2007年11月23日

みのむし版赤ずきんちゃん ただ今準備中!

Filed under: スタッフ便り

[1]本日、13:30と16:30に上演する糸あやつり人形劇団みのむしの「赤ずきんちゃん」が朝から仕込みを行っています。

紙しばい小屋のようなミニシアターの中で上演される「赤ずきんちゃん」。まず劇場で迎えてくれるのは、灯りの下でちょっとうとうとしているおじいさん。チケット受付の方でしょうか。人形はもちろんですが、一つ一つの小道具の細かい部分までよくできていて、とってもかわいいんです。きっと大人の方も楽しんでいただけると思います。

[2] [3]

当日券も販売中です!みなさんのご入場をお待ちしています!

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/autum/IMG_6716.JPG
[2] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/autum/IMG_6719.JPG
[3] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/autum/IMG_6720.JPG


2007年11月15日

「王女A」劇場入り!

Filed under: スタッフ便り

11月17日、18日に舞台芸術公園 稽古場棟「BOXシアター」で上演される『王女A』が劇場入りしました。

『王女A』の劇作・演出の松田正隆さん率いる岡山の劇団「水蜜塔」のみなさんです。

今回のプロジェクトは、SPACと岡山に本拠をおくNPO法人アートファームとの3ヵ年に渡る共同製作の第一弾です。名づけて「プルーラル・シアター・プロジェクト」。どんな舞台になるのでしょうか。本日15日19:00からの演劇講座の2回目に松田正隆さんが登場します。その劇作の秘密、舞台創造の秘密に迫れる時間になると思います。

出演者のみなさんの稽古場通信のブログも要チェック。http://blog.goo.ne.jp/erigland [1] 

[1] http://blog.goo.ne.jp/erigland


2007年11月9日

SPAC秋のシーズン 開幕!!

Filed under: スタッフ便り

本日より「SPAC秋のシーズン」が開幕します。

スタートは宮城聰芸術総監督のSPAC初演出作品『巨匠』。終演後には宮城聰が観客のみなさまのご質問にお答えするトークも開催します。当日券も販売中です。

皆さまと劇場でお会いできるのを楽しみにしています。


2007年11月4日

SPAC演劇講座 近代編

Filed under: スタッフ便り

「SPAC秋のシーズン」のスタートを切る演劇講座が開催されました。「歴史の中の文学と演劇」と題して全2回でお送り [1]するこの講座。第1回目は、近代編 新劇の誕生として、木村直恵さん(学習院女子大学専任講師)を講師に迎え、「明治の欧化主義と演劇・文学の『改良』」というテーマでお話いただきました。木村さんは1971年生まれの気鋭の文化史家。明治の転換期の時代背景をとても分かり易く解説してくださいました。

明治19年(1887年)に結成されたという「演劇改良会」のことや日本語の語彙の転換期のことなど、初めて知ることが一杯。そもそも、それまではsocietyに対応する「社会」という言葉や概念がなかったという話は驚きでした。

次回は15日、現代編 現代演劇のことば として劇作家・演出家の松田正隆さんを講師に迎えます。

[1] http://otsukimi.net/spac/blog/wp-content/uploads/2007/autum/IMG_6354_2.JPG


世界お茶会議

Filed under: スタッフ便り

グランシップを中心に開催されている世界お茶まつり。お茶に関連したブースが出展されたり、国内外のお茶関係者らが交流を行っています。

舞台芸術公園の楕円堂でも世界お茶会議が2日間にわたり開催されました。11月2日の会議終了後には、会議関係者の方が静岡芸術劇場で「巨匠」の舞台稽古を見学。約1ヶ月前に行われた公開舞台稽古のときとはまた違い、舞台装置や衣裳もほぼ本番のもの。全編の通し稽古ではありませんでしたが、公演間近に迫った舞台が演じられました。