2018年7月28日

ふじのくに⇔せかい演劇祭2018 劇評コンクール 審査結果

ふじのくに⇔せかい演劇祭2018の劇評コンクールの結果を発表いたします。

SPAC文芸部(大澤真幸、大岡淳、横山義志)にて、応募者の名前を伏せ、全応募作品を審査しました結果、以下の作品を受賞作と決定いたしました。

(応募数18作品、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、入選2作品)

(お名前をクリックすると投稿いただいた劇評をご覧いただけます。)

■最優秀賞■
朴建雄さん【夢幻の彼方に喘ぐ、無限の彼方に呻く ―クロード・レジ演出『夢と錯乱』における〈夜〉の生】(『夢と錯乱』)

■優秀賞■
西史夏さん (『寿歌』)
高須賀真之さん【『民衆の敵』―孤立性に耐えるということ―】(『民衆の敵』)

■入選■
山本英司さん【観客参加型演劇の可能性―『民衆の敵』を観て―】(『民衆の敵』)
高須賀真之さん【『夢と錯乱』―存在を解体する―】(『夢と錯乱』)

■選評■
SPAC文芸部・横山義志による選評

ふじのくに⇔せかい演劇祭2018 作品一覧
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』(演出:宮城聰)
『寿歌』(演出:宮城聰 作:北村想)
『民衆の敵』(演出:トーマス・オスターマイアー 作:ヘンリック・イプセン)
『夢と錯乱』(演出:クロード・レジ 作:ゲオルク・トラークル)
『リチャード三世 ~道化たちの醒めない悪夢~』(演出:ジャン・ランベール=ヴィルド 原作:ウィリアム・シェイクスピア)
『シミュレイクラム/私の幻影』(演出・振付:アラン・ルシアン・オイエン)
『ジャック・チャールズvs王冠』(演出:レイチェル・マザ 作:ジャック・チャールズ、ジョン・ロメリル)
『大女優になるのに必要なのは偉大な台本と成功する意志だけ』(演出・作:ダミアン・セルバンテス)


ふじのくに⇔せかい演劇祭2018■最優秀■【夢と錯乱】朴建雄さん

夢幻の彼方に喘ぐ、無限の彼方に呻く ―クロード・レジ演出『夢と錯乱』における〈夜〉の生

 闇と沈黙。体内への感覚が鋭敏になり、無意識に唾を呑みこんでいること、その音がこんなにも大きいことに戦慄する。かくも長き闇と沈黙。舞台は暁の空のようにゆっくり明るみ、舞台上の影から幽かな声が漏れる。気が付かないほど緩やかに青く赤く染まる舞台を見つめながら闇に溶け入り、観客は意識と無意識の間を漂う。クロード・レジ演出『室内』はこうして上演された。最後の暗転は、死の疑似体験のようでもあった。

 翻って今回の作品『夢と錯乱』は、同じく闇に包まれてはいるが、音が空間に満ちていた。舞台は瞼の裏側のような闇から始まる。弦をはじく音。闇に響き渡る機械の低い駆動音と耳鳴りのような高音は、詩人が世界と自分に覚える違和感だろうか。その闇の中心に、なにかが仄明るくうごめく。観客の意識は極度にそこに集中し、照明が緩慢に明るくなっていく中、ある瞬間に、「なにか」が人間だとわかる。その演者を包む舞台美術の半楕円のアーチは一点透視図を形作り、楕円堂の密な空間の中に、舞台奥の闇の消失点の底知れなさと、その闇が客席に向かってわずかに開いたアーチを通じどこまでも彼方へ広がっていくかのような感覚を生み出している。詩人の内奥の無意識の彼方と外の夜空の彼方が、共に示唆される空間。星のようにかすかな照明の光は闇の果てしなさを強調し、観客を視覚より聴覚に集中させる。薄明の中、ヤン・ブードーの身体の輪郭が、灰色の光に霞んで次第に浮かび上がる。彼の動きは終始緩慢だが、内側の何かがあふれ出してしまわないように必死に抑えつけているかのように、身体が極度に緊張していた。そして目を閉じ、感覚に身を任せている。 続きを読む »


ふじのくに⇔せかい演劇祭2018■優秀■【寿歌】西史夏さん

 3.11以降、『寿歌』の上演がこれまで以上に活発になっているとは、巷でよく言われる事だ。かくいう私も、本作を観るのは3回目。いずれも2011年以降の舞台である。
 北村想の戯曲では度々歌謡曲が印象的に使われる。『寿歌』といえば、「ウナ・セラ・ディ東京」である。
 観劇の日を指折数えながら、「クライマックスでこの曲をどんな気持ちで聴くのだろう」と何度も心で呟いていた。しかし、その期待は鮮やかに裏切られる事となる。

 まだ明るいGWの夕方、野外劇場「有度」には不思議な光景が広がっていた。
 一面のカラフルなゴミの山に、ぽっかりとメビウスの輪の如き道が浮かんでいる。そこには確かにリヤカーがあり、ゲサクとキョウコの旅路であることを示している。やがて沈みゆく陽の翳りとそれに伴う寒さが、核戦争後の世界とリンクする。 続きを読む »


ふじのくに⇔せかい演劇祭2018■優秀■【民衆の敵】高須賀真之さん

『民衆の敵』―孤立性に耐えるということ―

 信じていたものが簡単に裏返り、それに対抗しようと自分の信念を貫き通そうとしてますます過激となる。そして、逆に自分が嫌っていた者とおなじように自分もなってしまうがそれに気づかず、あるいは気づいていても気づいていないフリをして、結果的に対立が深まる。ここ数年の世界の状況を顧みると、どうもこのようなことの連鎖反応であるように思える。だれも自分の間違いを認めたがらず、相手の悪いところだけを徹底的に叩く。民主主義はいつの間にか自分に反対する人間をいかに力でねじ伏せるかという陰険なゲームのようになりつつある。
 『民衆の敵』はいうまでもなくイプセンの代表作だが、100年以上経ったいまも現代社会に当て嵌めて観られてしまうというのは、むしろ不幸なことなのかもしれない。とはいえ、イプセンの原作をそのまま演出したのでは、いまのわたしたちに強く訴えかけるものになるのは難しいだろう。オスターマイアー版『民衆の敵』では、イプセンを単なる古典とするのではなく、現代社会が抱える問題をダイレクトに劇に取り込んでいる。 続きを読む »


ふじのくに⇔せかい演劇祭2018■入選■【民衆の敵】山本英司さん

観客参加型演劇の可能性―『民衆の敵』を観て―

 開演前から舞台にはある文章が投影されている。一読して意味が取りにくい。おそらくは、現代社会においてはコマーシャリズムによって私が私であることすら奪われてしまうといった意味のことが主張されているものと思われるが、繰り返し読まないとよく分からない。逆に言うと、繰り返し読まれるためにこそ開演前から提示されているのであろう。
 イプセン原作の『民衆の敵』は、温泉が工場排水で汚染されていると訴える主人公が、巨額の対策費用に難色を示す当局や地元紙に発言を握りつぶされたため、住民集会を開くという話である。オスターマイアーによる演出の最大の特徴は、観客が住民集会の参加者となり、主人公や当局の説得の対象であると同時に発言も促される点にある。 続きを読む »


ふじのくに⇔せかい演劇祭2018■入選■【夢と錯乱】高須賀真之さん

『夢と錯乱』―存在を解体する―

 観客はまず暗闇を共有しなければならない。
 いつまでも続くかに思える暗闇。あるかないかわからないわずかな光のなか、ひとりの人間がしずかにゆっくりと、だが着実に空間のなかで動きを刻む。光は少しずつ明るくなるが、完全には明るくなることはない。男の身体は残像のようにはっきりと捉えることができず、その存在すら危うい。男の吐き出す詩句は口から出た瞬間奈落にのみ込まれるように暗闇のなかに消え去っていく。ここでは言葉が響き渡るということはない。男の手はなにかを求めるように宙を漂うが、抱きしめるのは虚空ばかりでつかみ取れるものはなにもない。やがて舞台は燃えるように紅く染まり、そしてふたたびすべては闇のなかに消えていく。 続きを読む »


ふじのくに⇔せかい演劇祭2018■選評■SPAC文芸部 横山義志

ふじのくに⇔せかい演劇祭2018劇評コンクールには計18作品の応募がありました。18作品の内訳は、『寿歌』4、『民衆の敵』4、『夢と錯乱』4、『マハーバーラタ』2、『シミュレイクラム/私の幻影』2、『大女優になるのに必要なのは偉大な台本と成功する意志だけ』2でした。

今回、最優秀賞に選ばれたのは朴建雄さんの【夢幻の彼方に喘ぐ、無限の彼方に呻く ―クロード・レジ演出『夢と錯乱』における〈夜〉の生】です。
朴建雄さんは劇場空間で起きたこととご自身の感性的経験、そしてテクストの内容とを、いずれも濃密に描写したうえで、説得力をもって観劇体験全体の意味を提示できている点で、最も高い評価を得ました。中でも、「聴くとはこれほどまでに触覚的で官能的な体験なのだ」という言葉を納得させるだけの聴覚に関する描写と、戦争のなかの「夜に包まれる錯乱の体験」という解釈とが緊密に結びついている点がすばらしいと思いました。

優秀賞としては、西史夏さんの『寿歌』と高須賀真之さんの【『民衆の敵』―孤立性に耐えるということ―】が選ばれました。
『寿歌』については、戯曲とこれまでの上演史を踏まえたうえで、「命がけ」の意味を見つめる西史夏さんの劇評が最も説得力を持っていました。『民衆の敵』については、高須賀真之さんの劇評が、オスターマイアー演出が投げかけた問いを最も正面から受けとめ、観客としての応答を試みているように思われました。

入選となった山本英司さんの【観客参加型演劇の可能性―『民衆の敵』を観て―】、高須賀真之さんの【『夢と錯乱』―存在を解体する―】はいずれも優れた劇評なのですが、扱っている要素が多いために焦点が絞りにくい分、読後の衝撃感が小さくなってしまい、最優秀賞・優秀賞に挙げた劇評には及ばないという判断となりました。

選考の結果は以上の通りとなりましたが、他にも、心打たれる劇評はいくつもありました。応募いただいたみなさんに、改めて御礼申し上げます。またみなさんの劇評を拝読できるのを楽しみにしております!