2013年6月5日

ふじのくに⇄せかい演劇祭2013、ドイツ・東欧特集!?

横山義志(文芸部)

今年のふじのくに⇄せかい演劇祭はちょっとしたドイツ・東欧特集である。今週末6月8日(土)・9日(日)にベルリン・フォルクスビューネの『脱線!スパニッシュ・フライ』があり、6月22日(土)・23日(日)にはポーランドの『母よ、父なる国に生きる母よ』がある。実は、SPACでドイツ・東欧の大規模な作品をやるのは、ほとんどこれがはじめて。

フランスに住んでいたときにはよくドイツ・東欧の作品を見ていて、フランスの作品と比べても、俳優の演技もスタッフワークも質が高く、内容も深いものが多いので、なんで日本ではあまり見られないのだろうかと思っていた。だが、実際に招聘に関わることになって、その理由がよく分かった。招聘する側の都合からしてみれば、しっかりしすぎているのだ。

ヨーロッパでも、西と東では、公共劇場の形態がかなり異なっている。ドイツと旧「東側諸国」では、劇場の仕組みが似ていて、大きな都市にはほとんど必ず、専属の劇団がついた立派なレパートリーシアターがある。この場合のレパートリーシアターというのは、SPACとはちょっと違って、たとえば昨日『ハムレット』をやっていて、明日は『オイディプス王』、明後日は『ファウスト』、その次は『トレインスポッティング』をやっている、といった具合で、一週間単位で見れば、毎晩別の作品をやっている。このようにして、一度作った作品を、何年も上演しつづけるわけである。だから舞台装置も、何年も使いつづけられるように作られている。

一方、もっと西のフランスやベルギーでは、一年か二年に一回新作を作り、一本の作品を一年か二年かけて、あちこちの公共劇場で上演して回る、という形態が多い。たぶんスイス、イタリア、スペインでもこのタイプの劇団が多いのではないか。この場合、劇団が劇場に所属しているとしても、それは作品製作の拠点としてであって、ずっとその劇場にいるわけではなく、ツアーしている時間の方が長くなる。だから舞台装置も、ツアーすることを前提に、持ち運びやすいように作られている。

便宜的に、前者を「東欧型」、後者を「西欧型」としておくと、財政基盤においても、東欧型の公共劇場付属劇団は、基本的にはその劇場で、その地域の観客のために良質の作品を提供するのが最大の使命で、それを維持するために、国や地域から大きな助成金が与えられている。とはいえ、そこで本当に質の高いものが作られていれば、他の地域の観客も見たくなるし、その地域の文化を宣伝するためにも、自分の殻に閉じこもってしまわないためにも、国内や国外の演劇祭に参加することもある。だが、これはあくまでも副次的な仕事になる。

それに対して、西欧型の劇団では、そもそも一つの劇場で一ヶ月間上演したくらいでは経済的に成り立たず、新作を準備する時点で、共同製作に加わってくれる他の劇場を見つけて、ツアー先を確保しておかなければならない。劇場の側から見れば、その劇場の芸術監督が率いる劇団によって上演される作品をやるのは、多くても一年のうちの二ヶ月くらいで、残りの期間は、他の作品を買ったり、共同製作に加わったりして、ツアーで来る作品を受け入れるのが主になる。だから、招聘する作品を選ぶ、というのも、芸術監督の仕事のうちの大きな比重を占めている。SPACの形態は、東欧型と西欧型の、いわば中間的な形態だと言える。

というわけで、「東欧型」公共劇場付属劇団の作品というのは、おおまかに言えば、あんまりツアーするようにはできていないわけである。舞台装置は重厚長大型が多いし、助成金が手厚いこともあって、技術スタッフの数も西欧型の劇場よりずっと多い。結果として、10人前後の出演者に、20人近い技術スタッフがついてきたりする。しかも組合もしっかりしているので、ツアー時でも、簡単に人を減らしたりはできない。陸続きのヨーロッパであれば、舞台装置やスタッフの移動もなんとかなるが、東洋の島国まで持って来ようとなると、なかなか大変なのである。

今回は東京ドイツ文化センターやポーランド文化センターの方々がとても熱心に応援してくださったので、どうにか実現できたが、かなりハードルが高かった。だが、公演が行われる前から言うのもなんだが、これを機会に、今後はもっとドイツ・東欧の作品を取り上げていきたいと思っている。

何よりもまず、作品の質が高い、というのが最大の理由だが、それだけではない。「今、東欧が熱い!」と思っている人はあんまりいないだろうが、実際に旧東ドイツ(フォルクスビューネは旧東ベルリンの劇場である)や東欧の作品を見てみると、そこには、今の世界の仕組みが抱えている矛盾が、非常に先鋭的な形で現れているのを感じる。ベルリンの壁が崩壊したときには世界中が熱狂したが、その後二十年以上経って、「自由化」した旧東側諸国の人たちはどうなったのか。

『脱線!スパニッシュ・フライ』『母よ、父なる国に生きる母よ』も、どちらもとても楽しく見られる作品だが、今の世界の生きづらさについて、いろいろ考えさせられる作品でもある。


2011年12月15日

“「わからない」ことに耐える力” 中高生へのメッセージ

Filed under: スタッフ便り

2011年の秋のシーズンでも、鑑賞事業公演では、県内のたくさんの中高生がSPACの舞台を鑑賞にお越しくださいました。
SPACでは、鑑賞事業公演の際、中高生に観賞パンフレットを配布させていただいていますが、
そのパンフレットの一面にいつも掲載させていただいている、 SPAC芸術総監督 宮城聰のメッセージを、このサイトをご覧頂いている皆さまにもご紹介いたします。(※このメッセージが日本経済新聞2011年12月15日発行(朝刊)にも取り上げられました)
_______________________
中高生の皆さんへ

みなさんは、いま自分がどういう時代に生きていると感じていますか?


そう、地域社会が崩壊し、価値観が流動化し、自殺者は増え続け、そして若者は「ひとり遊び」ばかりしていて孤独のなかに閉じこめられている、そういう「精神的危機」の時代に生きている・・・と感じる人が多いかもしれません。

でも演劇をやっている僕から見ると、すこし違って感じます。なぜなら、演劇は何百年間も、孤独にさいなまれる精神や、なにが正しいのかの基準をなくして迷子になっている精神をえがいてきたからです。

つまりどうやら、世界が人間にとって生き易かったことなど一度もなかったらしいのです。

でもそのなかでがむしゃらにあがく人間が、演劇には登場します。がむしゃらにあがく彼らは、しばしば悲しい結末を迎えるし、人間とかこの世というものについてのはっきりとした解答を出してもくれません。ですが、それでも演劇を見るとなんだか励まされる気がします。

どうしてでしょう?

きっとそれは彼らが “「わからない」ことに耐える力” を、すこし観客に手渡してくれるからだと、僕は思っています。

“「わからない」ことに耐える力”。それは“孤独と向き合う力”でもあります。

人間はいまも昔も孤独です。だから少しでも人とつながれるように、一生懸命ことばとからだを研ぎすましてきました。

それが演劇です。

宮城聰
SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督 宮城聰

こちらもご覧ください。
私と演劇— 「他者」と出会うこと 宮城 聰

私と演劇——— 「他者」と出会うこと 宮城 聰私と演劇——— 「他者」と出会うこと 宮城 聰

2011年1月22日

【ドン・ファン⑥】終演後は仮面制作体験(裏と逢いましょう!?)

本日より一般公演開幕した『ドン・ファン』、終演後は毎公演恒例となった出演俳優との交流の場「カフェ・シンデレラで会いましょう」を開催しております。
さらに、今回は初の試みとして、出演俳優だけでなく、SPAC創作・技術部スタッフによる「仮面制作体験講座」を行っております!

その名もカフェ・シンデレラならぬ、「テク・シンデレラ」で「裏と逢いましょう」!

「カフェ・シンデレラで逢いましょう」をもじった感全開のこの企画ですが、初の試みとはいえ、観劇後のたくさんのお客様におたちよりいただきました。
写真 (1)
『ドン・ファン』一般公演終演後に、毎回開催する予定です!
どうぞみなさまお楽しみに!!


2011年1月19日

【ドン・ファン⑤】間もなく一般公演!『ドン・ファン』舞台写真

生まれ変わったSPACの仮面劇『ドン・ファン』!

連日、中学生鑑賞事業で劇場は盛り上がっています。
終演後は、1階ロビーで終演直後の出演者達が皆をお見送り!

そして、いよいよ今週末にせまった『ドン・ファン』の一般公演!

ホームページをご覧の皆様に、少しだけ舞台をご覧いただきましょう。

IMG_0259

IMG_0341

IMG_0190

IMG_0859小

IMG_0839小

IMG_0806小

IMG_0762小


2010年3月5日

「なっかんと走ろう駿府マラソン」応援団緊急募集!

Filed under: スタッフ便り

「なっかんと走ろう駿府マラソンの(←企画紹介ページ)応援団を緊急募集します!

3月6日の土曜日、
いよいよ宮城新作「ペール・ギュント」が始まります。
その初日が明けた翌日の3月7日、
なっかんこと仲谷智邦がハーフマラソンに挑む
駿府マラソンの本番です!

「ロビンソンとクルーソー」韓国公演を終えて
油の乗り切っているなっかんの体調は万全、
ランニングシューズも新調し、
いざ決戦の時を待ちます。

そんな彼と共に早春の静岡を駆け抜けるのは…

俳優部からは奥野晃士、
制作部からは荒井洋文と大保和巳、
それぞれ5キロコースに参加します。

5kコース出場者は
なっかんの応援団として、
また自らも走りを楽しむため、
皆でSPAC Tシャツを着て駿府公園を駆けぬけます。

なっかんのエントリーするハーフマラソンのスタートは
10時05分
市役所前からの出発になります。

もし、なっかんはじめ参加者のマラソンを自分も応援したいという方、
いらっしゃいましたら
9時50分くらいまでに
市役所前に駆けつけてくださいませ。

もしよろしければ、SPAC Tシャツご着用の上お越し下されば大変嬉しく思います…

今回はいつもSPACをご観劇いただいている方々からも
この企画に参加してランナーとして出場して下さる方々もおり、
皆そろってなっかんのチャレンジを応援したいと思います。

静火の倉石さんがエントリーする10キロコースは
9時30分に、駿府マラソン参加者13000人の先陣を切ってスタート。
ハーフマラソンの出発を見送った後は
5kコース出場者達も、10:20にそれぞれ市役所前から出発。

こちらの参加者達はお堀の周りをニコニコペースで走ることを楽しむようです。

それでは皆様、よろしくお願いします!!


2010年2月26日

『ペール・ギュント』ポスター貼りにご協力を!

Filed under: スタッフ便り

SPAC新作『ペール・ギュント』の初日が刻一刻と迫ってまいりました 
そこで『ペール・ギュント』をもっと盛り上げるために、
ポスターを貼ってくださる方、店舗を大募集します!
 
店頭に、掲示板に、家の壁に…
奇妙キテレツなイラストがカワイイこのポスター!
公演が終われば観劇の記念にどうぞ。
 
ポスターの掲示がOKならば、場所は問いません。
ポスターのサイズはB1(728×1030mm)またはB2(515×728mm)サイズです。

DSC_1366
写真は出演俳優の渡辺敬彦さん。ポスターはB2サイズ。

ご協力いただける方は以下の連絡先に電話かメール(件名に”ポスター貼り協力”とお書きください)で、お問い合せください。お気軽に!
 
TEL:054-203-5730(静岡芸術劇場)
E-mailアドレス:mail@spac.or.jp
 
みんなで『ペール・ギュント』を盛り上げよう!


2010年2月21日

文芸大の集中講義@SPAC

Filed under: スタッフ便り

浜松にある静岡文化芸術大学の学生さんたちが、
計8日間にわたる集中講義をSPACで受講しました。
 
期間にして12月24~27日と2月16~19日。
昨年末は「インド古典舞踊劇」と交え、技術スタッフや制作スタッフについて。
年明けは『ぺール・ギュント』の稽古と交え、俳優について。
どちらも実践も交えての講義でした。

カピラ受付風景
<写真:受付風景>
 
最終日にはテーマ「シュール」と題して、こんなワンショットをプレゼントしてもらいました。
16日に行われた俳優 奥野流ワークショップの成果です。

文芸大ワークショップ
<写真:ワークショップ>

文芸大の皆さん、ありがとうございました!
 
2月23日にはリーディング・カフェで、今度はSPACが浜松へお邪魔します。
また皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。


2008年12月3日

「ドン・キホーテ ON MOVIE」開催!

Filed under: スタッフ便り

シネ・ギャラリーさんとの共同企画ミニセミナー第二回「ドン・キホーテ ON MOVIE」、大楠先生にお願いして本当によかったです。大楠先生、『ドン・キホーテ』は静岡県立大学の授業でも取り上げていてよくご存じのはずなのに、このために二週間かけて岩波文庫全6巻をもう一度通読してくださったとのこと・・・。

しっちゃかめっちゃかな大長編小説『ドン・キホーテ』の内容をパワーポイントを使ってきれいにまとめてから、アメリカ、ソ連、スペイン、フランスなど、様々な国で撮られた『ドン・キホーテ』にどの場面が使われていて、どこまでが原作にあって、どこからがオリジナルなのか、など、とてもわかりやすく解説してくれます。『ラ・マンチャの男』の、ソフィア・ローレン演じるアルドンサは涙ものでした。こんなに親切で楽しい授業が受けられるなんて、県大の学生は恵まれていますね。

ドン・キホーテ関連映画、なんと47本も見つかったそうで、そのうち15本は全部見た、とのこと。本一冊くらい書けそうな内容でしたが、なんとか二時間にまとめてくださいました。

本当に贅沢な講義をしていただいて感激さめやらず、シネ・ギャラリーさんとも「ぜひまたやりましょう」というお話になりました。今後とも、映画X演劇コラボレーションにご期待ください!


2008年11月29日

『ドン・キホーテ』演出家・原田一樹を紹介します

Filed under: スタッフ便り

初日まであと一週間となった『ドン・キホーテ』。
演出家の原田一樹さんにその見どころなどを聞いてみました。

―――まずは簡単に自己紹介をお願いします。

原田一樹。舞台演出家です。自分でもキンダースペースという劇団をやっていて、そこでは年に三本、四本、仲間たちとやりたいことをやってます。SPACでの演出は、今度で四本目。ここにはいい意味での緊張感と刺激と教えられることが沢山あって、私にとって重要な現場の一つです。

―――『ドン・キホーテ』というと元々とてつもなく長い話ですが、今回の舞台の見どころを教えてください。

この質問は良く受けるのですが中々応えるのが難しいですね。というのは、演出家はそこにフィクションをどれだけ刺激的に立ち上げられるかがその役割と思っていて、そのために俳優をどう見せるかを第一に様々なことを考えるのですが、一つの見所と言う風にはあまり考えないからです。ましてドン・キホーテは、原作に山ほど舞台化しうるモチーフ、テーマがちりばめられています。あえて言えば、今回私と俳優達が、そこをどう切り取って、私たちのドン・キホーテを作ったか、そこを見ていただきたい。

―――公演に向けて一言お願いします。

今回、芸術総監督の宮城氏の立案の四本のうちドン・キホーテを託されました。企画自体、本当にスタンダードであり、なおかつ画期的で、指名は名誉なことと考えています。だからと言うわけではないのですが、キホーテについて考えを凝らせば凝らすほど、キホーテの中のハムレットに思いが至って、なんだかハムレット以上にハムレットなキホーテかもしれません。しかしそうして描けば描くほど、ドン・キホーテが浮かび上がってくるので、これも不思議です。とにかく、舞台と言うものの深さ広さ、雑駁と核心、拡散と集中、それらの入り混じった祝祭的な空間を届けることが出来ればと、考えています。

 ――公演まで1週間となり、稽古も舞台仕込みも大詰めの中、ありがとうございました!俳優・スタッフとまさにいま創り上げている熱が伝わってくるようなコメントをいただきました。たくさんの方のご来場をお待ちしています!

 


2008年11月28日

『ドン・キホーテ』仕込み開始!

Filed under: スタッフ便り

『ハムレット』公演が無事に千秋楽を迎えました。
11月9日に幕を開けた舞台が、公演回数を重ねるごとに日々成長していく、舞台というのはお客さまに育てられていくのだなぁという思いを強くしました。
ご来場くださったお客様、誠にありがとうございました!

『ハムレット』公演を終え、「SPAC秋のシーズン」もいよいよ折り返し地点です。『ハムレット』をご覧になったお客様、思い出してください、今回のテーマは「ハムレットとドン・キホーテ」。いよいよ『ドン・キホーテ』の出番です!
静岡芸術劇場は、はやくも『ドン・キホーテ』に仕込替え。
シンプルな舞台装置だった『ハムレット』とは対照的に、『ドン・キホーテ』の舞台装置はとても大掛かり!もちろん、あの風車も登場します!装置のほとんどが「木材」で作られているため、なんだか手作り感のある暖かい雰囲気も感じられます。
普段の静岡芸術劇場の雰囲気とはまったく違うので、皆さんきっとびっくりされると思いますよ。

リハーサル室で行なわれている稽古も公演が近づくにつれ、熱がこもっていきます。
俳優の皆さんは、本当にエネルギッシュで、笑えて、泣けて・・・
子どもから大人までどなたがご覧になってもお楽しみいただける舞台になると自信を持ってお届けいたします!

   


1 / 912345...最後 »