2018年7月28日

ふじのくに⇔せかい演劇祭2018 劇評コンクール 審査結果

ふじのくに⇔せかい演劇祭2018の劇評コンクールの結果を発表いたします。

SPAC文芸部(大澤真幸、大岡淳、横山義志)にて、応募者の名前を伏せ、全応募作品を審査しました結果、以下の作品を受賞作と決定いたしました。

(応募数18作品、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、入選2作品)

(お名前をクリックすると投稿いただいた劇評をご覧いただけます。)

■最優秀賞■
朴建雄さん【夢幻の彼方に喘ぐ、無限の彼方に呻く ―クロード・レジ演出『夢と錯乱』における〈夜〉の生】(『夢と錯乱』)

■優秀賞■
西史夏さん (『寿歌』)
高須賀真之さん【『民衆の敵』―孤立性に耐えるということ―】(『民衆の敵』)

■入選■
山本英司さん【観客参加型演劇の可能性―『民衆の敵』を観て―】(『民衆の敵』)
高須賀真之さん【『夢と錯乱』―存在を解体する―】(『夢と錯乱』)

■選評■
SPAC文芸部・横山義志による選評

ふじのくに⇔せかい演劇祭2018 作品一覧
『マハーバーラタ ~ナラ王の冒険~』(演出:宮城聰)
『寿歌』(演出:宮城聰 作:北村想)
『民衆の敵』(演出:トーマス・オスターマイアー 作:ヘンリック・イプセン)
『夢と錯乱』(演出:クロード・レジ 作:ゲオルク・トラークル)
『リチャード三世 ~道化たちの醒めない悪夢~』(演出:ジャン・ランベール=ヴィルド 原作:ウィリアム・シェイクスピア)
『シミュレイクラム/私の幻影』(演出・振付:アラン・ルシアン・オイエン)
『ジャック・チャールズvs王冠』(演出:レイチェル・マザ 作:ジャック・チャールズ、ジョン・ロメリル)
『大女優になるのに必要なのは偉大な台本と成功する意志だけ』(演出・作:ダミアン・セルバンテス)