2013年3月7日

『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(22)最終回

2013年2月22日(金) カーン~静岡
SPAC文芸部 横山義志

午前11時半にカーンのホテルを出発。劇場で楽器など機内持ち込み荷物を回収してバスに連結されたトレーラーに積み込む。

今回舞台で働いてくれたクラウディオさんが手伝ってくれる。帰りがけ、「みんなに伝えてくれないか」と引き留められる。「こんなにハートがある人たちと一緒に働けて本当にうれしかった。この世界にもまだ人間的なものがあるんだ、と思って、みんなのおかげで、この仕事をつづける勇気をもらった。感謝の気持ちを伝えてほしいんだ」と、手をぎゅっと握りしめてくれる。

12時半ごろ、劇場に別れを告げ、パリの空港に向けて出発。

ノルマンディーとパリを結ぶ街道では、冬のこの季節、葉を落とした木々のなかに、鳥の巣のようなヤドリギをよく見かける。枯れ木のような枝の中に、思い出したかのように青々とした葉が茂っているのを見ると、なんだかちょっとうれしくなる。

ヨーロッパでは、外に出るのが億劫になるこの季節が演劇のハイシーズン。外は寒くてさびしい景色になっても、暖かい劇場で、せめて華やかな気分を味わおう、ということなんだろう。演劇というのは、ちょっとヤドリギのようなものなのかも知れない。ヤドリギというのは木の幹に寄生して育つ植物である。ただ、たいてい養分は光合成によって自前で作っているので、「半寄生植物」と呼ばれる。その季節外れの青々しさのためにクリスマスの飾りに使われたりもするが、暖と食料を求めてやってくる鳥たちの憩いの場にもなる。鳥についばまれた果実は別の木へと運ばれていき、ふたたび根を生やしていく。

寄生というのは共に生きることでもある。寄生者は宿主を大事にするほど長生きすることができる。進化の歴史は寄生の歴史でもある。人間の体だって、ミトコンドリアから乳酸菌まで、大きさも性格も似ても似つかない、さまざまな共生者によって成り立っている。「自分」は一人だと思いこんでいても、本当はいろんな共生者によって生かされている村のような存在なのかも知れない。この意味では、「個人」と集団というのは、それほど違うものではないのかも知れない。

ルヴァロワのローカルTV局のインタビューで、宮城さんは「私にとっては、このチームこそが作品なんです」という話をしていた。今回の『マハーバーラタ』は俳優・スタッフ合わせて総勢38名。誰一人欠けても成り立たない作品だった。病気をしたメンバーもいたが、とにかく最後まで予定通り上演できてよかった。

各劇場のスタッフもそうだが、何よりも演劇の上演に欠かせないのはお客さんである。とりわけ『マハーバーラタ』は、子どものおもちゃのような「見立て」の小道具がふんだんに使われていて、お客さんの想像力があってはじめて古代インドの叙事詩的世界が立ち上がるようになっている。そういえばクロード・レジさんも、「観客の想像力に勝る舞台装置はない」とおっしゃっていた。

今回のツアーでは本当にお客さんに恵まれた。ほとんどの公演で満席だったが、どの劇場でも、ふだんはなかなか満席にはならないものらしい。まずは呼んでくれた劇場の方々が作品を好きになってくれて、同僚や家族や友達にたくさん宣伝してくださった様子。太鼓の音に結ばれたつかの間の縁ではあるが、ここで出会ったいろいろな人たちと、なんだかまた会えるような気がしてならない。

ノルマンディーの空は青かったが、パリに入るとあっというまに灰色の空。16時前、空港に到着。荷物を下ろし、機材と一緒にチェックイン。今回のツアーをオーガナイズしてくださったザマン・プロダクションの方々ともお別れ。ツアーマネージャーのレイラさん、演奏隊として参加しながらお弁当の手配もしてくれていた仲村さん、衣裳と通訳で大活躍してくれたパリ在住の六本木さん。数え切れない出会いを頭に巡らせながら、静岡への帰途につく。

(終)






2013年3月3日

『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(21)

2013年2月21日(木) カーン
SPAC文芸部 横山義志

カーン公演二日目、ツアー最終公演。今日も午後入りで訓練、稽古。

昨日からの評判で150席くらい売れたそうで、18時くらいから早くもチケットを求める方々が。今日も満席。


この劇場では開演を知らせるラッパの代わりに汽笛が使われている。かなり強烈な音。芸術監督のジャン・ランベール=ヴィルドが骨董屋で見つけてきたという。

カーンのお客さんは、音楽にも笑いにも演技にも、繊細に反応してくださって、ありがたい。緊張感のある舞台。語り手役の阿部一徳さんがアドリブで「フランス千秋楽」と入れ、最後の場面では「北の王」役の大道無門優也さんがノルマンディー女性二人を連れて登場。終演すると、やはり多くのお客さんが立ち上がり、気がつくとチケット売り場の方まで客席のうしろで拍手を送ってくれている。本当に誰もが演劇を愛しているのがひしひしと伝わってくる劇場。

昨日一緒に舞台で働いていた技術スタッフが、わざわざ当日券を買って見に来てくれたのには驚いた。終演後、「こんなすごい舞台は何年ぶりだろう。自分も音楽をやってるんだけど、ここまで人を巻き込めるっていうのは脱帽だね」とおっしゃってくれた。他にも、技術スタッフが何人も友達や家族を連れて観に来てくれていた。

「もう一瞬も目が離せなかった。次はいつ来てくれるんだ?」と劇場に併設されている現代美術センターのディレクターさん。

ホテルから劇場まで送迎してくれているバスの運転手さんは同僚を4人も連れて見に来てくれて、「あの最後の太鼓、いや鳥肌が立ったよ。本当に見てよかった。このカンパニーなら一ヶ月毎日送迎してもいいね」などとおっしゃってくれた。

昨日美加理さん阿部さんと話していたカーン大学演劇科の学生たちのうち3人が今日も来てくれている。

バーにはまだお客さんが残っているが、劇場内では終演直後からバラシがはじまっている。




バラシのハイライト。錘をつけ、みんなで体重をかけながら綱を引いて300キロあるスチールデッキを上げて、脚をはずしていく。

イタリア出身の舞台班クラウディオさんは、急に綱のブレーキがはずれたときに綱をつかもうとして、摩擦で手に火傷を負ったことがあるという。危険と隣り合わせの職人技。

音響のジョエルさん(帽子の方)は71年からカーンの劇場で働いているという一番のベテラン。16歳で、演劇を見たこともなかったのに劇場の舞台スタッフとして働くことになり、演劇に魅せられて、舞台裏のあらゆる分野を経験してきた。「近頃フランスでも舞台スタッフの層が薄くなって、職人技を活かせる演出家もいなくなってきた。こだわりを活かしてくれる舞台を見るのが一番の楽しみなんだけどね」とのこと。

午前2時、バラシ終了。公演を支えてくれたスタッフたちと乾杯し、舞台監督のビルーにお花を贈呈してからホテルへ。


『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(20)

2013年2月20日(水) カーン
SPAC文芸部 横山義志

カーン初日。劇場スタッフががんばってくれたおかげで仕込みも稽古も順調に進み、今日は午後入り。

この劇場は多くの演劇作品を製作しているだけに、スタッフが作品のことをよく分かってくれていて、何かお願いすると、すぐに適切な提案を出してくれる。階段がほしい、というと、地下の倉庫に案内してくれて、数十個の階段を見せながら、「いつもなにかしら使いにくい事情があって、作っているうちにたまっちゃうんだよね。どれでも持っていって!」などとおっしゃってくれる。立派な工房があって、木工職人出身の舞台監督のビルーさんが一晩で立派な字幕用の木造スクリーンを作ってくれた。稽古を見ながら、こちらが気づかないところまで目を配って、解決策を提示してくれる。ここのスタッフは本当に演劇が好きなんだろう。

今日は14時半からカーン大学の学生数人がトレーニングを見学。さらに17時から18時までレンヌ大学演劇科長のブリジット・プロ先生が65人もの学生を連れて演奏稽古見学。


ノルマンディー在住の日本の方が、劇場のなかで、和菓子のお店を開いてくださっている。

19時頃には劇場に人が溢れる。芸術監督ジャン・ランベール=ヴィルドが自らお客さんに開演のご案内。今日は480席ほどの劇場が満席になっているらしい。19時半開演。




終演と同時に割れるような拍手。観客は総立ちとなり、歓声が響く。芸術監督のジャン・ランベール=ヴィルドによれば、ノルマンディーでスタンディングオベーションが起きるのはかなり珍しいとのこと。

終演後、アフタートーク。ブリジット・プロ先生の司会で、演奏チーフの寺内亜矢子さん(フランス語が堪能)と私も参加。今年2回にわたってSPACに滞在したプロ先生が、SPACの歴史、施設、作品について熱く語ってくれる。

ジャン・ランベール=ヴィルドや劇場のスタッフ、最後まで残ってくれたカーン大学演劇科の学生たちと初日乾杯。美加理さんと写真撮影。ジャンと演奏隊の仲村さんも記念撮影。



2013年3月2日

『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(19)

2013年2月19日(火) カーン

昨日は定時に着かなかったので、バスを早めて8時半ホテル発。9時から照明フォーカスの残り、幕の吊り変え、字幕作業など、昨日できなかったことを着々とこなしていく。なんとか午前中に、ほぼ本番ができる状態までたどりつく。

音響スタッフとして、13歳の研修生マテオくんが手伝ってくれる。フランスの学校では、この年で必ず「職場体験」をするのだという。舞台スタッフの息子さんで、演劇もダンスもサーカスも大好きだとのこと。

13時半から場当たり、19時半からゲネ。本番を見られないスタッフが見てくれる。「力強い舞台でいいねえ。やる気になったよ」などと言ってくれる。23時退館。


『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(18)

2013年2月18日(月) カーン
SPAC文芸部 横山義志

8時45分ホテル発、コメディー・ド・カーン/ノルマンディー国立演劇センターのエルーヴィル劇場へ。実はこの劇場では十数年前にも宮城聰演出『メデイア』を上演している。私を含めてたぶん十数人は、2回目の訪問となる。劇場のスタッフにも憶えてくれているスタッフがいた。

ここは今回のツアーでは唯一、演出家がディレクターになっていて、クリエーションを中心とする「国立演劇センター」と呼ばれる劇場。芸術監督はSPACで『スガンさんのやぎ』を上演したジャン・ランベール=ヴィルド。劇場奥の防火壁を開けてみると、『スガンさんのやぎ』の装置が見えてきた。

このエルーヴィル劇場はカーン郊外のエルーヴィル市にあり、ちょっとかつての「東側」を思わせる建築。左派が強い土地柄なのだろう。舞台横には手引きの綱がずらっとならぶ。今では珍しい手動式のバトン。重いものを吊るときには体重をかけたり錘をつけたりして上げていく。劇場のスタッフによれば、「こっちの方がいろいろ微妙な操作ができるし、本番中に上げ下げしたってモーターの音が出ないから、変えようなんていう話は出たことがない」とのこと。とはいえ、200キロのスチールデッキをバトンで上げ下げしようとするときには、舞台班総出の作業になり、かなりの緊張感が漂う。


17時から20時まで講演会があって使えないため、俳優には17時で上がってもらい、スタッフは24時まで作業。


地下室の落書き。「誰も自らの国では予言者たり得ない」。




2013年3月1日

『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(17)

2013年2月17日(日) ルヴァロワ~カーン
SPAC文芸部 横山義志

12時にホテル前集合。昨日も書いたが、ルヴァロワは道が狭く、路上駐車も多くて、バスがホテルのある道まで入ってこられず、出発に時間がかかる。運転手さんによれば、そんな条件のために、はじめての大型バスの教習はルヴァロワでやらされたとのこと。

ふたたび一路ノルマンディーへ。ルヴァロワからカーンまでは3時間ほどの道のりで、車窓から草食む牛を眺めつつ、午後4時頃カーンのホテルに到着。各々、洗濯したり散歩したり。



『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(16)

2013年2月16日(土) ルヴァロワ
SPAC文芸部 横山義志

午前9時劇場入り。すぐに字幕の仕込み。11時過ぎ、ようやくスクリーンとプロジェクタの設置が終了。

稽古にローカルテレビや写真撮影が入る。

20時半、ルヴァロワ公演の本番。ケ・ブランリー美術館での公演に来られなかった『室内』(今年のふじのくに⇄せかい演劇祭で上演)演出のクロード・レジさん、『令嬢ジュリー』演出のフレデリック・フィスバックさん、それから太陽劇団のアリアーヌ・ムヌーシュキンさんが来てくれた。

クラシック音楽が中心のホールで、事前に「ルヴァロワのお客さんはシャイな人が多いから」などと聞いていて、たしかになかなか笑いが出ず、ちょっと不安だったが、「ダマヤンTEA新発売」あたりからようやくほぐれてきた。最後の台詞が終わった瞬間に拍手が起こり、あちこちで口笛が響く。最後には大歓声で、ほっとした。

22時半終演後、すぐにバラシ。ルヴァロワは道が狭く、路上駐車も多くて、搬出のためのトラックが交差点を曲がれなかったために、劇場入り口まで入ってこられず立ち往生。1時間ほどして一台の車がレッカー車で運ばれ、なんとか搬出には間に合う。午前2時過ぎ、作業終了。劇場スタッフたちと別れの杯を交わす。











2013年2月28日

『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(15)

2013年2月15日(金) ル・アーヴル~ルヴァロワ
SPAC文芸部 横山義志

今回のツアーで最もハードな一日。昨晩(?)は午前4時頃までパッキングをして、6時半に起き、7時半にバスに乗り込む。ル・アーヴルからパリ郊外のルヴァロワへと移動。予定より20分ほど遅れて、10時20分劇場に到着。ルヴァロワ=ペレ市の「モーリス・ラヴェル・コンセルヴァトワール(音楽院)」のなかにあるモーリス・ラヴェル・ホール。


ルヴァロワ=ペレ市は郊外とはいってもパリのメトロ圏内。化粧品などのブランドや銀行などが軒を連ねるオフィス街もあり、フランスで最も人口密度の高い自治体でもある。フランス側の関係者は「リッチな町」だという。たしかにホールも、ル・アーヴルの仮設劇場に比べればはるかに立派な劇場。ただ、仕込みに一日しか取られていないので、多少簡易化した装置での上演になる。かなりタイトなスケジュール。

小さなエレベーターで何往復もして搬入。なんとか舞台装置を仕込み、俳優さんたちには19時過ぎにホテルに戻ってもらう。スタッフは23時まで作業。







2013年2月26日

『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(14)

2013年2月14日(木) ル・アーヴル
SPAC文芸部 横山義志

ル・アーヴル公演日。町中から車で15分位の、まわりに何もない港の倉庫街にある劇場で、本当に人が来るのかどうか、ちょっと不安だったが、19時を過ぎるとレストランに人が集まりはじめる。毎回公演に関連した料理を用意しているらしく、今日は味噌汁や鉄板焼、おでん(!)がメニューに入っていた。

開場時間の19時半には長蛇の列。あっという間に500席の劇場がほとんどいっぱいになる。20歳前後の若者も多い。ル・アーヴル市の人口は15万人前後。このル・ヴォルカンという劇場が、これまでどれだけ観客育成に力を注いできたか、よく分かる。



この劇場は「国立劇場」のように常設のカンパニーはなく、招聘や共同製作を中心とする「国立舞台」と呼ばれる形態。この「国立舞台」のなかでは全国で3番目の規模で、予算は400万ユーロ程度だという。

町中にあるル・ヴォルカンの主劇場が再開するのは2014年とのこと。それまでの間、世界中から巨大客船を受け入れてきたこの船着き場が拠点となっている。日本から来た作品にこれだけ興味を持ってくれるのも、ル・アーヴルが国際的な都市だからだろう。

ここは仮設劇場らしく、公演中もあちこちでガタガタギシギシしているが、観客は慣れたものらしく、最後まで集中して見てくれ、パーカッションが鳴りやんだ瞬間に若者たちが立ち上がり、それにつられて多くのお客さんが立ち上がって喝采を送ってくれた。

帰り際にお客さんたちが笑顔で「ブラヴォー」、「来てくれてありがとう、すばらしかった!」などと声をかけてくださる。

すぐにバラシ。俳優は24時前に帰り、技術スタッフは午前2時過ぎに作業終了。タクシーを呼ぼうとしたらバレンタインデーでつかまらず、俳優を送ったバスの運転手さんが、時間外ながら、見るに見かねて戻ってきて、ボランティアで送ってくれた。静岡茶を差し上げる。午前3時前にホテル着、明日は午前7時20分集合・・・。


『マハーバーラタ』 フランスツアー日記(13)

2013年2月13日(水) ル・アーヴル
SPAC文芸部 横山義志

仕込みの続き。ツアーの疲れもあり、体調を崩した俳優が出てきて、対応に追われる。




1 / 3123