2010年10月4日

<令嬢ジュリー>開幕いたしました(舞台写真)

10月1日(金)の高校生鑑賞事業、10月2日(土)の一般公演初日を皮切りとして
SPAC秋のシーズン2010  新作『令嬢ジュリー』の幕が開きました。
たくさんのお客様のご来場、ありがとうございました。

シンプルでありながらも衝撃的な舞台美術で、開演前から客席を圧倒する『令嬢ジュリー』。
本日はそんな舞台の様子を一部ご紹介します。

 2010.09.30-040

 2010.09.30-104+105+106

2010.09.30-232

 2010.09.30-275

2010.09.30-290

 2010.09.30-342

 

最後に、客席からでは見ることのできない風景を一枚。

 2010.09.30-373+376

 

美術、照明、コロス(群衆)の動き…
全てが計算されつくした空間の中で描かれる、夏至祭の一夜の物語。
今週も7日・8日の高校生鑑賞事業公演と9日・10日の一般公演を残しています。

舞台美術界の事件と言っても過言ではないこの作品、
「建築の中にもうひとつ」つくられた「建築」と、その中で語られる物語との双方を
どうぞ劇場で直に味わってください。

【SPAC秋のシーズン2010『令嬢ジュリー』 公演詳細はこちらへ】
http://spac.or.jp/10_autumn/julie