ってもらいたいですね。

『病は気から』 残すは本日4日(日)15時開演の一般公演と、
5日(日)13時開演の中高生鑑賞事業公演のみです。
中高生鑑賞事業公演も、一般のお客様も観劇できます。
まだご覧になっていない方、最後のチャンスです。

2012年11月2日

<萌目線。vol.105>一般公演ラスト!

カテゴリー: 萌目線。

いよいよ明日、明後日で『病は気から』の一般公演が終わってしまいます。

ご来場いただけるみなさま、お待ちしています!
まだ迷ってらっしゃる方、これは見逃すと後悔しますよ!
もう一回観ちゃおうかなと思ってる方、最後にいっしょにたくさん笑いましょう!

命懸けで舞台に立ったモリエールと劇団員たちの姿を、
SPACおなじみのメンバーが演じています。

350年前から変わらない人間の一生懸命さと、
今回ノゾエ征爾さんによる現代的な潤色と演出によって、
静岡芸術劇場はかつてないほどの笑い声に包まれています!

そんな喜劇のなか、モリエールが息絶えたラストのシーンで私が思い出すのは、
今年の初めに永遠の世界ツアーに旅立ってしまった仲間たちのことです。

もう会えなくなってしまったことがずっと寂しくて悲しかったのですが、
いっしょにいられなくても、これからもずっと同じ夢をみていけると思えるようになりました。

いっしょに作り上げてきた作品を、芸術を、これからもここで守って育てていきます。

いつかそれがモリエールの劇団のように伝説になるように!
明日も舞台に立ちますので、
みなさまどうぞ応援に来てください!
IMG_2012102641981
IMG_2012102847253

<萌目線。>とは・・・ SPAC新人俳優石井萠水の目線で稽古場や舞台裏の様子をお届けしています。
GREEでもブログ更新中。

2012年11月1日

<病ブログ7>ノゾエ征爾さんからメッセージ!

カテゴリー: 『病は気から』2012

今回は、潤色・演出を手がけたノゾエ征爾さんから、
公演中日を終えて今の心境と、
これからご覧いただく皆さんへのメッセージです。

そして、ノゾエさんは、連日の公演の合間に、
静岡市内の中高生にもメッセージを伝えにいきました。

s-IMG_0192

s-IMG_0223

ノゾエさんが神奈川県にあるサレジオ学院中学校・高等学校に通っていたのが縁で、
静岡サレジオの朝礼で、中高生の皆さんを前に講演しました。

演題は「人と人」。
演劇の魅力や演劇を通しての人との出会いについて語りました。

静岡サレジオ訪問の新聞記事はこちら

一回一回の生の出会いがあるのが演劇の魅力。
『病は気から』一般公演は、残すところ11/3&4の2回限りです。
どうぞ、お見逃し無く。