ブログ

2019年10月6日

スパカンファン-プラス2019日記#5 ダンス経験者向けダンス体験ワークショップ開催の様子

9月1日、舞台芸術公園BOXシアターにて「ダンス経験者向け・ダンス体験ワークショップ」を開催しました。
今回のワークショップには東京から参加してくださった方や、スパカンファンの卒業生、はじめてSPACに来てみましたという方もいらして、本当に嬉しかったです。
まず最初はニヤカムさんのウォーミング・アップを行いました。ウォーミング・アップには木の実をとったり、水を身体にかけたりするような、アフロ・コンテンポラリーダンスならではの動作もあります。
その後、ステップの練習をしたり、小さいコンビネーションを挟んだりして、最後につなげてやってみると、なんとワンシーンが出来上がっています!
ダンス経験者向けとあって、作品のクリエーションにちかい形で、ニヤカムさんがワンシーンの振付をつけてくれるという贅沢なワークショップでした。

経験者向けダンスワークショップ
 
スパカンファン卒業生はニヤカムさんの振り付けに追いつくスピードが速い!さすが!ある卒業生は、大学で「どうしてそんなにお尻が動くの!?」と驚かれたとか、別の子は東京公演を見た子が舞台を一緒にやろうと誘ってくれたとか、そうした嬉しい話を聞く機会にもなりました。
 
<ダンス経験者向けダンス体験ワークショップの様子>

 
ポジティブな気持ちにしてくれる!心身ともに踊れる!ニヤカムさんの魅力もスパカンファン-プラスとともに、もっと頑張って発信していきます。
スパカンファン-プラスは今回の小作品をふまえつつ、これから2年間かけて新作・長編作品を創作していきます。
来年度はワーク・イン・プログレスとして発表を予定しています。
今後の活動にもぜひご注目ください!
 
Inokuma_SEP0830_015-COLLAGE
 

スパカンファン-プラスお問い合わせ先:yume★spac.or.jp

======================================
2019年度 SPAC-ENFANTS-PLUS=スパカンファン-プラス
10日間の創作ワークショップ<成果発表会>
8月31日(土)12:30/14:30
舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

振付・演出:メルラン・ニヤカム
振付アシスタント:太田垣悠
出演:静岡県の中高生9名/55歳以上のダンサー6名

詳細はこちら
======================================

2019年10月5日

スパカンファン-プラス2019日記#4 スパカンファン-プラス成果発表会の様子

いよいよ成果発表会当日、ニヤカムさんがカメルーンの民族衣裳に身を包み、プロフィール写真の髪型で稽古場にあらわれたので、全員興味津々。
ニヤカムさん「カメルーン国旗と同じ色が入っているので、カメルーンを代表してどこかへ行くときには必ずこれを着ていく」と民族衣裳を紹介してくれて、発表会当日の緊張の中、稽古場には朝から笑顔がはじけました。
さてウォーミングアップなどを終えて、いよいよ本番。スパカンファンでは恒例の“オリオー”を行って本番に臨みます。スパカンファン公演を見たことある方は、BOXシアターから聞こえてくる「オリオー」という声を耳にした方が多いのではないでしょうか。みんなで輪になって気持ちをひとつにする工夫です。

Inokuma_SEP0831_005
 
発表会は12:30と14:30の2回行い、総勢90名の方にご覧いただきました。
お客様に配布したパンフレットにこの小作品についてニヤカムさんの言葉が掲載されました。

 しあわせになるために年齢は関係あるのか?
 私たちにとって、しあわせとは何なのか?
 
HIO76985_(c)平尾正志

Inokuma_SEP0831_235
 
スパカンファン-プラスとして世代をこえたダンスの可能性をさぐったことで、さまざまなシーンでそれぞれの世代の過去・現在・未来に思いを馳せることが出来るそんな小作品になったと思います。
アンケートでいただいた感想もご紹介します。

「幸せのなかにも儚さや楽しさ、力強さなどの様々な感情が感じられ、人それぞれの幸せの形を体感できました。これからどのように変化していくのか楽しみです」

「始めは意味が分からず、あっけにとられていた。理解しないでもいいのかも」

「すごく心に何かを感じました(涙)」

成果発表会ではパフォーマンス後に、ニヤカムさんとの交流タイムを行いました。アフリカンなリズムにのって、お客様と一緒に身体を動かしたり、ニヤカムさんとのかけ合いで「ヤコロ♪」「アイコロ♪」「ヤコロ♪」「アイコロ♪」「ヤヤコロヤコロ♪」「マンマコロヤ♪」とアフリカの歌を歌ったりしました。

Inokuma_SEP0831_281
 
成果発表会にご来場くださいまして皆様ありがとうございました!
来年どのように発展するのかどうぞご期待ください。
 

======================================
2019年度 SPAC-ENFANTS-PLUS=スパカンファン-プラス
10日間の創作ワークショップ<成果発表会>
8月31日(土)12:30/14:30
舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

振付・演出:メルラン・ニヤカム
振付アシスタント:太田垣悠
出演:静岡県の中高生9名/55歳以上のダンサー6名

詳細はこちら
======================================

2019年10月4日

スパカンファン-プラス2019日記#3 10日間の創作ワークショップの様子

8月22日からは舞台芸術公園BOXシアターにて創作ワークショップ。
朝、ニヤカムさんによるウォーミング・アップからはじまります。Over55が加わったことで、スピードは少しスローペースに。最年長の川本さんの、身体に無理のない動きを独自に編み出していく姿が印象的でした。

P2210590_(c)平尾正志
 
ニヤカムさんによるさまざまなワークを受け、成果発表会にのぞんだメンバー。スカーフのワークをしたり、ステップを学んだり、ときにはニヤカムさんとのコンビネーションもありました。
 
P1340729
 
P1340733★
 
世代をこえてワークを行うことで、出来ないと思い込んでいることに、メンバー同士がお互いに良い気付きを与えあって「出来る」になる、そんな豊かな時間が流れているように感じました。

★P1340678
 

======================================
2019年度 SPAC-ENFANTS-PLUS=スパカンファン-プラス
10日間の創作ワークショップ<成果発表会>
8月31日(土)12:30/14:30
舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

振付・演出:メルラン・ニヤカム
振付アシスタント:太田垣悠
出演:静岡県の中高生9名/55歳以上のダンサー6名

詳細はこちら
======================================

2019年10月3日

スパカンファン-プラス2019日記#2 初心者向けダンス体験ワークショップ開催の様子

8月19日静岡芸術劇場の6Fリハ―サル室にて、初心者向け・ダンス体験ワークショップ「はじめてのダンスワークショップ」を開催しました。

IMG_3944 (2)
 
シアタースクール生や50代の方も参加し幅広い世代の方がいて、とってもにぎやかでアットホームな会になりました。
 
<初心者向けダンス体験ワークショップの様子>

 

全員で輪になってその場で手拍子や全身でアフリカンなリズムを取ったり、ぐるぐる歩いたり、ニヤカムさんと歌を歌いながら、いっしょに動いてみました。スカーフを使ったワークでは投げ合ったり、落ちるスカーフを息で吹いたり、落ちてくるスカーフを手にとらわれずに身体のどこかで受け取ったり、「スカーフはダンスのパートナー」とニヤカムさんがコツを教えてくれました。
最後は円になって座り、手のひらで床をたたき、リズムを取りながら、「幸せについて教えてください」とニヤカムさん。時計回りでそれぞれ喋り、「幸せは〇〇」を共有します。その様子はふしぎとアフリカの村の一風景にも見えました。

IMG_3948
 

======================================
2019年度 SPAC-ENFANTS-PLUS=スパカンファン-プラス
10日間の創作ワークショップ<成果発表会>
8月31日(土)12:30/14:30
舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

振付・演出:メルラン・ニヤカム
振付アシスタント:太田垣悠
出演:静岡県の中高生9名/55歳以上のダンサー6名

詳細はこちら
======================================

2019年10月2日

スパカンファン-プラス2019日記#1 スパカンファン-プラスのはじまり

こんにちは。制作の高林です。
スパカンファンは今年で10年目を迎え、Over55=55歳以上のメンバーが加わり、新しい段階に挑みました。そんな夏をふり返り、5回に分けてレポートいたします。
Over55のメンバーを加えることになったきっかけは、昨年の東京芸術祭2018で上演した『アダルト版 ユメミルチカラ』
スパカンファンの『タカセの夢』をニヤカムさんとオーディションで選ばれたOver55のメンバーで創作した作品です。

アダルト版ユメミルチカラ‗サブ1のコピー
 
スパカンファンも昨年東京芸術祭2018で『空は翼によって測られる』を公演しました。

★181103_MK_289撮影松本和幸
 

Over55が『ANGELS』静岡公演を観劇したり、スパカンファンがOver55の稽古場にお邪魔したりだんだん交流が生まれ、東京滞在中には一緒にニヤカムさんのお誕生日をお祝いするなど良い関係が築けました。また『空は翼によって測られる』メンバーの内8名はそれぞれ活動の区切りを迎え卒業。今年度残るメンバーは4人になりました--そして県内の中高生とOver55を対象にした新メンバーオーディションを3日間にわたって行い、中高生5名、Over55の6名(『アダルト版ユメミルチカラ』出演者4名含)が加わりました!!
ニヤカムさんに「はじめまして」の子はもちろん、なんと小学生2年のときにニヤカムさんのワークショップを受けた子も(その時のワークショップの様子はこちらからご覧いただけます)。
オーディションではニヤカムさんの振付を踊ったり、アフリカの歌を歌ったりしました。参加者の緊張が見守るスタッフにもひしひしと伝わり、新しいスパカンファン-プラスがどうなっていくのか、本当に期待高まる3日間でした。
 

======================================
2019年度 SPAC-ENFANTS-PLUS=スパカンファン-プラス
10日間の創作ワークショップ<成果発表会>
8月31日(土)12:30/14:30
舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」

振付・演出:メルラン・ニヤカム
振付アシスタント:太田垣悠
出演:静岡県の中高生9名/55歳以上のダンサー6名

詳細はこちら
======================================