ブログ

2009年5月29日

SPAC職場体験!

カテゴリー: その他

5月20~22日の3日間、清水第二中学校の二人の女子生徒さんが職場体験でSPACを訪れてくださいました!

初日は、スタッフとの挨拶、顔合わせ、SPACの活動についての説明に始まり、市民文化会館前で「春の芸術祭」宣伝のためのビラ配り、お昼からは、5月25日の鷹匠ナイトに合わせて「ロジタカ撮影隊!」と題し、鷹匠のお店を周りながらインタビューと写真撮影を行いました。少し緊張しながらもお店の方と直接お話を交わしながら調査した、こだわりやオススメ、お店を始めたきっかけなどのインタビュー結果と撮影写真は、鷹匠ナイトでの店舗紹介の貴重な資料となりました。

二日目は、俳優たちが普段どのようなトレーニングをしているのか知ってもらうため、SPAC専属の俳優たちのトレーニング(スズキ・メソッド)を見学し、その後は実際にリズムトレーニングに参加しました!午後からは、静岡芸術劇場と静岡県舞台芸術公園の楽屋や衣装室などを見学するバックステージツアーでは、普段なかなか見ることのない劇場の裏側や機材に興奮気味のお二人でした。

最終日の三日目は、二日目に続いてスズキ・メソッドの見学、さらに春の芸術祭、SPAC芸術総監督宮城聰演出作品『ふたりの女~唐版・葵上~』の稽古を見学してもらいました。午後からは、SBSラジオに出演する宮城総監督と一緒にラジオ局に赴き、収録と放送の様子を見学しました。

SPACでの3日間の職場体験、二人のこれからにとって、何か意味のある特別な体験になってくれたらこんなに嬉しいことはありません。

二人が書いてくれたSPAC職場体験の感想を一部ですがご紹介します。

3日間、SPACさんの方で職場体験をさせて頂いて、前よりも、演劇を好きになりました。また、SPACさんでやらせてもらえることがあれば参加したいと思います。そして、色々な劇をまた見たいと思います。その時には、教えて頂いたことを思い出してやりたいと思います。本当に楽しい3日間でした。ありがとうございましたっ!!!  (カミヤさん)

もともとこうゆう所には無縁な私だったので、SPACさんのことを知るきっかけにもなりました。                                                職場体験を通して、私はたくさんのことを学びました。正直、他の職場に行った人たちよりは得をしていると思います(笑)。全くといって良い程こういう劇とかには興味はなかったのですが、とても気になるというか、また機会があればやってみたいな、という気持ちになりました。そのときはよろしくお願いします。 (サトウさん)

img_0214

宮城芸術総監督と記念撮影

文芸部横山のフランス文化講座!

カテゴリー: アウトリーチ

5月24日にエスパス・エクラタンで静岡日仏協会主催のフランス文化講座が開講しました。
全10回のうち2回をSPAC文芸部・横山義志が担当しますが、そのうちの1回が行われました。
題して「フランスで劇場に行こう!」。
フランスの主要な劇場を取り上げながら、豊富な経験をもとに解説しました。

img_0001

オペラ座、コメディー・フランセーズ、オデオン座、シャイヨー国立劇場… フランスの名だたる劇場を観劇経験から語る横山の話しぶりに、受講者は思わず乗せられて、なごやかなムードになりました。シアターゴアーならではの裏話も満載で、なるほどそういう劇場なのか、と腑に落ちる、そんな講義でした。

オペラ座の安い席には「sans visibilité」つまり「見えません」と書いてある、という冗談のような話まで聞くことができました。大劇場の最上階ともなると舞台が見えないんですね。オペラが耳を澄まして聴くものなら確かに見えなくてもいいのかもしれませんが、一般的に日本でオペラといったら、華やかな美術も連想します。「見えません」と書いてあるチケットを買うかといわれると… 皆さんはどうでしょう?

img_0009

講義の後は、飲み物を片手に、受講者と歓談。フランスへ旅行経験のある人も多く、話が弾みます。フランス文化についての情報や意見が雑談のなかで交わされる、貴重なひと時になったと思います。

フランス文化講座はまだまだ続きます。
次回は6月7日(日)。横山の担当で「静岡でフランスの舞台を見よう!」。「Shizuoka春の芸術祭2009」を紹介します。

詳しくはこちらの静岡日仏協会HPでご確認ください。

2009年5月27日

『ふたりの女』稽古中!

宮城聰が芸術総監督に就任して2年以上が経ち、宮城の野外劇場での作品を心待ちにしている皆さんもいらっしゃるかと思います。

今年の春の芸術祭で、宮城は、唐十郎作『ふたりの女』の演出に挑みます。

「唐十郎」と聞いて、皆さんは、何をイメージするでしょうか。まったく知らないよ、という方も多いかもしれません。「唐十郎」、日本の演劇界で、この名前は、特別な香りのするものなんです。

唐十郎さんは1940年東京生まれの劇作家、演出家、それに俳優でもある奇特なアーティスト。状況劇場という劇団を1960年代に旗揚げし、60年代末のアングラ演劇運動の旗手として注目されました。SPACの前芸術総監督・鈴木忠志もこの時代に頭角を現した演出家です。鈴木忠志、唐十郎、寺山修司の3人が、60年代アングラ演劇を牽引した、といわれています。

唐十郎さんは、神社の境内や原っぱにテントを設営して、そのなかで作品を上演する、というスタイルを確立します。そのテントの色から「紅テント」と呼んで親しまれました。

この「紅テント」という言葉は、劇団のみならず、唐十郎の作品に漂う暗くロマンティックな抒情をも表現するものになります。観客はゴザの上で肩を寄せ合い、唾が飛んでくるほどの近さで、俳優の演技を楽しみます。そんな空間はテントでこそ実現できるものです。状況劇場時代の唐作品を観劇された方なら、「紅テント」と聞くだけで、心躍らせることでしょう。

その唐作品を宮城聰が演出します。舞台芸術公園内にある野外劇場「有度」での上演です。美しい野外劇場で、唐作品が、どう再生し、どう変貌するのか…

宮城自身、唐作品に刺激を受けてきた演劇人ですから、今回の『ふたりの女』には、唐作品とはこういうものなんだ!、という宮城の思いが投影されることになります。後の世代へ受け継ぐべく、唐作品のエッセンスをうまく抽出するための試行錯誤を重ねています。

現代演劇史の更新。現代演劇史で強烈な存在感を放つ唐作品を上演することには、おのずと、その困難な課題が浮かびあがります。SPAC版『ふたりの女』はその一点突破を目指しています。

dsc01181

写真は、白塗り、女装をした俳優・三島景太。心なしか興奮しているようにも…

ゼロ年代最後の年に、現代演劇史を更新できるや否や、ぜひ、劇場でお確かめください!

シアタースクール第6回目!(5/24)

カテゴリー: シアタースクール

舞台芸術公園は春を通り越して、初夏の様相です。

本日はついに最後のシーンまで稽古をしました。
立ち姿も様になっています。
kicx17142

しかし、来週は稽古が休みなので、6月7日の発表会まではあとわずか。
次回はいよいよ通し稽古。
ここからは時間との戦いです!

kicx1732

2009年5月26日

「静火」稽古、第3回目

5月26日(火) 稽古場棟2にて

本日は県民劇団「静火」の稽古第3回目。
夕方からスタートの、短時間集中の稽古でした。
回を重ねるごとにメンバーの動きに変化が見られました。
最初はたどたどしかったディスコダンスも、こんなに激しく踊れる様に!
p1010204
みんないい笑顔!

シーンの稽古でも、動きが生き生きしていたのを感じました。
常に動いていて、‘何もしていない‘時がなくなりました。
自分に台詞が無くても「常にお客さんに観られている」、という事を意識し、
どう動くかを考えているようです。
dscn0275

次回の稽古は来週土曜日、ブログも随時更新して行きます!

2009年5月23日

「静火」稽古、第2回目

5月23日

県民劇団「静火」の稽古2日目が行われました。
午前中は主に道具、衣裳、製作のスタッフごとに分かれてミーティングです。
舞台装置やポスターのことなど、まずはそれぞれが持ち寄ったイメージをまとめる作業から始まりました。
「水や火を使ったら面白そう」「バッテリー装備で光る衣裳!」「森を素材に使いたい」等々、興味深い意見が続々飛び出します。

午後はスズキ・メソッドやダンスなどのトレーニングの後、
今年の県民劇団の演目、シェイクスピア作「夏の夜の夢」の台本を読み、
動きを付ける稽古です。
まずはグループに分かれて読み合わせ

dscn0249

それぞれの台詞をどう読み、どう動き、どう表現するか、盛り上ります。
同じ台本でもグループによって全然違う作品に。

動きをつけるとさらに違いがはっきり出ます。

dscn0265

切れのある動きを見せてくれました。

これから配役が決まればさらに面白い変化を見せてくれることでしょう!
次回の稽古も楽しみです。

2009年5月19日

カフェ・シンデレラでリーディング・カフェ開催!

カテゴリー: アウトリーチ

23
5月16日、静岡芸術劇場内カフェ・シンデレラにてリーディング・カフェを開催しました。

今回読んだ戯曲はモリエール作『スカパンの悪だくみ』。悪知恵の働くスカパンという召使が、いたずらを重ねるというお話。春の芸術祭では、スイスで活躍する人気劇団、テアトロ・マランドロがこの作品を上演します。

今回のリーディング・カフェは、特に、幅広い年齢層の方々にご参加いただきました。高校生からシニアまで、という多彩な顔ぶれです。
リーディング・カフェで驚かされるのは、皆さん、堂々と読まれることです。読んでいるうちにだんだん感情移入してきて、まるで本物の役者さながら。はじめは戸惑っていた参加者の方もお互いの読む声を聞いて、刺激を受けたのではないでしょうか。

43

役になりきる、というのは年齢やその人の職業などを隠してしまいます。孫ほども離れた年齢差があ参加者同士が、いざ戯曲を読みはじめれば、現実の歳や性別と逆の役をお互いに演じています。戯曲を通して、現実を少しだけ離れた人間関係が結ばれる。堂々と読まれる皆さんの姿は、それを楽しんでいるように見えました。若者は活気溢れる人生の先輩に、先輩は瑞々しい若者に、同じ空間を共有することで、おのずと影響される、そんな集まりになりました。
51

終了後の感想では、世代を超えてパワーをもらった、本を読むだけでこんなに盛り上がるとは思わなかった、声に出すのは本当に気持ちがいい、などなどとても好評です。

リーディング・カフェは来たる5月25日、リーディング・ナイトとしてパワーアップします。過激だけれどグッとくる戯曲を読もうと思っていますので、ぜひ、こちらもご注目ください!

2009年5月18日

シアタースクール第5回目!(5/17)

カテゴリー: シアタースクール

本日、舞台芸術公園は雨ともやの1日でした。
気分も暗くなりがちな天候でしたが、なんのその。
明るく楽しく元気よくが持ち味のシアタースクールのメンバーは今日も気合十分。
今日からは、内部発表会の行われる会場に場所を移しての稽古です。

img_1624

ここは八角形をしている稽古場。
空間が変わると不思議と稽古の雰囲気も変わってきました。
発表会の会場だということもあり、より集中できていたかも知れません。

いよいよ次回は最後のシーンまで!

2009年5月17日

「静火」初稽古

5月17日
本日は県民劇団「静火」の初稽古でした!
メンバーは午前11:00~午後9:00の間、舞台芸術公園の中にある新稽古場棟で
密度の濃い一日を過ごしました。

まずは自己紹介の後、衣裳、道具、制作のスタッフに分かれてのミーティング。
自分達の手で作り出す舞台。俳優もやればスタッフとしても劇団を一人一人が支えます。
みんな真剣な表情
img_1612

午後からは本格的に稽古です。
まずはスズキメソッドで身体の動かし方の基本を身に付けます。
初めて参加のメンバーにはとてもきついトレーニング、前回からの参加者が
お手本となり教えます。

その後は劇団渡辺オリジナルトレーニングメニュー
盆踊り&ディスコダンス!
img_1645
渡辺さんがスズキメソッドに対抗すべく考えたトレーニングで
もちろん振付もオリジナルです。

休憩を挟み、最後のトレーニングは皆の前で歌う&朗読です。
大勢に見られながで緊張しつつも、皆さん素晴らしい声を聴かせてくれました。
さすが俳優志望!
img_1663

稽古終了頃にはすっかり打ち解けたメンバー、来週の稽古も充実したものになりそうです。

次回の更新をお楽しみに!

2009年5月11日

シアタースクール第4回目!(5/10)

カテゴリー: シアタースクール

木々の若葉も鮮やかな舞台芸術公園の稽古場に今週もシアタースクールの面々が集まりました。

先週衣装を考えましたが、今回は自宅から使える物を持参して衣装合わせ。
スーツ、ジャージ、ランニングシャツ、お母さんのセーラー服、おばあちゃんのお古。
衣装をつけると演技も変わってきます。

dsc014784

自分だけではなくて他の人とのバランスも考えて・・・。
まだまだ再考の余地あり・・・です。