2017年2月2日

「SPAC1日演劇学校」今年度も開校します!

今年度も「SPAC1日演劇学校」を開催いたします。
講師にSPAC演出家・大岡淳を迎え、『真夏の夜の夢』を題材に、
演技と演出を体験してみませんか。

「SPAC1日演劇学校」では、他校と交流しながら、SPACの俳優と一緒に
“やって、みて、かんがえて”舞台の奥深さに迫る1日です。
静岡県内の高校演劇部員の皆様、ぜひご参加ください!

2016年度高校演劇WSチラシ

★申込用紙は下記よりダウンロードしてください。
2016年度_高校演劇WS(申込書)

開催日:
2017年3月4日(土)/3月5日(日)10時~16時
※2日間とも同じ内容となります。
会場:舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
※舞台芸術公園までは路線バスをご利用いただけます。
定員:各日20名(参加人数は1校につき5 名まで。定員に達し次第、締切とさせていただきます)
対象:静岡県内の高校演劇部員の方
参加費:無料

応募方法:申込用紙に必要事項を記入の上、下記の宛先まで郵送・FAXまたはご持参ください。

応募締切:【2月16日(木)必着】

今年の題材『真夏の夜の夢』について詳しくはこちらをご覧ください。

▼▼▼お問合せ・お申し込み▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
SPAC-静岡県舞台芸術センター 担当 高林・梶谷
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
TEL.054-203-5730
FAX.054-203-5732


2016年12月15日

ふじのくに⇄せかい演劇祭2017  ボランティア(SPACシアタークルー)大募集!

2017年のゴールデンウィークに開催する「ふじのくに⇄せかい演劇祭」を、SPACのスタッフと一緒に盛り上げ、支えてくださるボランティアを大募集いたします!
SPACの活動は、俳優やスタッフのほか「シアタークルー」という中学生から80代までの幅広い世代のボランティアスタッフに支えられています。
あなたもボランティアスタッフとして演劇祭に参加してみませんか?

↑クリックするとチラシのダウンロードができます。
 
=募集要項=

● 活動期間
演劇祭の準備・研修期間および開催期間(2017年 2 月中旬~ 5 月上旬)

● 主な活動場所
静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)
舞台芸術公園(日本平パークウェイ沿い)
駿府城公園(JR静岡駅北口から徒歩20分)

● 主な活動内容
・演目担当(担当演目の広報、劇団の受け入れ、公演当日の運営などの補助)
 ※演目担当クルーを募集しない作品もございます。あらかじめご了承ください。
・公演受付(公演当日の配布物の準備、受付、チケットのもぎり、客席案内など)
・カフェ(公演当日のカフェ運営の補助)
・撮影(舞台、準備の様子、関連企画などの写真・動画の撮影)
・海外アーティスト対応(招聘劇団の移動同行、通訳・字幕補助、食事提供の補助など)
 ※実質的には、特定の演目・劇団を担当していただく形となります。
・執筆(準備の様子や公演、関連企画に関するブログ掲載用のレポート執筆)
・託児【要保育士資格】
 ※グランシップの託児サポーターとして、通年で活動していただきます。詳細はお問い合わせください。

● 応募条件 
中学生以上 ※18 歳以下の方は保護者の承諾が必要です。

● 待遇
・演劇祭オリジナルTシャツを支給します。
・活動参加の際は交通費を実費で支給します。(上限 1,500 円/日)
 ※説明・相談会への参加にかかる交通費についてはご負担ください。
・ボランティア活動保険に加入いただきます。(保険料はSPACが負担します)

● 説明・相談会
以下の日程で開催いたします。活動内容について具体的に説明し、みなさまのご希望をお伺いいたしますので、ご都合のよろしい回にご参加ください。(予約不要です)
2017年1月25日(水)19:00~21:00
2017年1月28日(土)10:00~12:00
2017年1月28日(土)14:00~16:00
2017年2月6日(月)19:00~21:00

(集合場所:静岡芸術劇場受付)
 ※上記日程ではご参加できない方は、別途ご相談させていただきます。

● 応募方法
応募用紙に必要事項をご記入の上、静岡芸術劇場受付へご持参いただくか、郵送にてお申し込みください。下記のウェブサイト「こくちーず」からもお申し込みいただけます。
イベント名「ふじのくに⇔せかい演劇祭2017ボランティア募集」
http://kokucheese.com/event/index/439572/

●応募締切
2017年2月8日(水)

★演劇祭終了後、ご希望の方は、劇場運営を通年でサポートするボランティアとして、引き続き活動していただくこともできます。

<現役のシアタークルーにインタビュー>
◆活動の魅力は?
・演劇に身近に触れることで、視野が広がりました。
・静岡が誇る県の劇団・劇場のお手伝いができます。お客様の満足なさった表情や笑顔をみたときは、何よりうれしいです。
・感性の違ういろいろな方と接することで、新しい知り合いもできました。
◆応募を考えているみなさんへ一言
・日常生活に弾みをつけたい方、ぜひお越しください。いっしょに心がワクワクする瞬間を体感しましょう。
・活動する中で上手くいかないことや一筋縄ではいかないこともありますが、お客様やSPACのスタッフとも違う視点で舞台や人との出会いを楽しめます。
・少しでも興味がある方、まずは説明会に話だけでも聞きに来てください!
・日々の喧騒を忘れ、ひととき物語の世界へご一緒に…。自分の時間を上手に使って舞台創りのお手伝いをしてみませんか?

**お問い合わせ**
SPAC-静岡県舞台芸術センター制作部「SPACシアタークルー」担当
TEL:054-203-5730(静岡芸術劇場)
E-mail:crew@spac.or.jp[@を半角にご変更ください]


2016年12月13日

「第18回 すぱっくこども大会」出演者大募集!

きみたちのパワーに、であいたい!
オンリーワンなパフォーマンス、あつまれ!

「SPACこども大会」は、生き生きとした個性を持った子どもたちをはぐくみ、応援することを目的に、2001年からスタートしました。
これまでの17回の大会には、のべ618組1305名の小学生が参加し、歌、ダンス、演奏、奇術、落語やコントなど得意の芸を披露してくれました。
魅力的な個性と素晴らしい身体芸の持ち主である子どもたちを今年も大募集します。ジャンルは問いません。
あなたの隠れた才能を静岡芸術劇場で発揮してください。

発表日 2017年3月26日(日)
     ※参加者多数の場合は25日(土)と26日(日)に開催します。
会場 静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)
応募受付開始 2017年1月6日(金)
応募締切 2017年2月3日(金)必着

☆応募対象
・静岡県在住の小学生
・1組3名以内
※ひとつの団体からの応募は、原則として1組までとさせていただきます。

☆応募方法
・下記の応募用紙に必要事項を記入し、(1)(2)を添えて、お申し込みください。
(1)推薦文(200字以内、書式自由)
本人以外の方(友人、家族、先生等)の推薦文を応募用紙に添付してください。
※推薦文を書いた方の氏名と応募者との関係を明記してください。
(2)当日行うパフォーマンス内容が分かる資料
ダンスなど動きのあるものの場合:映像資料(DVD、USBメモリ、ミニDVテープ等)
歌・演奏などの場合:映像または、音声資料(CD、カセットテープ等)
※提出する資料が分からない場合はお問い合わせください。
※資料は返却いたしませんのでご了承ください。

・応募に際しては、必ず保護者の了解が必要になります。

応募用紙はこちらからダウンロードしてください。
【こども大会チラシ】
【こども大会応募用紙】

☆出演者の選考
応募資料をもとに、SPACのスタッフが選考いたします。
うまいへたではなく、選考基準は「ユニークであること」
書類選考の結果は、文書でお知らせいたします。
なお、選考結果についてのお問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

☆発表会
2017年3月26日(日)  ※参加者多数の場合は25日(土)と26日(日)に開催
・マイクは使えません。
・出演は小学生のみです。大人の方が舞台に上がることはできません。
・リハーサルから本番まで、各出演者(グループ)をSPACメンバーがサポートします。
※時間未定。発表会情報は3月上旬頃SPAC公式サイトでお知らせします。

☆発表時間
1組につき4分以内とします。

☆お申し込み・お問い合わせ
SPAC-静岡県舞台芸術センター こども大会係
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
Tel. 054-203-5730


2016年6月12日

【追加募集中・6/18〆切】SPACシアタースクール2016 『オズの魔法つかい』

シアタースクール2016募集チ
チラシのダウンロードはこちら

☆SPACシアタースクールとは?☆
SPAC‐静岡県舞台芸術センターでは、専属劇団による創造・公演とともに様々な人材育成・支援活動を行っています。そのひとつである「シアタースクール」は、学校では触れることのできない演劇の面白さ、奥深さを地域の子どもたちとその保護者の方々に知ってもらうことを目的として、2007年にスタートしました。今回のシアタースクールは、中学1年生から高校2年生までの参加者を県内全域から募集し、SPAC版『オズの魔法つかい』を上演いたします。SPACの俳優による指導のもと、発声、スズキ・メソッド(前芸術総監督・鈴木忠志が考案した俳優訓練法)、楽器演奏やダンスを通して「舞台に立つためのからだづくり」を学び、静岡芸術劇場で発表いたします。ぜひ今年の夏休みは、皆さん一人一人の個性あふれるエネルギーを舞台の上で発揮してください!
 ★シアタースクールのこれまでの歩みはこちら



SPACシアタースクール2016
『オズの魔法つかい』
演出: 中野真希
台本原案: 宮城聰
原作: ライマン・フランク・ボーム

《発表会》
820日(土)、21日(日) 各日16:00開演

《会場》
静岡芸術劇場(JR東静岡駅前グランシップ内)

《稽古》
7/2(土)、7/3(日)
7/9(土)、7/10(日)
7/23(土)~8/19(金)
 各日13:00 ~17:00 ※8/19(金)は12:00~18:00
 場所:静岡芸術劇場 リハーサル室(JR東静岡駅グランシップ内)
 
※上記期間中7/25(月)、8/1(月)、8(月)、15(月)はお休みです。
※可能な限りすべての稽古日程にご参加ください。参加できない日があれば、申込書にご記入ください。
※稽古場所や時間は変更になる場合がございます。変更がある場合は、事前に参加者に連絡をいたします。

《応募資格》
中学校1年生から高校2年生までの方で、かつ8/16(火)~21(日)の稽古および発表会に必ず参加できる方。
※保護者の同意が必要です。

《募集人数》
40名 (中学校1~3年生・・・26名、高校1~2年生・・・14名)
※応募者多数の場合、稽古参加可能日数などにより選考をさせていただきます。

《参加費用》
無料 (※ただし、稽古および本番時に使用する白い足袋を各自ご用意いただきます。)

《応募方法》
申込書に必要事項を記入し、応募動機(200字程度、用紙・形式自由)とあわせて郵送または静岡芸術劇場受付窓口にご持参の上、お申し込みください。
★申込書はこちらからダウンロードできます。

《応募締切》
2016年 6月11日18日(土)<必着>
※定員に若干の空きがあるため、受付を一週間延長いたします。

【主催・お申し込み先】
SPAC – 静岡県舞台芸術センター
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
TEL. 054-203-5730


2016年1月17日

《急募!ふじのくに⇄せかい演劇祭2016PVエキストラ大募集!》

只今SPACでは、「ふじのくに⇄せかい演劇祭2016」宣伝用プロモーションビデオ(以下「PV」)の撮影にご協力いただける方を募集しております。
PVのテーマは、「世界に発信!すぱっくんと巡る演劇祭とたのしい静岡」
SPAC公式キャラクター「すぱっくん」が劇場のみならず、静岡のたのしいスポットを旅してまわるという形になっています。
今回は静岡市内を各所回って撮影を行うのですが、
幾つかの場所で、「すぱっくん」と一緒に撮影に参加してくれる愉快な仲間たち(エキストラ)を探しています。
演劇祭のみならず、「たのしい静岡」をPRしていきたいと思いますので、
皆様奮ってご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

企画担当:SPAC制作部 中尾栄治

【撮影日時・場所(予定)】
※当日の天候などにより、変更する場合があります。
<1月23日(土)>
  9:00-11:00 舞台芸術公園(稽古場棟前茶畑、野外劇場前広場)
 11:30-12:30 駿府城公園
 13:00-14:00 七間町~呉服町
<1月24日(日)>
 11:00-12:00 エスパルスドリームプラザ(清水マリンパーク)
 14:30-15:30 登呂遺跡公園

【参加条件など】
 ・年齢性別など不問です。どなたでもご参加歓迎です。
 ・お友達とお誘い合わせのうえでのご参加も、大歓迎です。
 ・報酬などはございません。
 ・基本的に、現地集合・現地解散になります。
 ・簡単な振り付けで踊っていただく場合があります。
 ・演劇祭がゴールデンウィーク開催ですので、撮影時はある程度薄着でお願いします。
 ・日程は、天候などにより変更する場合があります。
 ・万が一、応募者多数となった場合、ご参加をお断りする場合があるかもしれません。予めご承知おきくださいますとともに、ご連絡はお早めにいただけると幸甚です。

【ご参加いただける場合】
メール(またはお電話)にて、以下の内容をお伝えください。
 1.お名前
 2.電話番号(※当日も連絡が取れるもの)
 3.メールアドレス
 4.ご参加いただける日時・場所・人数
 5.当日の移動手段(車、バイク、公共交通機関など)

【ご連絡・お問合せ】
電話:054-203-5730(静岡芸術劇場 担当:中尾)
メール:nakao@spac.or.jp(担当:中尾)[メールアドレスは、@を半角にご変更ください]


2015年5月20日

【募集】SPACシアタースクール2015『星の王子さま』

シアタースクール2015

☆SPACシアタースクールとは?☆

SPAC – 静岡県舞台芸術センターでは、専属劇団による創造・公演とともに様々な人材育成・支援活動を行っています。そのひとつである「シアタースクール」は、学校では触れることのできない演劇の面白さ、奥深さを地域の子どもたちとその保護者の方々に知ってもらうことを目的として、2007年にスタートしました。今回のシアタースクールは、中学1年生から高校2年生までの参加者を県内全域から募集し、SPAC版『星の王子さま』を上演いたします。SPACの俳優による指導のもと、発声、スズキ・メソッド(前芸術総監督・鈴木忠志が考案した俳優訓練法)、楽器演奏やダンスを通して「舞台に立つためのからだづくり」を学び、舞台芸術公園にある野外劇場「有度」で発表いたします。ぜひ今年の夏休みは、皆さん一人一人の個性あふれるエネルギーを舞台の上で発揮してください!

 ★シアタースクールのこれまでの歩みはこちら



SPACシアタースクール2015
『星の王子さま』
演出・脚色:中野真希
原作:アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ

《発表会》
822日(土)、23日(日) 各日18:00開演
※雨天の場合8/24(月)に延期

《会場》
舞台芸術公園 野外劇場「有度」(静岡市駿河区平沢100-1)

《稽古》
【第一期】 7/18(土)~20(月・祝)、7/24(金)~8/12(水) 各日13:30 ~17:30
 場所:静岡芸術劇場 リハーサル室(JR東静岡駅グランシップ内) 
【第二期】 8/13(木)~19(水) 各日14:00~18:00、8/20(木)、21(金) 各日14:00~19:30
 場所:舞台芸術公園 野外劇場「有度」 

※上記期間中7/27(月)、8/3(月)、8/10(月)、8/17(月)はお休みです。
※可能な限りすべての稽古日程にご参加ください。参加できない日があれば、申込書にご記入ください。
※稽古場所や時間は変更になる場合がございます。変更がある場合は、事前に参加者に連絡をいたします。

《応募資格》
中学校1年生から高校2年生までの方で、かつ8/18(火)~24(月)の稽古および発表会に必ず参加できる方。
※保護者の同意が必要です。
※発表会会場および稽古時間の都合により、今年度は小学校6年生の参加者は募集いたしません。

《募集人数》
40名 (中学校1~3年生・・・26名 、高校1~2年生・・・14名)
※応募者多数の場合、応募動機、稽古参加可能日数などにより選考をさせていただきます。

《参加費用》
無料 (※ただし、稽古および本番時に使用する白い足袋を各自ご用意いただきます。)

《JR東静岡駅から舞台芸術公園までのアクセス》
路線バス(しずてつジャストライン)静岡日本平線で約15分
※アクセス詳細はこちら
※稽古後はSPACのチャーターバスを東静岡駅まで運行いたしますのでご利用ください。

《応募方法》
申込書に必要事項を記入し、応募動機(200字程度、用紙・形式自由)とともに郵送してください。
★申込書はこちらからダウンロードできます。

《応募締切》
2015年 6/6(土)<必着>

【主催・申込先】
SPAC – 静岡県舞台芸術センター
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
TEL. 054-203-5730


2015年3月31日

【参加者募集】2015年度SPAC県民劇団 出演者・スタッフ 劇団員募集!!

Filed under: 募集

2015年度、SPAC県民劇団で活動しませんか?
出演者・スタッフなど、一緒に演劇を作る劇団員を募集しています!
演劇経験は問いません。
まずは「上演候補企画プレゼンテーション」にお気軽にご参加ください!

SPAC県民劇団とは?
SPAC県民劇団とは、SPACの人材育成事業参加者を中心に結成する静岡県民の劇団です。演出家、出演者、スタッフの全てを公募し、舞台芸術公園内の稽古場で稽古を行います。
県民劇団は俳優として出演するだけでなく、衣裳や小道具、舞台装置の製作も自ら行います。アイディアを出し合ってチケットの販売促進に取り組んだり、チラシの配布をしたりします。全てを自分たちの力でつくりあげる「劇団」です。最大2年間の助成期間を経て、劇団として自立することを目標とします。
2014年度は『しずおか徳川家康公ものがたり』(劇団静岡県史)、『Right Eye』(劇団MUSES)、『オレステス』(劇団壊れていくこの世界で)の3作品が上演されました。
2015年度は審査の結果、木田博貴さんの企画が選出されました。2016年2~3月(予定)に行う『血の婚礼』の公演に向けて劇団員を募集します!


2014年度上演作品 県民劇団 劇団壊れていくこの世界で『オレステス』(演出:木田博貴)

——————————————————
2015年度 SPAC県民劇団
上演候補企画:『血の婚礼』(作:ガルシア・ロルカ)
企画者:木田博貴(2014年結成 「県民劇団 劇団壊れていくこの世界で」代表)
会場:舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
公演日:2016年2~3月(予定)
——————————————————

■SPAC県民劇団に参加するには?
[1]
上演候補企画プレゼンテーションを開催します。SPAC県民劇団に参加ご希望の方はプレゼンテーションを聞き、企画に投票してください。

[2]
投票の結果、SPACの人材育成事業参加者が劇団員の半数以上かつ10名以上集まれば、劇団が結成されます。

※人材育成事業:SPAC県民劇団、SPAC演劇講座、県民参加体験創作劇場、SPAC高校演劇フェスティバル、SPAC一日演劇学校、SPACシアタースクール、SPACこども大会、スパカンファンプロジェクト等

【上演候補企画プレゼンテーション】 (参加無料/要予約)
日時:4月12日(日)13:00~(受付は12:30より開始します)
会場:静岡芸術劇場 1階ロビー
申込先:SPACチケットセンター TEL.054-202-3399(受付時間10:00~18:00)
応募資格:中学校卒業以上
——————————————————

■人材育成事業に参加したことのない人は?
SPAC県民劇団は、SPACの人材育成事業参加者を中心に結成します。これまでに参加経験のない方は人材育成事業「SPAC演劇講座」にぜひご参加ください。

【SPAC演劇講座】 (参加無料/要予約)
日時:4月12日(日)10:00~12:00(受付は9:30より開始します)
会場:静岡芸術劇場 1階ロビー
申込先:SPACチケットセンター TEL.054-202-3399(受付時間10:00~18:00)
講師:大岡淳(SPAC文芸部)

【講座テーマ】
スタニスラフスキー・システム入門
 ~近代における俳優の仕事とは?~

モスクワ芸術座を主宰した、ロシアの演出家・俳優コンスタンチン・スタニスラフスキー(1863~1938)。彼の考案した演技術である〈スタニスラフスキー・システム〉は、俳優を素朴な経験主義から解放し、体系的・合理的な演技術へと導き、演技におけるリアリズム(写実主義)を確立しました。
日本でも〈システム〉は、戦前から戦後にかけて、近代演劇にふさわしい演技術として参照され、スタニスラフスキーの主著『俳優修業』(山田肇訳・未来社刊)は、戦後新劇のバイブルとなりました。ところが現在の日本では、〈システム〉はすっかり下火となってしまい、せいぜい演劇学校の科目の一つとして、不十分な形で教授される程度にとどまっています。
一方アメリカでは、〈システム〉は、俳優指導者リー・ストラスバーグ(1901~1982)の
〈メソード演技〉へと継承され、〈メソード演技〉は今や、舞台俳優や映画俳優のスタンダードな演技術として定着しています。
日米で、なぜこのような違いが生じたのでしょうか?
この講座では、〈システム〉のポイントを簡潔に紹介するとともに、〈システム〉の誕生と継承という歴史的経緯を追いながら、今日なお我々日本人にとっても、〈システム〉が演技術のスタンダードとなりうるかどうかを考察します。

——————————————————

―これまでの県民劇団―
劇団静火(2008年結成)、がくらく座(2010年結成)、劇団静岡県史(2013年結成)
劇団MUSES(2013年結成)  劇団壊れていくこの世界で(2014年結成)

——————————————————
主催・お問い合わせ
SPAC-静岡県舞台芸術センター 県民劇団担当
〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
TEL.054-203-5730 FAX 054-203-5732
——————————————————


2015年3月11日

ニヤカムさんと踊ろう!ダンスワークショップ

『タカセの夢』でおなじみ、国際的に活動する振付家・ダンサーのメルラン・ニヤカムさんと踊ってみませんか?
未経験者大歓迎!ダンスの経験に関わらず、ぜひご参加ください。
踊った後は、すっきり笑顔になること間違いなし!

※英語でのワークショップになりますが、通訳をいたします。

開催日: 4/3(金)
場所: 舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」
時間: 14時~15時30分 小中学生、18時30分~21時 高校生以上
 ※お申込み時に年齢をお伝えください。
定員: 各回30名 ※定員に達しましたら、キャンセル待ちでのご予約となります。
参加費: 500円 ※当日お支払いください。
持ち物: 飲み物、動きやすい服装(着替え場所がございます)

☆お申し込み・お問い合わせ
SPACチケットセンター TEL.054-202-3399(受付時間10:00~18:00)

【路線バスのご案内】
14時~15時30分の回にお越しの場合は、下記の時間に路線バスがございます。

しずてつジャストライン静岡日本平線 降車停留所:舞台芸術公園
・JR静岡駅(北口11番乗場)~舞台芸術公園は大人370円の運賃がかかります。
・JR東静岡駅(南口2番乗場)~舞台芸術公園は大人260円の運賃がかかります。

【往路】 静岡駅13:15 → 東静岡駅13:26 → 舞台芸術公園13:38
【復路】 舞台芸術公園16:20 → 東静岡駅16:35 → 静岡駅16:48

*****

☆ニヤカムさんが野外芸術フェスタに出演します! 詳細はこちら

メルラン・ニヤカム
nyakam振付家、ダンサー、歌手、俳優、ラ・カルバス・カンパニー主宰(Compagnie La Calebasse)。http://www.lacalebasse.org/
14歳でカメルーン国立バレエ団に入団。16歳で主席ダンサーに登りつめる。1990年にラ・カルバス・カンパニーを立ち上げ、91年に金の穂賞、最優秀ダンサー賞などを受賞。92年よりフランスに拠点を移し、さまざまな振付家の作品に出演。97年より、フランスで絶大な人気を誇るモンタルヴォ・エルヴュ・カンパニーに参加。2007年、08年、SPAC主催の「Shizuoka春の芸術祭」に参加。10年より、SPAC-ENFANTSプロジェクトで振付・演出を手がける。


2015年3月2日

【オーディション】 SPAC作品出演俳優募集

2015年度のSPAC作品に出演する俳優を募集いたします。

【オーディション】2015年4月4日(土)

出演者を募集する作品は以下の3作品です。
応募に際してはどの演目に出演を希望するか記していただきます。

1 『夜叉ヶ池』
 演出:宮城聰
 作:泉鏡花
 音楽:棚川寛子
(1)
[稽古]2015年5月19日より
[公演]2015年6月1日-12日
(2)
[稽古]2015年7月6日より
[公演]2015年7月12日
※(1)と(2)両方の稽古〜公演に全日程ご参加いただけるかた

◎募集人数◎
 女優1名(鯉七役)

2 『室内』
 演出:クロード・レジ
 作:モーリス・メーテルリンク
[期間]2015年8月27日頃より10月11日頃まで
[公演]2015年9月-10月に公演(海外公演有)

◎募集人数◎
 女優1名(家族の娘役、身長155センチ以下)
 子役1名(静岡県内在住の小学校2年生以下の男児)

3 『真夏の夜の夢』
 演出:宮城聰
 作:ウィリアム・シェイクスピア 小田島雄志訳『夏の夜の夢』より
 潤色:野田秀樹
 音楽:棚川寛子
[稽古]2015年10月5日より
[公演]2015年10月30日-11月3日(予定)

◎募集人数◎
 女優2名(妖精役)

***

<オーディション応募要項>
・俳優=年齢16歳以上40歳以下の女優
・子役=静岡県内在住の小学校2年生以下の男児
・国籍不問、ただし日本語を解すること
・稽古〜本番に昼夜・毎日参加できること(稽古オフは週1日)
・稽古場所:静岡芸術劇場または静岡県舞台芸術公園内稽古場
・稽古〜本番中に舞台芸術公園内宿舎を利用することも可能です(施設使用料がかかります)
・出演料あり
・契約期間中はSPAC劇団員として活動していただきます

<オーディション日程>
・書類選考の上、実技オーディションを2015年4月4日(土)におこないます。
・オーディションは全演目同じ日に行います。履歴書に出演希望作品を明記して下さい。
・オーディション会場:静岡芸術劇場リハーサル室(予定)

<応募方法>
・下記の1)2)を添付の上、郵送、Eメール、または持参にてお申込みください。
1)写真2点、上半身と全身がわかるもの
2)履歴書(市販の履歴書程度の情報、および、ご自身の出演経験や作品情報などあればその詳細。また、これまでにSPACの作品でご覧になった演目があれば必ずご記入ください。)

*出演希望作品を必ず書き添えてください。
*結果はメールでご連絡いたしますので、確実に連絡のつくメールアドレスをご記入ください。
*apply(あっと)spac.or.jpからのメールが受信できるようSPAMフィルターを設定してください。

・受験料 無料
・応募締切(郵送・Eメール・持参とも)2015年3月23日(月)<必着>

<お申込み・お問合せ>
SPAC-静岡県舞台芸術センター
出演者募集係
422-8005 静岡県静岡市駿河区池田79-4
tel 054-203-5730(静岡芸術劇場)
特設メールアドレス:apply(あっと)spac.or.jp


2015年2月17日

【参加アーティスト募集:3/17〆切】 日仏交流ハイブリッド・ワークショップ

「公共空間でのアート」に特化した南仏トゥールーズの公共劇場「ユジーヌ」で活躍するアーティストたちとともに、「地域/内と外」という題材で国際ワークショップを行います。静岡に住む人々へのインタビューなどを通じ、場所が持つ力を見つめながら、日仏の多分野の参加者が互いにインスピレーションを与えつつ即興的な創作を積み重ねていき、最後に成果発表会を行います。2016 年には「ユジーヌ」で続編が行われる予定で、そのメンバーは今回の参加者から選ばれます。

<ユジーヌ、公共空間におけるアートのための公的劇場>
L’Usine, Scène conventionnée pour les arts dans l’espace public
ストリートアーツを手がける複数のアーティスト集団の拠点。俳優、ミュージシャン、技術者などが集まり、自ら機械や小道具なども製作している。ロワイヤル・ド・リュクスやラ・マシーンと一緒に活動していたアーティストなどが、1980年代にトゥールーズ市内の廃工場(仏語でユジーヌ)を使って活動をはじめた。その後、郊外の旧木材加工場を借りていたが、2003年にトゥールーズ都市圏、ミディ=ピレネー地方などの協力を得て、400人収容の上演スペースを持つ約3,500平米の公共劇場「ユジーヌ」が建造された。工場が建ち並ぶ「郊外」の町を文化の拠点にしていくことを使命にしている。2003年から館長をつとめるマチュー・メゾンヌーヴは、パリ第四大学(ソルボンヌ)で「公共空間における芸術」講座の教鞭も執る。

 

【参加アーティスト】

マチュー・メゾンヌーヴ  Mathieu MAISONNEUVE
「ユジーヌ」館長  http://www.lusine.net/actus.html/

サンドリーヌ・メゾンヌーヴ  Sandrine MAISONNEUVE
ダンサー、振付家。即興的振付(作品としても成立するリアルタイムのエクリチュール)を実践し、そのメソッドを教えてもいる。  http://www.cnd.fr/agenda/222253/

三橋由衣  Yui MITSUHASHI
フランス在住の日本人ダンサー、振付家。公共空間でのダンスを主な活動とし、様々なジャンルに領域をひろげつつあるP2BYMカンパニーの主宰者の一人。  http://www.p2bym.net/

hamaYôko
フランス在住の日本人アーティスト。作曲家、歌手、舞踏ダンサー、振付家。ミュジーク・コンクレートに影響されたエレクトロ・ポップ音楽を作っている。  http://www.entracte.co.uk/hamayoko/

ロラン・シューロー  Loran CHOURREAU / エリック・ダミアーノ  Erik DAMIANO
ヴィジュアルアート集団「ル・プティ・カウボーイ」に所属。映像・写真作品を発表すると同時に、パフォーマンス・アーティストとのコラボレーションも手がけている。  http://www.lepetitcowboy.com/

 
◆実施期間
2015年4月27日(月)、28日(火)、30日(木)、5月1日(金)の10時~16時。
5月2日(土)16時30分~17時30分に成果発表会。 (詳細なスケジュールは追って発表いたします)
 ※要全日程参加  ※仏語・日本語通訳あり

◆実施場所
舞台芸術公園ほか

◆応募資格
■年齢・国籍不問。日本語かフランス語を解する方。「公共空間でのパフォーマンス」に興味をお持ちのアーティストで、フランスのアーティストとの創作を通じた交流を希望する方。俳優、ダンサー、演出家、作家、舞台技術者、舞台美術家、ミュージシャン、映像作家、画家、造形作家、デジタルアーティスト等々、どんな分野でもかまいません。
■各分野での活動実績が5年以上ある方。

◆募集定員
12名

◆参加費
30,000円(税込)
 ※《ユース割引》30歳以下の方は、参加費半額といたします。
 ※会場までの交通費はご負担ください。
 ※期間中の会場近郊への宿泊をご希望の方は、実費負担にて手配いたします。
 ※参加者は4/29の『ふたりの女』を無料でご観劇いただけます。

◆応募方法
下記の(1)~(3)を添付の上、郵送、Eメール、または持参にてお申し込みください。
 (1)プロフィール
  氏名(芸名・活動名)、現住所、電話番号、メールアドレス、生年月日、学歴、職歴。
  また、ご自身の出演(出展)経歴や作品情報などあればできるだけ詳しくお書きください。
   ※Eメールでご連絡する場合がありますので、確実に連絡のつくメールアドレスをご記入ください。
 (2)写真2点、上半身と全身がわかるもの
 (3)作文「私にとっての「内と外」」(日本語200字以上400字以内、または仏語800字以内)
 
◆応募締切(郵送・E メール・持参とも)3月17日(火)<必着>
 ※応募者多数の場合には書類選考をいたします。 (3月末日までにご参加の可否をご連絡いたします。)
 ※応募資料は返却いたしませんのでご了承ください。なお、個人情報は静岡県舞台芸術センターが厳重に管理し、本企画に関するご連絡以外には使用いたしません。

<お申し込み・お問い合わせ>
  SPAC-静岡県舞台芸術センター「ワークショップ参加募集係」宛
  〒422-8005 静岡市駿河区池田79-4
  TEL. 054-203-5730  メールアドレス: apply@spac.or.jp

*募集チラシはこちら


1 / 3123