ブログ

2010年10月4日

<『わが町』のちょっといい話⑯>吉植荘一郎さん(ワレン巡査役)にちょっと聞いてみました

カテゴリー: 『わが町』2010

いよいよ10月、早いもので公演月となりました。

マスク姿の俳優も姿を消し、みんな元気いっぱいです!

IMG_0520

 

 

今回のインタビューは吉植荘一郎さんです!

IMG_0543

Q)ご自分の役について紹介して下さい。

 A)ワレン巡査といって、おまわりさんの役です。本筋とは全然関係のない役です。ヒロインのお父さんのウェブ編集長とよく世間話をしています。他にも、牛乳屋のハウイや新聞配達のサイ・クロウェルとも仲良くしているようです。

 Q)もし死んで、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

 A)昔に戻ったからといって、人生が思うようにやり直せたりするようなことはたぶん無いんだろうなと思う反面、今だったら“絶対人生変えてやるのに”と思うことが2回位あって・・・。そのひとつは大人になってからなんですが、例えば女の人とせっかく仲良くなっても、相手が何を望んでいるのかが分からなくて、後になって「あなたの真面目な所は良いところでもあるし、悪いところでもある!」と言われたことを思い出しました。その時の自分に「お前は何をやっているんだ!」と叱ってやりたいですね(笑)。少なくともトライすべきことをしてダメなのと、チャンスを逃すのとでは全然違うじゃないですか!とりあえず不戦敗だったことには臨みたいですね。

 Q)『わが町』について一言。

 A)ギリシャ悲劇とかシェイクスピアというのは、戯曲を読めば大体イメージが湧いて面白いんですが、『わが町』というのはそういう芝居とはちょっと違うと思うんですよね。どちらかと言うと非常に地味で、私なんかは読んだだけでは面白い話ではない。ところが一旦俳優の肉体をまとって戯曲が立ち現れると、これはもう戯曲がブワッと浮き上がってきて、生き生きとしたやりとりが生まれる。誰がどんな風に上演するかによって、その時々で、面白さをいかんなく発揮してくれる作品だと思うんです。だからこそ、みんなやりたがるわけですし。人間がいて言葉を発するから輝くのだ!そういうことを実感できる作品だと思います。

 「つい劇的にセリフを言ってしまいたくなるんですよね(笑)。」という吉植さん。ワレン巡査の役柄と同様に、心も体も大きくて暖かい雰囲気の吉植さんに注目です!

2010年9月30日

<『わが町』のちょっといい話⑮>三島景太さん(ウィラード教授役)にちょっと聞いてみました

カテゴリー: 『わが町』2010

稽古場には少しずつ小道具や衣装も加わり始めました。

IMG_0506

気温がグッと下がり、「わが町」チームには只今風邪が大流行しています。

皆さんもどうぞ御注意ください!

 今回のインタビューは三島景太さんです!

三島IMG_0537

 Q)ご自分の役について紹介して下さい。

A)ウィラード教授という田舎学者の役です。本編とは関わりのない人物です。時空を超えていて“ちょっと変わった変な人”、そんなイメージですね。

Q)「わが町」について一言。

A)親子の関係とか身近な話ではあるけれど、登場人物は医者であったり、新聞記者などの文化人であったり、あるいは僕の演じている大学教授であったりと、割と社会的地位の高い人たちが多いと思うんですね。ここに出てくる人たちは、普通とは言いつつも、僕らにとってはちょっとフィクション的な人たちと言えるのかも知れない。生きるということに対してキュウキュウにならず、悩まずにすむような身分の人たちと言えるのではないかなと感じています。

Q)今井さんについて一言。

A)僕はマジックにとてもかかりたいと思っている役者なんです。今井さんはいつの間にかマジックをかけていて、気が付かないうちに違う面が引き出されている感じがします。“さりげない騙し上手”という印象ですね。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)戻れるのであれば、1991年3月某日の初舞台の日ですね。いかに自分が挙動不審だったかを、もう一度再体験してみたいですね(笑)。

「戻りたい日はたくさんあるんだけれど・・・」と前置きした上で、初舞台の日以外にも「大人と子供の境目を意識した14歳の秋。」と答えてくれた三島さん。恋に狂った?その時の感覚を秋になる度に思い出すという、とてもロマンティックな三島さんです!

2010年9月26日

<『わが町』のちょっといい話⑭>いとうめぐみさん(ソームス夫人役)にちょっと聞いてみました

カテゴリー: 『わが町』2010

9月も終わりに近づき、稽古場にも涼しい風が入ってくるようになりました。

その涼しさとは裏腹に、稽古場はますます熱気を帯びてきています!

IMG_0539

 

今回のインタビューは、いとうめぐみさんです!

いとうIMG_0529

 

Q)ご自分の役について紹介して下さい。

A)ギブス家とウェブ家の奥さん達と仲良く一緒のコーラス隊に入っています。ソームス夫人には旦那さんがいるらしいんですけど、旦那さんの職業が何であるとか、子どもがいるのかいないのかなど、ほとんど情報がないので、逆に自分でストーリーをつくって演じています。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)戻りたくないですね。過去の自分にあまり興味がないですし。
今は亡くなってしまった自分の大切な人に、その人が元気な時にもう一度出会うというのは、切なすぎてちょっと耐えられないなぁと思って・・・。                                                      
思い出の中にいてくれる方が、逆にちゃんと一猪にいられるし、寄り添える気がするので。

Q)『わが町』の見所について教えて下さい。

A)自由に楽しんで下さい!観ていて気になったところがその人の見所だと思います。100人いたら100通りの感じ方が出来る作品になったら良いですね。

ソームス夫人の裏ストーリーを自分でつくりながら演じられているいとうさん。観劇にいらっしゃる方々も、ソームス婦人の裏ストーリーを想像しつつ作品を観ていただくと、また違った楽しみ方ができるのではないでしょうか!

2010年9月23日

<『わが町』のちょっといい話⑬>石井萠水さん(ウォーリ役)にちょっと聞いてみました

カテゴリー: 『わが町』2010

稽古場には舞台装置も置かれ、さらには松本さんの作曲された素敵な音楽も加わり、芝居に新たな彩りを与えてくれています。

今回のインタビューは石井萠水さんです!

IMG_0553

Q)ご自分の役について紹介して下さい。

A)ギブス家の長男でエミリの弟です。古き良きアメリカの、幸せな家庭のパーツのひとつだと思っています。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)小学校に上がる前の頃ですかね。まだ本当に無邪気で、日々幸せだなぁと純粋に思える最後の時だったし、この頃って単純に幸せだった記憶しかないから、戻れるならそこに戻りたいですね。

Q)今井さんの演出はいかがですか?

A)今井さんの演出は受けていて楽しいというか、今まで出会ったことのないタイプの演出家の方です。否定をしないし、こちらがネガティブにならないように気を使ってくれているのを日々感じます。私たちもポジティブでいられるし、現場の雰囲気もクリエイティブで・・・すごく新しいというか、初めての経験ですね。

Q)『わが町』の見所について教えてください。

A)この作品には、すごく哲学的なものを感じます。結婚や幸福について描かれているけれど、結局この世においては何も救いがない。私も劇中で死んでしまうし・・・。でもそのこと自体を楽しむというか、その可能性だけが提示されている戯曲だと思います。普通の人たちの普通の日常生活を描いているんだけれど、ギリシア悲劇やファンタジー的な話よりもフィクション性が感じられます。そんな作品をSPACがやるというも見所のひとつですね。

「男の子の役ですが、女の子が演じている男の子という感じでやっています。「ポニョ」のソウスケみたいな感じも出しつつ。でも、これ書かないでね・・・(笑)。」
と可愛く語ってくれた萠水さん。(書いてしまってゴメンナサイ・・・)
ブログ<萌目線。>も合わせてご覧ください!

2010年9月21日

<『わが町』のちょっといい話⑫>本多麻紀さん(エミリ役)にちょっと聞いてみました

カテゴリー: 『わが町』2010

第2期稽古がスタートしました。

2週間ぶりに稽古場に全員集合です!

今日は同時に「秋のシーズン2010」の記者発表も行なわれ、記者さんたちが『わが町』の稽古を見学しました。

稽古見学後は、今井さん自ら『わが町』の見所を語ってくれました。

IMG_8060

 

今回のインタビューは本多麻紀さんです!

IMG_0561

 

 Q)ご自分の役について紹介して下さい。

A)大好きなお父さんと、ひまわりみたいなしっかりもののお母さんと、やんちゃだけど仲良しの弟に囲まれた家の女の子です。最近、隣の家のジョージ君が気になっています。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)特に戻りたい時期はないですね。その時その時の自分はどこを振り返っても一生懸命で、いっぱいいっぱいだったと思うし・・・。ただ、自分の生まれる前の両親の姿は見てみたいなというのはありますね。両親を尊敬しているので、両親の過去は見たいかな。

 Q)今井さんについて一言。

A)駄目出しをされる時など、ふっと動かれる時の動きの美しさによく見とれています。姿勢、手の動き、足の運び。なんでしょう、あの色気!麗しさ!盗めるものなら盗みたい・・・と他の人への駄目出しの時もジッと見ています!

 Q)見所について教えて下さい。

A)普段は魑魅魍魎やギリシア悲劇をやっているような人達が、新劇の代表格である文学座に所属している今井さんと出会い、新国立劇場の研修所出身の方やパントマイムをやっている方など、色んな人達が一緒に「普通の」芝居をやる、というのはベースの違う人が集まっているからこそのおもしろさがある。ここで『わが町』をやることの意味というか・・・他とは違う『わが町』になるんじゃないかなと思っています。それから稽古場に貼ったマリア様の絵に向かって、毎日練習している賛美歌にもこうご期待!!

「今まで男役や人間ではない役が多かったので、今回のようないわゆる普通の女の子を演じるのが恥ずかしくて・・・。」と話す本多さん。そんな本多さんが演じる可憐なエミリにご期待下さい!

2010年9月8日

<『わが町』のちょっといい話⑪>舘野百代さん(ウェブ夫人役)にちょっと聞いてみました

カテゴリー: 『わが町』2010

本日無事に第一期稽古が終了しました!

稽古後には、ウェブ夫妻が前日から仕込んでくれた料理で打ち上げです。

IMG_8000

IMG_7987

夏野菜のラタトゥイユ、ミートボールのバターカレー風味、自家製ピクルス・・・おいしい料理にみんな大満足です。

IMG_8021

皆さん、2週間後に元気な顔で稽古場に戻ってきてくださいね!

 

今回のインタビューは舘野百代さんです!

IMG_7729

 

Q)どのような想いで、今回のウェブ夫人を演じていますか?

 A)毎回、私自身演じる上で課題をつけています。『わが町』では、”何でもないことが幸せだと思う”を課題にしようと思いました。この話は、人間の他愛もない日常が基本になっています。以前、当たり前に出来ていたことが出来なくなった経験があるんです。何でもない日々がとても幸せなんだ、ということを観ている人が気づいてくれるような芝居がしたいですね。

 Q)今井さんの印象はいかがですか?         

 信頼できますね。というのも今井さん自身が役者であるし、役者の本質というものを良く知っているというのがあります。役者の状態なども細かく見てくれているし、その人を進化させようとしているのがわかります。今の段階では、萎縮しないで伸び伸びと稽古が出来ていて、良い企画に出会えたと思っています。

 Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

 A)つくばエキスポの時に、2000年の自分に年賀状を出したんですね。2000年の元旦にその年賀状が届いて・・・。そんなこと全く忘れていたのだけど、「きっと2000年の頃のあなたは・・・」なんて今の状況とは全く違うことが書かれていて、何か変な感じがしたんですよね。今の私が過去のどこかに行きたいというのはないですね。行ったとして何になるのかなと。

 「今はつまらなくても、人生捨てたもんじゃない。そのつまらないことが本当はとってもいいことなんだよ、と。観終わった後に、行きと帰りの景色が違うような感覚を観客に与えることが出来れば。」と力強く語ってくれた舘野さんでした!

2010年9月5日

<『わが町』のちょっといい話⑩>貴島豪さん(ウェブ役)にちょっときいてみました

カテゴリー: 『わが町』2010

稽古20日目です。

9月を迎え、第一期稽古も残すところあとわずか。

 稽古後の讃美歌の練習も、毎日欠かさずに行われています!

IMG_7979

 

今回のインタビューは貴島豪さんです!

IMG_7762

Q)ご自分の役について紹介して下さい。

A)地元の地方新聞の編集長で、エミリの父親です。家族思いで、特にエミリに関してはダメ親父というか、溺愛しているんじゃないかなぁ。

Q)この作品について一言。

A)普段の何気ない日常があって、気にしなければ通り過ぎてしまう。でもそこにふっと目を向けて感じてみると、ものすごく劇的というか、ドラマというか、「生」があるのではないかと・・・。演じる側にとっては、瞬間瞬間のとらえ方によって色々な遊びができる作品ですね。自分たちの言葉や感覚によって、どんなドラマが生まれるのか・・・。僕ら俳優がライブとして息を吹き込んだ時に、フレキシブルに変わっていく可能性のある作品だと思います。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)過去に戻って何かを変えられるのなら良いけど、何も変えられないなら絶対に行かないね。見ているだけしかできないのは悲しいし、耐えられない。
ただ、自分の中で「性」に解放された日!唯一そこだけは見てみたいですね(笑)。精神的に「性」に解放された、覚醒された日がどこにあったのかな?と思って・・・それが知りたいですね。

「『わが町』のような普通の芝居で父親役を演じるのは初めてだし、楽しみな反面、不安も・・・。でも自分の中のどこかに潜んでいるであろう大いなる愛を持ってやるしかない!」と意気込みを語ってくれた貴島さんでした!

2010年9月2日

<『わが町』のちょっといい話⑨>保可南さん(レベッカ役)にちょっと聞いてみました

カテゴリー: 『わが町』2010

いよいよ9月です!

27、28日は『わが町』メンバーで利賀フェスティバルに行って来ました。

皆さん、リフレッシュして稽古場に戻ってきました!

IMG_7932

 

 今回のインタビューは保可南さんです!

IMG_7905

Q)ご自分の役について紹介してください。

 A)ジョージの妹なんですが、おませで生意気でちょうど背伸びをし始めた年頃です。お金に興味があるとか言っているけれど、お兄ちゃんのことが大好きで、お兄ちゃんの背中を追いかけているようなところがある可愛い子です。その一方で、兄のジョージより大人の考えも持っていると思います。すごく現実的だし、たくましいというか

 Q)レベッカが、「一番大切なのはお金!」というセリフがありますが、保さんにとって一番大切なものはなんですか?

 A)愛ですかねぇ・・・。生きていること、存在することが大事だとは思うんですね。でも『わが町』をやっていると、この物語の言っている事ってそこではなく、そこを飛び越えたところにあるんじゃないかなぁと。魂の向かう方向っていうのか・・・。もしそれがわかったらもっと強くなれるし、もっと素直になれるのにって思うんですけど。

 Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

 A)私は三人姉妹なんですけど、両親が冗談で「あなた達が生まれたばかりの小さかった頃が、一番可愛くて楽しかった!」と言うんですね。私達3姉妹がどれだけ可愛いかったのか、というところを是非見てみたいですね。(笑)

SPAC初出演の保さん! 「自分より若い役は、自分にくっ付いたものを捨てていかないといけないから難しい。」と言っていましたが、レベッカを演じる、初々しい演技にご期待ください!

2010年8月25日

<『わが町』のちょっといい話⑧>野口俊丞さん(ジョージ役)にちょっと聞いてみました

カテゴリー: 『わが町』2010

昨日は、音楽を担当される松本泰幸さんが稽古場を訪れました。

そして今日は稽古14日目にして、ラストシーンまでいきました。

公演2ヶ月前にして、今井さんもびっくりのスピードで稽古は順調に進んでいます!

IMG_7812

 

今回のインタビューは野口俊丞さんです!

IMG_7804

)ご自分の役について紹介してください。

A)すごくまっすぐで素直な青年で、誰かの言葉に対しても正面から答えてしまう。前に向かっていく力強さがあるし、そんな姿が素敵だなと思っています。かつての自分とジョージが重なる部分はありますね。今は少し大人になったというか、考えて行動するようにはなりました。ただ、ジョージのように近くにあるものをつかんでいきたいという気はします。

 Q)ジョージを演じてみてどうですか?

A)セリフがやっと自分の中に入ってきて、ジョージの考えや行動の回路が少しずつ繋がってきました。ただ、野口俊丞としての自分と、ジョージを演じている役者としての自分の距離がまだ少し近くて、たまにちょっと恥ずかしくなる部分があるんです。でも、その自覚がある分、その部分をどうしていけばいいのかということがクリアでもあり、対処していけるのではないかと思っています。

Q)もし死んでから、生きている頃の世界に戻れるとしたら、いつを選びますか?

A)小学校3、4年生の時の、我が家の夕食の風景を見てみたいという気がします。何が「幸せ」というのは曖昧でわからないんですけど、僕の中での家族団欒の姿というのはそこにある気がしていて・・・。当時は7、8人の大家族だったんですが、その大勢いる感じが好きなんですよね。

「この役柄が僕に似合っていると言われると、うれしい反面、それだけではダメだとも思っているんです。」と真剣な表情で話してくれた野口さん。まだまだ進化していくであろうジョージにご期待下さい!

2010年8月24日

<『わが町』のちょっといい話⑦>稽古見学会の動画をアップ!!

カテゴリー: 『わが町』2010

8月21日に行われた稽古見学会の動画をアップしました!