2015年10月18日

【王国、空を飛ぶ!】 おためし劇場レポート

10月17日のおためし劇場、第一回(『舞台は夢』の回)に続き
たくさんのお客様にお越しいただき、ありがとうございました!
劇場での稽古が始まったばかり・まだまだ創作過程の、“生”の稽古現場をご覧いただき、
舞台美術や衣裳の紹介コーナー、
大岡淳と佐々木治己(『王国~』ドラマトゥルク)によるトーク
を、ぎゅぎゅっとお楽しみいただきました!

IMG_6585_s

お客様へのアンケートでもたくさんのコメントをいただきました。

・演出家さん、役者さん、ミュージシャン、それぞれのこだわりが見えました。出来上がりが楽しみです!!
・笑って、ハッとする劇です。
・分かりやすくて、子どもたちも喜んでいました。
・内容が難しそうなイメージだったけれど、稽古を観ていて思わず笑ってしまうシーンもあったので、楽しく観れそう。
・バカバカしくて笑えそうだよ。生演奏も良さそうよ。
・クレイジー!
・社会についてぼんやりした不安があるなら観るべき。それが少しでも解消されるなら、芸術には意味がある。

などなど…

小さいお子さんもお楽しみいただける、賑やかな作品になっております。

IMG_6581_s

今回は詳しいバックステージツアーがまだ開催できませんでしたが、
11月14日(土)の公演後のツアーはまだまだご予約受付中。
迫力の舞台美術、こだわりの衣裳の秘密をたっぷり知りたい!という方、
お申し込みお待ちしております★

=============​
​10~11月 SPAC新作
『王国、空を飛ぶ!~アリストパネスの「鳥」~』
脚本・演出:大岡淳  原作:アリストパネス
静岡芸術劇場

◆公演の詳細はこちら
=============

★トーク情報を更新しました!★

◆11月8日(日)
ゲスト: ​勝山 康晴 氏

(ROCK STAR有限会社 取締役、コンドルズプロデューサー、SBSラジオ「らぶらじ」金曜担当)
宮城 聰(SPAC芸術総監督)
大岡 淳(脚本・演出)

◆11月15日(日)
ゲスト: ​片山 杜秀 氏 (音楽評論家、思想史研究者)

渡会 美帆 (『王国、空を飛ぶ!』音楽監督)
大岡 淳(脚本・演出)

=============