ブログ

2019年10月22日

『寿歌』2019ブログ vol 3. 「衣裳デザイナー駒井友美子に迫る!」

カテゴリー: 『寿歌』2019

こんばんは!毎度おなじみ、『寿歌(ほぎうた)』担当の制作部の入江恭平です。

第三回目のブログは、一回目に続き「ラジオ番組テイスト」で、私、入江がパーソナリティーとなり、『寿歌』をすでにご覧いただいた方にも、そしてこれからという方にも作品の魅力をお伝えしていきます。

[第一回目のラジオ放送ブログは、こちらからチェック!→『寿歌』2019ブログ〜vol.1帰ってくる『寿歌』〜
 
今回は、『寿歌』の衣裳デザインを担当している創作・技術部、衣裳班の駒井友美子さんに、再演に向けてのプランや意気込みを聞いちゃいました!

それでは、『寿歌』ブログチャンネルまもなく放送開始です!!
 
hogiuta3_1
▲左から入江、駒井
 
hogiuta_iri
午後6時になりました。こんばんは!制作部の入江恭平です。
急に涼しくなりましたね。みなさん、この秋はどう過されますか?私にとって、秋といえば「芸術」。『寿歌』を観て、特別な秋にしてみませんか?

というわけで早速、今回のゲストをお呼びいたしましょう。
『寿歌』の衣裳担当、駒井友美子さんです!(パチパチパチ)

hogiuta3_komai
こんばんは。駒井友美子です、よろしくお願いします。ラジオの設定なんですね(笑)。

hogiuta_iri
そうなんです。『寿歌』の世界にあるラジオ局から配信しているという設定です(笑)。

今回は、衣裳の視点から作品の魅力をお伝えできたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

さて駒井さん、再演にあたり、衣裳を一部変更しましたね。
初演(2018年3月、愛知県芸術劇場小ホールにて上演)から再演でどう変わったのか、衣裳のプランニングについてお聞かせください。

hogiuta3_komai
そうですね。まず初演の際には、自分の中で『寿歌』の具体的な場所や時代のイメージがなかなかつかめなくて、漠然としていました。

hogiuta_iri
確かに、この作品って捉えどころがないですよね。

hogiuta3_komai
また当初は、実際に小道具を使う予定で進んでいたんですけど、稽古が進んでいく中で、演出の宮城さん・美術のカミイケさんより「小道具はない方がいい」という話が出てきて、もっと手がかりが無くなってしまい(笑)。

人物のイメージとしては、キョウコとヤスオは、ゲサクの頭の中にいる人たちで、その世界もゲサクが考え出したもの。ゲサクは現実で、二人はゲサクの想像の世界の中の人。キョウコはゲサクよりも非現実的な存在で、ヤスオよりは現実的な存在なのかなって考えたんです。

それで最終的にゲサクの衣裳の色を舞台セットと同じ、黒色にしたのですが、そこまでたどり着くのにけっこう苦労して…

 
hogiuta3_2
▲『寿歌』の舞台セット。(「ふじのくに⇄せかい演劇祭2018」舞台芸術公園 野外劇場「有度」にて)©︎平尾正志
 
hogiuta_iri
あの∞の型の舞台セットですよね。

hogiuta3_komai
2017年の11月辺りには舞台美術のプランが上がっていたのですが、衣裳は本当にギリギリまでアイデアがまとまらなくて。
モヤモヤしている時に、作業場に舞台美術を見に行ったら、はじめは塗装されていない木材で組まれていた舞台セットが、全て黒色に塗られていて。それが印象的でした。

 
hogiuta_iri
そこからインスピレーションを得たと?

hogiuta3_komai
そうですね。「ゲサクは無意識に歩いていそうで、実は確信犯だったのでは?全部操っているのかな?」と考えるようになり、それって黒子的な存在ですよね。だから「黒だ!」って。ゲサクが自分であの物語を書いて自分で操作するみたいな。舞台セットが黒くなっていなかったら全くちがう衣裳になっていたかもしれないですね。

hogiuta3_3
▲ゲサクの衣裳。左:ビフォー©平尾正志、右:アフター(今回)©︎三浦興一

hogiuta_iri
でも「黒だ!」となってからの発想の飛躍がすごいですね!さすがアーティストという感じがします。ギリギリまでアイデアがまとまらないことは、他の作品でもあるんですか?

hogiuta3_komai
あまりないですね。この作品は本当につかみどころがないので、今もわからないことだらけです(笑)。
特にキョウコの衣裳は自分にとって難しくて、上演を重ねるごとにマイナーチェンジを繰り返してきましたが、再演に向けて改めて作り直しました。

hogiuta_iri
初演ではキョウコは、真っ赤な衣裳だったんですよね?そういえば、衣裳をデザイン・製作していく際に「俳優たちの普段の服の好みからも発想を得る」とお聞きしましたが、前回のキョウコの時もそうだったんですか?

hogiuta3_4
▲キョウコの衣裳。左:ビフォー©平尾正志、右:アフター(今回)©︎三浦興一
 
hogiuta3_komai
それがまた難しかったんですよ…。
普段のたきいさんは大人っぽいイメージがあるのですが、キョウコはもっと幼い感じで。さらに他の作品では、妖艶な役が多く、たきいさんがキョウコのような役を演じているのをあまり見たことがなくて。普段のイメージはあえてあまり参考にしないようにしました。

なので、「真っ赤な嘘」から取り、色を赤にしました。こどもらしいイメージもありますし。
(編集注:キョウコは「虚構」のもじりから、ゲサクは「戯作」から名付けられている。)

hogiuta_iri
今回、宮城さんから「1945年の戦後」というコンセプトが付加されていました。衣裳としては、それをどう反映させたのでしょうか?

hogiuta3_komai
その設定が伝わるように、より具体的にしました。ヤスオならもっとゴミから出てきたように、キョウコはボロボロの服にして、「何日も荒野をさまよってる」みたいなリアリティーを出せればと思いました。

ですが、キョウコの服は確かにボロボロだけど、リアルになりすぎず、ゲサクの頭の中の住人という要素は残したかったんです。
表面上は具体的にはしましたが、物語が進むにつれて、そういった考えが見えてきたらなと。

hogiuta3_5
▲キョウコの衣裳の生地に汚しをつける様子。
 
hogiuta_iri
物語が進む中で、「あぁそういうことかな」と気づくことがあるのは面白いですよね。
ヤスオは「もっとゴミから出てきたように」とのことですが、もう少し聞かせてもらえますか?

hogiuta3_6
▲ヤスオの衣裳。左:ビフォー©羽鳥直志、右:アフター(今回)©︎三浦興一

hogiuta3_komai
ヤスオは……「ゴミの妖精」みたいな。

hogiuta_iri
ゴミの妖精?!

hogiuta3_komai
冒頭では神様っぽいけど“ゴミの中に住んでいる人”のようにもしたかったんです。初演も今回も色や素材はほぼ同じなんですが、形や素材の加工で今回はさらに“ゴミ感”を出したいと考えていました。

hogiuta_iri
確かに履物が使い古したようなサンダルなんですよね(笑)。
そういえばヤスオの衣裳の色が白なのは、何か理由が?

hogiuta3_komai
初演の稽古の時に宮城さんから「ヤスオは感情がないんだ」と聞いて、ロボットのような無機質なイメージがわいたので白にしました。だけど、ゲサクとキョウコに仲間入りした後は、打ち解けて、徐々にハッチャケていくんですよね、2幕ぐらいで普通の人間なのかなと思えてきますし(笑)。

hogiuta_iri
全く神様という感じがしませんよね(笑)
最後に、お客さんにメッセージをお願いします!

hogiuta3_komai
メッセージか……何でしょう。
“3人の登場人物があてのない旅をする”という一見シンプルな話ですが、観るたびに毎回違うことを考えさせられる作品だなと思います。私自身も戯曲を何回読んでも、まだ腑に落ちないことだらけ。再演の度に衣裳に手を加え続けているのもそのせいかもしれません。モヤモヤしながら、ぜひいろんな視点から楽しんで頂けたらと思います。

hogiuta_iri
ありがとうございます!
SPAC版『寿歌』の再演は、10月11日(金)から始まり、11月7日(木)まで上演されます。
残るチャンスはあと2回!10/23(水)18:00〜のげきとも公演(一般販売あり)と10/26(土)14:00〜の一般公演です!
これから観劇される方は、ぜひ、衣裳や美術、そしてその他の要素にも注目しながら見てくださいね!
すでに観劇された方は、もう一回観劇するのもアリですよ!
それでは本日のゲスト、『寿歌』の衣裳担当、駒井友美子さんでしたー!

 
hogiuta3_7
▲衣裳製作室にて。

hogiuta_iri
最後にこの曲でお別れしましょう。
『寿歌』が発表された1979年リリースのヒット曲。サザンオールスターズで『いとしのエリー』♪

 
(執筆:入江恭平、編集:雪岡純、坂本彩子)

====================
SPAC秋→春のシーズン2019-2020 #1
寿歌ほぎうた
2019年10月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)、26日(土)
各日14:00開演
会場:静岡芸術劇場
演出:宮城聰
作:北村想
美術:カミイケタクヤ
出演:奥野晃士、春日井一平、たきいみき

\チケット販売中/
詳細はこちら
====================

2019年9月11日

『寿歌』2019ブログ vol 2. 「ヤスオが行く!ノリヤカー行商〜長谷川海苔店 鈴木浩司さん〜」

カテゴリー: 『寿歌』2019

こんにちは!『寿歌』担当の制作部の入江恭平です。

第二回目のブログでは、すぱっく新聞『寿歌』号で取材した「ノリヤカー行商」(海苔をリヤカーで売る人)についてレポート形式でお伝えします!

 
■この時代にリヤカーで海苔を売る人がいる?!ヤスオと突撃取材へ!

宮城演出の『寿歌』で、象徴的な小道具として出てくるのが「リヤカー」です。荷台は空ですが、ゲサクが重そうに引き、ヤスオが後ろから押すそのリヤカーには何かが乗っている…そんな想像が膨らむ重要な小道具でもあります。

hogiuta2_1
▲リヤカーを押すヤスオ。©羽鳥直志
 
平成生まれの私(入江)にはあまり馴染みがないシロモノですが、この令和の時代に「リヤカー」で行商をしている人が静岡市清水区にいる?!という情報を見つけ、話を聞いてみたくなりました。

そこで、公演の宣伝チラシとして作成している「すぱっく新聞『寿歌』号」で、ヤスオ役を演じる春日井一平とともに突撃取材を決行。
題して、「ヤスオが行く!ノリヤカー行商〜長谷川海苔店 鈴木浩司さん〜」
「こじつけ企画!?」とあなどるなかれ(笑)、春日井によるインタビューはなかなか深~く、演劇の世界にも通じる発見があったのでした。

それではどうぞ!
 
hogiuta2_2
▲向かって左が春日井一平、右が鈴木浩司さん
 

■家業を継ぎ、自分流の販売スタイルを思いつく。

hogiuta2_3
▲見るからに優しそうな方です。
 
春日井一平(以下):なぜ商材として海苔を?

鈴木浩司さん(以下):実家が代々続いていてる海苔の卸でしたが、私は他の海苔屋に勤めていました。そこでは社員として、海苔の加工や配達などをやってました。

そのうち、自分で商売をしてみたいと思い、家業を継ぎました。父は一人で、寿司屋やスーパーなどに海苔を卸し、店舗も営んでいました。しかし、消費量が減ってきて納品先も少なくなり。そこで、自分はどんなやり方ができるのかと考え、リヤカーを思いついたんです。

仕入れ先のつながりはありましたが、販売先は一から開拓したので、どれだけやっていけるかも分からないまま始めました。

:リヤカー販売を始めてどれくらいなんですか?

:2年半ぐらいですね。毎週火曜日はここ(マルコデュパン清水渋川店の店先)で、他の曜日は他の店先だったり、イベントやフリーマーケットに行ったり、朝市だったり、毎日歩いて色々なところへ行きます。

hogiuta2_4
▲盛り上がる二人。ヤスオの手にはiPad
 
:道すがら売ったりもしてるんですか?

:そうですね、声かけていただければどうぞという感じで。

:ピープー(豆腐屋のラッパ)みたいな?

:いや音は何にも鳴らさないで(笑)。

:そうなんですか(笑)、割と控えめに歩いてるんですね。

:なので最初のうちは怪しまれたりしてたと思うんですけど。「何やってるんだろう?海苔としか書いてないけど…」みたいな。でも、少しずつですけど常連のお客様も、増えてきました。
 

■ネット時代の逆を行く、人とのリアルな出会い。

hogiuta2_5
▲商品一覧。ほんとうに海苔づくし。
 
:お取り扱いの商品でおすすめはありますか?

:この焼きバラ海苔は、お味噌汁にいれていただいたり、このごま塩海苔は、ごま油と塩味がついた味付け海苔です。このように話してる中で「おいしそう」と言って買っていただけるんです。対面でやるといろいろな声が聞けて、出会いも広がったなと思います。

:効率を考えると、今だったらネット販売したほうが早いですよね。でも、この時代にこれをやる珍しさもあって、ついつい声をかけたくなっちゃいます。

:歩いてるからこそ、SPACさんも興味を持ってくれましたし、自分が人とは違うことをやることで色々な人が反応してくれることが嬉しいんです。そのおかげで、色々な方と出会えてありがたいですし、嬉しいですし、生きている喜びを感じます。
 
hogiuta2_6
 
:もともと海苔の加工などをされていたからこそ、その魅力を伝えられるってこともありますよね。インターネットは見てくれる人は見てくれるけど、直接の反応は受け取りにくい。対面販売は、偶然の出会いがあるから面白いですよね。

:毎日行ってみないと、どんなお客さんがいるか分からないですしね。ドキドキしたり、そういうのを含めていいなって感じます。

:そういうところは劇場と繋がるところがありますね。僕らもその日どんなお客さまがいるのか気になります。お客さんによって全然空気が変わるので。でも僕らは建物の中にいますけど、外なので大変ですよね?

:それも含めて、楽しませてもらっていますね。途中で雨が降ることもあります。ただ、それを含めて商売ですしね。
 

■今後の目標:自分の可能性を広げていきたい。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
:毎日どれくらい歩くんですか?

:一日10kmぐらいですかね。日によりますけど。昔の人は当たり前のように歩いていましたから、鍛えれば皆さん歩けるんじゃないかと。毎日歩いているので、鍛えられてだいぶ歩けるようになってきました。

:健康的に働けますね。もともと働いていた時には室内?

:そうですね。なので人との出会いもありませんでした(笑)。

:このスタイルは、これからも続けるのでしょうか?

:そうですね。受け入れられているので、続けたいと思います。人とつながることが魅力だと思います。歩いているからこそ、出会える方がいることを大切にしたいですね。

:最後に、今後の夢や展望を聞かせてください。

:どこまでいけるのか。距離も範囲もですけど、自分自身いつまでやれるかも。自分の可能性を広げていきたいです。

hogiuta2_8

(取材:制作部・入江恭平、インタビュアー:春日井一平、写真:制作部・坂本彩子)

 
いかがでしたでしょうか?浩司さん格好いいですよねー!ついつい応援してくなってしまうような人柄がにじみ出ていました。

私も実際に買って食べてみましたが美味しかったです!例えば「旨しお海苔」は、余計には味付けをせず脂っこくなく、海苔の旨みを感じさせるというか。白飯に巻いて食べると「おっ!!うまっ!」と自然に笑みがこぼれてきます。ぜひ一度、買いにいってみたらいかがでしょうか?
 
hogiuta2_9
 
なんだかお腹減ってきましたね笑。

詳細は、長谷川海苔店までお尋ねください。

-----------
[長谷川海苔店]
清水区矢部町1-13-14
090-9027-5973
-----------

 
「すぱっく新聞」では、この他にも舞台美術を手掛けたカミイケタクヤさんのインタビュー記事や、北村想さんをよく知る編集者の小堀純さんによる寄稿。俳優紹介コーナーでは、キョウコ役のたきいみきによる直筆メッセージや、「終末世界で生き抜くための必須アイテムは?」のような楽しく読める記事も載っております。

hogiuta2_10
▲あらすじを手書きするゲサク役の奥野晃士
 
全部手書きなんです…このパソコンが当たり前の時代に。あえて手書き、あ、私たちも時代に逆行してましたね(笑)。

是非こちらからお読みください! → https://spac.or.jp/spacshinbun

ということで今回はこの辺で!
次回もお楽しみに!

執筆:入江恭平 編集:雪岡純

====================
SPAC秋→春のシーズン2019-2020 #1
寿歌ほぎうた
2019年10月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)、26日(土)
各日14:00開演
会場:静岡芸術劇場
演出:宮城聰
作:北村想
美術:カミイケタクヤ
出演:奥野晃士、春日井一平、たきいみき

\チケット販売中/
詳細はこちら
====================

2019年8月29日

『寿歌』2019ブログ ~vol 1. 帰ってくる『寿歌』~

カテゴリー: 『寿歌』2019

こんにちは!『寿歌(ほぎうた)』の担当となりました、制作部新人の入江恭平です。『寿歌』ブログは「ラジオ番組テイスト」で、私・入江がパーソナリティーとなり作品の魅力をお伝えしていきます!(毎回ではないですが、どうぞご期待ください!)
と言いますのも、この作品は核戦争後の荒野を明るくさすらう旅芸人の物語で、登場人物の一人である少女キョウコが持ち歩くアイテムが「ラジオ」。今回はそれにちなみました(笑)。

第一回目は、制作部の先輩・雪岡純さんに『寿歌』の基本の「キ」を伺いました。それでは、『寿歌』ブログチャンネルまもなく放送開始です!
 
hogiuta1_1
▲左からゲサク役:奥野晃士、ヤスオ役:春日井一平、キョウコ役:たきいみき
 
hogiuta_iri
午前10時になりましたー!どうも皆さん、おはようございます!制作部の入江恭平です。それでは2019年の『寿歌』ブログチャンネルを始めていきたいと思います!
早速、今回のゲストをお呼びいたしましょう。雪岡純さんです!(パチパチパチ)

hogiuta_yuki
おはようございます、制作部の雪岡と申します。本作品はこの2人で担当していきます。皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

hogiuta_iri
雪岡さん、かたいっす!気軽に読んでもらうブログですから!もう少し柔らかくいかないと!

hogiuta1_2

hogiuta_yuki
そ、そだね。芸人・ゲサクとキョウコの漫才みたいに、面白い掛け合いができたらいいね、、、

hogiuta_iri
はい!その意気です!
さて、SPAC版『寿歌』公演は昨年初演されたものですが、2018年から制作を担当されている雪岡さんから簡単にご紹介いただけますでしょうか?

hogiuta_yuki
はい。この作品は、愛知を拠点に活動されている劇作家の北村想さんが1979年に発表し、今なお上演が絶えない伝説の戯曲で、SPAC芸術総監督・宮城聰が演出しました。
愛知県芸術劇場とSPAC-静岡県舞台芸術センターの初の共同企画としてスタートし、2018年3月に名古屋市内にある愛知県芸術劇場で初演され、静岡では、ゴールデンウィークに「ふじのくに⇄せかい演劇祭」にて、日本平の舞台芸術公園・野外劇場「有度」で上演。その後、熊本、福岡、茨城、愛知(知立市・小牧市)と全国7カ所を巡演し、各地で好評いただきました。

 
hogiuta1_3
▲愛知県芸術劇場での公演 ⓒ羽鳥直志
 
hogiuta1_4
▲野外劇場「有度」での公演 ⓒ猪熊康夫
 
hogiuta_iri
静岡公演では、客席が超満員になったとお聞きしたのですが!

hogiuta_yuki
そうなんです。たくさんのお客様にご来場いただけて、とても嬉しかったです。終演後、涙しているお客様もいらっしゃいました。
静岡では演劇祭以来、1年半ぶりの上演で、「あのトリオが帰ってくる!」と楽しみなお客さまも多いはず。今回の再演では、美術や衣裳がブラッシュアップされる予定で、また、会場も野外劇場「有度」ではなく静岡芸術劇場となりますので、すでにご覧になった方にもぜひもう一度!と思っています。

 
hogiuta1_5
▲野外劇場「有度」での公演写真 ⓒ平尾正志
 
hogiuta_iri
ほんとに楽しみですね。そのような作品に携われるなんて光栄です。すでに観たことがある方は変化した部分を前回と比較することで、より深く、通な楽しみ方もできますよね。
では次に、この作品の内容と見どころはどんなところだと思いますか?

hogiuta_yuki
芸人ゲサクと少女キョウコが、謎の男ヤスオと出会いひととき旅をともにするというお話ですが、道中繰り広げられる三者三様の芸は見どころの一つですね。
ゲサク役の奥野晃士さんとキョウコ役のたきいみきさんは関西出身で、二人のネイティブの発音のセリフ、軽快なボケとツッコミのノリにも引き込まれるはずです!ちなみに春日井さんは静岡ネイティブの俳優さんです。

(キャラクター紹介は過去のブログでチェック! → ゲサクキョウコヤスオ)

hogiuta_iri
コメディータッチで、初めての方でも笑って楽しめそうですね。

hogiuta_yuki
そうですね。笑える作品ですが、一方で、彼らの生きる世界は、核戦争後の荒野。廃墟の上を残りもんのミサイルが横切ったり、食べ物はホシイモばっかり、キョウコの持ち歩くラジオも電池がなくて聞けなかったり。

hogiuta1_6
▲野外劇場「有度」での公演 ⓒ平尾正志
 
hogiuta_iri
ただ明るく楽しいだけでないですよね、写真からも詩的な雰囲気が伝わってきますね。長年上演され続けているワケがわかる気がします。

それではそろそろ、すぱっく新聞『寿歌』号の話をしましょうか。広報担当と一緒に、2ヶ月近く試行錯誤しながら作りましたもんね〜。

hogiuta_yuki
そうだね…頑張りました(汗)

hogiuta_iri
あっ!でもさよならの時間のようですね。すぱっく新聞の話は次回のブログにて!新聞の制作過程とリヤカーで海苔を売る人!?の話をお届けします。お楽しみに〜!今後もこのように“ええかげん”な調子でお届けしたいと思います。

それでは最後にこの曲でお別れしましょう。
『寿歌』が発表された1979年の名曲。沢田研二で「カサブランカ・ダンディ」♪

 
(執筆:入江恭平)

====================
SPAC秋→春のシーズン2019-2020 #1
寿歌ほぎうた
2019年10月12日(土)、13日(日)、19日(土)、20日(日)、26日(土)
各日14:00開演
会場:静岡芸術劇場
演出:宮城聰
作:北村想
美術:カミイケタクヤ
出演:奥野晃士、春日井一平、たきいみき

\チケット販売中/
詳細はこちら
====================