2014年11月13日

【日刊!『変身』】ともちゃんとナギちゃん。

みなさま、こんにちは。
制作部の山川祥代です。

本日の【日刊!『変身』】ブログは
『変身』の作品創作に携わっている
「はたらく素敵女子」2名をご紹介したいと思います。

まずは、『変身』の音響オペレーターを担当している
SPAC創作技術部音響班の山﨑智美さん。
通称ともちゃん。(私の中で)

1

稽古場の音響卓の前に座り、
稽古の様子を一部始終見つめながら
小野寺さんのその瞬間にひらめいた案に即反応し、
何百とあるであろうストックの中から
「音」という名の効果を提示していく・・・
当たり前のことのようで、
稽古場に与える影響然り、
ものすごいことなんだろうなって
しみじみ感じます。

2

微動だにしないたたずまいというか、出で立ちには
ちょこんとかわいらしく座っているように見えて
その真剣な眼差しと瞬時の判断力に驚かされます。
それでいてお声のかわいらさしさといったら!
初めて耳にしたときは
「何てエンジェルボイスなんだ!」と感動したほどです。

そして2人目は同じく創作技術部で
舞台班の廣﨑ナギ子さん。
今年の4月からSPACメンバーとなったニューフェイス。
通称ナギちゃん。(またもや私の中で)

3

ナギちゃんも今年が1年目だなんて信じられない程、
テキパキ動いてくれています。
新作はとても面白いけど、その分やっぱり大変なことも。
何もないところから生み出すということは
それだけ新しいものを用意しなくてはいけないということ。
装置にしても小道具にしても、
必要なことはわかっているけど、何せ創作中なので
稽古の進捗に大きく左右されてしまいます。
しかし、そんなことにも打ちのめされず
ともちゃん同様、その場の適応能力を大いに発揮しながら
ドライバーを使って道具を用意したり、大きな板を支えたりと
そのたくましい働きっぷりはとてもかっこいいです。

4

そんなともちゃんとなぎちゃんに
今まさに創作がおこなわれている『変身』稽古について
どんなことを感じているかコメントをいただきました!

【山﨑】
「普段の生活では気にも留めないような
小さな仕草からも受け取ることのできる
意図や感情を見逃さないよう、
日々の稽古の中で心掛けています。」

【廣﨑】
「『変身』は新作なので、まさに何もないところから
一つの作品が創り上げられています。
その過程に携われているという事実が
もう楽しいです。そして光栄です。」

CIMG4785
いい音出せるようにがんばります!(山﨑)
観ないと後悔しますよ!(廣﨑)

『変身』の「働く素敵女子」、
ご堪能していただけましたでしょうか?
この2人が『変身』の創作現場にバッチリ付き添って
実際の公演でも活躍してくれます。
俳優、そして他のスタッフたちも
小野寺さんとの新作に全力で向き合っています。
そんな「熱い」稽古場から生み出される
SPAC新作『変身』、どうぞお見逃しなく!

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


2014年11月12日

【日刊!『変身』】「不条理」な稽古場

Filed under: 『変身』2014

みなさま、こんにちは。
制作部の山川祥代です。

昨日は稽古オフのため
【日刊!『変身』】もお休みでした。
「ついに力尽きたか」と思われた方、
のんのんのん。
まだまだ、がんばりますよ。
おかげさまで【日刊!『変身』】ブログ、
ちょこちょこお誉めのお言葉をいただきまして
本当に有難い限りです。
そして、どんどんホントに止められなくなってしまった・・・
「日刊」でいられなくなった次の日とか
みなさんにお顔向けができないよ、ホントに。
細々とひた向きに、そして前向きに
【日刊!『変身』】お届けしていきますので
これからもよろしくお願いいたします!

そして気になる稽古のほうですが
どんどん進んでいます。
つなげて、つなげて
通しが出来る場面も増えてきました。
それでいてまだまだ新しいこと、
発展できるところは探り続けています。

1

2

3

4

本当に一体どんな作品になるのでしょうか?
毎日毎日稽古を見させてもらっていても
わくわく感が一向に治まりません。
むしろ高まっている気がします。
本日の午前の稽古だけでも
何回「すごい・・・」と口に出してしまったことか。
それだけこの『変身』という作品、つかめません。
とらえられません、私の頭の想像のはるか先を行ってしまうので。
ある意味私にとって今一番「不条理」な世界は
この『変身』の稽古場かもしれません。

「装置とお友達になろう作戦」、
絶賛続行中です。
今のところ関係良好で、
またさらにぐっと密接な関係になろうと
日々奮闘しています。

5

隣にいるのが自然になってきました。

これからもそんな稽古場の様子を
「日刊」でお伝えしていきます。
みなさま、また明日!

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


2014年11月10日

【日刊!『変身』】大高浩一の語り

だんだんと作品の姿が見えてきた稽古場より、レポートは続きます。

本日はこの方をご紹介しましょう。

今年度は、
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』のナラ王、
ふじのくに野外芸術フェスタで上演した『天守物語』で
姫川図書之助役のムーバー(動き手)、
静岡文化芸術大学で上演した『綾の鼓』では
華子役のムーバーだった大高さん。

今回の『変身』では、

2
語る。

2
語る。

動きを作っている俳優たちと絡みながら
あるいは彼らの間をすり抜けながら
そして装置を縦横無尽に使いながら

3

語ります。

大高さんの台詞をここまでたっぷりと味わえるのは
SPACにいつも来てくださっている皆さんにとっても、ちょっと珍しいはず。

大高浩一ファン必見ですね?

大高さん

「楽しみにしててください!」

(大高さん最近その顔お気に入りっすね。)

ご来場お待ちしております!!

制作担当 中野三希子

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


2014年11月9日

【日刊!『変身』】 「ぱちっ」の積み重ね

Filed under: 『変身』2014

本日は稽古後に衣裳のフィッティング。
サイズ等々の確認のため、出演者たちが交代で衣裳室へ向かいます。

10月25日、第二期稽古初日の冒頭に
衣裳デザイン担当の駒井さんから紹介されていたデザイン画から
実際に衣裳が出来上がってきているのを見て、ちょっと感激です。
(これまで何度もそんな光景を見てきたはずなのですが、それでも!)

めいっぱい肩を動かしてみる貴島さんと、衣裳の清さん。

fitting

fitting2

稽古場では、
何度も何度も試したひとつの流れが綺麗に出来あがった瞬間は
パズルのピースが「ぱちっ」とはまったような気持ちのよさです。

そして同じく、
舞台装置を作り、毎晩追加の作業や直しを続けている舞台スタッフたちや
衣裳を縫い上げ、細やかな調整をしていく衣裳スタッフたちの力が
さらに「ぱちっ」と合わさって、作品の姿が出来ていく。

一度姿が見えたあとにも、
それをキープしたり改善していったりと戦いはずっと続くわけですが
いまは、最初の「ぱちっ」を目撃し続ける毎日です。

rehearsal room

稽古中に小野寺さんが誰かに指示を出しに行くと、
その隙にあっちでもこっちでも各パートがそれぞれに猛烈に確認作業。

小野寺さん曰く、「大騒ぎだよ」と…

はい、いまはきっと大騒ぎの時期。

こうして全員がフルパワーで、「ぱちっ」を積み重ねています!

制作担当 中野三希子

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


2014年11月8日

【日刊!『変身』】装置との気になる関係

Filed under: 『変身』2014

みなさま、こんにちは。
制作部の山川祥代です。

『変身』公演初日である
12月6日(土)に運行する浜松バスですが
本日満席となりました。
ご予約ありがとうございました!
今後は「キャンセル待ち」で承ります。
同日は1階席も少なくなってきておりますので、
ご希望の方はお早目にお問い合わせください。
13日(土)以降の公演にはまだ余裕がありますので
いいお席でご覧になりたい方は後半の公演をどうぞ。

「装置とお友達になろう作戦」、
(勝手に名付けました)
みなさん試行錯誤しながら奮闘しております。
まずは時間をかけて「相手」を「知る」ことから。
何回も何回もトライすることでコミュニケーション、
いや一方通行だから片思い?
とにかくじっくり一緒の時間を過ごすことが大事ですよね。

1

2

3

今はまだ2人きりになるとよそよそしい
「知り合い」といったところでしょうか?
このまま日に日に仲良くなって、
「知り合い」から「友達」に、
そしてそこからただの「友達」ではなく、
かけがえのない「相棒」になっていくはず。
そんな「関係性」の変化にも
これから注目していきたいと思います。

4

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


2014年11月7日

【日刊!『変身』】音色のマジック

Filed under: 『変身』2014

みなさま、こんにちは。
制作部の山川祥代です。

昨日のブログでご紹介した装置、
ご覧いただけましたでしょうか?
まだ仮の姿とはいえ、運び込まれると
思わずテンションが上がってしまいますね。
これからの稽古でどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。
わくわく、どきどきです。

さて、音楽の阿部海太郎さんを迎えた稽古場は
音を奏でる即興ワークショップ。
海太郎さんが持ってきてくださった
おもちゃのようなアンティークのような
かわいらしい色んな「楽器」に
みんなも興味津津。

1

2

ひととおり紹介してもらったら、
それぞれ一つずつ手に持ってみて
海太郎さんにリードしてもらいながら演奏。

3

すごい、何これ。
面白い!
個性豊かな楽器が、絶妙なタイミングと合わさって
「音色」という効果で場面の雰囲気を創り上げていく。
俳優のみなさんも自分が奏でる予想外の音に
驚きながらもとても感動したご様子。
これぞ海太郎さんマジック。

4

これからもそんなきらめく音色のマジックが生まれるに違いありません。
公演初日まで1ヶ月を切ったSPAC新作『変身』、
これからも駆け抜けて行きます!

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


2014年11月6日

【日刊!『変身』】装置、登場!

Filed under: 『変身』2014

いよいよ稽古場に、やってきました。
あの「箱」が…!

1

そう、先日このブログでも模型の写真をご紹介した、あの舞台装置。
表面の板がむき出しなのはまだ仮の姿ではありますが、
リハーサル室に登場です。

これから、この装置と一緒に稽古を進め
俳優の動きと装置の仕掛けとが一体になっていくよう
細部をつめていきます。

稽古冒頭には、舞台美術デザインの深沢さんによる説明をはじめ
『変身』担当スタッフたちによる仕掛けの披露、
注意事項の確認等々が行なわれました。


装置の上に立つ舞台監督の村松さん。
 
 
しかし今日はまだ、
この装置と付き合うのにちょっぴりおそるおそるの部分も。
何せ、この仕掛けです。
これからたっぷり仲良くなっていただきましょう。
  

 
…え、「仕掛け」って何だ?
 
それは舞台をご覧になってのお楽しみ。
これからご紹介していく写真でもだんだん見えてくるかもしれませんが
この装置が「生きる」姿は、舞台でしかご覧いただけません。
ぜひ劇場に足をお運びください!
 
12月6日の一般公演初日まで、本日でちょうどあと一ヶ月となりました。
12月13日、20日は終演後にバックステージツアーも行ないます。
この装置の秘密、たっぷりご紹介いたしますよーー!
 

制作部 中野三希子

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


2014年11月5日

【日刊!『変身』】阿部海太郎さんがやってきた!

Filed under: 『変身』2014

みなさま、ごきげんよう。
制作部の山川祥代です。

「ごきげんよう」だなんて言ってみました。
ブログでよかった。
口では言い慣れてなくて照れちゃいそうです。

さて、稽古場はますます気合が入ってきています。
そして今回の『変身』公演で音楽をご担当いただく
阿部海太郎さんが静岡にお越しくださいました!

a

真剣に稽古の様子をご覧になりながら、
キーボードやパソコンを使って作業を進めてらっしゃいます。
今はまだこれまで稽古場で創り上げてきたものを見て
作品のイメージを掴んでいただいている段階ですが
もうしばらくしたら、創作の現場を垣間見れるかもしれないです。
わくわく。

日々着実にシーンが出来上がってきており、
気がつけばこんなふうに舞台上にいる人の数に少し驚くことも。
(隠れてしまっている人もいますが全員です。)
別々なのに、別々じゃないこの絶妙な関係性が渦巻くシーン。

b
あっちにも、こっちにも。

そんな、いっそう密度の高くなった稽古場より
写真を何枚かお披露目。

c

d

e

写真1枚1枚を見ても、
様々なシチュエーションを想像することができますね。
人によって違うシーンを思い起こすのかもしれませんが、
それもまた面白い要素なのだと思います。

11月8日(土)には「第1回小山町映画祭」にて
お茶を片手にSPAC俳優と戯曲を読む
リーディング・カフェを行います。
稽古真っただ中のカフカの『変身』を
声に出して読んでみませんか?

<お申し込み>
小山町商工会 映画祭担当 0550-76-1100
SPACチケットセンター 054-202-3399

リーディング・カフェのご紹介はこちらをご覧ください。

f

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


2014年11月4日

【日刊!『変身』】噂のジェントルメン

Filed under: 『変身』2014

みなさま、こんにちは。
制作部の山川祥代です。

第二期稽古が始まって10日ばかりが経ちました。
日に日に新しいシーンも生まれ、
作品にどんどん深みが増しています。
(【日刊!『変身』】にも深みが・・・・・くぅ。泣)

①

②

③
足がまっすぐ!

そして、
最近稽古場をにぎわしている噂のジェントルメン。
4人並ぶと存在感が・・・なんだか・・・面白い!
並んで座っているだけで雰囲気あります。

④
ふぅ~。

⑤
もぞもぞ。

⑥
楽しいね。

また3コマ漫画みたいになってしまいました。
そんなつもり全然無かったのに。
【日刊!『変身』】も作品のように
深みが増せるよう頑張ります。
作品の成長のおまけに
ちょこっと見守っていただけると嬉しいです。

『変身』公演、続々とご予約をいただいております。
本当にありがとうございます!
12月6日、7日の公演は1階席が少なくなってきています。
この週末の公演も、他の公演日も、
迷っておられる方、まだご予約いただいていない方は
お早目にお問い合わせください。

SPACチケットセンター
054-202-3399 (受付:10:00~18:00)

SPACウェブサイト(受付:24時間)
http://spac.or.jp/ticket

皆様のご来場お待ちしております!

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


2014年11月3日

【日刊!『変身』】場面から物語へ

Filed under: 『変身』2014

みなさま、こんにちは。
制作部の山川祥代です。

SPACは1日(土)、2日(日)と
「大道芸ワールドカップ in 静岡」に参加させていただいておりました。
1日は雨にも関わらず足を止めてくださるお客様に励まされ、
2日はお天気もあってたくさんの方に観ていただけました。
本当にありがとうございました。

さて、『変身』稽古は今まで創ってきた様々な場面を
つなぎ合わせて流れを創るという作業に入ってまいりました。
一つ一つ、役柄や場面に応じて
丁寧に丁寧に関係性、必然性をもたせていく。
もたせていく、というより
むしろそれは小野寺さんの中ではごく自然で
当たり前のことのようにも見えます。

②

①

俳優さんの演技にも熱が入ります。
気迫というかなんというか、こちらも目にぐっと力が入って
一瞬たりとも視線を外せない、あのエネルギー。
気付けば視線だけではなく、
身体さえも動かすことなく見入ってしまっていました。
 
 
③
ん?
 
 
④
え?
 
 
⑤
お!

こちらも劇中の1シーンです。
さて、彼は何を見つけたのでしょうか?
注目の『変身』稽古、これからもお見逃しなく!

*******************************
静岡芸術劇場<ヘンシン!>記念公演
『変身』
12月6日~12月21日
公演の詳細はこちら
*******************************


3 / 41234